2019年1月22日 (火)

普通の韓国を探して6625 日帝残滓一掃 萬升面→廣惠院面

130

 タイトルは大仰ですが、写真はマッコリの瓶。長寿だったと思うけど、京機道の抱川市永北面雲川里のコンビニで買ったもの。 さて、どこの醸造所だろう?と思って見たらなんと忠北鎮川郡廣惠院面とあります。

 何度も行ってる独立記念館。普通は天安から行くのでしょうが、東ソウルから市外バスで鎮川、並川でスンデクッパプの朝ごはんを食べての訪問をしたことがあります。その時の経路に利川で高速を下りて少しだけ安城の方へ走った後南下。クヮンヘウォンという町を通ったので覚えていました。

 近くに長湖院がありますが、私がごくごく初期に出かけて、泊まった地方の町の一つ。「院」という文字の付く地名は「何かあるな?!」って思わせます。

 で、確認のために漢文版の地図を見たら鎮川郡に萬升面とあり、そこの中心が廣惠院。1992年の古い地図です。あれれ?と思って2009年の漢文版を見たら、「広恵院面」とありました。

 もしかしたらこれ、日帝時代に日本が付けた名前が萬升面で、日帝の名残を無くそうということで昔からのクヮンヘウォンにしたものだと思われます。

 今アップして大きな写真を見たら確かに「ソウル長寿株式会社」とあります。長寿、ソウル以外でも作ってるんですね。でもなんで忠北の工場で瓶詰されたのが京機道の北端のここで売られてるのかなぁ?

調べてみたら2000年に萬升面が廣惠院面になったそうです。便利な世の中ですねぇ。でも、お年寄りとか、その分野に詳しい人に聞くとか、そういうのが減るのはなんだかなぁっても思います。みなネットで済んでしまうとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事1014 初めて食べたポンピヤンの温麺

5991

 ソウルを代表する高級カルビ焼肉店である碧帝カルビのセカンドブランドがポンピヤン。冷麺だったりちょっとした肉料理だの、あちこちに店があるようです。仁川空港にもあったし、ソウルの空港鉄道駅にもあったと思います。

 で、これ、温麺というやつなのですが、煮干しダシのスープの温かい素麺もしくは細めのうどんが温麺だと思いきや、いろいろあるようで、ソルロンタンの牛スープにいれた細めのうどん、なのでした。

 ビョクジェカルビは入ったことないけど、ポンピヤンはあります。冷麺化か、テンジャンとかを食べていましたが、これが韓牛ソルロンタンなのかぁ、と思いつついただきました。

 美味しかったけど、ソルロンタンは麻浦屋があるし、、、まぁ、よくある味ではあります。ソルロンタンに入った稲庭うどん、そんなです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6624 江原道東松の軍人百貨店

2211

 「ターミナル軍装店」とありますが、軍部隊のある町にはきっとある軍人百貨店。時間があれば覗いてみます。

 ここは江原道、といっても東の方ではなくソウルの北。鉄原郡の東松という、このあたりの中心となる町のターミナルの建物に入っている店です。右の方に見えるの師団ごとのマークでしょう。東ソウル市外バスターミナルに行くといろんな師団の印の軍服を着た若い軍人さんをたくさん見かけます。


2221


2231

 しかし、変わったなぁと思うのはこんな商品がたくさんあること。厳しい訓練、兵舎の中の生活の癒し?若い女性歌手でしょうか?ほとんど知らない私ですが、そんなのの写真、カレンダー、たくさんありました。

 前にここで、やはり部隊の多い地域のターミナルのそばで勤務中は持てない携帯電話を預ける店の話を書きましたが、もうすぐ部隊内での携帯電話の所持が自由になるというニュースも見ました。兵役期間も昔の半分になるというし、まぁ、いい事なのでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

普通の韓国を探して6623 「緊急速報」は読めるだろうけど

061

 1月14日18時57分、我が携帯が振動するとともに、こんな画面が現れました。発信元は京機道道庁。抱川市にいた私ですがその地域にいた全員の携帯電話に送信されたのでしょう。

 しかし「緊急速報」は漢字ですが、残りの本文は韓国語、ハングル文字です。幸い私は読めたけど、京機道北部にいた日本人の観光客もいたはず。皆さんどうだったのでしょう?

 そうそう、Kagariさんも、読めますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6622 変わったものが流行る(?)韓国

468

 今回のソウルの宿は市庁前のプレジデント。旧特2級のそこそこのホテル、1万円以下で泊まれます。

 最寄駅は乙支路入口ですが、主に1号線市庁駅を使いました。わかりにくい1.2号線市庁駅の地下街ですが、ほぼつかめました。

 その中でこんな石に人の似顔絵を描いたのの店が2つもありました。肖像画の店は前からありましたが、石に描いたのの店は、これも初めて見ました。

 左は4月革命で倒れた政権の李承晩さん、右は数年前に亡くなった人気のお坊さん法頂スニムです。ポプチョンさんはともかく、悪者のイメージのあるイスンマンさんのがあるのが何だか不思議です。

 いろんなものにアクリル絵の具で絵を描くのをトールペイントとか言いますが、石もその素材の一つ、韓国語では石=トルですので、これがホントのトルペイント、なぁんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6621 半年行かないと変わる韓国

097

 抱川市永北面の町、それなりに店があります。まずは宿に荷物を置いてということで歩いて行くと道路にこんな映像が。


098

 どこから投影してるのだろうと探すと電柱に取り付けられた白い装置が見えます。

 空気を送り続けて直立させる大きなビニールの柱のような広告。やはり空気を送り続けて躍らせる人形みたいな広告。電気で動く人形、看板というか宣伝広告、いろいろある韓国ですが、これは初めて見ました。それも少し行けば江原道という田舎で。


1281

 こちらは翌朝の物。映像が変わっています。いろんな絵を投影できるようになっていてタイマーで変えていくのでしょう。


143

 と思ったら、変わりました。よく見るとみな警察関係。公共の道路に投影するのですので、公共の団体の物に限られるのかもしれません。

 かなり、明瞭で、きれいです。いろいろ広告、宣伝、考える韓国だなぁと思う一件ですが。最終日、ソウル駅の構内でもこういうのがありました。あちこちで流行り始めているのかもしれません。

 最後に行ったのは昨年の夏。どんどん新しいものができ、新しい食べ物が流行するのが韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

普通の韓国を探して6620 「ウリチプルールイmニダ」

434

 ディーカで写真、できるだけフレームと水平性、気を付けています。ただ、望遠はあまり好きじゃないので身体で移動して合わせる、そんな感じです。論文の写真を手掛けた時から厳しく指導された習慣かもしれません。

 へんなタイトルですが「この店のルールです」かな。映画「ヘオドレッサ」の中のアンソンギふんするアンリ朴の台詞。

 鍾路1街、2街付近の変わりよう、特に火事になったあの町の様子を見に行った際、嬉しくも残っていたポジャンマチャ「カタルシス」での1枚。もう20年も通ってるかもしれません、この屋台。

 実はここへ来る前に、後日紹介しますが、前から食べたかった燻製オリクイの店で半マリを注文。でも、半分くらいしか食べられなくて、残った燻製肉を包装。それと、近所のハーモニーまーとというスーパーで、イチゴだったかな。買って入店しました。

 ポジャンマチャ、何度も書いていますが、安くはありません。そう高くもないですが。酒が4000W、アンジュは10000W以上。ウドン、ラミョンも4000か5000Wでしょう。

 私もたらふく食べた後なので挨拶だけ。焼酎は1杯だけ飲んで持ち帰ってと思い、お土産を渡して事情を説明、焼酎1杯だけ、と頼みました。その辺、自由が利くのが韓国の行きつけの店のいい所です。でも、ちゃんとオデンクンムルを出してくれて。話すことができました。

 で、ウリチプルールですが、すぐ後に入ってきた若いカップル、焼酎1本とウドン1杯を、と注文したら、ご主人、この店の規則ですので何かアンジュ(肴・料理)を1品頼んでください、と言いました。やはり商売ですので、2人で1万行かないお客さんは困るのでしょうね。

 ということで、何も頼まない不法ソンニムの私、4000Wだけ払ってすぐにおいとました次第です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6619 金浦から議政府行きのバスは時間がかかる

012

 韓国に何度も行って、かなりの地方を自分だけで歩いてて、金浦から雲川里へのいくつもの行き方も知っていて、で、議政府経由を選んだ私。失敗だった、と少し前の記事で書いたのですが、その話です。

 簡単に言うと金浦から議政府へのバス、まっすぐ高速を走れば2~30分で行くのに、重要な都市であるイルサン新都市を経由するのでけっこう時間がかかったのが失敗でした。

 写真は金浦空港から外へ出る立体交差。15時30分発のバスが国内線バス停でも客を乗せて、15時36分です。しかしこの後、高速道路で漢江を渡って入っていったのはイルサン新都市でした。


014

 名前は聞いてて、いいとこだと勧められた湖水公園バス停。16時11分。30分以上走って、まだイルサン市内のここです。


015

 ドラマ「テリョ(パンチ)」の撮影もしたというイルサン新都市。まるでソウルの江南か、城南の盆塘みたいな新しい街でした。これが16時18分。


024

 やっと高速に戻って、16時34分。統一路インター。もう1時間経ってしまいました。金浦からまっすぐ来れば10分ちょっとではないかな?ここまで。まさに想定外です。


031

 片側4車線の日本には無いようなトンネルをくぐるともうすぐソンチュ。これが16時38分。


037

 議政府の手前のソンチュで高速を下りて、これが16時41分。しかしまた議政府市内も市庁前だの、駅前だの、ちょっとぐるぐる回るのでした。


052
 議政府市外バスターミナルでぎりぎりで東ソウル発の東松行きに乗ったのが17時23分。

 3時半に金浦を出て、1時間はかからんだろうと思いきや、議政府市内はともかく、イルサン新都市をぐるっと一回りして、2時間近くかかって議政府ターミナル。

 たぶん一番の正解は、金浦空港から空港リムジンの水落山行き(同じ高速経由でソウル市内は通らず、3~40分)に乗ってスユリからのバスに乗り換えることだったでしょう。

 水落山からスユリはタクシーか、そこまで戻らずに道峰山か放鶴で東松行きのバスに乗るかでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6618 麻浦にもあったハヌソ

673

 最終日の朝食はマポオク(麻浦屋)のソルロンタン。半分以上はあそこです。261番だったか、ロッテの前からバスに乗り、西部駅から萬里洞コゲ、孔徳を過ぎて麻浦駅前。暗い中7時の開店に合わせて歩いてたら、「ハヌソ」がありました。

 倉洞店の記事をここでも前に書いています。韓牛のカルビチプで、いくつか支店があるのでしょう。  韓牛+固有語のソでハヌソ。当時初等学校1年生だった食堂アジュマ3の次女は見事に引っかかって「ホヌソ」とか読んでました。


675

 韓牛は茶色い韓国の在来種。日本でもそうですが、和牛とか韓牛。やはり高いですねぇ。左のは旧正月用の贈り物セットの広告です。手軽な方でしょう。ロッテ地下でも見ましたが50万とか100万とか中には200万Wとかの牛肉セット、鮑詰め合わせ、高級果物、クルビ。豪勢にお金を使う韓国人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6617 パンチボウルシレギ生産者協議会

586

 前に新聞広告の話をここで書き、河霜さんが実際に購入したという「パンチボウルシレギ」、中部市場の乾物店の店頭で見つけました。

 大根菜を干した昔からの韓国の保存食。冬場の野菜が少ない時期のための食べ物です。普通は市場の店頭やら、個人の家の前だのにちょこっと干してあったりするのですが、楊口のパンチボウルでは、大根が主でなく、上等のシレギを作るために栽培しているのだとか。一箱で数万Wもすると聞いています。

 買えないので控えめに写真を撮らせてもらいましたが確かにきれいに揃ったサイズのシレギでした。味は、、、どう違うのでしょう?

 ずいぶん前に行ったパンチボウル。日本人ではかなり早い時期の訪問だと思います。その後、トンネルもできたし、行く人も少しは増えているみたいですが、今はどうなってるのでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«普通の韓国を探して6616 「チョソ」? 聞き取りはまだまだ