2017年5月22日 (月)

2017年5月22日 今日も晴れの新潟です

518

 おはようございます

 フィットネス行って、家で朝食。車でちょっと出てきました。滅菌・消毒した器材の片付けだのと、あとは支払いをできるものからやってしまいましょう。午前はそんな雑務。午後からゆっくり名古屋経由で高知へ出かけます。

 新潟空港の駐車料は1日800円、3日で2400円。空港バスは420円。家から駅までのバスは270円なので、バスでの往復は1380円。タクシーは片道3000円くらいかかります。帰りは夜になりますが、自転車で医院まで出てきて、駅からバスにしましょうか。荷物もありませんから。

 今夜は9時前にホテル入り。本場のカツオは美味しいかな?こちらではカツオのたたきって「一番安い刺身」という感じです。あと、うつぼの料理もあるかな?ちょっと食べるのも楽しみです。

 飲み過ぎないようにして今夜は早めに就寝。明日は早起きで、高知県の西寄り、四万十川の流れる地方へ行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6227 中央線雉岳越え

722

 鳳陽で忠北線を分けた中央線、雉岳(チアk)越えの峠にかかります。上りの途中に駅がありました。


723

 「シンリム駅」、ぱっと浮かぶのはソウルにもある新林という漢字ですが、地図で見たら神林面の神林駅でした。新潟県にも神林(かみはやし)村がありましたが合併で消えてしまいました。 あと、まだ雉岳トンネルの手前なのですが行政上はすでに原州市になっています。

 予定線として、鳳陽から原州まで、今の線路のずっと南を直線的に走る路線がありますが、そちらは今の原州駅を通らないよう。韓国の新線建設って実に大胆だと思います。


724

 徐々に高度を上げて行きます。


726

 でもわりあい広い谷です。


727

 だんだん狭くなってきました。この写真、左下、農家の庭に白い犬が見えたので1枚。


728

 雉岳トンネルを抜けたところ。高速道路は上の方。国道5号線は線路に沿って下ります。


729

 いよいよ、雉岳のループ線が見えてきました。乗後景さんのコメントにもありましたが、あまりわからない竹嶺ループ線に比べ、こちらはとてもよく見えます。韓国の鉄道7景だのあれば、入るんじゃないかな。はるか下にトンネルの入り口。ここから右へ360度回って下の線路に行くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

2017年5月21日 いい天気

012

 忙しい日曜日、夕方まで働きます。明日からはスタッフの希望でできた連休。ちょっと出かけるのが楽しみです。

 4月初め、早朝、ベッドの中でうとうとしながら聞いていたラジオの話、書きましたっけ?作家の山本一力さんの優しい語り口で聞いた高知県の話。

 行ったことの無い県3つの中の一つでもあり、大学を出て入局後最初の師匠だった先輩の先生がおられます。出発時間はあんまりなのですが、うんと前の予約で安い飛行機の切符を取ってあり、行ってきます。

 昔々の患者さんが「一生に一度は見ておきたい」と言っていた四万十川の流れも見たいし、前記、ラジオ番組の中で出てきた店にも行ってみたいし。カツオのたたきは本当に美味しいのかも確かめましょう。

 あ、あと、最初の韓国語の先生だった金洪晩先生が授業中の雑談で言ってた、「高知県の豆腐だけは韓国式の固いタイプだ」というのも確認できたらと思います。

 イムジン・チョンユ倭乱のときに誘拐してきた朝鮮の豆腐職人の伝統が残ってるという高知。一部、カツオのたたきの薬味に生のニンニクを使うのも韓国朝鮮との類似点だという話もあります。にんにくも朝鮮からやってきたのかな?とちょっと疑問はありますが、ま、楽しんでリフレッシュを図りましょう。

 さぁて、働きます。今回のニンジンは高知行きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6226 堤川出発

715

 中央線の車窓風景、まぁ、普通の田舎の写真です。


716

 このあたりもちょっと霧がかかっています。


717

 韓国の田舎の農村の集落です。


718

 日本と違って自然のままの川が多いのが嬉しいです。でも一方で、町中の河川敷は駐車場にしてしまうことが多いのも韓国ですが。


720

 田んぼの耕地整理で機械を使いやすいように大きな区画に。韓国も日本も一緒です。


721

 ソウルに近づくにつれ、ビニールハウスが増えて行きます。韓国の食事で出てくる大量の野菜、年間を通じてたくさん葉っぱも栽培しないといけないのでしょう。

 もうすぐ山にさしかかり、またも峠越え。雉岳のループ線が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

普通の韓国を探して6225 内臓がけっこう高い韓国

448

 ソウルの旧市内を代表する繁華街の一つ、北倉洞の食堂の看板です。

 日本だと内臓、もつの類は肉よりもちょっと下という感じに考えられがちですが、韓国はちょっと違い、対等というか、内臓のが高いこともあります。

 昔々、慶尚道のどこか、やっぱ釜山だったかな?テジコギのクッパプよりも内臓クッパプが500W高いんであれ?!って思ったことがありますし、牛関係の内臓、それと骨、案外いい値段がします。

 上からヤンコプチャンモドゥム(盛り合わせ)、ヤン(ミノ)、コプチャン(ここでは牛の腸)、いずれも20000か25000W。おまけのおかずは案外少なめ、葉っぱはお代わり自由ですが、牛の内臓、1人分が店によっては3万4万のヤンクイもありますので、ちょっと高いメニューの一つです。

 下のチャルラというのはぶつ切りという意味かな?ハチノスが見えますので、茹でた牛の内臓の盛り合わせでしょうか?ちょっと食べてみたい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6224 南大門市場・食堂コルモク(小路)

4461

 南大門市場の食堂の通り、ソウルへ行ったことがある方ならおわかりですよね。

 外国へ行って市場を見て、市場で食べる。なんとなく憧れるというか旅行の非日常感を味わえそうな時間です。

 私も初めて行った時はそうでした。細い道の両側が全部食堂。見たことない、食べたことない料理のサンプルが並んでいて、元気のいいアジュマがうるさく呼び込み。90年代中盤に2回くらいここで食べたかも?

 もちろん韓国のお客さんも多いんですが、外国人観光客もたくさん。昔は日本語、今は中国語?やはり何度か行っていると「観光ぽさ」が鼻につく感じがしてしまいます。そういうのを一時は意識して避けていた私ですが、まぁ、そういう所も韓国なのかな?って最近思うようになってきました。力が抜けたというか、、、

 韓式中華、トースト、チキン、そんなのもそう。「韓国らしくないんじゃないか?」って感じてしまって避けてたものも食べてみると普通に美味しい。次回、ここらあたりで食べてみようかとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6223 堤川へ

704

 丹陽の次の駅は堤川。既に忠清北道に入りました。アパートがたくさん。泊まったことはありませんが、特徴の無い、でも、大きな地方都市というイメージです。独立運動の人が多いとかも聞いています。


706

 旧型の電気機関車がたくさん。もう現役を退いてるのかな?セメント、石炭のための産業線である嶺東線方面は古くから電化されていて、中央線でもこの機関車が活躍していました。ヨーロッパ型の先頭部で、最初は嬉しかったのですが、いかんせん、これ、遅いんです。線路状況も関係したのでしょうが、この機関車、スピードが出ないってイメージです。


707

 堤川駅に停車。ずいぶん前に忠北線に乗りに来ました。清州空港ができたばかりで、けっこう飛行機が飛んでいた時代です。


711

 こちらは新型の電気機関車。向こうの建物にはコレイルとありますので、工場でしょう。この堤川、鉄道の重要拠点なのかもしれません。


713

 こちらは新線の工事現場?とにかく韓国の鉄道、ソウルの東方面、平昌五輪のために大きく変わろうとしています。


714

 左への忠北線の分岐です。そう言えば忠北線へ行ったのは電化工事の最中だったような気がします。大田までの路線。当時は短い客車列車をディーゼル機関車が引いていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

普通の韓国を探し手6222 清涼里あたり

530

 現代コアの前の通りです。レバ刺し、スグレ煮込みをよく食べに行っていたスグレハルモニチプは2年ほど前に閉店。でも、ま、好きな街です。


531

 2階は歯医者さんのよう。けっこう古い建物です。「美白」とか書いてありますが、整形(形成)好きの韓国、歯のホワイトニングもやる人、多そうです。


532

 バス換乗センター前というか、駅前ロータリー。ニューブリムホテル、Kシティホテル、いずれも何度も泊まっています。後者は度々名前が変わっていますが。

 まだまだ露店の店、軽食もこのあたりではたくさん。昔はソウル駅あたりでもあったのに、、、あちらはすっかりなくなってしまいました。


533

 でも、ここも、だんだん規制が厳しくなって露店での商売ができなくなるのでは、とちょっと心配してます。ごちゃごちゃしたのがソウルの魅力なのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6221 丹陽というと、、、

692

 中央線、けっこう貨物列車が走っているのですがその主な積み荷がセメントだったりします。ビルだの橋だの高速道路だの、セメントをたくさん作って使っていそうな韓国。日本同様、石灰石だけは自国で生産できるのかもしれません。

 丹陽というと、セメント工場です。


693
 工場ファンがいて写真集があって、ブログやHPがあって。私もでっかい工場の設備、ちょっとワクワクしてしまう方です。

694

 日本ではほぼ見られなくなった無蓋車。秩父鉄道とかはありましたっけ?あと、セメント、貨物列車で思い出されるのは昔の蒸気機関車の話。

 私が熱中していた頃、一番蒸気機関車が使われていたのは山口県の美祢線でした。やはり石灰石をピストン輸送するために、あまり面白いとは言えない路線でしたが、D51が引く貨物列車が頻繁に走っていた。そんなのを思い出します。


696

 工場職員のための駐車場ビルかも。山の上は石灰石の露天掘り?有名な九州筑豊の、、、あれ?え~と、香春岳もそうでしたよね。あの辺も好きな鉄道風景です。


698

 今までの写真は進行方向右手。左側にもセメント工場があります。


699

 う~ん、良い感じ。古い記事にある、北越製紙の専用線みたいな感じ。鉄道なら何でも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

普通の韓国を探して6220 名もないソウルの旅人宿のあるコルモク

528

 自分で撮って、ブログ用に縮小しておいて、さてどこだろう?とわからなくなる写真があります。メモ用のノートと写真のデータ日時を照らし合わせたり、その前後の写真を見てみたりでやっとわかったりってのもしばしば。

 あ、この風景いいな、って思って自分で撮ったので、そんなふうにしてすぐに思い出がみつかるの、嬉しいものです。

 写真はそんな1枚。左端にヨインスクの看板。右手には「ペクパン(定食)専門」という看板の食堂があるちょっと寂れた感じの通り。祭基洞の果実市場から清涼里在来市場のアーケードに入ってすぐの左手だと思います。

 何でもない写真ですが、ソウルの下町の市場の裏通りって感じ、わかってもらえるんじゃないかな? あ、市場はこれではわかりませんね。未安。 明日は嬉しい休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2017年5月16日 いい天気ですが車です