« 普通の韓国を探して78 スユリの教会と道峰山 | トップページ | すばらしい韓国の食事59 インチョン市ソレ浦口で、またケブル刺し »

2005年11月19日 (土)

2005年11月19日

 おはようございます。

 今日と明日は忙しく働きます。新しい記事は、時間があれば、アップします。

 昨日お昼のラーメンを食べながら雑誌を見ていたのですが、大阪のボクシング3兄弟、納豆とご飯が大好きだとか。単純には言えませんが、ご飯は大事だと思います。朝は3パック、夜は2パックを、2合分のご飯とともに食べているだか、、、そんな記事でした。

 前にもちょっと書きましたが島田彰夫さんという方がおられ、ご飯の大事さを熱心に説いておられました。講演会を大阪まで聞きに行きましたが、、昔の飛脚が、馬よりも長距離では速かったとか。これは、大量のご飯のおかげだとドイツのお医者さんが驚嘆していた話とか、前にも書いたかもしれませんが、島田先生が韓国へ調査に行ったとき、韓国の学生は、一緒に働く日本の学生よりも長時間、作業が出来る。さて、にんにくとかが、いいのかな?何を食べているのかな?と思ったら、キムチに、簡単なおかず、でもご飯がたっぷりだったとか、、、この先生の話、すべてが正しいとは思っていませんが、東洋人の元気の元はご飯じゃないか??それは、私も思っています。島田彰夫さん。秋田大医学部の後、宮崎大に移り、定年退官後は兵庫の私立大の先生だったと思います。本も面白いので、機会があれば、ごらんください。

|

« 普通の韓国を探して78 スユリの教会と道峰山 | トップページ | すばらしい韓国の食事59 インチョン市ソレ浦口で、またケブル刺し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年11月19日:

« 普通の韓国を探して78 スユリの教会と道峰山 | トップページ | すばらしい韓国の食事59 インチョン市ソレ浦口で、またケブル刺し »