« 普通の韓国を探して89 デリマンジュー | トップページ | 普通の韓国を探して90 慶全線晋州駅 »

2005年11月22日 (火)

2005年11月22日 韓国帰りのにんにく臭対策について

 おはようございます

 今日はオープンデイ。月に2,3日、予約を入れない、自由に使える日を置いています。昨日は夜間診療の後、心置きなく、ラーメンと餃子を食べました。

 韓国の食事、辛くて、ニンニク、というイメージがありますよね。かなり当たっていますが、辛いものは、避けて通ろうと思えば避けることができます。たとえば高級な宮廷料理ではぜんぜん辛くないものも多いですし、韓定食などでも、辛いおかずは少ない感じです。でも、にんにくは、、、摂取しないようにしようとすれば、ファストフードやお菓子、そんなものに限られてしまう感じがあります。

 限られた2泊とか3泊で出張し、帰国、翌日から仕事、というような場合、最終日は、ちょっと、このにんにくに気を使わないといけません。

 まずは

*生のにんにくは食べない

 サンスターの研究所が調べた報告がありますが、生のニンニクを食べた場合の臭いは口臭にとどまらず、ほんとうに毛穴から染み出るような、汗まで変化したにんにくの臭いがするので、どんな口臭防止剤をとってもダメです。昔は大韓航空の飛行機に乗ると、とか、金浦空港に着くと、この、臭いがした、と言われていますが、今では韓国人でも日頃は生のにんにくは食べないと言う人がたくさんいます。それくらい、生のを食べると、身体に臭いが染み着きますので、人と接する仕事の方は生をかじるのはやめておいたほうが良いでしょう。

*帰国日はなるべくにんにくを摂らない

 炒めたもの、焼いたもの、料理に使ったもの、これは、量によります。日本でもいろんな料理でにんにくは使われていますが、大量でなければ12時間~24時間以内に、ほぼ消える臭いです。また、体臭にまでは出てきません。でも、帰国の朝は、スープ料理は食べても、おかずのキムチは残すとか、もしくは、韓国のスープ料理、ぐらぐら煮立った土鍋(トゥッペギ)で出てきますので、煮えているうちにキムチやカットゥギをスープに入れ、少しでも加熱して臭いを和らげる、そんなふうにします。ナムルなんかには意外にたくさんの生のみじん切りが使われていることがあるので、注意が必要です。

 昼食はたいてい、ファストフード。空港にいくらでも、KFCだの、マクドナルドがありますが、お勧めは中(出国後)のバーガーキングです。前にも書きましたね。セットで5200Wですが、とても美味しいです。何で日本に無いのだろう(昔は大都市にはあったそうです)と思います。

*帰国後しっかりご飯を食べる

 これは、韓国帰りのケースだけでなく、一般的に言えることなので、よく覚えて置いてください。

 にんにくを使った食事すると、どうしても臭いが残ります。でも、その後、大事なのは、しっかり食事を摂ることなのです。 たとえば、焼肉を食った翌朝、できるだけ臭いを消すには、普通の朝食をしっかり食べること、これです。いくら歯を磨いても、何か、口臭防止剤を飲んでも、朝食を摂らないと、臭いは消えません。 韓国最終日、朝食で気をつけ、お昼で摂取しなければ、帰国後、夕食、翌朝の朝食をきちんと摂れば、ほぼ翌日の問題は無くなると言えます。

 私の帰国日のご飯、一番多いのがロッテからも近い「河東館」のコムタンを朝食べて、お昼はバーガーキングというパターンでしょうか。「河東館」のコムタン、牛の全部を味わえるような美味しいスープご飯ですし、キムチ、カットゥギもあまりニンニク臭くなく、甘酸っぱくて美味しいのです。

 以上、歯医者の韓国帰りにんにく臭防止対策でした。

|

« 普通の韓国を探して89 デリマンジュー | トップページ | 普通の韓国を探して90 慶全線晋州駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年11月22日 韓国帰りのにんにく臭対策について:

« 普通の韓国を探して89 デリマンジュー | トップページ | 普通の韓国を探して90 慶全線晋州駅 »