« 2005年11月20日 | トップページ | すばらしい韓国の食事60 木浦でサンナクチ »

2005年11月20日 (日)

普通の韓国を探して82 東豆川駅 女子高校生

2002_0410olddica30028

 北へ向かう京元線の東豆川駅の朝の風景です。ちょっと判りにくいですが、霧がすごい朝でした。議政府にある高校へ向かう高校生でしょうか?なぜか女子ばかりが目立ちました。学校ごとの制服(韓国語では「校服(キョボk)」と言います)の高校生、楽しそうに友達同士でおしゃべりしながら列車を待っていました。日本の女子高校生に比べ、スカートが長く、素朴な感じを受けました。逆に、日本の高校生が韓国へ修学旅行で行くと、韓国人はそのスカートの短さを奇異なものを見る目で見るとか、、、面白いですよね。写真でもわかりますけど、 太った人もいますが、全般的に韓国人はでぶが少ない、これは言えています。唐辛子のおかげだ、という説がありますが、、半分は当たっているような気がします。

 そうそう、スカートは高校生まで、大学生になると、もしくは就職すると、明らかにパンツ姿が大部分になります。夏の、よほど暑い日を除き、韓国女性はズボンをはいている、そんなふうに思えます。それが、また、50過ぎてアジュマになると、ワンピースだのスーツだの、そんなのが増えてきます。そんな、服装を見ているだけでも、韓国、面白いですよ。

 また、かなり素朴な高校生が、卒業すると急に派手になったり、形成手術を受けたり、そんなのも韓国です。「親からもらった身体に、、」なんて考えは無く、「女性は美しさが一番!」ということで、親が形成を勧めるとかも言います。二重まぶた、近視のレーシック手術から、鼻を高くする手術、もっと大掛かりな形成まで、、、技術もかなりいいようで最近は形成手術のために韓国へ行く日本女性も多いとか、、、そんな話も聞いています。

 似ている部分、違う部分、知れば知るほど、行けば行くほど、何でも面白く見えてきます。それが、韓国です。

|

« 2005年11月20日 | トップページ | すばらしい韓国の食事60 木浦でサンナクチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して82 東豆川駅 女子高校生:

« 2005年11月20日 | トップページ | すばらしい韓国の食事60 木浦でサンナクチ »