« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005年10月22日 (土)

すばらしい韓国の食事5 カルビタン

2001_1102olddica10169  カルビタン(カルビ=アバラ肉、タン=湯) カルビのスープです。

 私が韓国の料理に最初に興味を持ったきっかけは「ソルロンタン」という白くにごった、辛くない牛のスープを知ったことでした。初訪韓は92年、当時は団体でしたので高級ホテルだったのですが、朝食券を捨て、前日に見つけておいたソルロンタンの店を目がけて台風が近づきつつある雨風の中、出かけていったのですが、案外あっさりで、拍子抜けでした。

 韓国のスープ料理はいろいろあります。基本的に魚のスープは辛く、肉のスープは辛くないものが多いです。でも、内臓のスープは辛くする傾向にあるかな? いずれも、「スープの名前」で注文すると、おかずとご飯が出てきます。何回か書いたように、おかずのお代わりは無料。ご飯は有料になります。安いものでは1500Wくらいのダイコン菜のスープもありますし(未食)、普通は5000Wくらい。高級なものでは10000Wとか、それ以上。有名な参鶏湯も割合高級なほう10000W前後です。最高級スープは「コリゴムタン」というテールがごろごろ入ったスープでしょうか?でも、日本の、けちけちしたテールスープとは違い、本当にたくさん入っています。サービスのいい店のコリゴムタンの容器は普通の1人用の容器よりも大きいんです。何故かというと、どうしても食べられる部分が少ないシッポの肉ですので、液面から顔を出すような状態でテールが、、

 このカルビタンを食べたのはソウルの北東部、4号線スユ駅からさらに歩いて牛耳川という川を渡ったところ。町名は「倉3洞」になります。朝食でした。韓国では結構多くの食堂が24時間営業で、これを食べた店もそうでした。夜通し飲んでいたようなグループ、まだ飲んでいるグループ、そんなお客さんと一緒に、私は1人で朝食です。一般に焼肉は2人前からの注文になりますので、1人で食べられるのはこんなスープ料理になることが多いのです。これからも食事の紹介をしていきますが。そんな「1人でも食べられる料理」が多くなること、ご了解ください。

 やっと本論ですが、カルビの、細くて焼肉に使えない部分を利用したスープです。前に紹介した「トッカルビ」もそうですが、出す店は限られています。でも、カルビタンは、たいていのカルビ屋にはありますので、お昼ご飯のときなどには良いでしょう。当然、いい肉を使っている高級店のものは、元が高級肉ですので美味しいです。有名店で、行ったことがある方もおられるかもしれませんが、江南、瑞草洞のあたり、「べんべんサゴリ」という交差点そばにある「ポドナムチプ」という店など、お昼はカルビタンを食べに来る人でにぎわいます。

 個人的には、あっさりすぎ、というか、肉のスープ、というだけで、面白みが無いとも感じており、最近はあまり食べていません。前にあげたソルロンタンとともに、初心者向け韓国スープ、という感じです。

 ちゃんと、カルビである証拠に骨があります。味付けはシンプル、塩と韓国醤油でしょうか。ぜんぜん辛くないので、子供も、辛いのが苦手な方も大丈夫。自分で塩を足して食べることが多いです。サービスのいい店だと骨付き肉がごろごろ。もちろん、取り出して、手で食べてもかまいません。ハズレの少ない、誰でも食べやすいメニュー、覚えておいて損はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事4 技士食堂(キサシクダン)のテンジャンチゲ

2001_1102olddica10001  ブログというのはまだまだ初心者。「カテゴリー」というのは自分で作るものだとばかり思っていました。「すばらしい韓国の食事」というカテゴリーを作ってしまっていましたが、毎回の題名に、それを使い、数字を入れて以降と思います。

4、技士食堂(キサシkタンg)

 技士というのは、運転手さん、というような意味。タクシーの場合でも、バスの場合でも、呼びかけるときは「技士ニム(キサニm)!」とか、「技士アジョシ(キサアジョシ)!」とか。日本だと知らない人に「おじさん!」と呼びかけるのは失礼な感じになりますが、韓国語の「アジョシ」というのは、もっと親しみがこもった感じで、知らない人に呼びかけるときにも使える言葉です。

 食堂は、「シkタンg」。 中国から来た漢字の音読み、韓国でも同じ概念がありますので、「食」は、日本語では「しょく」、韓国語では「シk」で、常にそう読みます。食堂=シk堂だし、食事は「シkサ」。「事」という漢字は常に韓国では「サ」、たとえば社長さんのことを「代表理事」とよびますがこのときも「代」=デ、「表」=ピョ、「理」=イ、「事」=サ、となります。 最近は韓国語を学ぶ人も増えてきて、私など嬉しいのですが、最初の「ハングルの壁」を乗り越えれば、案外勉強しやすい言語です。

 やっと本題ですが「技士食堂」、ソウルの街中にもありますし、地方だとバスターミナルの周囲などに、「安くて、すぐに出てきて、栄養満点で、美味しい食堂」そんな感じの「技士食堂」と言う名前の店があったりします。写真は全羅北道、南原という都市のバスターミナルに隣接する技士食堂の食事です。「テンジャンチゲ」(味噌チゲ)を注文したのですが、おかずの種類、それに、茶碗蒸しに、もやしスープまで出てきます。

 メインのテンジャンチゲ、黒い小鍋が出てきたときには、量が少なく、失敗したかな?なんて思ってしまいましたが、ほぼ同じ量のもやしスープ、多種多様なおかず、少し遅れて、やはり小鍋仕立ての茶碗蒸し大盛りが出てきてびっくりしました。おかずは、白菜キムチ、ダイコンのキムチ、葱のキムチ、太刀魚の焼き物、海苔、生海苔の浅だき、コマkという赤貝の醤油漬け、豆もやしのナムルなど、、充実。そのひとつひとつが、美味しいのです。

「食は全羅道にあり」と言うそうですが、こんな食事が、4000Wで、朝の7時前から夜遅くまでいただける韓国、、、、、 いい国だと思いませんか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うどんは韓国語でもウドン

2002_0924olddica60091  これは、ウドンです。日本式ウドンを謳い、いなり寿司を添えたりする高級店もありますし、「シンポウリマンドゥ」という粉食(餃子、うどんなど、小麦粉の食品)の有名チェーンなどもありますが、一般的には日本同様、安くて手軽な食べ物です。食を大事にする韓国、おかずが少ないのは寂しいということで、「小腹を満たす」、そんなときの食事でしょう。ですので、高速道路のサービスエリアとか、バスターミナル(項を改めていつか書きますが、高速バス、市外バス網が非常に発達していて、運賃も安いので、鉄道以上に利用客は多いようです)の軽食、屋台での簡単な食事などで、よく見かけられます。

 屋台などではオデン(これも別に書く予定)の汁をそのまま利用したウドンもあったり、、、あまり麺、つゆ、ともに、適当ですが

 写真のウドンも、テグのバスターミナルで、光州行きの最終バスに乗る直前にかきこんだ夕食でした。茹で麺を加熱して、つゆをかけ、葱、海苔をのっけて出てくるもの。確か、2000Wだったと思います。付け合せはタクアン。そうそう!「タクアン」という日本語も、残っています。日帝時代の名残の日本語をやめよう、という運動がありますが、「タンムジ」という韓国語があるにもかかわらず、「タクアン」で通じてしまいます。 お腹がすいていたので美味しかったけど、、、前記のチェーンなども、日本のうどんファンを唸らせる味、とかでは、残念ながらありません。「軽んじられているメニュー」のように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャジャン麺(チャジャンミョン) 韓国人のソウルフード

2002_0410olddica30077 韓国料理、と言って、有名なのはカルビ、プルコギ、ビビンバッ(ビビmバッp)、ナムル、ユッケ(ユkフェ)、クッパッ(クッkパッp)、冷麺、、、、、、そんなところでしょうか?

でも、日本ではあまり知られていませんし、韓国旅行の時にわざわざ食べる、という人も少ないでしょうが、韓国の国民食とも言えるのが、この写真、チャジャン麺です。日本で言えば、、と、適切なものが見つからないのですが、老若男女、皆が好きで、、安くて、美味しくて、出前の食事の人気ナンバー1、、、、、強いて言えばラーメンとか、カレーライス、そんな感じの食べ物なのです。

 ジャンルとしては「中華」の部類。日本の中華料理とも違うし、中国本場のものとも違いますが、独自に韓国で発達した「韓式中華」という料理がいくつかある中のひとつです。  手打ちの太目のストレート麺を茹で、タマネギ、ジャガイモなど野菜、ひき肉を甘めの豆味噌(チュンジャンと言いますが、イメージ的に近いのは中国のテンメン醤)で炒めた餡をかけ、それを、「均一な色になるまでよくよくかき混ぜて」から、いただきます。上の写真は混ぜた後、食べる直前の状態です。つけあわせは甘い味噌をつけて食べる生のタマネギと酢をかけて食べるタクアン、これは中華の店のキマリ。さすがに中華の店では白菜キムチ(ペチュギmチ)は出てきません。

 味は、、、これも、なかなか日本食で似たものがないのですが、少し甘くて、豆味噌の味がして、、とにかく懐かしい味、「どこかで昔、食べたことがあるな??」と思う味です。普通は3000Wくらい、はじめから麺の上に餡がかかった状態のもの。少し高いカンチャジャンとかは餡が別添え、三鮮チャジャンといって、エビ、イカ、ナマコの入った高級品は5000Wか6000W、ですが、基本の味は一緒です。地方により、高級版には目玉焼きが乗って出てくることもあります。

 日本のラーメン同様、「ぼろっちい店のが美味い」なんて話もあったり、、、まさに「国民食」。韓国人の多くが好きな料理。初めて行く方にはお勧めしませんが、何度か行っていて、たいていの有名な料理は食べたよ、という方は是非食べてみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土日は忙しく働きます

 おはようございます

 

 仕事柄、平日、特に昼間は暇です。これに反し、土日は忙しい。もう慣れましたし、平日のすいている時間に買い物だのできるのはプラスだと感じています。困るのは、たまの東京出張などのとき。人が多すぎて、歩くのにも疲れる感じ。東京の人はタフだなぁ、なんて思うこと、しばしばです。

 最近、凝っているのが自転車。運動しなくちゃ!と思っていたのですが、急に走ると膝だのを痛めそうだし、かといって散歩は景色が変わらないから長くはできない。自転車は、景色が変わります。30分まじめに走れば相当遠くまで行けます。 昔は自転車で行くなんて考えてもみなかった場所にも行けますし、、、長岡の街などを自転車で走っていると、なんだか不思議な感じです。道が狭い城下町を自転車で、なんてのも楽しいですし、本当に「適度な運動」です。転倒事故などには気をつけないといけませんが、天気の休みの日、ゆっくりでもいいから自転車で遠くへ行ってみられること、お勧めします。

 本格的に乗り始めて約半年になりますが体重も4,5キロ減少。なんでもそうですが、続けることが大事。自転車は案外、続けるのが楽しい運動、そんな気がしています。山登りでもそうですが、最初の5分くらいは調子が出ません。そのへんはゆっくりでもいいのです。30分ほどすると、調子が出てくるのがわかります。

 50代でも身体を鍛えることができる、そんな見本になれればと、思っています。自転車、いいですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

ワン島のサムギョプサル(豚バラの焼肉)

2001_1102olddica10087

 1、肉、特に牛肉は高級品

 最近でこそ、「韓流」の影響で、韓国の食に対する知識も一般化してきましたが、私が興味を持ち始めた80年代後半では、やはり「韓国=焼肉」、というイメージが強かったです。でも、実際、韓国へ行って焼肉を食べると、、、1人前の肉の量は案外少なく、「本場の焼き肉を食うぞ!」と意気込んで行かれたかたならば拍子抜けするくらい。カルビなら端に骨が付いたアバラ肉が2切れというのが基本で、200gあるかないかです。

 これで足りるの?と疑問を持つ方も多いでしょうが、「本場」の焼肉は、焼いて、鋏で切った肉をネギのあえもの、生の青唐辛子、ニンニク、焼いたニンニク、アクセントをつけるための味噌、そんなのといっしょに葉っぱで包んで、いただくものなのです。前のHPでも書いたと思いますが、

*肉の消費量は日本のがずっと上

*最近、安い輸入牛が入ってきてはいるが、美味しい韓牛はまだまだ高級品

*家で作るのはプルコギくらいまでで、焼肉はハレの日の外食のご馳走

*日頃食べる「肉」といえばやはり豚肉が多く、また、それが、安くて美味しい

 と、こんなことが言えます。

2、野菜いっぱいの健康食、それが「韓国の食」

 1で書いたように、肉は野菜と一緒に食べるのですが、写真をごらんいただいてわかるように、野菜中心のおかずがとても充実しているのが韓国の食事であるとも言えます。肉を包む葉っぱが左のほうに、もちろん、2種類以上のキムチも含まれ、、、その他皿数たくさん。汁物も最低1つ、それと、ご飯。

 すでに韓国へ行かれて、ご存知の方もおられるでしょうが、このおかずは「お代わり自由」なんです。出てきたのは全部食べないともったいない、なんて日本人が苦労して食べたら、またお代わりが出てきてしまった、なんて笑い話もあるくらいです。

 この写真の豚の焼肉、ビールは別ですが7000W。今のレートでいうと820円くらいです。前のHPでも、また、あちこちの掲示板に、「外食だけしていても野菜不足にならない国、それが韓国なのだ」と書いていますが、実際、そうだと感じています。平均寿命などは、まだまだ日本より短いですが、話に寄れば「元気でイテ、コロりと亡くなる方が多い」のだとか。食とかに関心をお持ちの方はご存知の島田彰夫先生も、講演の中で「韓国の、野菜とご飯中心の食事は世界一の健康食」と言っておられます。

 今回は写真のアップの練習を兼ねて、ここまでとさせていただきます。「韓国の食」の紹介、ご期待ください。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋晴れ、ってこういう日を言うのでしょう

おはようございます

 昨日はのんびりできました。スーパー銭湯へ自転車で行ってきました。夏場は、せっかくよく洗ってもまた汗をかいてしまいますが、もう今ごろなら大丈夫。韓国人のように、週に1,2回、大きな風呂ですみからすみまで洗って、こすって、日ごろは簡単に家のシャワー。そんな感じになっています。

 韓国の普通のお家にお邪魔させてもらうことがありますが、本当によく洗います。学校から帰ってくると、、最低でも顔と足を洗ったり。へんな話ですみませんが、足が臭い人は確実に日本人のほうが多いと思います。おいおい、こんな、本には書いていない「普通の韓国」の話をできたらと思っています。

 ここは写真もアップできるのでしょうが、徐々にそっちも充実させたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

インターネットは無法地帯

 メールを見に行ったら、ブログにコメントが付いた、だのいう機械的報告のメールが来ていました。早速戻って見てみたら、援助交際がどうの、、、というHなHPのやつと、ライブドアなんたらかんたらの、やはり勧誘のような感じの2通。すぐに削除しましたが、また庭の雑草かアリンコのように出てくるのかなぁ??

 ビデオデッキの普及に「裏ビデオ」が大きく貢献したことは有名ですが、インターネットの普及にもHサイトの存在がかなりの役割を果たしているものと思われます。かくいう私も見に行ったことはあります。男性で、一度もそういうHPへ行った事が無い、なんて人、ごく少ししかいないのではないでしょうか?でも、ま、ほんとに、いろんな勧誘やらなんやら、数打てばひっかかる人も、いるのでしょうねぇ、、、、、、 

 元HP、ご覧になった方は韓国食の写真だけでびっくりされたかと思います。我が業界は非常に広告規制が厳しいのですが、これも、インターネットでは自由。お金をかけて宣伝している先生もいますし、手作りで、という先生も、、、でも、思うのは金太郎飴というか、、、どこも似たり寄ったり。私がお勧めするのは、、、、、あ! HPの整理をして消してしまいましたが、新潟大の後輩である浜松の藤本先生のHPです。「ぎいちのホームページ」で検索すると簡単に見つかりますので、そこをご覧ください。「私もほぼ同じ考え方」です。

 明日は休み、天気もなんとかなりそうなので自転車に乗るつもりです。風が無いといいのですが、天候ばかりは人間の自由にはなりません。ま、暑くなくなって走りやすい季節、身体を動かす休日を楽しめればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ! 残っていましたね、記事。

こんにちは

 まだ誰も見ていないと思われますが、最初に挨拶を書き込むのが私のキマリです。

 ニフティの掲示板時代からやっています。でも、見てくれる相手が、いつ見るかはわからないので、おはようございます、か、こんにちは、か、こんばんは、か、書くな、なんてへそ曲がりの意見が出ることもありましたが、「書き込みの最初は挨拶」、と決めているのです。「道徳が、、、」とかいう人間ではないですが、単にそのほうが、気持ちがいいから、そんなくらいの考えですが、けっこう、あちこちで私の書き込みは評判がいいんです。

 あ、「能力ある者ほど謙遜になる」という言葉もありましたね。でも、ネットの書き込みを書く人って、私をも含め、多かれ少なかれ、「教えたがり屋」みたいなのが多いと感じていますので、「最初は挨拶」くらいの主張があっても、いいのではないでしょうか?

 今日はオープンデイ、研究日ですので、あれこれ、雑用をしたり、昨年作ってほったらかしだったHPの整理、というか一時的閉鎖をし、新しいやつの準備をしています。当面はこのブログ、というやつで代行の予定。皆様よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »