« 2005年10月30日 - 2005年11月5日 | トップページ | 2005年11月13日 - 2005年11月19日 »

2005年11月12日 (土)

普通の韓国を探して56 タルトンネ 下月谷洞

2001_1102olddica10138

 前にも中渓本洞、そして、この下月谷洞の写真をアップしましたが、長位洞の山の頂上付近からの写真です。ソウルって、山が多いと何度も書いていますが、本当に坂が多いんです。ここも、11月だったのに大汗かいて登った場所です。左端、窓が規則的にある建築が弥亜サmゴリ(4号線、ミアサムゴリ)のビクトリアホテル(ホテルビクトリア)です。そのへんを、ソウルから議政府へ行く大通りやら、地下鉄が走り、その向こう、彌亜洞もまた山の中腹です。アパート(高層分譲マンション)が林立しているのも、ソウルの風景のひとつです。右端奥は北漢山の岩峰ですね。

 ソウルのタルトンネというと昔は奉天洞が有名で、NHKハングル講座のテキストにも載りましたが、今は再開発でアパートの林のようになっています。やはり北部で有名だった牛耳洞はとっくになくなりました。この下月谷洞も2度の再開発で、もう北側に少しだけ残るのみ。そこも、もうすぐなくなるでしょう。住んでいた人はちゃんとした家に移れたのか、、、前にも書きましたが、心配です。80年代に急激に発展した韓国、いろんな歪も、抱えている国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して55標語好きの韓国

2001_1102olddica10073

 新堂の中央市場の裏口、馬場路側の風景です。右は果物屋、左は野菜屋。

 人に説明するとき、よく、「韓国は物がたくさんある国です」という言葉を使いますが、狭い店でも売り物がたくさん。なんか、大阪のミナミにも似ているかもしれません。今はこの市場、昨年の改装で立派な屋根が出来ましたが、これはその前の写真。各店ごとにビニールやらなんやらで屋根を架設しているので、雨が降ると、雨水がたまってしまって、たまにおばさんが棒でそのたまったのを落としたり、、、跳ねでズボンや靴が濡れることもしばしば、でも、これもケンチャナヨ。文句を言っている人はいませんでした。

 上の横断幕、「私の家(店舗)の前は私が掃除します」という標語です。やはり日本に比べ、道路やら街角のごみはおおいですが、黄鶴洞洞事務所がこんなのを掲示してりました。朝は7時頃から、夜は店により9時くらいだったり、1時過ぎまでだったり、けっこう掃除もちゃんとやっているのです。朝の4時5時にソウルを歩くと、そんな掃除風景、ゴミ回収風景を見ることが出来ます。24時間、治安はいいし、面白いこともたくさん。寝ないで遊べる街です、ソウルは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して54これもケンチャナヨ?

FH010008

 鍾路の裏通りの荘旅館の浴室と言うか、トイレです。

 ペーパーホルダーがはるか頭上高い位置にありますが、最初はびっくりしただけ、後日、わかったのですが、シャワーの水はねによりトイレットペーパーが濡れるのを防ぐためのものでしょう。設計ミスというか、、、付け替えればオーケーというか、、、ま、これでいいのでしょう。

 旅館に泊まると、いろいろ面白いことがたくさん。やはり紙が、えらく身体をひねらないと届かない位置にあったり、、、わけのわからぬ配管が突き出していたり、豪華な化粧台のために便器にまっすぐに座れなかったり、便座の蓋が別物で、上にあげておけない状態だったり、流すための水洗レバーがやはり化粧台の下に隠れていたり、、、何でもありですが、ちょっと気をつければそれでいいでしょう、という感じです。

 有名なのに浴槽の栓があります。かなり高級なホテルは別ですがそこそこのホテルでも栓の鎖が付いていません。後日韓国人の友人に聞いたのですが、掃除の際に邪魔なので切ってあるという話です。確かに鎖があるとちゃらちゃらして邪魔ではありますが、、、韓国式の合理性なのでしょうね。

 個人旅行の際には、こんな旅館も、いいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して53楽安民族村よりも筏橋の町

FH020002

 楽安民族村って、最近のガイドブックには大抵出ていると思いますが、あんまりでした。韓国各地に昔のままの状態を保存した民族村がありますが、「古い状態がしっかり残っているほう」と聞いていたわりに、やはり人工的な臭いがあり、かえってお城の(城壁に囲まれた小さな村です)石垣の上を歩いて、周囲に見える普通の韓屋(屋根がそりかえった家)のほうが、親しみがもてましたし、バスで戻った筏橋の町のほうが、普通で良かったです。

 これは、町の中心部にある小高い山の上からの風景。まん中に川があり、少し上流に韓国最古の石橋だか、、そんな有名な橋があるようです。こんな田舎にもアパート、、、やはり住みやすいのかもしれませんね。

 大学に入った韓国人学生がみんな読むと言う「太白山脈」という韓国戦争後の智異山ゲリラの長編小説の舞台がここだとか、、でも、、あまり知られていない、普通の町の普通の路地を歩くのも、、楽しいものです。

 飛行機で麗水へ行った後、朝一番の慶全線のピドゥルギ号で筏橋、楽安民族村見物の後、朝食。駅へ戻ったけど、汽車が無かったので、木浦へ行こうとバスターミナルへタクシー。運転手さん、メーターを使わないので、ちょっとあせりましたが、田舎の基本はソウルより高いので基本料金以下の1500Wで、との親切心からのことでした。評判の悪いソウルのタクシーですが、無知、誤解から来る苦情も多いです。99%はちゃんとした運転手さんだと思っていいでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事52精力増強食

2002_0603olddica50003

 精力増強、、、韓国人が大好きな話です。前に紹介したケブルしかり、犬肉(ケコギ)しかり、もちろん高麗人参だってそうだし、、、身体にいいとか、元気が出る、そんな食品、たくさんあります。

 これは、日本でもそんな食品の一つとされてるウナギです。塩焼き(白焼き)、コチュジャン焼き、ヤンニョム(たれ)焼きの3通りの味付けがあります。場所はホームグラウンドとも言える中央市場の東の小路にある専門店。名産地であるソムジン江の名前を冠した店です。1匹8000Wくらい、塩焼きとヤンニョム焼を頼みました。店頭の炭火で焼いたのを席まで持ってきて、切ってくれます。特徴と言えば、、しょうががそえられていること。やはり葉っぱで包んでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して52 大屯山(頭輪山)

2002_1014olddica70006

 おはようございます。

 大屯寺のあたりから見た大屯山です。異様な山容であることがちょっとわかると思います。半円形に峰峰が並び、そのすりばちの底みたいな場所にお寺があります。寺自体は再建ですが、前に紹介した住職のお墓群など、なかなかです。また、ワン島から戻る際、橋を渡って右、海南じゃないほうへ行く道は本当にすごい岸壁が見られます。

 韓半島全体、岩山の宝庫と言えます。登山も盛ん。スポーツ新聞には「山行会」の案内がたくさん。これは、○○日朝7時に○○山○○登山口に集合、とかで、知らない人同士が集まって登る会。もちろん、幹事である同好会が中心なのでしょうが、一般の人も、そういう山行に気軽に参加できるようです。

 また山の雑誌には日本はじめ、アジア、アフリカ、ヨーロッパへの団体登山ツアーの広告もたくさん。日本以上に登山が盛んだと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

普通の韓国を探して51 雲住寺入り口のバス停留所にて

FH030002

 全羅南道の和順郡道岩面という田舎に雲住寺(運舟寺、と書いてある本もあり)というお寺の跡があります。名所旧跡には興味は無いのですが、石仏とか石塔は好きだと前に書きましたが、千仏千塔だか、たくさんの石塔、石仏がある寺の跡、ということで、行ってみたくなり、光州へ泊まって往復しました。行く途中、支石墓(ドルメン)もうじゃうじゃ、普通の家の庭先だの道路の脇、畑の中だのに大小いくらでも、ありました。雲住寺入り口で下ろしてもらって、徒歩で15分ほど小さな谷に分け入ると、そのお寺があります。入り口の切符売り場で入場券を買い、ついでに大きなカバンを預かってもらい、境内へ。お寺のことは、今回は省きます。けっこう最近はガイドブックにも載るようになり日本人も割合多く訪れるでしょうから、検索してみてください。建築物は、みな近年再建されたもので、本堂にはお土産屋までできています。山門は、私が行ったときはありませんでしたが最近できたようです。でも、お勧めの寺のひとつです。

 いろんな塔、いろんな石仏、由来不明といわれる石の円盤、なんか、他の韓国国内のものとみな違う感じの不思議な形だったり、、、充分そんなのを見て、またバス停に戻りました。これはその、バス待ち小屋にあった張り紙です。

 標語好きの韓国、4つあるのはみな和順警察署のもので。上段左から

北韓は変化していない。偽装平和に警戒しよう。

申告する小さな愛国、守ろう大きな自由

今、あなたの横にも間諜は潜んでいる

下段へ行って

周辺にまさか怪しい人はいませんか?

 韓半島のかなり南の、田舎です。そんな場所で、間諜の情報を申告しましょうというのですが、後日友人に聞くと、北韓から近いソウル、インチョン、東海岸の束草、江陵だのは海岸線も陸上も警戒が厳しいので案外南に離れたほうからの侵入が多いのだとか、そんな話でした。最近は太陽政策だかで、もうこんな張り紙も減ってはきていますが、ソウルの地下鉄にも必ず間諜申告の無料電話番号が掲示してあります。そんな国なんだな、とも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本の中の韓国1 李準圭先生と耳塚

2005_0921newdeca20043

 おはようございます。転送電話でトラブルの連絡があり、出てきました。役に立ちますね、転送電話。

 これは、京都の耳塚、ほんとうは鼻塚です。他に詳しいHPがあると思いますので、細かい話や、そのいわれはそちらでご覧下さい。

 6月初旬に李準圭先生とその全州高等学校の先輩後輩、合計3人を引き連れて、駆け足で京都、奈良、大阪を案内しました。空軍の軍医時代の仲間でもあるそうです。初日は夕食だけ、有名な居酒屋「和民」での会食だったのですが、そのときに、李準圭先生より、京都の最初に耳塚へ行きたい、との話が出て、ああ!、と思いました。李準圭先生、高等学校は名門、全州高でしたが、生まれ故郷は、この耳塚へ納められた朝鮮人の鼻を主に集めた場所と言われる南原だったのです。

 ご存知の方も多いと思いますが、秀吉の2回の朝鮮遠征で、さんざんな目に遭った韓国、もちろん戦争ですから、いろんな話はありますが、この耳塚、戦果の証明のために塩漬けにして送られてきた朝鮮の人の鼻を埋めた塚です。 国内での戦争であれば、首級というのでしょうか、首を、戦争の功績の証明のために保存したのでしょうが、場所は外国、首を塩漬けにするには塩もたくさんいるし、かさばるので輸送も大変、ということで、代わりに「鼻だけでよし」とされたとか。 で、ひどいのは、鼻だけであれば、軍人のもの、一般人のもの、区別がつかないので、非戦闘員まで、この、功績を水増しするために日本兵により、鼻を削がれた人がたくさんいた、とのことです。

 私も、韓国人の先生3人を京都にお連れするにあたり、単なる名所旧跡だけではなく、この耳塚を、どうしようかな?と考えてはいたのですが、韓国の先生から最初に行きたい、という話があったのは、なんか不思議な因縁を感じました。中には入れませんが、花が供えられ、きれいに掃除が行き届いていた耳塚。李準圭先生が韓国から持ってこられた焼酎を供えて4人で合掌しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月10日 (木)

普通の韓国を探して50 始業式

FH030002

 ソウル特別市麻浦区合井洞にあるソンgサン(城山?)初等学校の始業式です。韓国の新学期は3月から、これは2000年の2月末から3月にかけてソウルにある語学学校に通っていたときの写真です。新潟韓国教育院にいらしていたチョデヒョン先生が前に勤務しておられたという学校です。

 地下鉄2号線合井駅からロータリーの北側の道へ入って500mほどの場所。ちょっと校門に入って撮影させてもらいました。 ごらんの通り、校庭には大きな白い犬。のんびりしているというか、、、日本だったらこんなことはありませんが、別にこれも、おっかない犬とかではなく、近所の、しばしば遊びに来る犬なのでしたら、ケンチャナヨなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して49群山、月明山登山

FH030020

 前に群山西初等学校の2年生の写真をアップしましたが、そのうち3人が、学校帰りのまま月明山公園に付き合ってくれました。西初等学校から海のほうへ行くと日帝時代にできたと思われるレンガでかためた立派なトンネルがあります。その手前から左へ、これも、日帝時代にもあったと思われる古い道で山に登れます。ちょうど八重桜の時期、ちょっと汗をかきながら登り、展望台で写真を撮り、少し西のほうへ縦走、途中の茶店での休憩の写真です。飲み物とお菓子を買ってあげましたが、男の子2人、菓子のパッケージをその辺に捨てます。流石に2年生とはいえ、良くないなと思ったので注意。「ごみを捨てることは良心を捨てることだ」という標語があるだろう?ちゃんとゴミ箱(スレギトンg)に捨てなさいと話すと、女の子、ちょっと外国人の前で、恥ずかしいと思ったのか、韓国の大人の男がそのへんにごみを捨てるから子供も真似をするのだと弁明。ちょっとかわいく、でも、偉いぞ!と思った一件でした。

 帰りは群山女子高校のあたりへ下山、普通の街の道を西初等学校前まで送りましたが、2年生、ちょっと疲れさせてしまったようでしたが、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事51 スンデ

2005_1017newdeca30003

 地下鉄1号線鍾閣駅から北東側、インサ洞へ行く出口から地上へ出ると、左手に斜めに入っていく小路があります。周囲は大小のオフィスビルが多いので、会社員でいっぱい。でも、その道沿いは、いろんな飲食店が並びます。ほんの150mほど、マクドナルドのある通りに出るまでは、庶民的な、観光的でない店が集まる、なかなかいい通りです。

 前に本格的北韓式の美味しいスンデの店として「ハムギョン道スンデ」を紹介しましたが、これは、その店の駅寄り。小さい小路(奥は小さな広場で公衆トイレあり)をはさんだ、やはりスンデの店です。前者は夜は閉めますが、こちらは確か24時間営業でした。かなり遅い時間でも酔客が集まり2次会3次会をやっています。

 入店してメニューを見ると、お決まりのスンデクッkはありますが、スンデを食べてちょっと飲みたい気分でしたので、12000Wだかのスンデを半分でいい?と聞いて、出してもらいました。混んでいる時間に1人でこれをやると、テーブルは占拠するわ単価は安いわで断られる可能性もありますのでご注意を。 遅い、半分くらいしか埋まっていない時間でしたので食べることができました。

 スンデに、スープ、その他、お決まりのキムチ、カットゥギ、セウジョッ、焼酎を頼んで9000Wの晩酌です。 この店のスンデは、でも、案外屋台風の、普通の、はるさめ主体のものでした。人それぞれ、好みはありましょうが、どっちかといえば、専門店に期待してしまうのが人情。やはり「ハムギョンドスンデ」が美味しく感じました。 でも周囲を見回すと、また混んできた感じ。案外、スンデクッkにスンデは入らず、内臓の茹で肉が主体であることが多いように、スンデ屋でも、酒のつまみの主体は豚の内臓、頭などの茹で肉が人気のようで、スンデはおまけに出てくるくらい、、、そんな感じもします。 単なる豚の、いろんな部分の茹で肉ですが、セウジョッにつけていただくのは、とても美味しいです。「コギアンジュ(コギ=肉、アンジュ=肴)」というメニューがあれば、頼んでみましょう。豚の美味しさを隅から隅まで味わえるメニューです。ソルロンタンなど牛スープの店では「スユk(ス=水=茹でた、ユk=肉)」というメニューで、牛のいろんな部位の茹で肉を味わえます。こちらはちょっと高くて2,3万はしますが、人数がいれば、やはり牛のいろんな部位をシンプルな茹で肉で、味わうことができます。

 肉の食べ方に関しては、、、やはり韓国のが上だと思っています。ただし、上等の牛の焼肉を除きますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 

 おはようございます

 今日は休みです。午前は雑用やら、スーパー銭湯、転送電話で家内に連絡は任せて出歩きます。午後は、また医院の床磨きに出てくる予定です。「すばらしい韓国の食事」、「普通の韓国を探して」は、午後からのアップになります。

 13時 また出てきました。今回は自転車です。これから、、、掃除です。「リンレイオール床クリーナー」はすごく汚れが取れます。推薦します。ダメだと思っていたクッションフロアの頑固な汚れも、、、疲れますが、ちゃんと落ちます。

 15時 小休止 床の清掃とワックスがけ、かなりの重労働です。額から汗がぽたぽた、、、マスクの中もびしゃびしゃ、手袋の中も汗だく、、、窓を開けてやっていてもこの状態。ワックス拭き取りのあの回転バフ、欲しいと思います。

 17時20分 くたびれました。予約ノートを持って帰ります。お疲れ様>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

すばらしい韓国の食事50 セマウル号食堂車

FH010001

 転送電話でトラブル、また出てきました。これは、初めて全州へ行ったときの帰り、セマウル号の食堂車の名物料理だった「カルビチム定食」です。98年くらいだと思います。李先生のオフィスからは高速ターミナルがすぐなのでソウルを離れるのは大抵高速バス。帰りは好きな汽車で、というパターンが多かったです。

 空港の食堂は朝鮮ホテル、そして、確かKR(韓国鉄道)の食堂車はプラザホテルだったはず。車内販売の弁当もそこ(食堂車)でご飯を詰めるやりかたでしたので、熱々の弁当でした。今はKTXの開業で食堂車はほとんどなくなってしまいました。日本でももっと早く一部の豪華固定編成寝台特急以外は食堂車、無かったので、なんか、嬉しい食事でした。

 泥棒の少ない韓国、荷物は貴重品だけ持って行けば大丈夫。セマウル号に泥棒は、、たぶん乗りません。

 肝心の味付けは、、、甘い!と思いました。牛の骨付きあばら肉、野菜、栗そんなのの煮物です。もうひとつ、コムタン定食もあったけど、どちらも10000Wくらいだったかな?2度のピドゥルギ号乗車とともに、貴重な経験です。

 KTXは標準軌にもかかわらず普通席は椅子が小さく、日本の新幹線並。特室だとまぁ、快適です。昔の、というか在来線の列車はセマウルでもムグンファでも座席はゆったり、特室の座席間隔はすごくあります。どっちかといえば、在来線の汽車のが好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事49普通の家の普通の朝食

achimsiksa

 これは出張の時、何度か泊めてもらったりしている知人のお家での朝ごはんです。ちょっと画質が悪くてごめんなさい。昔のデジカメのメモリー、ダメになったのがたくさんあるため、コンピュータに置いておいた写真です。

 いろいろおかずの多い韓国の食事ですが、もちろん、食事ごとに毎回全部作るわけではありません。最近ではおかずを売る店も増えてきましたし、たくさん作ってシール容器に入れ、何日かかけて食べるおかずも多いし、昨夜の残りのものだってあります。そんなわけで、韓国の家の冷蔵庫、たぶん日本の家の平均よりも大きいのではないかと思います。また最近はキムチ冷蔵庫もだいぶ普及してきました。本来、冬、甕に入れて外に置いたり、土に埋めたりだのしていたのの代わりが簡単に一年中できるってわけです。

 店での食事もいいけれど、こんな普通の朝飯、とても美味しいし、、日本人にもかなり合っていると思います。

 おかずは、右上から赤いスープ、トンテチゲ(すけそうだらのチゲ)、左へ行って、太刀魚とイシモチの焼いたの。左、白菜キムチ、真ん中、黄色いのがエホバクの炒め物、下が卵焼き、海苔を入れて巻いてあります。日本のように甘くはしません。左は上から青菜のナムル、ぜんまいみたいだけど乾燥蕨のナムル、下が細い青葱のキムチです。

 トンテは凍太、一度わざと冷凍したスケソウです。水分が落ちて美味しくなるそうです。生の場合は生太(センgテ)といいます。太刀魚は、新潟では人気が無く市場にあまり出ませんが韓国人は大好き。イシモチは、前に書きましたね。韓国人が大好きな魚です。タチウオは生を、イシモチは干物を揚げるような感じでたっぷりの油で焼きます。なかなか美味しい食べ方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して48 永宗島船着場

2002_0603olddica50025

 永宗島というのはインチョン空港がある島です。前に月尾島遊園地の項で少し紹介したかもしれませんが、インチョン市内の昔からの観光地である月尾島と永宗島の間には30分間隔くらいでフェリーボートが行き来しており、休日には車で、もしくは人間だけで、たくさんの人が遊びにやってきます。私は電車でインチョン、バスで月尾島、フェリーで永宗島、船着場でご飯食べて、また、インチョン側へ帰る船を待っていたときに撮影しました。

 この写真は永宗島船着場に月尾島からの船が着いて上客が下船しているところです。世界でも最も干満の差が激しいという韓半島西部ですので、その時の潮位により調節が利くような船着場が、ここの他、西海岸ではしばしば見られます。長い突堤、どこでも船を着けられるようになっているようでした。

 月尾島にもたくさんの刺身屋というか活魚屋がありますが、永宗島に渡ると漁港直売の小さな市場があり、そこで好きな材料を買って、周囲の刺身屋に持ち込んで手数料を出して料理してもらうことができます。だいぶ月尾島よりも、安い、、という話です。この日、ここで、1人刺身をやりましたので、その写真も後日、アップします。

 インチョン空港からも、船着場はバスで30分ほど。何度かお昼を食べにここまで来ましたが、昔は20分おきだったバスが今は30分おき、一度、バスが故障で、慌ててタクシーで空港へ戻ったことがあります。車は日本でも売っていたパジェロ、むこうの名前がゲロパ(ギャロッパーア)でした。島の道はあまり良くないので四駆なのだということでした。船着場から空港まで、けっこうかかった記憶があります。2万ちょっとだったかなぁ?? 時間があれば、ここ、素朴で面白い場所ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して47超芸術???

2002_0410olddica30043

 昔、助っ人のトマソン選手があまり成績が良くなかったため、おちょくって、そんなことを集めた本とかありましたが、これ、決して工事中の写真ではありません。さしずめ韓国のトマソンですね。

 地下鉄4号線スユ駅のすぐ前のビル、地下鉄入り口が見えますね。建物の4階まではちゃんとテナントも入っていますが、最上階が、、、前方の壁だけです。予算が不足したか?どういう理由でここまでしか出来ていないのかはわかりませんが、これもケンチャナヨのひとつでしょう。いずれお金ができたら、もしくは入居希望者が出てきたら屋根とか作るのかもしれません。

 先日、9月にもこの辺へ行ったのですが、見てくるのを忘れました。本当に駅前、ソウルから議政府へ行く道の左手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して46 ケンチャナヨ 麗水ビーチホテル

FH020005

 向きが変ですみません。トイレの写真です。

 98年の2月、初めての国内線の飛行機で、麗水順天空港。全羅線の線路のそばの小さな空港、、というか、ほぼ滑走路だけみたいな場所でした。途中、全州、光州の真上を飛んだため、また、近距離で、低く飛ぶためか、景色が楽しめた記憶があります。

 預けた荷物も、なんか、ターンテーブルというより直接受け取る感じ。で、順天行きのバスはありましたが、麗水行きは来ません。そこで、タクシー。田舎の、しかも市外ですので交渉で、メーターは使いません。15000Wでしたが、まぁ、そんなものでしょう。途中、麗川という新しい都市を抜けて、韓半島南部の港町、麗水へ。小さな湾を囲むように発達したきれいな港町でした。

 知らない場所へ行ったときは、まず宿の確保。それから街を歩きます。このときは確か、前に行ったときに少しカジノで勝って、その分の現金があったので、麗水市最高のホテル、確か唯一の1級(観光公社等級)ホテルである「麗水ビーチホテル」に行きました。道路標識にも掲示がある代表的ホテルだったのでしょう。確か80000Wくらいもしました。100円=700Wくらいの時代です。そこのトイレなのですが、、、真っ赤なペンキが塗ってあって、なんか、素人が塗ったよう。便座は交換したものか、そこだけ白。サイズも合っていません。

 韓国の店、ホテル、派手好きな感じで、豪華な感じが好まれるのか、できたときはなかなかカッコいいのですが、長持ちしないというか、補修があまりしっかりしていないというか、経年劣化が早いと感じています。ここも、地方都市の最高級といいながら、トイレの補修は、素人のペンキ仕事、、、まぁ、清潔ではあったので、それでもいいのでしょうが、、日本ではこんなのは、有り得ないと思い、写真を撮りました。これも、ケンチャナヨのひとつでしょうね。

 また、この時は、チェックインして部屋へ行った直後、フロントかどうかはわかりませんが、女性の斡旋の勧誘がありました。いろいろ悪く言われる韓国ですが、これは、何も外国人だから、というのではないそうです。前の前の韓国語学院の先生の話ですが、韓国人男性でも、1人でホテルに泊まると、そんな電話があるのだそうです。先生はどうしていましたか?と尋ねたら,笑って、「一人では面白くないときがあるでしょう? 何も、それだけするとかじゃなく、一緒にご飯を食べたり、、、話したり、、、それがいいんですよ」なんて答えが返って来ましたので、次に、「じゃぁ、奥さんとかはそういうの、ご存知なのですか?」と聞くと、「さぁ???」とのことでしたが、その後、「悪いことじゃなければ、人生、なんでも経験したほうがいいでしょう。違いますか?」とのお言葉をいただきました。「そういうふうになっている」部分、韓国にも、日本にも、あるのですよね。

 古いけど、補修がしっかり、スタッフも優秀、と感じたのはこの後、移動して行った木浦の「百済ホテル」です。こちらは2級と格下でしたが、新しくはないけど、韓国にしては珍しく補修がしっかり、清掃きっちり、大事に維持されている感じで、好感が持てました。ホテルや旅館で「あれれ?!?」と思って撮った写真、またお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して45東豆川駅前スーパー

2002_0410olddica30024

 また犬です。前の小さい黒い犬もそうですが、飼い方が鷹揚なのか、雌犬は妊娠経験がある場合が多く、このワンちゃんも、お乳がありますね。お客さんが出入りする店頭につながれているおとなしい犬でした。

 スーパー、シュポとか発音しますが、日本で言えば「よろずや」的な何でも置いている店のことです。食品、菓子、酒、たばこ、簡単なおもちゃ、雑貨など、なんでもあり、朝は6時過ぎから夜は12時過ぎまで家族の誰かが店番している、そんなです。小規模シュポは「クモンカゲ」とも言い、クモン=穴、カゲ=店、で、本当に狭い場所にいろんなものを置いている、なかなか似合った名前だと思っていましたが、最近は日本で言うようなスーパー、大型割引店があちこちにできつつあります。車社会の発展によるものでしょう。韓国ではそういう大型店は「マート」と呼ばれるようです。代表的な「ロッテマート」、「Eマート」、「ハナロマート」なんて名前からきた総称です。今やソウルだけでなく、大き目の地方都市にもどんどんこの、「マート」ができつつあり、個人経営の「シュポ」も苦しい時代かもしれません。でも、、夜、足りなくなった酒など買いに行くとそこの中学生の兄ちゃんなんかが店番していたりするのは、なんか嬉しい気分です。

 夏など、こんなシュポの店頭のプラスティック椅子(大抵ビール会社などの提供)で、近所の人が集まって酒を飲んでいたり、その周囲で子供が遅くまで遊んでいたり、、、そんなとこにお邪魔して会話を楽しみながらビールなどやるのも、また楽しいひと時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月9日

 おはようございます

 スタッフの研修のため、今日から休みです。これを機に、日頃掃除していない部分の清掃を行います。昨日の昼頃から冬型、いかにも新潟の冬の訪れを感じさせる天気ですが、適度に働き、適度にリフレッシュしたいと思っています。まずはスピットン磨き。うがいをする場所のことです。ビルなので錆の色が、沈着。いろんな洗剤を試しましたが、一番いいのは、細かい耐水ペーパーで物理的に落とすことのようです。次は、レントゲンの現像タンクの掃除かな。電話は転送で家内に任せられるのは、いいですね。何で今までやらなかったのか??ちょっと悔やまれます。

10時03分 

現像タンク洗浄完了。液は少しでも劣化を防ぐために、仕事が始まる来週初めに作ります。

少し前からAPSの写真をアップしていますが、やはりちょっと画質が落ちますね。昔からいろんな銀塩写真の規格、というか、カートリッジがありましたが、もう完全に、普通の写真はデジタルが中心でしょう。なんか、寂しい気もしますが、確かに手軽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して44全南海南郡懸山面日坪

2002_1014olddica70013

 韓半島最南端近く、海南からワン島という島へ行く途中でもあり、最南端の岬「土末(トマル、いかにも土地の最後、という名前)」へ行く途中の「普通の村」の初等学校(小学校)です。規模は小さくても教育熱心な韓国、田舎でも学校は立派です。ここは幼稚園も併設していました。初秋、9月の訪問、前に紹介した大屯寺から峠越えでここに来るつもりでしたが、流石に登山好きが多い韓国でも、名も無い峠越え趣味の人は少ないようで、廃道状態だったので、30分ほど登ってあきらめました。地元の人に聞いたら昔は歩いて越えたものだけどねぇ、、という回答でした。

 ごくふつうの田舎、日本の田舎とそっくりです。初めて地方へ旅したのは97年の群山でしたが、さて、どんな景色だろう?と期待して乗った高速バスの車窓風景は日本とあまり変わりません。主食が米、という共通点が大きいと思います。畑の作物が、、唐辛子が目立つこと、、あとは、看板の文字、古い農家の屋根の形、どんな田舎でも、棟数はすくなくてもアパート(高層分譲マンション)があること、それくらいです。本当に日本と似た国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事48 ソネジャンタン(牛内臓湯)

2002_1210olddica80041

 おはようございます。だいぶ前になりましたが、肉のスープは一般に辛くなく、魚のスープは大体辛い、と書きました。例外的に、牛もも肉と野菜の辛いスープ、ユッケジャンとかはあります。今回のソ(牛)内臓(ネジャンg)湯(タンg)も真っ赤なスープでした。内臓系だと、、、そう、テレビ映画「フレンズ」でも、深田恭子さんが香港で辛いコプチャンチョンゴルを食べていたシーンがありましたけど、辛いものがあるようです。

 おまけのおかずはこの後出てきたのですが、食べ散らかした後の写真になるので、鍋のみ。

 大抵、スープ料理、1人でも食べられる、というか1人の場合に好適な食事なのですが、初めて食べた牛の内臓スープは、こんなふうにカセットコンロの鍋で出てきました。主に牛の腸と野菜の辛いスープです。味付けは醤油とコチュジャンでしょうか、朝飯でいただいたのですが、酔いが覚める感じ、胃袋が叩き起こされる感じのご飯でした。場所は往十里付近の市場周辺にある食堂。24時間営業、といっても朝方はおばさんも寝ています。私の後、男女2人のお客さんが来ましたが、夜の仕事ふう。しかし、ほぼ24時間、どこにいても、暖かい、かつ野菜たっぷりで美味しい食事が可能な国、珍しいほうだと思います。

 似た様な感じで、ソ(牛)モリ(頭)クッk(汁)パッp(飯)というのもありますが、こちらは白くて優しい味。牛の頭の皮付き肉なんかが入ったスープで、ソルロンタン、コムタンの系統、それも、後日紹介します。なんか、写真、、、匂いや味がわからないのが、残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

普通の韓国を探して43 長湖院の中学生

FH030008

 こんばんは、夜間診療、もうすぐ上がりです。これは、京機道、利川市長湖院邑での撮影です。

 当時の飛行機はお昼過ぎにソウル、金浦着。李準圭先生のオフィスでの仕事の後、東ソウルターミナルへ行き、長湖院という、ちょっと変わった名前の町へ。このときも、李先生、ソウル大歯科大時代の知り合いの住所と電話をメモして渡してくれる。幸いいままで使ったことは一度も無いけど、ありがたい。

 さて、夏の夕方、利川経由で長湖院。桃の名産地とのことで、果物が豊富。ブドウとかもたくさんあるようだ。空きテナントが食用犬養殖場になっているバスターミナルを出て、すぐの旅館に決め、荷物を置いたら、初めての町の探索開始。忠清北道陰城郡甘谷と、いわば、川をはさんだツインシティになっている。薄暗くなりかけた頃、薬局の前で集まっていた4人に話し掛けて撮影。ぜんぜん観光地じゃない場所なので外国人ということでびっくりされたけど、ポーズを取ってくれた。前にも書いたが、写真好きというか、撮られ慣れしている感じの子が多いのが韓国だ。今回もこの4人、「塾へ行くのの待ち合わせ」ということだった。

 その後、甘谷側へ渡ったり、川沿いに散策したり、、紫色のうすもやがかかる夕方、たくさん歩いたのだった。この日の夕食はちょっと豪勢に1人アクチム(アンコウと野菜の辛い蒸し煮)、翌日また朝霧の中、ソウルへ戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事47 わがままな日本人観光客

FH000015

 ひとりプルコギをやってしまいました。今考えてみればお店の人の親切で出してもらえたのでしょうが、、、「事情を知らないわがままな日本人観光客」を演じてしまったのです。

 金浦から李準圭先生のオフィスで用事を済ませた後、高速ターミナル。高速バスで全州。でも、なんか、全州で泊まる気がせず夜汽車で、益山、論山と戻り西大田で下車。タクシーの運転手さんに「5万以下できれいなホテルを紹介してください」と頼んで、大田川に面するホテルへ。翌朝早起きして大田西部バスターミナルから扶余へ行きました。朝霧の中、有名な定林寺跡の石塔、帽子をかぶった石仏を見学し、朝飯。後で知ったのですがガイドブックにも出ている模範食堂「忠南食堂」へ入りました。

 かたことの韓国語でプルコギをお願い。でも、店のおばさん、なんだかんだ言いますがそこまでの語学力はありませんでしたし、まだ10回も行っていないころですので、韓国の食事習慣も知りません。結局、この写真のプルコギが出てきましたが、、、なんか、やはり、一人で石鍋で、肉を煮て食うの、、、ヘンな感じがしました。

 その後、韓国のことについていろいろ知るようになって、「肉料理は最低でも2人前以上」という不文律を知ったのです。最近では一人で旅する日本人も増えましたが、依然として、韓国関係のサイトでしばしば、「1人で断られた」なんて怒ってる人を、見かけます。鍋、コンロの準備、片付け、たくさんのおまけのおかず、そんなことを考えると、こんな料理1人前で8000Wとかだと、店もやっていられないというのは、わかっていただけると思います。

 中には例外的に1人焼肉オーケーの店もありますが、やはり2人前頼んであげるとか、店の営業のことも考えるべきだと思っています。

 「肉料理は最低2人前から」、これ、覚えておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して42 修能試験

FH040019  修能試験、、、日本のセンター試験に相当する、大学入学のための試験です。毎年11月にあり、日本のニュースでもその過熱ぶりが報道されますが、これは、その試験が終了してわが子が出てくるのを校門の前で待つお母さん方です。

 場所は往十里駅そば、ムハk女子中、高。ムハk=舞鶴かな、と思っています。今では、一番安いクラスのツアーでよく使われる「田豊ホテル」、「ベストウェスタンホテルビジョン」なんかがあるので、日本人も乗り降りする駅ですが、写真の98年当時は、あまり日本人の行かない場所だったと思います。

 地方からソウルへ戻り、安そうな宿として探し出した田豊ホテルに泊まったのです。ひと休みして、、、夕飯をどこで食べるか、まずは街を歩いて、というときに見つけた風景です。学校だということはわかりましたが、何で夕方、おばさんたちがたくさん集まっているか??当時はまだ語学もあんまりだったため、その理由は帰国して韓国語学校の先生に教わるまでわかりませんでした。

 今年も、そろそろそんな時期になるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して41 群山西初等学校2学年オンヌリ班

FH030017

 「韓国の子供は元気がいい」と書きましたが、そんなのの好例です。全北群山市の中心部、月明山の麓にある西初等学校の前で、学校帰りの小学生に話し掛けました。小遣いを持って学校へ行っているのか、校門そばのスーパーでアイスを買って食べているよう。2年生とのことでした。

 写真を撮っていい?と尋ねると喜んで並んでくれました。後方、女子高校生もノリがよくVサインしてくれてます。表情豊かで、いい意味で純朴、よく、「韓国には日本も昔はそうだったであろう、良い点が、まだまだ残っている」と話しますが、そんなのが伺える写真だと思っています。

 この後、この中の男子2人、女子1名を引き連れて学校のそば、トンネルの入り口から、月明山公園に登りました。もちろん、写真、学校宛てに後日郵送しました。言葉ができると、旅行もより楽しくなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月8日

 おはようございます

 今朝のテレビ、みのもんたさんの番組で、韓国の高校生が地下鉄のホームから落ちた5歳児を反対側のホームから飛び降りて行って救った、というニュースをやっていました。前にも、新大久保で、そんな事件がありましたが、「あれこれ考えずにまずは行動する」という韓国人の性格のいいところが出た話だな、感じました。

 みのさんも褒めていましたが、ソウル市長(やり手で有名、次期大統領最有力候補だと言われている行動派の人物)が「勇敢な市民賞」を決め、地下鉄公社はその高校生の学費の援助と希望するなら公社への就職を約束、、、これを「すぐに決めてすぐにやる」、それが、日本との違いです。

 「あれこれ心配して、慎重に計画して、なかなか始めない日本人」、「まずはやってみる韓国人」、前にも書きましたが、お互い、見習うべき点は多い、そんな関係だと思っています。

 今日は夜間診療、午前はいろいろ雑務をやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事46「古宮」という有名店

2005_0503newdeca10079 2005_0503newdeca10080

 おはようございます。 これ、インチョン空港の地下にあるカフェテリア式の食堂。でも、「古宮」という、本店は明洞にある、有名人気店が入っています。どうも、、、観光的な店のように思い、行っていませんでしたが、帰国日の昼食に食べてみました。思えば明洞の同じあたりにある超有名ガイドブック店「全州中央会館」は、初めてソウルへ行ったときに行ったのでした。それ以後、どうも、明洞あたりって体質的に合わない気がして敬遠していたのです。でも、案外いいところかな?とも最近思い始めています。「観光の街」というのは、どっちかと言えば東大門市場のほうかもしれません。

 さて、ビビムバッpですが、「均質になるまで混ぜる」という話、一生懸命混ぜました。日本で流行の「石焼き」ではないですが、金属製の器が熱くなっているのでやけどに注意。でも、せっかくきれいに盛り付けたのを崩すのは、、どうも日本人的には、ちょっと抵抗がありますよね??右が混ぜたあと、食べ始め直前です。これくらいで、いいのでしょうかねぇ??

 インチョン空港での食事ですが、世界共通、空港は家賃が高く、「高くて美味しくない」に往々にして遭遇します。私の推薦は、「バーガーキング(ボゴキンg)」のワッパセット。5200Wだったかな?直接火で焼いた、というだけあって、美味しいですよ。次点は、この、地下のカフェテリア。空港職員がお昼に集まる=安めで美味しい、、、、そんなだと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

すばらしい韓国の食事45 肉屋のカムジャタン

2005_0503newdeca10008

 こんばんは、昨日と今日は休みでした。これは、木浦に遊びに行ったとき、知り合いの先生の友達の家でご馳走になったカムジャタン(ジャガイモと、豚背骨の鍋)です。左下にはポッサム(豚の茹で肉)も見えますね。

 車で市内をあちこち観光している途中、お昼は何がいい?と聞かれたので、カムジャタンを希望したら、店ではなく、知り合いの肉屋さんに電話して、用意をしてもらったのです。安くて美味しい鍋料理のひとつで、ソウル市内の繁華街には24時間営業の店もたくさん。1人ではカムジャタンは無理ですので、ジャガイモ抜きの「ピョ(ピョダギ)ヘジャンクッk」というメニューでも、味わえますが、やはり大人数で鍋をつついたほうが美味しいですね。流石は肉屋さん、店で食べるカムジャタンに1歩も引けを取らない味でした。背骨に残った肉のかけらやら、神経、とても美味しいです。店で食べる場合、2人だと小を1つ頼めば充分でしょう。もちろん、肉(骨)の追加、ジャガイモの追加も、別料金で可能です。韓国、野菜とかが美味しいと感じていますが、ジャガイモもそのひとつです。

 カムジャタンに関してはまた、後日、店のやつ、ちょっと紹介するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月30日 - 2005年11月5日 | トップページ | 2005年11月13日 - 2005年11月19日 »