« すばらしい韓国の食事191 ハルラポン | トップページ | 普通の韓国を探して417 全北 群山港の巡視船 »

2006年3月14日 (火)

普通の韓国を探して416 中渓本洞散策8

2006_0201olddeca130204

 前の、道標のあるあたりから西へ、稜線に沿って下って行きます。やはり目立つのはソウルを囲む山々と、葦院区の大部分を構成するアパート群です。右手、ひときわ目立つのが北漢山です。

 右手の家の壁の下半分、水色の塗料で塗られていますが、かなり前にアップした金泉の路地の写真に出てきた家も、この色。もしかしたら何か特別な、ペイントなのかもしれません。屋上には「オン(オンギ)」と呼ばれる陶器の甕、それと、プロパンガスのボンベが置いてありますね。何度かそんな写真を紹介していますが、韓国の家の屋根の上、いろいろ物置などにも利用されていることが多いのです。

 左側、小さな空き地を利用した野菜畑でした。ゴミ、ミカンの皮などが捨てられていましたが、肥料のつもりでしょう。

 古い韓国の家々、あ、古いホテルや旅館もそうですが、窓や出入り口が狭いです。冬の寒さ、それに対応する暖房効果のためでしょう。日帝時代に移住した日本人、日本家屋に住んでいた人が多かったのでしょうけど、寒さは、大丈夫だったのでしょうか??冬の快晴の日、韓半島の青空は日本の空よりも濃い青色のような気がします。

|

« すばらしい韓国の食事191 ハルラポン | トップページ | 普通の韓国を探して417 全北 群山港の巡視船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/9082424

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して416 中渓本洞散策8:

« すばらしい韓国の食事191 ハルラポン | トップページ | 普通の韓国を探して417 全北 群山港の巡視船 »