« 普通の韓国を探して416 中渓本洞散策8 | トップページ | 普通の韓国を探して418 2号線三成駅 COEX側出口 »

2006年3月14日 (火)

普通の韓国を探して417 全北 群山港の巡視船

FH030012

 大昔は、大好きな写真家、アラーキーも使用していると言う、ちょっとレンズのいい小型カメラ「ビッグミニ」を使っていました。その後、「イクシ」が出たのでAPSにして、、、その後はデジカメ、フジの2500Z、そして、今はF455と来ています。APSは、CDに焼いてもらえたので、今も時々アップしていますが、こんな横長の写真はそれです。2000年の5月の群山です。ソウル、釜山へ飛行機、バスで晋州、汽車で河東、バスで花渓チャント、救礼、汽車で順天、光州、バスでコチャン、金堤、全州、桜並木を群山、そんな旅行でした。故郷である東京よりも、群山にしょっちゅう行っていた頃です。

 韓国の花、ムクゲですけど、やはり東洋の国、梅も、、、大事にされる花、愛でられる花のひとつです。海上保安庁に相当する機関の印が梅なのでしょうね。花つながりで思い出しましたが、韓国の公務員の年配の方が決まって持っている腕時計があります。黒い革ベルトのシンプルなものですが、長年国のために働いて、というののご褒美なんじゃないかと想像しています。その時計には確か、ムクゲの花と、それを囲むように2羽の鳳凰の印だったと思うのですが、そんな構図の文化も、似ていますよね。

 錦江の河口を利用した群山港ですので、対岸は忠清南道の長項です。

 前に群山の月明山公園の山頂から見た長項の精錬所の写真をアップしました。先日、ソウルに、恩師のチョデヒョン先生を訪問した際に聞いたのですが、やはり日帝時代に日本が作った工場だとのことでした。割合鉱産資源に恵まれていた朝鮮半島。当時の技術の粋を結集して作られた非鉄金属の精錬所だったとのことです。

|

« 普通の韓国を探して416 中渓本洞散策8 | トップページ | 普通の韓国を探して418 2号線三成駅 COEX側出口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/9082522

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して417 全北 群山港の巡視船:

« 普通の韓国を探して416 中渓本洞散策8 | トップページ | 普通の韓国を探して418 2号線三成駅 COEX側出口 »