« 普通の韓国を探して425 中渓本洞散策12 | トップページ | 普通の韓国を探して427 中渓本洞散策13 »

2006年3月18日 (土)

普通の韓国を探して426 道峰区倉3洞 学院のマイクロバス

2002_041030047

 いまや学力は世界一レベルの韓国、日本以上の学歴社会と言われています。高校生、毎日5時過ぎまで正規の授業があり、2年3年ともなれば学校の後に学院(ハグォン)と呼ばれる塾へ行く人が多いとか。また休みの日にも学院があり、自由な時間が非常に少ないと聞いています。

 日本だと放課後はクラブ活動に、という高校生も多いでしょうが、野球だのサッカーだのバスケだの、そういうのを続けるのはごく一部のスポーツエリート候補だけ。甲子園大会のような全国規模の野球大会もありますが、初めから出られるわけ無い野球部などは存在しない、全国でも数十校程度の、「強豪校」だけで争う大会だという話です。

 サイワールドという、自分でいろいろ編集するミニHP、中高生の間でけっこう人気。友達と会って遊ぶ時間がないために、30分1時間で友達と通じ合えるコンピュータの世界が人気がある、そう解説している人もいます。PC房(ピーシーバン)も1時間1000W程度、日本の同業店よりもずっと安いので、学校帰りの高校生など、たくさん画面に向かっています。ただし、高校生以下は午後10時までに、出ないといけないそうです。

 これは、トボン区チャンドンのとある住宅街の通り、「ヨンセ学院」と書いたマイクロバスに高校生が乗り込む場面。世界一出産率が低い国になった韓国ですので、塾の間の学生獲得競争も激しいのでしょう。

 勉強の塾に限らず、正規の学校以外の塾、習い事、皆、ハグォン(学院)という言葉を使います。大人の会社員が外国語を習う場所も学院、美術大志望の高校生が通う専門の予備校も学院、そんな感じです。

|

« 普通の韓国を探して425 中渓本洞散策12 | トップページ | 普通の韓国を探して427 中渓本洞散策13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/9141645

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して426 道峰区倉3洞 学院のマイクロバス:

« 普通の韓国を探して425 中渓本洞散策12 | トップページ | 普通の韓国を探して427 中渓本洞散策13 »