« 普通の韓国を探して409 全羅南道木浦港 1997年 | トップページ | 普通の韓国を探して411 中渓本洞散策6 »

2006年3月11日 (土)

普通の韓国を探して410 地下鉄2号線合井 

FH040022

 この長いドーム、最初はびっくりしました。日本でも大都市にはこんな風景があるのかもしれませんが、地下鉄の線路の屋根でした。

 2000年の冬、3日間だけ、ソウルのカナタ韓国語学院という私設の学校で韓国語の個人授業を受けたことがありますが、そのとき、朝ごはんを食べに行ったハプジョン(合井)という駅のそばの風景です。ソウルの地下鉄、古い路線は幅の広い漢江を鉄橋で渡ります。1号線は鷺梁津、2号線はこの合井と江辺、3号線は玉水、4号線は銅雀に漢江鉄橋があります。5号線以後は、漢江の下をトンネルで通るようになりましたが、この写真のドームは地下鉄が地上へ出る部分の屋根なのでした。

 この写真を撮った後、駅付近の小さな食堂でタッコムタン(鶏のスープ)を食べ、少し散策したときのことですが、合井ロータリーという大きな交差点で交通事故を見ました。 北からきた車が交差点を右折する際、軽く接触、2台とも朝の空いている時間でしたので交差点の中で停止したのですが、ぶつけられた方の車の運転者が激怒してか、一度バックしてから、急加速して相手の車の弱そうな横腹というかドアの部分にドッカーンと体当たりしたのです。熱情的な韓国人、一気に激怒するけど一気に冷める、そんな話は聞いたり、読んだりしていましたが、ぶつけられた車の人が怒って車で体当たりというのを目の前で見たのにはびっくりです。

 その後、知り合いの韓国人にこの話をすると、ウソだろう?とか言われてしまいますが、小さな事故なのに激怒して自分で大きな事故にする韓国人、、、本当に見た話です。

|

« 普通の韓国を探して409 全羅南道木浦港 1997年 | トップページ | 普通の韓国を探して411 中渓本洞散策6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/9032791

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して410 地下鉄2号線合井 :

« 普通の韓国を探して409 全羅南道木浦港 1997年 | トップページ | 普通の韓国を探して411 中渓本洞散策6 »