« 2006年4月1日 昨日の検索フレーズより「テナガダコ 干潟」 | トップページ | 2006年4月1日 韓国映画と韓国ドラマ »

2006年4月 1日 (土)

普通の韓国を探して462 タガディスコ もう一枚

2002_060140082

 東大門市場の一角で見た「タガディスコ(ディスコ、タガダディスコ)です。

 これは、1回の搭乗が終わって、新しいお客さんが向こう側の階段から円盤に入場し、右手、降り口からは、楽しんだお客さんが出てくる様子。前にも書いたとおり、女性に人気があるようです。おじさんは一人もいませんが、おばさん2人とかはいるんですよね。一度乗ってみたいと思うのですが、まだ果たせていません。これこそ、日本には無いものです。

 日本以上の携帯電話社会の韓国、それこそ、ばぁちゃんまで、みんな持っています。降りてすぐ、電話する女子高校生、韓国らしいな、って思います。

 韓国女性、子供は、まず日頃はズボン姿。それが、中学、高校では制服でスカート、おしなべて韓国女性がスカートをはいている時期は、この中学高校時代しかないと言えます。大学に入ると、就職すると、若い女性は真夏の非常に暑い時期には袖の無いワンピースみたいなのを着ますが、まずほとんどはパンツ姿です。大人の年代になると、徐々にスカートというかスーツ姿が増え、アジュマになるともうなんでもよし、という感じ。でも、基本はパンツ(ズボン)、という感じ、日本とちょっと違うところです。

 余談ですが、韓国では、中学、高校の制服のこと、「校服(キョボク、キョボk)と言います。

|

« 2006年4月1日 昨日の検索フレーズより「テナガダコ 干潟」 | トップページ | 2006年4月1日 韓国映画と韓国ドラマ »

コメント

私も行きました。夜の東大門活気に溢れ原宿みたいに若者でごった返していました。
私が言った時には、ロックが中心でガンズアンドローゼズのコアなフアンにしかわからない曲やボンジョビを歌っていました。
もう私も踊りながら大声で歌ってきました。

その後屋台でトッポギとチャミスルを飲みましたが、お店のオバサンの娘は日本の大学に通っているとの事・・・日本から来たの?って聞かれた(と思うんですが)ので「イエー」と言ったらお嬢さんの写真を見せてくれて涙ながらに話してくれましたが、本の少しだけしか内容はわかりませんでした。
私の一言ハングルと一言英語で1時間ほど訳わからずに会話は弾みとても楽しかったです。
案外と優しい人が多い国で私は行くたびにほのぼのして帰国します。

投稿: COO | 2006年4月 2日 (日) 00時28分

 コメントありがとうございます。

 あの、この項は、踊る場所のディスコではなく、この円盤型の遊園地などにある乗り物が「ディスコ」なんです。音楽はうるさくかかりますが、お客さんはDJ任せで回されたり揺すられたり、キャーキャー言って楽しむ、そんな乗り物です。

 韓国人、多くは、親切で、話好き、1対1の付き合いができれば、たとえそれが屋台のほんの30分でも、「知り合い」であり、「仲間」という感じで接してくれます。言葉が通じないと「外人客」で終わってしまいます。へたくそな韓国語であれ、英語であれ、話し掛けること、大事だと感じています。

 楽しい韓国をお楽しみください。

投稿: とうちゃん | 2006年4月 2日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して462 タガディスコ もう一枚:

« 2006年4月1日 昨日の検索フレーズより「テナガダコ 干潟」 | トップページ | 2006年4月1日 韓国映画と韓国ドラマ »