« 普通の韓国を探して573 葦院区月渓2洞住公アパート | トップページ | 普通の韓国を探して574 韓国の雑誌 「山」 朝鮮日報社刊 »

2006年6月20日 (火)

2006年6月20日 原豆コーヒー

 今日は「オープンデイ」。通常の予約を入れずに雑用やら、片付けやら、日頃できない部分の掃除だのをする、かっこよく言えば、研究日です。

 朝、医院へ出てきて、コーヒーを入れながら思ったのですが、簡易フィルターの個別包装コーヒー、せっかちな韓国人には向かないかな?なんて思いました。 最初に電気ポットからちょろっと熱湯を出し、粉を膨らませて、、、それから、溢れぬようにしながらお湯を注いでカップに落とすのですが、多分、韓国の人だと、初めからジャージャーお湯を注いで、時には溢れさせて粉をカップに落としてしまったり、、、そんなふうにするんじゃないかと思い、一人でニヤニヤしてしまいました。韓国人、10人中4人くらいは、そんなふうにしてしまうのではないかと想像しています。

 すでにあちこちで書かれていますが、コーヒーが美味しくないと言われる韓国、、、でも、日頃そんなに私は飲まないので構いません。普通の家だとインスタントコーヒーが当たり前。砂糖も、粉末クリームもたっぷり入れた甘いのが好まれます。既に配合されてスティック状パックになっているのもたくさん売られています。

 何度かアップしている自販機カピの普及、そこらの食堂でのセルフのサービスコーヒーなんかを見ていると結構韓国人もコーヒー好きみたい。今でも流行っているでしょうか?へーゼルナッツ味の不自然な香のコーヒーもありました。でも、外で飲む韓国のコーヒーって、コーヒーの味を楽しむというより、茶房(タバン)とか、カピショッ(コーヒーショップ)で、長居しておしゃべりするための場所代的飲み物の意味が大きいような気がします。2年程前にソウルを案内した親友の前畑先生とか、食後にはコーヒーが欠かせないなんて方は、困るのでしょうね。

 ただ「カピ」と言えばインスタント。ちゃんとした豆の粉のやつを、これも、面白い漢字語ですが、「ウォンドゥカピ」=「原豆コーヒー」なんて言っている韓国です。でも、最近はお洒落なシアトル式の店もだんだん増えてきて、、、いつか、この「原豆カピ」という言葉も無くなるんじゃないかな?なんて思っています。

|

« 普通の韓国を探して573 葦院区月渓2洞住公アパート | トップページ | 普通の韓国を探して574 韓国の雑誌 「山」 朝鮮日報社刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年6月20日 原豆コーヒー:

« 普通の韓国を探して573 葦院区月渓2洞住公アパート | トップページ | 普通の韓国を探して574 韓国の雑誌 「山」 朝鮮日報社刊 »