« 普通の韓国を探して733 チョンソンから甑山への道 | トップページ | すばらしい韓国の食事258 ほんとうのチョングッジャン »

2006年11月23日 (木)

普通の韓国を探して734 ホテルティファニー 505号室のドアの前

2006_1112newdeca810267

 11月4日、帰国の日の朝、出かけようとしたら隣の部屋の前に配達のテンジャンチゲの食器が出してありました。

 旅館でも、モテルでも、小さめのホテルでも、ルームサービスのようなものですが、外部からの配達が可能です。2人前以上と決まっているようなので頼んだことがないのですが、安くて美味しい普通の食堂がいくらでもある韓国ですから、いいシステムだと思います。また、包装と言って、けっこう多くのメニュー、テイクアウトが可能ですので、そういうのを持ち帰り、部屋で酒盛りも可能です。

|

« 普通の韓国を探して733 チョンソンから甑山への道 | トップページ | すばらしい韓国の食事258 ほんとうのチョングッジャン »

コメント

モーテルなんかに泊まると、食事の注文先なんかが冷蔵庫に貼ってありますね。
残飯ですが、それでもおいしそうですね。ウムシクスレギ(飲食ゴミ)ってことばがありますが、韓国語のなかで一番きらいで、響きのいやな言葉です。たべものがゴミですか?まだ、残飯のほうがいいですよ。個人的に食べ物を残すのは嫌ですね。韓国では、全部食べないで少しづつ残すのが美徳(?)、マナー(?)ですが。

投稿: なかやまひでき | 2006年11月23日 (木) 09時27分

韓国に行ったとき,少しずつ残すのが多いなあと周りを見て思いました.まあ考え方の違いだと思うのですが.韓国人の友人が「日本人は残さないの?」とたずねてきて,わたしと一緒に行った日本人が驚いていたことを思い出します.

投稿: さいとう | 2006年11月24日 (金) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/12789259

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して734 ホテルティファニー 505号室のドアの前:

« 普通の韓国を探して733 チョンソンから甑山への道 | トップページ | すばらしい韓国の食事258 ほんとうのチョングッジャン »