« もらってください1-2 | トップページ | 普通の韓国を探して758 クンコグマ(焼いも)の露店販売 »

2006年12月10日 (日)

普通の韓国を探して757 チョンソン五日市を歩く8

2006_1104newdeca80069 2006_1104newdeca80071

 日本でもそうなのでしょうが、田舎の山間部、やはりお年寄りが多い感じがします。公演もいいけど、それを見ているお客さんを見ていても楽しい、そんなチョンソンアリラン公設公演場でした。

 また歩き出して市の見物。2枚目はドングリ豆腐ともいうべき「トドリムッk」を売っている店です。前に「プサンオデン」の項で「ムッk」については書きましたが、ドングリをすってさらして作る食品です。山のほう、山菜料理を売りにするような地方ではこのトドリムッkを看板に挙げた食堂もあったりします。これ自体にはたいした味はなく、特に好きではありません。ソウルの食堂、韓定食など出すような店で、おかずの一品として出ることもあります。 昔の食物が乏しかった時代の名残の食品なのかなとも思います。たぶん、これも、「モメチョッタ(身体にいい)」食品なのでしょう。

|

« もらってください1-2 | トップページ | 普通の韓国を探して758 クンコグマ(焼いも)の露店販売 »

コメント

韓国は日本以上に高齢化の速度が速いとの報道がありますね。地方の高齢化、人口減は日本同様に地方自治体に課せられた大きな課題ですね。税収は伸びないのに年金受給者ばかり増えていく大変な時代です。
ムック自体は味がしないし、おいしいとは思いませんがニンニクの効いたしょうゆベースのヤンニョムでかろうじて食べられる代物かなぁ。おっしゃるとおり「体によし」なんでしょうね。

投稿: なかやまひでき | 2006年12月10日 (日) 11時18分

 コメントありがとうございます
 
 ですよね、トドリムッk、取り立てて美味しいものではないと思います。作るのは大変なのでしょうがね。地方へのバスの旅をしていると前記の通り山菜料理、豆腐料理、マス料理、そんな、地域色ゆたかな食堂がたくさんあります。考えてみると、韓国人も「食道楽」をする人は多いのだと感じます。

投稿: とうちゃん | 2006年12月10日 (日) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/13005856

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して757 チョンソン五日市を歩く8:

« もらってください1-2 | トップページ | 普通の韓国を探して758 クンコグマ(焼いも)の露店販売 »