« すばらしい韓国の食事269 大韓航空機内食 ヘムルトッパプ?パルポチェトッパプ? | トップページ | 普通の韓国を探して780 クリスピークリームドーナツ店葦院店 »

2006年12月27日 (水)

普通の韓国を探して779 全南木浦の塩専門店

2006_0923newdeca70096

 木浦は古くからの漁港です。韓半島の南西端に位置し、気象通報でもお馴染みの場所。また、日帝時代にもたくさんの日本人が住んでいたであろう、光州に次ぐ全羅南道第2の都市です。ただ、初めて行った10年位前に比べると漁港の埠頭の規模が縮小していました。でも、今でも、干物を商う店、ホンオの専門市場、漁具の店、漁船関係の店、そんな漁業関係の店が並んでいます。そして、こんな「塩専門店」もありました。2軒続けて塩の店です。「~塩業社」という看板です。ガラス戸にある文字は「ソグム」、塩という意味です。

 漁獲の中の重要な部分、これは、世界でも珍しい、韓国ならではのものだと思いますがいろんな小魚の塩辛(ジョッ)があります。傷みやすい小魚を商品化するための方法でもありますし、一番大事な食品、米と同格もしくはそれ以上とも言えるキムチの製造にもこのジョッは大事な役目を果たします。同じような南部の港である釜山あたりでも塩辛の種類はたくさんありますが、さんざん発酵した、元の魚がなんだかわからないようなものを始め、多種多様な塩辛が作られているのは韓国の特徴でしょう。こんな塩専門店があるのも韓国らしいなと感じた1枚です。

 すぐ前は港。でも、前に書いたように10年前は漁船がいっぱい停泊していた場所なのに、今は駐車場になっていました。もう少し歩けば、前に写真をアップした沿岸旅客船ターミナルが3つあります。

|

« すばらしい韓国の食事269 大韓航空機内食 ヘムルトッパプ?パルポチェトッパプ? | トップページ | 普通の韓国を探して780 クリスピークリームドーナツ店葦院店 »

コメント

塩専門販売店があるとはまったく知りませんでした.
塩業社というのですね.昔は日本も専売品でしたが
韓国は専売方式なのでしょうか.また専売品はほかに
あるのでしょうか.

投稿: さいとう | 2006年12月29日 (金) 02時53分

 コメントありがとうございます

 私も「塩業社???」と思いました。韓国、詳しい地図を見るとあちこちにまだ西海の干潟を利用した塩田がたくさんあります。インチョン空港からソウルへ向かうあたりでも塩田が見られます。大粒のざらざらした塩など、重たいけど安くて面白い土産になるとも思っています。

 専売に関してはわかりません。たぶん違うのではないでしょうか?竹塩なんてのもあるし。 それが専売に関係しているかわかりませんが面白い機関があるなと感じているのは「韓国煙草人参公社」だからあります。「KC&J」だったかな?こちらはカッコいいトレードマークもありますよ。

投稿: とうちゃん | 2006年12月29日 (金) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/13215655

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して779 全南木浦の塩専門店:

« すばらしい韓国の食事269 大韓航空機内食 ヘムルトッパプ?パルポチェトッパプ? | トップページ | 普通の韓国を探して780 クリスピークリームドーナツ店葦院店 »