« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006年3月11日 (土)

普通の韓国を探して410 地下鉄2号線合井 

FH040022

 この長いドーム、最初はびっくりしました。日本でも大都市にはこんな風景があるのかもしれませんが、地下鉄の線路の屋根でした。

 2000年の冬、3日間だけ、ソウルのカナタ韓国語学院という私設の学校で韓国語の個人授業を受けたことがありますが、そのとき、朝ごはんを食べに行ったハプジョン(合井)という駅のそばの風景です。ソウルの地下鉄、古い路線は幅の広い漢江を鉄橋で渡ります。1号線は鷺梁津、2号線はこの合井と江辺、3号線は玉水、4号線は銅雀に漢江鉄橋があります。5号線以後は、漢江の下をトンネルで通るようになりましたが、この写真のドームは地下鉄が地上へ出る部分の屋根なのでした。

 この写真を撮った後、駅付近の小さな食堂でタッコムタン(鶏のスープ)を食べ、少し散策したときのことですが、合井ロータリーという大きな交差点で交通事故を見ました。 北からきた車が交差点を右折する際、軽く接触、2台とも朝の空いている時間でしたので交差点の中で停止したのですが、ぶつけられた方の車の運転者が激怒してか、一度バックしてから、急加速して相手の車の弱そうな横腹というかドアの部分にドッカーンと体当たりしたのです。熱情的な韓国人、一気に激怒するけど一気に冷める、そんな話は聞いたり、読んだりしていましたが、ぶつけられた車の人が怒って車で体当たりというのを目の前で見たのにはびっくりです。

 その後、知り合いの韓国人にこの話をすると、ウソだろう?とか言われてしまいますが、小さな事故なのに激怒して自分で大きな事故にする韓国人、、、本当に見た話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して409 全羅南道木浦港 1997年

FH020014

 韓国の時刻表、あまり買う人がいないのか、1社独占で、毎月出ています。ずっと昔から3000W。行く度に見かけると買うようにしていますが、売っていない時期もあったりします。鉄道の部分は最初の数十ページ、その後に、地下鉄、航空、そして船、その後の大部分がバス関係です。

 意外だったのが船の部分がけっこうあること。北は仁川港、反時計回りに、大川(保寧)、群山、木浦、珍島、ワンド、麗水、南海、忠武、釜山、浦項、墨湖(この他にもまだありますが、思いついたものだけ列挙しました)、、、人のすんでいる島がたくさんある韓国、大小のフェリー便も毎日たくさん運航されています。

 ゆっくりした旅行が出来ませんので、もしも欠航になって帰国が遅れたら、という心配から、離島への旅は経験がありませんが、いつか、行ってみたい島がいくつかあります。有名どころですが、小黒山島、この木浦港から船が出ています。今、一番行きたい場所かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して408 中渓本洞散策5

2006_0201olddeca130199 2006_0201olddeca130200

 「韓国」と名が付けば何でも好き、本屋でも、「韓」という文字はすぐに眼に停まる、、、そんな時期がありました。韓国関係の本ならば、硬いものでも軟らかいものでも何でも買ってしまった頃です。流石に2002年ワールドカップ共同開催の前になって、韓国関係の本が氾濫、その後の韓国ドラマ、映画ブームで、とても全部買うなんてできなくなってしまい、落ち着いた感じです。出版関係も「ブーム」に乗り遅れまいと乱造気味で、内容の無い、他社の本を寄せ集めて焼きなおした、そんなのもたくさん、今は出ている感じです。

 そんな中、アマゾンというサイト、韓国関係のを買っていると、新しい韓国関係のを紹介するシステムがあり、それで、「韓国の家」を撮影した写真集を1冊買ってみました。内容は期待外れ。たぶん、現地コーディネーターを頼んで適当に車で周って撮影しただけ、そんな感じ。「韓国」と付けば何でも売れた、そんな時期もあったのだと思います。

 自分の足で、1人で、自分で探して、韓国の普通の町を歩く、そのために、韓国語も普通の人以上に勉強してる、、、韓国語能力試験の最上級である6級に3回連続(3年連続)落ちていることは前にも書いたかもしれませんが、たゆまず、勉強を続けるつもりです。

 仏岩山、そんな岩山があるだけでも、ソウル、すばらしいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

普通の韓国を探して407 中渓本洞散策4

2006_0201olddeca130198

 今まで、登ってきた道を見下ろしての写真が多かったのですが、これは上のほう。味わいのある細い道、もう少しで一番高いところ、というあたりでしょうか?やはりいい天気の日には写真もきれいに写りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

普通の韓国を探して406 尚州 小さなコンノルモク

2006_0201olddeca130073

 「コンノルモク」、踏み切りのことです。新しい言葉、江戸時代とかには無かった言葉ですので、日本語でも漢字語は無い言葉ですよね。

 自転車がたくさん利用されている都市、慶尚北道、尚州のKR尚州駅に近い小さな踏切です。韓国の踏み切りの警報音、日本のものよりも少しゆっくり、間延びした感じです。そう、前にも「僕の彼女を紹介します」の話のところで少し書いたと思います。大陸的というか、、、せっかちな韓国にしてはめずらしくのんびりした音と感じるもののひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事190 市場の中のパンチャンチプ(おかず屋)

2006_0201olddeca130143

 おかずの多い韓国の普通の食事、各家庭にはたいていの日本の家庭の冷蔵庫より大きな冷蔵庫と、最近はかなり普及したキムチ冷蔵庫があります。大き目の密閉容器に、いろんなおかずを入れて、食事のたびに出していただく、そんなのが普通ですが、こんな「おかず屋」もたくさん見られます。

 各家庭では作りにくいもの、それほどたくさん消費しないけど、食べたいもの、そんなのを買う家庭も増えていると思います。左手、ケジャンも見えますし、手前の缶はめんたいこ(明太子)、韓国での呼び名は書いてある通り「ミョンランジョッ(明卵ジョッ、ジョッ=塩辛)」、奥のほう、蓮根(ヨングン)の煮物だの、、、あとは、いろいろ。

 野菜の類、日本よりも種類が多いと思います。珍しがられるのは生の、植物の、本当のワサビくらいでしょうか。山芋の類も、「マ」といって、高いけれどやはり日本同様、身体にいい食べ物とされていますし、牛蒡も、カブもあるし、、、新しいキノコも、キノコ好きの韓国ですので、日本以上に急速に普及します。また、前にも書きましたが、魚の料理にはセリは欠かせませんので、年中、栽培もののセリが野菜屋には常備されています。それに、今ごろ、、、春の山菜の類、タルレとか、あとは、、、コドゥルペギだの、半分野草のような野菜が八百屋にもスーパーにも、いろんなのが並びます。少量買うなら大型スーパー、たくさん買うなら、、、やはり京東市場です。普通の在来市場とは違った規模の市場ですので、野菜のダンボール箱単位での買い物はとても安いです。ただし、日本語は通じませんし、「箱単位」だから安いのですけど。

 話がそれて市場の野菜のことになってしまいました。安く買うなら、やはり在来市場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して405 中渓本洞散策3

2006_0201olddeca130196 2006_0201olddeca130197

 細い道、路地が好きです。冬の陽射しを浴びながら、さらに登って行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

普通の韓国を探して404 群山市沃西面ハジェ 河口の小さな漁港

FH030008

 群山基地南端にあるハジェという場所です。小さな川の河口が漁港になっています。世界でも指折りの干満の差が大きな韓半島西海岸、ちょうど干潮時であったため、船が泥の上にある状態でした。

 このへん、塩田もたくさんある干潟地帯で、浅い海が広がっているため、金堤(キムジェ)、萬頃(マンギョンg)あたりにかけて干拓事業が行われています。反対運動もかなりあった模様、「セクムマン干拓事業」とい言葉が一時はテレビでしばしば聞かれました。セ、は固有語で新しい、の意。クムマンは金堤の金と萬頃の萬で、金萬、、、日本でもよくやる、漢字語の頭の文字の組み合わせでできた言葉です。

 話題は変わりますが、韓国の塩は塩田産が大部分のようで、いろいろな種類があり、重たいけど安くて面白いお土産になります。大粒のざらざらの塩、なんだか美味しいような気がします。豚の塩焼きが美味しいのも、塩のおかげかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事189 マポチェデポのソグムクイ

2006_0201olddeca130028

 一番最近の麻浦真チャ元祖チェデポの豚肉塩焼きです。何度も行っていますが、ハズレの無い店です。ただの豚の肩ロースなのですが、何故か、、、日本で食べるより美味しいのが韓国の豚焼肉です。テジカルビもウリのひとつですが、日本人には多分、甘すぎに感じられるでしょう。今夜にでも食べたい味、、、毎日でもいい豚肉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して403 中渓本洞散策2

2006_0201olddeca130194 2006_0201olddeca130195

 少しずつ高みへ登って行きました。だんだん遠くの風景がよく見えるようになってきます。左は前にも夏の写真をアップした仏岩山(ブルアムサン)、左下方に中渓社会福祉館、太陽電池パネルがあるのが小さな公園です。右は中渓洞、上渓洞のアパート群、遠くの山はソウルと議政府市にまたがる道峰山の岩峰群です。

 中央地図文化社の地図が一番一般的だと思いますが、中渓本洞の中にも右の写真のような広めの道が何本か不規則に走っています。その他、車1台やっとの細い道、人間しか歩けない路地は無数にあります。冬、雪が積もったら、どうなるのか、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

普通の韓国を探して402 新ソウル駅

2006_0201olddeca130153

 行ったことがある方も多いと思います。新しいソウル駅です。釜山駅もそうですが、鏡みたいなガラス張りの建築、日本ではあそこまでやる鉄道会社は無いでしょう。

 切符売り場付近にはかなりの椅子があり、なかなか座り心地がいいんです。それと、構内案内放送の女性の声がきれいで、発音も聞き取りやすく、それを聞きながらぼーっと汽車を待つのも好きな時間です。

 左下すぐの列車が固定編成ディーゼル動車の在来線セマウル号、そのとなり、一回り細いのがKTXの車両です。鉄道関係はそっち方面のHPに譲りますが、在来線はムグンファ号でもゆったりなのにKTXの車両は幅が狭いため、窮屈で不評です。意地でも日本の新幹線は採用しないぞ、、、という心意気は買ってもいいと思いますが、、、

 あと、これは実際見て欲しいことですが、KTX、20両編成だか、、、すごく長いです。だのに改札は案外直前でないと始めません。前のほうの車両の席の人はけっこう大変です。 この長さも、新幹線に負けるか!!という感じで長くしたのでしょうが、新幹線の16両編成のほうが25m車ですので少しだけ、まだ、長いのではないかと思っています。「ケンカするのは仲いい証拠」という言葉がありますが、そんな関係ではないでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して401 慶全線筏橋 駅前広場

FH020010

 97年の筏橋駅前です。麗水、順天にはその後も行っていますがバスでの移動だったので今はどう変わっているかな?と思います。前にも書きましたが、楽安邑村民族村よりも、この筏橋の町、山の上からの風景、市場、初めて韓国で入ってみた茶房(タバン)でのタバンアガシとの拙い韓国語での会話とかのほうが楽しい記憶になっています。

 右手向こうの道を少し行った場所が郡内バスの停留所。バスターミナルは右方向へ1キロばかり、筏橋川を渡って行った場所です。 韓国の田舎町、町、集落の中心部に、どこでもバス停留所のあるシュポというかよろず屋があり、プラスティックの椅子が置いてあったり、、、「バス票販売所」だの、看板があったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して400 中渓本洞散策

2006_0201olddeca130192 2006_0201olddeca130193

 前にも書いたかもしれません。韓国、今の東京より見た目、先進的な部分もあれば、60年代の東京の下町を想わせる部分もあります。特に地方へ行くと、私が子供の頃遊んでいた祖父の店があった大岡山の市場みたいな風景に出会うことができます。

 ソウル特別市葦院区(ノウォング)、中渓本洞を歩いた写真をしばらく続けてアップします。前に書いたように、山の町に住む老人のために長年、徒歩で多くの練炭を運ぶアジョシがテレビで報道されていましたが、プロパンを運ぶのも大変そうな町です。屋根の上のいろんなもの、、、やはり韓国の特徴だと考えています。それだけ土地が狭いから、なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

普通の韓国を探して399 東ソウルターミナル 売店の品々

2006_0201olddeca130036 2006_0201olddeca130042

 何度か、「韓国はモノがたくさんある国」と書いています。国土が狭いこともあるでしょうし、過密都市ソウルという理由もあるでしょうが、どこの店にも品物が豊富で、北韓の人がこんな写真を見たらびっくりするだろうなぁ、、、といつも思います。

 菓子などは日本とそっくりなものも多いですが、右の写真、ピングレのバナナウユ(バナナ牛乳)のそろばん玉型の容器、、、これは日本ではあまり見かけませんよね。

 流行を追う韓国人、、、飲み物も流行があります。2000年前後から流行りだして定着した感のある草緑梅実(チョノクメーシル)をはじめとする「メシル(梅実)ドリンク」系、、、、ワールドカップの頃から流行りだした「マンゴードリンク」も定着しています。トマトジュースが甘いのも日本と違うところ、、、こういう飲み物関係のHPもどこかにあるのでしょうね。私も好きなのですが、「ロッテ2%(イプロ)」という桃味のイオン飲料はなかなか美味しく、お勧めです。しかしなんで韓国語、「%」を「プロ」と言うのでしょう???

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して398 中渓本洞の山道から

2006_0201olddeca130190 2006_0201olddeca130191

 2枚とも、中渓本洞 社会福祉館から上って行く道からの風景です。左の写真、タルトンネには珍しい、まっすぐな道が見えますね。看板は貸しビデオ屋です。2枚目は、登ってきた道を振り返っての風景、右手下に社会福祉館と運動公園、幼稚園、遠景は中渓洞方面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

すばらしい韓国の食事188 冬の果物屋の店頭にて

2006_0201olddeca130009

 韓国人は果物好き。多分、1人あたりの消費量は日本より上でしょう。12月末の果物屋の店先です。比較的品物が少ない冬の時期ですので、りんご、みかん、それと、イチゴが並んでいました。みかんの箱に数字が書いてあるのは1000Wで何個買えるか、の表示です。比較的値段が安いのも、果物をよく食べる要因のひとつかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して397 中渓本洞 社会福祉会館前

2006_0201olddeca130189

 中渓本洞のタルトンネの裏山、仏岩山の上り口へ入る比較的広い道を進むと社会福祉会館と、小さな公園があります。登山の盛んな韓国、平日の昼間でも天気さえ良ければ山に入る人は多く、しばしば登山者に会う道でした。

 前にも書いたように、知らない町へ行ったら、まずは市場を見て、次は山があれば山に登る、、、そんな旅行をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »