« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月14日 (金)

普通の韓国を探して612 釜山 「バスが通る一方通行の道」 合流点

Olddeca9_021

 釜山の冬の朝です。前回書いたチャガルチの裏通り、バスが通る一方通行の道が影島大橋の近くで大通りと合流する場所。左がその道です。自分の目と足でこの辺を歩いたことがある方ならお判りかと思います。

 バスの向こう、遠くに見えるのが確かプサンフェニックスホテルでしたっけ?? 釜山観光ホテルとともに、日本人には人気の宿です。こちらは泊まったことはありませんけど。

 家の機械に入っている少しの写真の中から紹介させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日

 おはようございます

 まだデジカメのメモリーの読み込みをやっていません。写真はもうしばらく休ませていただきます。

 昨日の休み、どこへ行こうか?地図を見ていたら、韓半島南部の巨済島(コジェド)のさらに南の沖に浮かぶ島が目に付きました。 前にも書いたとおり、韓国ドラマはほとんど知りませんが、韓国の地図は大好きです。

 「冬のソナタ」のロケ地である「外島(ウェド)」というきれいに整備された公園のような島に日本人観光客がたくさん行って、なんて話をきいていましたが、その小島、밖섬=バkソmって掲載されていて、括弧して、ウェドと書いてあります。すぐそば、巨済島本島寄りには  안섬(ネド)という島もありました。

 밖は固有語で「外」という意味、だからバkソmは外の島という意味ですし、これに対する内という意味の固有語が 안なのです。

 地名というのは、なんらかのいわれがあって名前が付いているのだと思っていました。韓国の地名も、ほとんどが漢字です。でも、このバkソムとアンソm、、かなり珍しい例外的な地名だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

普通の韓国を探して611 釜山 チャガルチの裏通り

Olddeca9_016

 刺身屋の並ぶチャガルチの埠頭の通りから少し入ったところです。まっすぐ行くと地下鉄の通っている南浦洞の通り、その手前にわかるひとはわかる「バスが通る一方通行の通り」があります。

 なんでだかわかりませんが、松島とかの方面から来るバス、影島大橋の取り付けのあたりまで、このチャガルチの裏の一方通行を通るんですよね。うまい抜け道なのかもしれませんが、歩行者は信号が無いため、渡るのにちょっとおっかない感じがする、そんな通りです。

 どんどん変わっていく韓国、ソウル。そしてこの釜山も例外ではありません。最後に行ったのは昨年の連休でしたが、多分、1年ぶりに行くと、また新しい発見があるでしょう。次回、KOS、大韓歯科矯正学会の用事でソウル出張がありますが、用事を済ませたら、金浦から釜山へ行ってみようかな?、宿賃を浮かせるのに深夜優等高速バスに乗ろうかな?釜山からはどう帰ろうか?当たり前の道じゃつまらないから、未経験の中央線全線乗車か、でなけりゃ、泊まってみたい街、馬山もいいし、宮原さんの本で紹介されていた昌寧も行きたい場所。火旺山ってどんな山だろう? 昌寧まで行ったら近くの高霊も行きたいし、名前がカッコイイ星州でも泊まってみたい、、、、、、 地図を見ながら、夢はふくらみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

2006年7月11日

 おはようございます

 昨日はコンピュータがうまく動かなくなり、急遽リカバリをやりました。なんだかんだ、全体の復旧までには相当時間がかかります。今現在も進捗状況60%というところでしょうか。 この暑いのに参ります。

 ともあれ、今週末の同級会の書類を準備しないといけないので、大変。それに、マイドキュメントもずいぶん昔の状態に戻ってしまって、、、 あ!! 写真を読み取るデジカメ付属のソフトも読み込ませて、それから、昔からのデジカメのメモリーを読み込ませて、写真のサイズを小さくしてブログ用のフォルダに準備して、というのもやらないといけません。

 口実になりますが、これからしばらくメンテナンスで接続できなくなるとのことですので、ここしばらく、更新を休むかもしれません。頼りは家の機械、そちらにも少しは写真があるので、顔つなぎ程度にはアップできたら、と思っています。

 まだまだ夏も序の口、皆様、暑さに負けぬよう、体調管理にはお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

普通の韓国を探して610 もしかしてサプサル犬?

2006_0512newdica60282

 江原道の山の中の町、洪川(ホンチョン)をぶらぶら歩いていた時に見かけた犬です。全体にかなり長い毛で、もさもさの犬。 韓国の名犬と言うと長嶋茂雄さんも飼っていたという「珍島犬」が有名ですが、あちらは日本犬に似た格好。もうひとつ、主に北で飼われていたという「サプサルケ」というのがいます。いまだ実物を確実に見たことはないのですが、確かこんなような犬だったような、、、ということで一枚撮影させてもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して609 洪川の市場の魚屋です

2006_0610newdica620283

 韓国、日本より狭いこともあってか、流通はかなり発達しています。山の中の町でも活魚の水槽を備えた刺身屋はありますし、ま、刺身は「活け」が当たり前という国です。しかし、前にも書きましたが、加熱調理用の魚は、案外、「鮮度」とか気にしないように思えます。

 もちろん、腐ってしまってはダメですが、「加熱調理用」と割り切っているのか、、、保冷とか、いいかげんなところはあると思います。特に感じるのは冷凍のイカ。自然に解凍させて、その日のうちに売り切るということなのかもしれませんが、日本、特にこの新潟なんかでは見られないようなスルメイカが見かけられます。

 ちょっと話題は変わりますが、前に韓国掲示板で見かけた発言で、「タラ鍋のスケソウダラが冷凍だった」という不満を書いたものがありました。 あ?!、これ、前にも書いたかもしれませんが、韓国ではスケソウダラをわざと冷凍して、解凍し、水分を少し抜いたのを調理する、というのがあります。

 スケソウダラは明太(ミョンテ)と言いますが、生は生太(センテ)、これに加え凍太(トンテ)という食材があるのです。料理名も「凍太チゲ(トンテチゲ)」とか。前の前の新潟韓国教育院の金洪晩先生のお話ですが、生のセンテよりも、一度凍らせたトンテのが美味しいのです、ということでした。実際、スケソウダラ、季節にもよりますが、生のものと並んで頭を取って凍らせたものが並べて売られていることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日

 おはようございます

 昨日はなんだか、接続が悪く、うまくアップできなかったりしました。ホストが手一杯なのかな? それだけブログというのをやる人が増えてきたということかな?などと思っています。

 今週は新潟大学歯学部の同級会。その幹事をやっていますので、けっこう忙しいです。その後にちょっと出張もあり、さらには11、12日、ここのメインテナンスだか。新しい記事のアップが途切れることがあると思いますが、ご容赦ください。

 夜中はけっこう強い雨でした。今も雨。新潟って、梅雨の最後に2,3日続く大雨が降ることがあります。2年前でしたっけ、中越で水害があったし、もっと昔、新潟の水害のときは医院が入っているビルも浸水しました。幸い2階にある当院は被害はありませんでしたが、大変でした。

 今日は、まずは写真を出して、法務局へ行って、お中元の手配をして、、、午前中は市内を駆け回ることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

2006年7月9日

 おはようございます

 ここの参照数の集計、月曜から始まり、日曜で終わります。今の時点で1100のチョい手前ですので、今週は1200を超えるくらいかな、と思いますが、面白いのが検索ワード、検索フレーズという項目。今週の、というところで見ると、3回以上あった検索ワードが出てきます。総計は424回、3回以上使われた言葉は

韓国、ソウル、偽ブランド、タガディスコ、キビナゴ、塩辛、ケブル、大田、タルトンネ、たかとう矯正歯科医院、大韓航空、写真、鯨、たかとう、新潟、江南、レッドマンゴー、矯正歯科、名店、マクワウリ、、、、、、ここまでです。

 韓国とか、ソウルが多いのは当たり前ですが、タガディスコ、キビナゴ、ケブル、タルトンネ、マクワウリ、なんていう言葉を探してここが検索され、誰かが見に来てくれたのは、ちょっと嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して608 楽安邑城民族村の城壁の上から見た犬3匹

Fh020023

 順天の楽安民族村、昨日見た朝鮮日報の古いやつにも紹介されていましたが、緑のある時期に行くと、案外きれいなのかもしれません。

 これは、城壁の上を一回りしているときに見かけた犬です。APSのカメラ、初代イクシでの撮影なので横長です。何度かアップしているように、韓国は雑種犬天国でもあります。韓国語では「トンケ」。「トン」は「うんこ」の「トン」だとしたら、「糞犬」というひどい言い方ですが、実際は愛情込めて育てられているのが大部分。でも、放任しすぎかもしれません。あちこちで、こんな、小さな雑種犬が遊んでいます。 今思えば、韓国の雑種犬の写真を全部見かけただけ撮影していたら、面白かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して607 東海市墨湖 香炉峰キル

2006_0610newdica620145

 「香炉峰」って、漢文で出てきましたよね。寝転がって香炉峰の雪の状態を見るだかなんだか。 韓国もそんな中国文化の影響を多大に受けている国です。日本ももちろん。 名前は風流ですが、ちょっと寂れた普通の通りが墨湖の香炉峰キルでした。右手は嶺東線の本線。左は細く家並みが続きますが、すぐに港への引込み線が走っています。

 さて、香炉峰という山はどこにあるのかな?なんて思いながらデジカメをぶら下げてのんびり歩きました。向こう側には跨線橋、その右手が小さな山だったのですが、逆に、少し前の写真にある、少し離れた北側のなだらかな丸い山が香炉峰なのかな>とも思います。実際の読みは「ヒャンgノボンg」でしょうか? まだまだ基本がなっていない私ですが「鍾路」のときに、イウンとリウルが繋がると、「チョンロ」でなく、「チョンノ」って変化することからの想像です。

 先日、韓国語能力試験、4度目の6級の願書を出しました。今年から試験の体制が変わり、5,6級はまとめて「上級」というクラスになり、成績がいい合格が6級、低めの合格が5級、という判定になります。とっくに5級は受かってはいるのですが、結果によってはまたも5級不合格ということもあり得る、そんな試験になりました。受かるといいなぁ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »