« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006年1月21日 (土)

普通の韓国を探して301 釜山国際展示場 BEXCO

2004_0512olddeca90052

 2003年秋、高崎の宮崎孝明先生と釜山の金海空港で待ち合わせして大韓歯科矯正学会大会に参加したときの写真です。最近は各地に大きなこういう施設ができていますが、地下鉄で行ったら、ちょうど裏側に出てしまい、入り口まで大変歩きました。写真でも車、人なんかとの比較で大きさがわかると思います。矯正学会の他、釜山エアショウだかの開催もあったようで、一番大きな垂れ幕は、釜山エアショウ2003、というやつですね・

 1年おきにソウルと地方での開催。行ったことがあるのは、慶州の現代ホテルでの開催、江原道のフェニックスリゾートでの開催、それと、この釜山BEXCOでの大会です。昨年は済州島の西帰浦(ソギポ)のそばの、やはり国際会議場での開催でしたが、新潟からの飛行機がやや不便な時間のため、参加できませんでした。今年はソウル。きっと参加して懐かしい顔に会いたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して300! 黄鶴洞、マイ、ホームグラウンド

2004_0512olddeca90022

 清渓川高架道路撤去後の黄鶴洞側から見た清渓川方面です。雨の後ですね。「普通の韓国を探して255」とほぼ同じ場所ですので、合わせてご覧いただければ幸いです。

 左、「チク冷麺」の幟。チク(チッk)は葛。鶏竜山東鶴寺の項で書いたかもしれませんが、韓国でも葛の根を利用します。日本では絞ってさらして葛粉を取りますが、韓国ではそのまま、丸太のような葛の根を万力のような機械で絞って出てくる茶色い泥水のようなジュースを飲みます。これも「モメチョッタ」。酒飲みの肝機能保護に最高だとか。実際効くような気もしています。1杯1000W。もしくは沐浴湯など、サウナのあるところに行けば、脱衣場の冷蔵ケースに他の飲み物と一緒にヤクルトの会社のパック入りのチッ飲料があります。こちらは2000Wだったかな?

 左右はコプチャンの屋台。この付近は今もたくさんのテジコプチャン(テジ=豚)の屋台、固定店が並びます。往十里からはかなりありますが、それでも「ワンシムニコプチャン」を名乗っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事128 武橋洞ナクチポックム 再掲

2004_0512olddeca90007

 前の写真、でかすぎたので、再掲です。

 ソウル市内中心部。ホテルニューソウル裏というか、、、高層ビルの間に古い町並みが残り地区、武橋洞の店で食べた「ナクチビビンバ」です。ナクチポックムは2人前が基本なので、1人だとこれ。でも、その店ごとに自慢の「ナクチポックム(テナガダコ唐辛子炒め)」を味わうことができます。韓国で最も辛い料理であるナクチポックム、、、辛いのに自信がある人はお試しください。辛いです。翌朝も、お尻が、辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して299 往十里田豊観光ホテル内 ケンボラ(キャンベラ)ナイトクラブ

2001_11020040

 ナイトクラブの広告です。なぜか2枚以上貼るのが韓国なんです。一番大きく出ている写真が左上、カンホドンという人気、、、、、、バラエティ俳優。元シルム、韓国相撲の選手だったとかですが、なかなかの人気のようです。日本のKNTVでも、前に新宿職安通り「東海フェチプ」のCMに出ていました。

 実は、、、太っていた頃の私に似ていまして、知らない韓国人と知り合ったときに冗談で「カンホドンは私の弟だ」というとかなりウけました。 あとの人は知りませんが、韓国のナイトクラブ、案外人気スターがほんの20分とかですが駆け足であちこち、出演するようで、一度行ってみたいと思っていますが、やはり1人で行く場所ではなく、果たせないでいます。

 田豊ホテルは何度か泊まっていますが、典型的安ホテル。前は5万W台だったのが2,3年前に改装して飛込みだと8万以上。ちょうど日本人観光客の増加の時期で、安い団体だとかなり使われているようです。個人的にはすぐそばに新しくできた「ベストウェスタンモーターイン」系列のホテル、「ベストウェスタンホテルビジョン」をお勧めします。新しいほうがきれいで設備もいい、韓日共通することですから。ちょうど城東区区庁真向かいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して298 道峰山登山口2枚目

2004_0512olddeca90084

 先ほどの大通りを渡って登山口へ。上のアーチ「テンジャンシャブ(シャブシャブ)」、「テジカルビ」を頼むと焼酎が1000W、安東焼酎4000W、なんて、飲食店の看板です。左は常設衣類割引売り場。登山には関係のない洋服の安売り店。向かいは「マンナムエカンジャン(出会いの広場)」という飲食店。スンドゥブ、コルベンイ、生ビール、と看板にあります。

 さらに、そのむこうの緑のネットは、なんと「バッティングセンター」です。登山口にバッティングセンター??と思うかもしれませんが、「体を動かすことつながり」というやつなのでしょう。

 とにかく、人が集まる場所では何でも商売してしまう、、、それが韓国です。前記、登山して、運動したら帰りは麓の食堂で名物料理を食べて1杯やって帰宅、というのも一般的なことのよう。雨がぱらつく日で、着替えもなかったので、私も途中まで登って薬水を味わって引き返したクチですが、名物の豆腐料理を食べてきました。

 「ブチョニムオシンナル」、仏様がいらっしゃった日、日本では花祭りと言われる日の少し前でしたので山中にいくつもあるお寺が飾ったちょうちんがたくさんあった春の日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して297 ソウル 道峰山駅前

2004_0512olddeca90083

 韓国人は登山が好き。特に中高年の登山者が目立ちます。ここはソウル市内、議政府へ行く地下鉄1号線直通線の道峰山駅前です。ソウルから議政府へ向かう大きな道路を渡ると、登山口ですが、いろんな店があります。中央奥、黄色い看板は「ノレ練習」=カラオケですし、階段左手は服の安売り。階段右手のボックス売店では福券、ロト福券、宝くじも売っています。

 1000Wのキムパプ(海苔巻)と飲み水600Wを登山口で買って登るとか、至って気軽に、、、中には普通の服装に運動靴で来る人もいますし、悪く言えば泥縄式、よく言えば気軽に、日常的に、登山をする感じです。「山に登る」といって家を出てきて、登山口の食堂で焼酎飲んで時間をつぶして帰るのもあり、途中まで登って疲れたから引き返すのもあり、そのへん「ケンチャナヨ」なのでしょうが、それでいいと思います。

 付近には登山に行くといって逢引きする不倫カップルがしけこむというモテルもありますし、あまり肩に力が入っていない感じ、、、好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して296 全北 井邑 内蔵山入り口

2001_11020091

 韓国でも紅葉の名所といわれる場所がいくつかあります。江原道の雪岳山、忠南の俗離山、そして、この全北の内蔵山が3大紅葉名所ではないかと思います。

 この写真は初秋なのでまだ観光客はまばらですが、秋の深まるころには大変にぎわう、という話です。

 何度か書いてますが韓国人の観光旅行、交通機関の中では割合寝ていたり。でも、目的地につくと飲んで騒いでという人が多いのか、こんな場所にもカラオケやキャバレー(飲んで踊る店)が、名物の山菜料理の食堂に混じってあります。右手は派出所。韓国語でも「パチュルソ」と言って、、、これも日帝時代の名残かもしれません。パトカーはみな中型車で、塗色はこの白と青の2トーン。外国人観光客には非常に親切でいろいろ世話を焼いてくれます。困ったことがあれば、何でも聞いてみると良いでしょう。きっと1人や2人、日本語ができる人がいると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して295 京機道 ヨジュの南漢江

2004_0512olddeca90001

 ソウルからバスで1時間半ほど、京機道のヨジュという都市です。お米の名産地として有名、また、漢江のほとりの神勒寺(シンルクサ)というお寺が有名。あとは、周囲に、李氏朝鮮時代の王様のお墓がいくつか点在しています。

 行った目的は、「5日市(オーイルジャン)」の見学。何度か城南市のモラン市場を紹介していますが、あそこは4と9のつく日に市が立ちます。市を回って商売する人たち、それだけでは暮らせませんから、あちこちの市日に合わせて商品を持って移動します。○○の市は2と7、どこそこは3と8、とか、これは新潟平野のあちこちで開催される市と一緒ですね。常連さんに頼まれた品物を次回の市日に準備して持っていくとか、お茶を飲みながら他の土地の情報を伝えるとか、、、マスコミの発達した現在では大きな意味はないかもしれませんが、昔は大事な交流の場、情報伝達の場だったと思われます。

 この写真は漢江の流れです。ソウル、ウォーカーヒルの先からちょっと山の間を流れ、少し上の「両水里」というところで、漢江は北漢江、南漢江に分岐。北漢江は文字通り北のほうに流れ、春川、華川、楊口だのを経て北漢へ。南漢江は、楊平、ここ、ヨジュ、忠州、丹陽、そんな方面へ流れていきます。大雨の翌日でしたので川幅は非常に広く、濁流の中には木だのなんだの、、なかなかの迫力でした。朝の散歩の途中でしょうか、おばあさんが2人、川岸のベンチでおしゃべり中。遠くに見える大きな建築はコンドミニアムだったようです。写真には写っていませんが右のほうに漢江の橋がありました。ソウル市内はいくつも大きな橋が架かっていますが、この辺まで来ると漢江の橋は10キロおき以上。大河であることを感じさせます。こんな大雨の後はだめでしょうが、韓国陸軍の揚陸訓練をする場所もあると聞いています。余談になりますが、韓国陸軍の第一師団はこのそばの原州にあります。ちょうど韓半島の中央部。どっちから攻めてきても対応できるように、ということなのでしょうか。軍都、原州なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

普通の韓国を探して294 ゴルフブームの韓国

2004_0512olddeca90057

 韓国は今、国をあげてのゴルフブームだとか。一説によれば日本よりゴルフ代、高いそうです。月にいくつものゴルフ場が倒産する日本、、、なかなか予約が取れないという韓国、、、いずれ韓国も日本同様になるのでは?とも思うのですが、しばらくはこの熱気、冷めそうにありません。

 友人の李準圭先生も、年に2,3回、九州やら北海道にゴルフの旅に来るようです。団体旅行が安いのは日本も韓国も一緒ですから、、これは、客が減って青息吐息の日本のゴルフ場にとってもありがたい話かもしれません。

 写真は2003年秋、釜山のBEXCOという会議場、海雲台(ヘウンデ)にあるのですが、そこで開催された大韓歯科矯正学会大会に参加したときの業者ブースです。歯科材料業者の他に、ゴルフ道具の展示がありました。フェニックスリゾートでの大会では高級外車の展示がありましたし、韓国の歯医者さん、まだ景気がいいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して293 清渓川高架道路撤去初日

2004_0512olddeca90010

 私の記憶に間違いがなければ、2003年7月10日、清渓川路上の高架道路の撤去開始日の朝の風景です。

 コムタンの名店「河東館」での朝食の後、清渓川路へ出てみたら撤去工事が始まっていました。2街、ハンファビルの手前、上り口のところです。工事業者だけでなく、軍隊も廃材の運搬などに出動していたようです。 ここからはるばる東大門区庁までと、セジョンホテルそばの南北線が、あっという間に撤去されました。今では立派な河川公園になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して292 鍾路の朝

2004_0512olddeca90013

 鍾路は学生の町でもあります。朝の7時前から、語学学校で学ぶ学生、会社員がたくさん歩いています。大小の語学学校が集まっていますし、また、留学仲介業者もたくさん。

 昔は英語が一番、次が日本語でしたが、最近は残念ながら2番手は中国語に取って代わられてしまった感じがあります。また本屋の外国語コーナーも充実。全員とはいいませんが韓国人、勉強家が多いように感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して291 新林10洞の公衆便所

2005_12222005newdica30188

 ソウルの南部、冠岳区の新林10洞です。何度か紹介している、昔タルトンネがあった地区、再開発から取り残された部分が少しだけある場所ですが、立派な公衆便所が道路の脇にありました。

 ドラマ、「華麗なる時節」、にありましたが、昔の韓国の家、トイレは外に、門の脇にあったりしたようで、また、住宅事情の悪い場所では多世帯が1つの大きな家に住んでいたり、、、となると、朝の時間などトイレが足りなくなって、、、そんな場面がありましたが、古い家屋では今でもそんなことがあるのかな?だから、こんな場所に公衆便所が、、、なんて思いました。写真では見えませんが、左は新しい高層アパート、右の下のほうは小さな川に沿って古い家屋がぎっしり、そんな場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事127 キムパプ天国 チャムチ(ツナ)海苔巻き2000W

2005_12232005newdica40027

 ソウル市内はじめ、現在流行中のチェーン食堂、「キムパプ天国」の朝ごはんでした。別に見栄を張るわけでもないですが、1000Wの「元祖キムパプ」だけ1人で頼むのは済まないような気がして2番目に安い、でも、基本の2倍の「チャムチ(ツナ)キプパプ」を頼みました。

 えらいのは作り置きせず、注文ごとにその場で作ること。これ、韓国語で「即席(チュクソク、チュkソk)と言いますが、実際その場でおばさんが巻いてくれます。

 前に紹介した、おまけのおかずをおばさんが出してくれたときの写真ですが、これで、200円ちょっと。基本のだったら100円ちょっとで、食事できるのは有難いです。どれだけ儲けが出るのか、客の側が心配してしまうような薄利多売の店、、、それが24時間営業。「8時間労働」だの言わないのは、いいことじゃないのかもしれませんが、働き者の韓国人、そんなふうに感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

普通の韓国を探して290 鍾路3街 エメラルドジャン 改装前 98年の写真

FH010007

 鍾路3街、、、昔は売春街とか、そんな街だったそうですが、今は普通のソウルの街です。数年前に改装されたというエメラルド荘旅館。「地球の歩き方」というガイドブックに出ていたので、全州からの帰りに泊まってみました。

 韓国、観光ホテルと名の付く宿は総じて10万W以上。特1級だと今は30万、40万もします。実際の相場はこれよりも下ですが、それでも、飛び込みで当日予約とかだと、定価を呈示されるようです。団体旅行だと安い宿でも15万20万はザラ、、、やはり安く上げるなら団体のパック旅行に勝るものはありません。

 荘級旅館(ジャンクプヨガン)というのは、旅館の中でも高級なほう、、というガイドブックの記事でしたが、ほんとうに玉も石も、、いっしょくた。初めてのソウルでの駅三の「山水ホテル(山水荘)」が29000Wでなかなか良かったのですが、次に泊まった96年の鐘岩洞の無名の荘旅館は悲惨。エアコンは壊れていてうるさい扇風機だけ。トイレは、一度流すと、水が溜まらず、自分で風呂の水栓から、便器のタンクに洗面器で水を入れて流しました。浴槽はなんだかぬるぬる、、、2万Wでしたが、やはり料金なりだな、、と感じました。

 その後、地方を歩くようになっていろいろそういう安宿にさんざん泊まりましたが、「新しいのはいい」、それに尽きます。

 この宿、前に、トイレのペーパーホルダーがえらく上に設置されていた、という写真、多分昨年10月末に紹介した宿です。冬なのにオンドルが入らず、電気ストーブが置いてありました。写真では写らないようにしましたが、正面右上は避妊具の自販機があります。まぁ、そういうのは高級ホテル、、、新羅ホテルでも、そういう使われ方はしますし、日本でもパークハイアットだって一緒ですけど、なんか、初めての人は、「なんてとこに来てしまったのだろう?」と思う人もいるでしょうね。 韓国、、、好きな者にとっては、何でも面白く感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して289 江南駅付近の店

olddeca10_019

 日本でも同様のことが言えると思うのですが、「商品の密度が低い店は高い」、という説があります。高級なブランドものの店は、置いてある商品が少なく、安い店はたくさんの品物が置いてある。

 東大門市場のファッションビル、1つの店が2坪とか3坪、それでも権利金が高いのは場所がいいから。そういう店はお客もたくさん来るけど、安い品物が多いから店にはぎっしり商品が上から下まで置いてあります。この写真の店は、どこか東京、青山あたりにありそうな品物の置き方。同じソウルでも旧市内と江南、かなり違う雰囲気です。もちろん、もっと高級な店が集まる街もありますし、、、ソウル、本当に、何でもある、どこを歩いてもそれなりに面白い、そんな都市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して288 釜山駅前の選挙運動員

olddeca9_044

 KTX開業前の釜山駅前です。鏡のようなガラス張りの新駅舎が完成したころです。2人の男性、選挙の人ですし、後ろの女性も「ノムヒョン」と、現大統領の名前のたすきをして駅前広場に向かっています。この後すぐ汽車でソウルへ向かいましたので、ノムヒョンさんがここへ来たのかどうかはわかりませんが、選挙好き、政治好き度に関しては日本人をはるかに上回るのが韓国人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して287 オイドの刺身屋 開店準備中

olddeca10_032

 堤防の上から見た刺身屋です。警戒厳重な海岸線、でも、一歩陸地に入ると、商売熱心な韓国アジュマが今日の商売の準備をしています。インチョン空港付近でも、永宗島船着場でも、舞衣島でも、インチョンの松島でも、蘇来浦口(ソレポグ)でも、この烏耳島でも、もっと南の済扶島(チェブド、パダッキル、海の道で有名)でも、安眠島でも、群山でも、大川でも、どこでも名物は刺身、バジラクカルククスというあさりダシの手打ちうどん、それに、チョゲクイという、いろんな貝を自分で焼いて軍手をして食べるもの、、、みんな一緒。

 でも、そういう、「楽しい食事」が好きな韓国の人たち、休みの日には車で、もしくは電車で、そういう海岸の観光地へたくさん出かけるのでしょう。このオイドにも多くのそういう海産物関係の食堂、市場、魚直販場がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して286 烏耳島(オイド)の海岸風景

olddeca10_024

 ソウルの地下鉄4号線、北は蘆院区の山の麓が終点ですが、南は、ソウル市内を離れ、かなり遠くまで伸びています。その終点、鞍山市になるのかな?烏耳島という駅、そこからまたバスで15分ほど、アパート団地の中を走ると、昔は島だったけど居間は埋め立てで率続きになった狭義の「オイド」という場所に着きます。

 平日でも釣りに行く人、潮干狩りに行く人でけっこう混む場所でしたが、夜間は海への立ち入りが禁止されているようで、堤防の各所に見張り台が設けられていて、堤防外へ出入りする場所が決められ、残りは金網のフェンスで隔てられています。北韓の間諜の侵入を防ぐためでしょうが、まだ「休戦中」の国であることをうかがわせる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して285 新堂 中央市場 改修工事中の風景

olddeca10_060

 地下鉄2号線新堂駅北側の中央市場、一昨年のアーケード架設工事中の写真です。

 昔は中央の通路、その左右に露店が並び、その外側の固定店との間に左右で細い道があり、合計3本の通りがこのメイン通路にありました。非常にごちゃごちゃした雰囲気だったのですが、前に紹介した昨年の写真のように、今は真ん中の通路が広がり、通りやすくなりました。

 案外屋根がなくなってみると、広くて、また、北口の馬場路から南の往十里キルにかけて、かなりの下り坂であることがわかります。

 なんか、韓国戦争直後の闇市みたいに見える写真ですが、工事中も商売熱心な韓国アジュマたち、工夫しながら仕事をしていた感じです。 一新された地上の通路に比べ、地下通路は昔のまま、ちょっと寂れた雰囲気の中、刺身屋だの、内装屋、寝具屋など、ぽつぽつ並んでいます。「中央市場地下通路、ここの刺身屋がいい」というガイドブック情報やインタネット情報もありますが、なんか、景気が悪い感じで、ちょっと私はお勧めしません。刺身屋など、ソウル市内、いくらでもあるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

普通の韓国を探して284 朝の江南大路

olddeca10_011

 韓国人は夜更かしだ、と前に書きましたが、朝から働く人、勉強する人も多いです。すべてにエネルギッシュな人が多いような気がします。朝の鍾路は出勤前、登校前に語学を学ぶ人で賑わいますし、もっと中心部を離れると、スポーツクラブで汗を流してから出勤、登校という人もたくさん。だから、乗り物の中では寝てる人が多いのかもしれませんね。

 李準圭先生の入っているロータリークラブの集会でスピーチをしたことが何度かありますが、これも、朝の7時から、朝食を摂りながら会議が行われます。良才(ヤンジェ)駅そばのスポーツクラブ、「スポータイム」という会館の会議室でのものですが、そこの「ヘムルテンジャンチゲ(ヘムル=海物、テンジャン=韓国味噌)」はなかなか美味しいです。

 これも、李準圭先生と、向こうの歯科材料商社の営業の方と打ち合わせした後の写真ですが、朝7時、ノボテルアンバサダーの1Fレストランで、やはり朝食を摂りながらでした。しかし、7時に呼び出される業者さんも、、、たいへんですね。

 打ち合わせを終え、徒歩で久しぶりの江南を歩いたのですが、道路が広く、建物がみな新しい江南も、ひとつの「普通の韓国」ではありますが、、、やはり私はごちゃごちゃした旧市内のほうが、性に合っているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して283 釜山 チャガルチの埠頭からの釜山港

olddeca9_010 olddeca9_009

 釜山港、影島(ヨンド)が好きだと前に書きましたが、これはその反対側の風景です。右の写真は忠武洞方面、左はその先、もう少し行けば松島(ソンド)という古い海水浴場です。宮崎先生と超高級魚タグンバリ(日本名、クエ、もしくはアラ)を食べた場所です。

 あちこち旅行していますが、この釜山港も実に美しい港の風景を見ることができます。朝のチャガルチ、、、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事126 ソウル セントラル観光ホテルそばの専門店のポシンタン

olddeca9_071

 補身湯、ポシンタン、ポシンタンg、、、犬肉のスープです。牛よりもやや高級な肉ですので並で6000W、肉の多い特だと10000か11000Wとか、そんなで、1人用のトゥクペギ(トゥッペギ=素焼きの土鍋)ポシンタンが食べられます。何度か紹介しているように、右下に見えるトゥルケッ(エゴマの種を炒って摺ったもの)とごま油のつけだれがあれば、犬料理、と判断可能です。

 何種類かのおかずに、小型の鍋1つのスープ、栄養的にも充分な、美味しい食事になります。犬食については、嫌な人には勧めませんが、昔からそういうふうになっているのだし、日本でも昔はけっこう食べたという話ですし、ひとつの食文化として認めるべきだと考えています。でも、何よりも、、実際、とても美味しい肉なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

普通の韓国を探して282 慶全線筏橋駅 ピドゥルギ号同士の交換

FH020008

 今は無きピドゥルギ号、筏橋駅の8時12分の風景。

 麗水6時40分発木浦行き913列車が左、右は光州5時55分発釜山鎮行き902列車です。旧日帝時代からの客車かもしれない窓が小さいタイプの車両。塗色は統一号のものと同一ですが、中は、、、改良されてはいますが、直角の背もたれで、私が小さい頃常磐線だの山陰本線、成田線なんかで乗ったオハ61だの、そんなのの雰囲気を残したものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して281 鍾路のトースト屋台

2005_12222005newdica30141

 冬の朝の鍾路2街です。トースト屋台で朝食を摂ろうとしている男性1人。その場で食パンを焼いて卵を焼いて、作ってくれる手軽な朝食。市内中心部の地下鉄駅出口そばなどにはたくさん見られます。簡単な飲み物も売っているのでその場で食べることもできますし「包装(ポジャン)」と言って、持ち帰り用にも包んでくれます。日本でいえば、、、何でしょう?立ち食いそばみたいな感じの食事かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して280 冠岳山をかすめて金浦空港に着陸する国内線の飛行機

2005_12222005newdica30174

 昔は国際線も金浦空港でした。国際線第2庁舎から出ると故郷に帰ってきたような気持ちがしたものですが、なぜかインチョン空港になってからはそんな感じがしなくなってしまいました。

 日本からの飛行機、金浦に東から降りるときには龍仁のエバーランド上空から城南市盆塘上空、城南の秘密飛行場の上を通り果川上空、そして、冠岳山の頂上をかすめるように、登山者の姿が一人一人見えるような高さで過ぎて、ヤンチョン区上空から金浦空港に着陸します。

 この写真はその飛行機を下から見たもの。冠岳山の一部である将軍峰の頂上手前からの撮影です。思いのほか低く見える高さで飛行機が過ぎていきました。

2006年1月20日、追加です。 赤い垂直尾翼、もしかしたら日航の羽田金浦線かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して279 インドク大学前のトースト店

2005_12232005newdica40018

 前に「アイサックトースト」というチェーンの店の写真を紹介しました。これはその1軒おいてとなりにある似たようなトースト、サンドイッチの店です。「正しい生活(パルンセンファル)」という名前。 行ったのが冬だったため、学生が休みの期間は休業、という張り紙がありました。市内中心部の地下鉄駅そばなどの露店のトースト店は有名ですが、最近はこんな「固定トースト店」も、前記「アイザックトースト」はじめ、増えているようです。1000Wか1500Wの、手軽なファストフードというところです。サブウェイサンドイッチなんかも繁華街にはありますが、日本同様、値段が高め。その半分以下で食べられる店、高校生、大学生には人気のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事125 キムパプ天国 フリーのおかず

2005_12232005newdica40028

 のりまき天国、という名前だけど韓食ならなんでもある流行中のチェーン店、「キムパプ天国」の話です。

 これは、自分で取りに行く無料のおかずです。初めて入った店なのでぼやぼやしていたら店のアジュマが取ってきてくれました。右、欠けていますが、味噌汁(具なし)もフリー。韓国風のテンジャンではなく、日本風の普通の味噌のスープです。 しかしこの量、かなりのもの。当然全部は食えません。セルフですので本当は余らせてはいけないのですが、とても食べ切れません。もやしとオデン(魚肉練り製品の総称)炒め、タクアン、白菜キムチ、イカのキムチ味あえ(忠武路キムパプとかで出すやつです。酸っぱいので苦手です)、もちろん、これも、おかわり自由のはず。

 最も安いメニューは「元祖のりまき」の1000W、、、安いものです。このおまけのおかずだけでも日本だったら400円くらいとられそうなのに、、、 なんか、済まないくらいのサービスだと思いませんか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

普通の韓国を探して278 秋の海南盆地と頭輪山

2001_11020086

 長興、康津と経由してもうすぐ海南というあたり、一面の水田でした。韓半島の南端近く、全羅南道海南というと、なんか海辺のようなイメージがありましたが、海南郡の郡庁がある海南邑はこのような盆地の中の町です。

 バスの車窓風景のため、ややピントが甘いのはご勘弁を。遠方、特徴あるごつごつした山が頭輪山です。

 9月末の写真ですが、まだ稲刈りは始まっていません。韓国の田んぼ、日本の一般的な米作地帯よりも少し田植え、稲刈りとも遅めのようです。この時期、唐辛子を干す風景もあちこちで見られますので、唐辛子の収穫が終わると、稲刈り、そんな感じなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して277 永宗島船着場の刺身屋

2002_04030030

 インチョン空港からバスで30分弱で行ける永宗島船着場。早めにチェックインして荷物を預け、身軽になってご飯を食べに行った話を前に書きました。安い食堂や韓式中華の店もありますし、小さな市場で活魚を買って刺身を食べることも可能です。

 これは、私が入った店の向かい側の刺身屋と、小さなバスターミナルに停車中のバスです。建物の表ほぼ全面が広告というか店の宣伝。日本ではここまでやる店は少ないでしょう。

 書いてあることは、かなり重複がありますが、

「破格 ウロク(クロソイ)、クヮンオ(ヒラメ)1Kg20000W」

「ソンドフェタウン(ソンドは仁川市内の古い海岸の観光地、フェ=刺身)」

「無料駐車」、「コッケタン(ワタリガニの鍋)メウンタン(魚の辛い鍋)専門」、

「産地直送」、「価格破壊」、「包装(持ち帰り)できます」、「活魚直販所」。

左下の部分はカラオケのようで、「サバナノレバン(ノレ=歌、バンg=房、部屋)」、

DDR,PUMPというのは、日本でも流行った曲に合わせてステップを踏むゲーセンにある機械のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して276 ムンサンの教会

2002_04030011

 京義線が臨津江まで延びた、ということで早速出かけていったときのムンサン市内の風景です。韓国、どこでも、大小とりどりの教会があること、前にも書いていますが、それほど大きくない町にも立派な教会がある感じです。朝早い時間、陽光を浴びた教会の1枚です。

 初めてソウルへ行った頃、大きな教会にびっくりしました。三成のグランドインターコンチネンタルに泊まった際、窓から見えた巨大な塔に惹かれて、わざわざタクシーで行ってみたことがあります。駅三洞、ルネッサンスホテルそばの忠山見(山+見で、ひとつの漢字、ヒョンと読み、峠という意味です)教会です。 ケルン大聖堂というのは見たことがありませんが、現代建築のとても高い尖塔は見事でした。下から見上げるとまるで天国まで届くよう。これくらい立派な教会だと信者の人も頼り甲斐がありそうだな、と感じた次第です。

 次点は水原の教会。これも、水原の大きな教会といえばわかるひとはわかります。いずれも鉄筋造りの現代建築ではありますが、この2つの教会だけでも、日本では見られない「普通の韓国」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

普通の韓国を探して275 ソウルのメインストリート

olddeca9_124

 韓国の首都、ソウル特別市。道路が広い都市ですが、メインストリートというとどこでしょう? 旧市内、東西に走る大通りは、北から、鍾路、清渓川路、乙支路、退渓路の4本、南北は、、、というと、上記の各大通りに直行する通り、ということになりますが、やはりこの光化門前から市庁、南大門、ソウル駅と通じる世宗路だと思います。写真奥の李舜臣将軍像のあるあたりが光化門サゴリ、写真、奥から教保ビル、ガラス張りの東亜日報、茶色いファイナンシャルセンター、、、ソウルを代表する大通りです。 真ん中に写ってるバスは座席バスの1005-1、チョンオータシイル番、新都市盆塘とソウルを朝早くから夜遅く、地下鉄がなくなった時間でも頻繁に走っている路線で、何度も利用しています。

 ソウルの市内バス路線、ハングルが素早く読めなくても、前記、東西に走る4本の大通りを基準に、何番のバスがどの通りを走るか?を覚えれば、かなり上手に利用できるようになります。私もかなり会得したつもりなのですが、一昨年夏の路線体系変更でおじゃんになりました。でも、その分、速く読めるようになったので、便利に利用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事124 釜山 チャガルチ市場の巨大イカ

olddeca9_007

 12月の釜山、チャガルチ市場での1枚。新潟ではタルイカと言いますが、一般名はソデイカという、大きいものは10キロ15キロという巨大イカです。トロ箱の大きさから比較してご覧ください。生だとあんまり、、、餅を食っているような食感ですが、焼いたり、フライにしたり、加熱して食べるとなかなかです。

 一説によれば、夫婦仲良く2匹で泳いでいるという話で、1匹釣れるとそのそばにはもう1匹、あ、1パイがきっといるのだそうです。普通に市場に出るのは日本ではあまり無いでしょう。韓国にもたくさん上がるとは知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して274 警察特攻隊員の朝ごはん

2005_1017newdeca30026

 鍾路1街、ヘジャンクッコルモクからすこし路地を入った南原食堂の「クルビペクパン」を朝食べに行くと大抵3,4人ずつ交代で朝食を摂りに来るのでしょうか、警察特攻隊とSWATとか書かれた防弾チョッキの警察官のグループがいます。すぐそばに政府機関やアメリカ大使館、日本大使館などがあるため、警察官、機動隊(戦闘警察隊)が常駐。バスの中で仮眠、休憩したりしていますが、食事を大事にする韓国人ですので、ご飯はしっかり、美味しい食堂で充実したものを、ということなのでしょう。

 路地を西に抜けて右折、、、昔ナクチポックム屋が並んでいた通りを北へ折れたところで後ろから1枚、撮影させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »