« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006年2月25日 (土)

普通の韓国を探して387 鍾路5街 派出所のバイク

2006_0201olddeca130184

 2002年ワールドカップを機に、もともと外国人に親切だった韓国人がさらに、親切になった感じがします。警察官もそうです。我々がまず先頭で、という意気込みも当時は感じられました。韓国人で日本語を学んでいる、もしくは学んだことがある人は数十%になると思います。これに反し、日本人で韓国語をやったことがある人が10%もいないのは残念なことです。

 困ったら交番、、、韓国も一緒です。別に事件とかではなくても、場所を聞くこと、お店を教えてもらうこと、何でも親切に応対してくれると思います。

 韓国にもハーレーの白バイがありますが、派出所にはこんな、、125ccのバイクがたくさん。これで巡回をするのでしょうね。しかしソウルの道路事情、、めちゃくちゃですので、警察官も、のんびり乗っていられないのではないかと心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事180 大韓航空 ビジネスクラスのランチ3

2006_0203olddeca140111

 食後のコーヒーも違いました。中身はいっしょでしょうが、頼めばすぐに、他の仕事に優先して持ってきてくれます。それに、、、、、、 エコノミーはプラスティックのカップなのに、ちゃんとソーサー付きの陶器のカップなのでした。やはり高いだけのことはあるな、と思ったサービス、そして内容でした。でも、、、たったの2時間前後、、、やはり15000円あったら韓国現地での食事、買い物に使ったほうがいいかなぁ、、、と言うのが今の気持ちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事179 大韓航空 ビジネスクラスのランチ2

2006_0203olddeca140108 2006_0203olddeca140110

 今考えれば当たり前ですが、果物とサラダの後、2種類のメインから選択です。テンダーロインステーキと、鮭のグリル、かなんかでした。韓国ではあまり肉を食べませんので、前者を選択。それが、この写真です。

 最近、エコノミーの食事も、陶器の浅い皿で、熱い状態でサーブされるようになりました。昔はお決まりの簡単な冷たい軽食だったのが、なかなか良くなりましたが、この肉も、熱々でした。焼き方は右の写真の通り、ミディアムレア、ちょうどいい状態です。多分オーストラリア産の肉、、、牛肉に慣れていない日本人は臭い、という人もいるかもしれませんが、他の国の人なら、あ、イスラムの人を除けば皆美味しく食べられそうなステーキでした。おかわりしたいくらいです。

 しかしのこ時、ビジネス席に乗っていたのはたったの二人、もう一人のおじさんも肉を選択していましたので、あの、見せてくれた鮭の料理は、、、誰が食べるのかな??と思います。人数が二人、多分、どちらが何を選んでもいいように、肉も2つ、鮭も2つ用意してあるはず、、、捨てるのなら、、、くれないかな?なんて思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事178 大韓航空 ビジネスクラスのランチ

2006_0203olddeca140105

 自分の休みと飛行機の空きが合わないで、泣く泣くビジネス席で行ったこともあります。また、韓国ブームで飛行機が大きくなったとき、常連さんだとのことでビジネス席に座らせてもらったこともあります。ビジネスクラスの設定が無かった時期だったからでしょうが、食事は普通の、ワンプレートの簡単なもの、でも、「一度乗るとエコノミーが嫌になる」というのはわかりました。

 この写真は一番最近のビジネスクラスのもの。15000円プラス(団体のため)でいすが違うだけじゃ、もったいないなぁ、、、本当に空きが無いのかな?なんて思いながら搭乗しましたが、払ったお金は戻りませんのでしょうがありません。でも、乗ったときから、なんか、8席しかないビジネス席専任の客室乗務員さんがいるみたいです。飲み物を勧められたり、上着を預かってくれようとしたり、、、私は帰国後車に乗らないとだし、上着はユニクロの2000いくらのジャンパーだったのでどちらも断りましたけど。

 で、離陸してすぐに始まる食事の準備ですが、このときもまた、飲み物はどうですか?と聞いてくれます。また遠慮しなければなりません。心なしか、、年配の、ベテランの女性が担当しているようでした。で、出てきた食事が、この写真です。

 最初に、「え!?!これだけ???」って思ってしまいました。アメリカのお金持ちなどは食事に気をつけている人が多いのだろうけど、、、15000円高くて、これだけなの??というところ。果物と野菜、それと2種のドレッシングです。嘘ではありません、、、ガックリきてしまいました。でも、これだけしかないのならしょうがない、と思って、サウザンドアイランドソースを使って、ちびちび食べました。

 その後、これも、暖かいパンが出てきました。5,6種類ある中で好きなのを選べます。今思えば2,3個もらっとけば良かったのに、、、1つだけもらって、バターでいただきました。とてもとても美味しかったです。

 でも、、、、、、これだけなの?ホントに、、、、、、  と思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

普通の韓国を探して386 旧ソウル駅舎とロッテマートソウル駅店

newdeca3_250

 東京駅と同じ設計者が設計したというソウル駅旧駅舎、、、今は使われていません。左手がロッテマートの入り口です。最近は観光客もたくさん。だんだん観光客も賢くなってきている、というところでしょうか。

 値段は市場とかのが安いのでしょうけど、一定した品質と、包装の確かさ、定価制で安心、そんな利点があります。日本のスーパーと違うのは、かばんやリュックが持ち込み禁止であること。100W保証金(開けると戻る)のコインロッカーに袋物は預けないと入場できません。ここのコインロッカー、100Wの取り忘れがあったりします。また、案外ぼろく、開けても100Wが戻らない場合もしばしば、、、係員の背広の男性、ちゃんとそんな時のための専用の器具を持っていますので、100Wとはいえ、ちゃんと返してもらいましょう。

 この、ソウル駅の西口側、「西部駅(ソブヨク、ソブヨッk)」と言います。なぜか、昔から、西口とは言わず、「ソブヨk」なのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

普通の韓国を探して385 清渓川路の防疫自動車

2004_0512olddeca90014

 前にも1枚、アップしました。河東館へ行く斜めの道(これでわかる人はけっこうソウル通)での、秋の写真でしたが、これも同じ通りの、清渓川路へ出る直前の場所です。こちらは7月の写真です。小型のトラックに薬剤噴出装置を2本積んでいるのが普通ですが、これは軽トラックに1本搭載したタイプでした。

 韓国、秋が一番いい季節であると、韓国人も、日本のマスコミも言いますが、秋、かなり遅くまで蚊がいます。安い荘旅館やモテルに泊まったことがある方は、化粧台に使いまわしのヘアスプレーなんかと一緒に殺虫剤のスプレーが置いてあるのを見たことがあるでしょう? 韓国の家は冬も暖かい、、、それはいいことなのですが、そのおかげでか、11月いっぱいまでは蚊が問題になっています。10月、11月に旅行してテレビのニュースを見ているとしばしばこの、遅くまで元気なソウルの蚊、に関する報道があります。

 映画、「チング」で、子供たちがこの防疫自動車の後ろを走るシーンは有名ですが、初めて、知らないで見た日本人はきっとびっくりすることでしょう。でも、これもソウルの風物詩ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事177 鍾路5街 伝統菓子の店

2006_0201olddeca130173

 前にちょっと紹介した「トクチプ(トkチp)」でも、こういうの、見ることができますが、広蔵市場の伝統菓子の店の店頭です。結婚式とか、法事、そんなときに使うのでしょうか??見て楽しむ、そんな感じです。

 面白いな、と思ったのは、右上、貝だの蛸だの海老、そんなのを模した形の菓子があること。日本でも目出度い、ということで「鯛」だの、「宝船」だの、そんな形のがあるかと思いますが、タコに貝、、、所変われば、、、というところでしょうか。

 左手、干し柿がありますね。冬の韓国、目立つのは栗と干し柿、、、栗は焼き栗にしたり、生でそのままかじったりします。案外渋くなく、うっすらした甘味です。また、ビビンバにも生の栗の薄切り、載っていたりします。有名な全州中央会館とか古宮のにも一切れ、入っています。韓国の料理、味、複雑なもの、混ざったものの美味しさを大事にする感じがありますが、案外、おかずの中にはごくごく薄味の、シンプルな味を楽しむものもあります。この生の栗もそうですし、よく出てくる生のサツマイモ(センコグマ)も、最初はびっくりして、青臭いのじゃないかと思いましたが食べてみると、、案外、臭くなく、素朴な甘味が楽しめます。

 干し柿は冬のものですが、尚州が有名だとのこと。京東市場を歩いていて、1つ欲しくなり値段を聞くと、300W、400W、500Wとのことです。まぁ、50円ですので、500Wのをひとつ買い、その場で食べるよ、と言ったら、市場の兄さん、それじゃぁ、美味しいのを選んであげよう、と言ってくれ、実際、なかなか美味しかったです。またその後、この柿は尚州産の最高の品なんだ、と自慢するので、尚州は昨日行って来たよ、と言ったら、ちょっと驚いてくれて、生の栗を1つ、おまけにくれました。そんな触れ合い、言葉ができてよかったな、と感じる瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して384 パンチボウル(亥安盆地)への下り

2001_11020202

 韓国戦争(韓国では朝鮮戦争とは言いません)の激戦地、パンチボウルへの道です。楊口郡楊口の邑内でタクシーを交渉でチャーター、部隊や検問所を抜けて、峠越え、、、これは峠を越えて、盆地への下りに入った頃の風景です。左手、これから通る道路が見え、正面は盆地の畑、田んぼなどと、向こう側の唯一、川が流れ出す切れ目が低くなっています。

 米軍軍人がパンチボウルと名付けたようですが、浅い、、、ウィスキーの景品の灰皿のような地形です。火山のカルデラとかではないと思いますが、地図で見ると見事な盆地で、インチョン空港から飛び立った日本へ向かう飛行機の左側の窓からも天候のいい日、うまい具合に深雪が1000m以上くらいの稜線だけに積もった日などには肉眼でも確認できます。何度かそんなふうにして見たことがありましたが、実際に行けたのは韓国に通い始めて7年目くらいのことでした。もう一度行くことができるかどうか、、、わからない場所です。

 この他、この辺には「断腸の稜線(ハートブレイクリッジ)」だの、韓国戦争時の激戦地がありますが、わざわざ訪れる人は稀なようです。また、「平和のダム」という名前ですが、北韓の水攻め(北にあるダムに水を貯め、一気に放水してソウルを水浸しにする作戦)に対抗して一般市民の寄付を集めて作った防御用ダムもあるとのことですが、なかなか行くのは大変な場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

すばらしい韓国の食事176 広蔵市場 ユッケとユッケジャンの朝食

2006_0201olddeca130183

 前にちょっとアップしましたが、やっと完成。鍾路5街、広蔵市場の食堂小路にあるユッケ専門店のユッケ(ユクフェ)をテイクアウトして、数軒先の食堂でユッケジャンとともにいただいた朝ごはんです。私としては破格の贅沢、15000Wの朝飯でした。

 大好物のレバ刺し(肝フェ)はもうだいぶ食べてしまっています。ユッケジャン、牛のもも肉の辛いスープで、葱、ぜんまいもしくはワラビ(コサリ)、そんな、細長い野菜とともに、肉も細長く裂かれて入ってる辛いスープです。どっちかといえば「熱を以って熱を制す」という感じで夏の暑いときの暑気払いに食べるスープです。

 このときの目的は、あくまで、韓牛赤身のユッケと、新鮮で甘いレバ刺し(カンフェ)と、ご飯をいただくことでした。とても美味しかったです。実に大雑把に切ってあったセンマイ刺しだけ、ちょっと残してしまい、テーブルの下のゴミ箱に捨て、紙ナプキンで皿を拭き、ユッケ専門店に皿とたれの容器を返しに行きました。

 「ユッケ専門店」、次回は夜に、ゆっくり訪問できたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して383 オンドル用練炭の山 金泉 黄金市場にて

2006_0201olddeca130116

 市場の裏手、屋根付きの物置に置いてある練炭です。たぶん、オンドル用、もしかしたら、焼肉用ですが、焼肉の場合、今は扱いの楽な、小型の集成炭があります。

 昔はどこの家もオンドルは練炭でしたが、アパートは重油の集中ボイラー式、一般家庭や集合住宅は灯油のボイラーの温水暖房が主だと思います。今ではかなり減少した練炭オンドルですが、近年の原油価格の高騰で、また見直されつつあるとか聞いていますが、運搬が大変です。価格は、ちょっと前の朝鮮日報の話では1つ300Wくらい、とのことですが、平地でトラックが入れる場所であっても、各家の練炭の置き場所までは数個ずつ特別な鋏型の機械で運びます。前に、車が入れないタルトンネなどの老人の家庭に練炭を運ぶボランティアの話を読んだことがありますが、ガス中毒の危険性、灰の始末、その他に、運搬の面倒、というのも敬遠される原因なんでしょう。ソウルでは少なくなっても、地方では、、けっこう練炭、練炭の灰、見かけます。これも、韓国ならではの風景ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

すばらしい韓国の食事175 黄鶴洞 中央市場脇の食堂のケコギスユク

olddeca9_129

 久々、ケコギです。一時は夕食は毎晩ケコギ、なんて時代もありました。店により、下処理の甘さからか、少しケモノくさいことがあるときがありましたが、90%は、、、臭みも無く、美味しい肉を味わうことができます。

 一般的なのはポシンタン(補身湯)と言われるスープですが、肉そのものの味を味わうには、やはりスユク(水肉=茹で肉)です。ポシンタンよりも高いメニューですので、ポシンタンの肉抜きのスープがおまけに出てきます。そこに肉を入れて食べても良し、何度か紹介しているトゥルケッ(エゴマの種を炒って摺ったもの)とごま油のヤンニョムで食べても良し、、、 18000Wとか2万W(1人分)で食べられます。店によっては1人はダメ、という場合もあるかもしれませんが、たいてい、空いていれば大丈夫でしょう。

 犬は、屠殺後、毛を焼き、解体して、いろんな部位に分けて、圧力鍋でまず煮ます。その状態で店で冷蔵保存されるようです。ケコギスユクはそんな茹で肉を切り、細葱、にら、そんな野菜の上に載せられ、蒸し器で蒸して温め、サーブされます。律儀に、1人客にもカセットコンロを出してくれる店もあれば、蒸してそのまま、皿の上に蒸し皿ごと出てくる場合もあり、これは後者です。

 場所は新堂駅からメインの通路に入り、右へ行く食堂屋台小路を抜けて少し行った場所、ケコギの店が2,3とスンデクッの店が2つ並んでいる場所。これは右手のおじいさんとおばあさんが2人でやっている店です。左の、湖南チプだかは美人おかみがやっています。一度行きましたが、残念ながら売り切れでした。

 何度か紹介していますが、ここの、スンデクッ、の店の内臓、モリコギ、コギアンジュ、は最高です。広蔵市場のハルモニチプスンデ以上の、、ということはソウル最高の、、と私が思うスンデクッ店です。お昼前から10時くらい、かなり、、、相当、ぼろい店、内装ですが、味は最高です、、、ここも、、ハルモニスンデだったかもしれません、名前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

普通の韓国を探して382 地黒で元気があって着やせするタイプ、、、、、、

2002_0808olddeca130027 2002_0808olddeca130070

 どちらもテレビ画面の撮影ですのでやや荒れ気味ですが、「チェンバンノレバン」に出演中の韓国の人気歌手、イヒョリと、日本の人気ゲグメン、中島知子です。

 ピンクルというグループの「かわいい系」担当でデビューした時からのファンでしたが、イヒョリはその後、ちょっとイメチェンして、セクシーさを売りにするタイプになりました。飾り気の無い笑顔、、、なんとなく似ている感じを持っていまして、、、どちらも好きなタレントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して381 ソウル市内バス 旧体系のときのもの

2001_11020065

 ハングルが読める方、バスの車体の地名を読んでみましょう。私はこんなバスの行き先表示を、速く読み取りができるようになるための練習に利用していました。

 2004年夏のバス体系変更前のソウル市内バスです。なんか、明るい色で、たくさん行き先や経由地の表示があって、、、自分がけっこう路線を覚えていたこともあるかもしれませんが、昔の番号のが親しみが持てます。このバスにも大きな基本の表示の他、韓国なりのサービスなのでしょうが、内側からの掲示で「ロッテ百貨店江南店」、「アプクジョンディジャイノクロブ(アックジョンデザイナークラブ)、「クリョンサン デモサン」という、追加の表示があります。山の名前が出ているところも、登山好きの中高年が多い韓国らしい点です。

 路線番号11、開浦洞という江南のアパートの多い地区と、ソウルの下町である高麗大学校前(コデアプ)を結ぶバス。途中、いろんなソウルを見ることができる路線です。今でも番号と車体の色が変わって、走っているとは思うのですが、、、1本のバス、ずっと乗っているのも、なかなか楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事174 烏耳島(オイド)の食堂前

2003_0722olddeca110047

 ソウル地下鉄4号線の南の終点、烏耳島のチョゲクイ(貝焼き)の店の店頭です。何度も書いていますが、海産物が豊富で豊かな海は西海、、、黄海の韓国での呼び名ですね。

 いろんな種類の貝が水槽で活かされています。お盆1つ、いろんな貝が盛りあわされて、多分10000W、九州地方の海産物とかなり似てはいると思いますが、ずっと豊富で、安いように感じています。

 残念ながら1人での訪問、チョゲクイは無理ですので、ここでも、ケブルを10000W分頼み、昼ビールを楽しみながら、写真を撮ったり、話を聞いたり、、、韓国語ができてよかったなぁ、と感じるひと時をすごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して380 清渓川5街への斜めの道

2006_0201olddeca130155

 家具商街(カグサンガ)のあるあたり、乙支路4街のグリンベルト付き交差点から5街方面へ少し歩くと、左へ、清渓川5街へ斜めに走る道路があります。ここも広義の東大門市場ですが、紙、紙袋、広告用シール、それに、どういうつながりか、壁紙、クロス、ビニルシートなどの店が集まる商街があります。中部市場でタコの干物を買って、いつもの広蔵市場へ夕食をとりに行く途中の風景です。

 前から思っているのですが、東大門市場って、「軽工業製品、素材」を中心とする市場だと考えています。若者向けのファッションビルばかりが日本では有名ですが、布地、ファスナー、ボタンなどの服飾製品、及び、素材、紙、皮、そんなのの素材及び製品、それらを扱う市場が大きくなって、市場で働く人、市場へ買いに来る人を相手にする食べ物の店も増加した、、、そんなふうに思っています。

 また、大昔はソウルのバスターミナルがあったという話です。有名な焼き魚屋横丁、タクハンマリ(タッカンマリ)横丁も、そんな、地方へのバス、地方からのバスに乗り降りする人のためにできた、そんなふうに、韓国のグルメ本には紹介されています。

 人の多い都市ソウル、物の多い都市ソウル、、、看板の多い都市でもあるかもしれませんね。残念ながら、旅行者には買うものは無いような通りですが、こんなソウルの市場を歩くのも、楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

普通の韓国を探して379 ソウル女子大学校の広告

newdeca3_249

 韓国語ジャーナルという雑誌に出ていましたが、韓国、2004年の出産率、世界最低だそうです。1.2か、それくらい。 日本も子供が減って、将来の人口の減少が心配されていますが、それ以上に韓国では子供が少なくなる傾向にあるとのことです。

 思うのですが、人口が減れば、物が売れなくなるし、家がいらなくなるので、土地や家の価格も下落、、、景気というか、経済は縮小の傾向をたどらざるを得ないと思うのです。日本も、そして韓国も、外国人の受け入れを考えないといけない時代になっていると思っています。

 で、写真の話題に戻りますが、韓国でも、子供の減少→学生生徒の減少、ということで大学の学生誘致、大変なようで、田舎の市外バスの背もたれにも大学の広告、ソウルの市内バス、地下鉄の中にも、大学の広告はたくさん。 また、日本以上に進学率が高い韓国ですので、すごい田舎にも、山の上に立派な大学の「校舎」があったりします。今後はますます大学の学生誘致競争も激化、、、閉校になるところも出るとか、、すでに、国立大学の統合は始まっているようですが、日本は、、、大丈夫なのでしょうかねぇ??

 鷺梁津駅の広告の写真でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して378 働く自転車 京東市場にて

2006_0203olddeca140003

 京東市場、東の端はほぼ清涼里駅すぐの場所まで広がる巨大市場です。清涼里駅前から北へ少し進み、左折、ちょうど果物市場の裏手を通って京東市場の北側にバスが行ったので、適当に目星を付けて下車した場所です。

 目だったのは清涼飲料の問屋。でも、その他にも、菓子だの、こんな日用雑貨の問屋が並ぶ通りでした。いつも朝早い時間にご飯を食べるついでに歩くことが多かったのですが、こういう店は、ゆっくり開いて昼間の営業がメインになるのかもしれません。

 荷運び用に荷台を増設、補強した自転車にトイレットペーパーが積まれています。こんな軽くて大きいものは、自転車でも充分配達できるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して377 傾いた交差点 寧越の中心部 

2001_11020175

 江原道、寧越です。山の中の町ですが、近所に朝鮮時代の王様のお墓があったと思います。フェニックスパークでの大韓歯科矯正学会大会へ参席するときに行った町です。駅から市内はちょっと距離があったのでバスターミナルまでタクシー。ぜんぜん知らないところでタクシーに乗るのは昔は不安でしたが、韓国の交通費、安いものです。また、駅とバスターミナル、離れているとはいえ、どちらも大事な場所ですので、2,3000Wで、まず行けますから。

 バスターミナルに着いて、バスの時間を調べ、少し周囲を歩きました。これはとある交差点ですが、道路が、坂そのままに傾斜しています。これ、韓国の道路の特徴だと思うのですが、日本だと、坂道でも、その坂に直角な方向では水平に道路を作ると思うのですが、韓国の道路、すべてその場所の傾斜そのままに作ってあることが多いように思えます。

 わかりにくい話で済みませんが、初めてソウルへ行ったとき、宣陵駅そばの旅館に泊まりました。江南のそのへん、テヘラン路という大きな道があります。ルネッサンスホテルそばの旅館から、このテヘラン路を歩くと、大きな交差点は地下歩道になりますが、片側の階段はすごく短いのに、出口の階段はその2倍もある、、なんてのを不思議に思いました。江南地区も元は山。かなりの傾斜、坂があります。テヘラン路と直行する大通り、こちら側と向こう側、かなりの高さの差があるのです。テヘラン路自体も、大きな幅の道路ですが、上下に、大きくうねってできています。

 日本でも高速道路のカーブには「カント」という傾斜が付けられていますが、市内の大きな道で、道路に大きな傾斜があるのは、なんだか走りにくいような気がしますが、慣れでしょうかねぇ??? 

 2号線の駅、江南、駅三、宣陵、三成、、、駅三駅から宣陵、三成とテヘラン路を歩いてみると、ソウルの道路のうねりと傾斜、よくわかります。近くには前にちょっと書いた「チュンヒョン教会」という大聖堂もありますので、観光ソウルに飽きた方にはお勧めのコースです。

 右手、オレンジ色の看板、「写真館」とあります。これも、田舎でもあるお店。「8月のクリスマス」も写真館、「子猫をお願い」でも家族写真が大事な場面で出てきますが、韓国人は写真好き。日頃、携帯で撮ったのをサイワールドにたくさんアップしたり、また、どこの家にも大小たくさんの家族写真があります。結婚写真が大仕事なのは、、、有名ですよね。めったに写真館など行かない日本とは大きく違う点だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事173 カオリの干物 乾物屋

2006_0201olddeca130141

 カオリ、、、、、、日本でいう、一般的なエイ、アカエイのこと、カオリと言います。黒山島とかで有名な「ホンオ」とは全く別のもの、とされています。ソウルなんかでも冷麺屋で、「フェネンミョン(フェ=刺身、冷麺=ネンミョン)」とかがありますが、多くはこの「カオリ」のフェを入れて合えたものです。同じように発酵させれば、ホンオ同様、サメの仲間の軟骨魚類、アンモニア臭は出ると思うのですが、、、

 これは金泉の平和市場裏の乾物屋の店頭です。面白い姿のカオリの干物、なんか、かわいい感じです。日本でも酒の肴に「エイヒレ」ってありますが、どうやって食べるのか、、買ったことがないのでわかりません。こんな店、ソウルでも中部市場とか、京東市場にもいくらでもあります。私がよく買うのは「チィポ(カワハギをのして丸くした干物)」、「ファンテ(スケソウダラを開いて干したもの、ヘジャンクッの材料、焼いて食べたりもします)」、「タコスルメ」くらいかな?? たこの干物、日本では何千円もしますが、韓国では乾燥しにくい、頭部を取って干したものなら、安いです。前にバスターミナルでのタコスルメの写真をアップしましたが、大体3000W。中部市場など、キロ単位で売る市場ではキロ10000Wとかで、7,8枚は大きいのが買えます。非常に硬いですが、焼いても硬く、歯が悪い人には向きませんが、なかなか美味しいです。また、先日、「福臨門」をまねてじっくり水でふやかした干したこを刻んでチャーハンにしてみましたが、なかなか美味しかったです。

 日本にはない乾物、、野菜も、海産物も、韓国では豊富です。普通の、スルメイカのスルメは有名ですが、んなものは日本でも買えるし、高いけど日本産のが上質なような気がします。ケンサキイカのするめは、韓国ではかなり安くお土産にお勧め。スーパーできれいにパックしたものが売っていますし、市場だともっと安いでしょう。スーパーのは要冷蔵となっていますが、1日やそこら、常温で持ち帰っても大丈夫。ケンサキスルメは、うん、安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »