« 普通の韓国を探して1106 光州市松汀里のアガシコルモクの犬 | トップページ | 普通の韓国を探して1108 湖南線沿線の農村風景2 »

2007年6月26日 (火)

普通の韓国を探して1107 ソウル駅 MTB自転車列車の案内所

184_2 ソウル駅です。天井が高く立派な建物、そこにたくさんの人が行き交う場所です。アナウンスの女性の声、聞き取り練習には最適。新駅完成しばらくは合成音声でしたが最近は生の声になっています。

 地下鉄ソウル駅からの入口のすぐそばに「チョンソンMTBチャジョンゴ列車」の案内ブースがありました。どこから自転車を載せるの?と女性に聞きましたがアルバイトのようでよくわからないふう。でも、セマウルの客車4両にに自転車専用車2両を連結した自転車列車、見てみたいし、乗ってみたいものです。2と7の付く五日市が立つ日に運行とのこと。乗ったら帰りは23時頃ですので見物だけでもしてみたいと思っています。

 日本ではレーパンにサングラスしてヘルメットという姿、休みの日はともかく街中ではあまり見かけませんが、韓国では登山が盛んなのと同様、おじさんおばさんがビシッとした格好でMTBに乗っている姿をよく見かけます。清涼里近くの市場ですごいMTBを停めて一杯やっているおじさんを見かけたこともありますし、モラン市場でも自転車でやってきた中年男女のグループを見かけたこともあります。層は薄いけどファンは皆熱烈、という感じです。

 たとえばロードレーサーでも、日本だとお手軽な10万円以下のレーサーで普通の格好で楽しんでいる人も多いでしょうけど、韓国だと大部分が数十万円の高級車という感じで。半分はコルナゴだったりします。自転車好きの方、大き目の書店で雑誌を見てみてください。大半はMTBの記事、少しだけ「鉄人3種」と言われているトライアスロンの記事、レーサー関係はほとんどありませんがしっかり自転車雑誌が出ています。日本のものと同様、後半3分の1は専門店の広告です。徐々に盛んになっていくことと思います、韓国の自転車。

|

« 普通の韓国を探して1106 光州市松汀里のアガシコルモクの犬 | トップページ | 普通の韓国を探して1108 湖南線沿線の農村風景2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/15562176

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1107 ソウル駅 MTB自転車列車の案内所:

» 短期 アルバイト 求人 情報 短期 アルバイト 求人 情報ニュース [短期 アルバイト 求人 情報 短期 アルバイト 求人 情報ニュース]
短期 アルバイト 求人 情報アルバイトという言葉は、ドイツ語で「労働」を意味する名詞のArbeitに由来する。明治時代に学生の間で使われていた隠語が、一般に広まったものである。英語ではパート・タイム・ジョブ (part-time job) やサイド・ジョブ (side job) 等という。ドイツ語で Arbeit といえば労働全般を指し、アルバイトの事は英語からの外来語でジョブ(Job)という。... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 11時08分

« 普通の韓国を探して1106 光州市松汀里のアガシコルモクの犬 | トップページ | 普通の韓国を探して1108 湖南線沿線の農村風景2 »