« 普通の韓国を探して1164 普信閣の前 | トップページ | とうちゃんの自転車日記24 珍しい轢死体 »

2007年7月27日 (金)

普通の韓国を探して1165 銅雀区上道洞? バイクで防疫(방역)する山の町

324 338 339 340 341

 韓国ドラマに関してはほとんど知らない私ですが、聞き取り練習のために古い韓国映画のビデオをけっこう買い集めています。ちょっと前に紹介した「개 같은 날의 오후(犬のような日の午後)」という映画の舞台になったサント洞(상도동=上道洞)の「薔薇アパート(장미맨션)」を見てみたくて行ってみました。

 地下鉄の大林サムゴリ(대림삼거리)という駅からそれほど広くない、曲がりくねっているけどずっと続く古い道を上っていきました。新しくも古くもない、6・25後にできたソウルの山の町です。国師峰(국사봉)という山に上る道でもあります。

 1枚目、まだかなり下のほうでしたが、こんなのを見つけました。おじさんが話しています。どうもバイクに防疫の機械を積んだもののようです。蚊やハエの防除の仕事である防疫、トラックの荷台に積んだジェットエンジンのような機械から殺虫剤を撒くのですが、いささか日本人から見ると乱暴な仕事。本当に人体には悪影響が無いのか心配になる行為です。普通は1トン車とかハイラックスふうの小型トラック。たまに軽トラックのものも見ていますが、こんなバイクでやっているのは初めてです。トラックが入れない細い道がある町ということでしょう。

 その後、汗をかきながら坂道を上り、国師峰の公園の入口のへんまで行ったら、向こうからさっきの防疫バイクが走ってきました。さて、どう避けようか?と思っていたら左に折れてさらに上の道へ入って行きます。ちょっとほっとして、5枚目を撮影しました。

 防疫、夏から秋、けっこう遅くまで見られる韓国の風物詩ですが、日本ではまず見られないもの。見かけたらラッキー!と思いましょう。

1枚目、おじさんたちの緑の帽子、セマウル運動の帽子かもしれません。私が欲しい韓国のものの一つです。農村だけではなく都市部でも生活環境を良くしようと言うセマウル運動は行われ、各所にセマウル会館が今でもあります。

 後ろの建物、多分数世帯が入る集合住宅でしょうが「빌라」という文字が見えます。最初に挙げた古いアパートの名前は「맨션」。本来、欧米では「マンション」というのはお城のような大豪邸を言うとかいう話。日本だと「マンション」ってって特別ありがたい感じはしませんけど、アパートよりマンションのが格上という感じです。でも、韓国では아파트>맨션&빌라だったりします。上道洞、そんなビッラとかメンションが多い、そんな地区でした。

|

« 普通の韓国を探して1164 普信閣の前 | トップページ | とうちゃんの自転車日記24 珍しい轢死体 »

コメント

バイクで防疫、本当に貴重な写真ですね。
これは私も実際の様子を見たいです。
昨年夏、珍島でトラックによる防疫に出くわしました。
古い韓国映画に出てくるシーンと同じ感じでした。
東インチョンでは人がタンクを持って防疫しているのも見ましたよ。
(2点とも昨年夏の旅行記に掲載しています)
あのもうもうとした煙、確か石油ストーブのようなにおいがしたのを覚えています。
古い韓国映画、最近、アンソンギ主演の「神様こんにちは」のDVDを手に入れました。ソウルの牛耳洞、慶州などが舞台です。

投稿: マッシー | 2007年7月27日 (金) 19時44分

 コメントありがとうございます

 バイクで防疫、珍しいでしょう?私も知りませんでした。多くは小型のトラックで、時には2連装のやつもあります。主に蚊なんでしょうかねぇ?煙は、、、「親旧」に有名な場面がありますが、私は逃げてしまってます。

 「神様こんにちは」というのは知りませんでした。ちょっと検索してみますね。牛耳洞も貧しい人の町で有名だった場所ですがスユ里などとともに、もっとも早い時期に再開発された場所のひとつです。今はつきあたりに派出所があり、北漢山の公園の入口になっています。

投稿: とうちゃん | 2007年7月28日 (土) 07時42分

 初めまして、僕はおじさんがあの機会を肩から下げて防疫して居るのを南大門市場で目撃しました・・。
 映画では見た事在りましたが、薬品も問答無用で吸引して仕舞いましたよ・・・(笑)。
 記事に載っていたセマウルの帽子は東大門区(トンデムンク) 新設洞(신설동)の蚤の市の中の帽子屋さんで売って居ました。
http://pungmul.seoul.go.kr/
 機会が在ったら買ってみて下さい。
http://sasakitty.blog.shinobi.jp/Entry/940/

又拝見させて頂きます。

投稿: sasakitty | 2008年11月24日 (月) 16時16分

はじめまして コメントありがとうございます。

 防疫、初めて見るとびっくりしますよね、あれ。私も初めて見た時はテロかなんかかとも思ってしまいましたもの。思わず横道に入り、煙から逃げました。

 セマウル運動の帽子の情報、ありがとうございます。田舎のおじさんが被っているものというイメージがありますが、次回、あったら買ってこようと思います。

投稿: とうちゃん | 2008年11月25日 (火) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1165 銅雀区上道洞? バイクで防疫(방역)する山の町:

« 普通の韓国を探して1164 普信閣の前 | トップページ | とうちゃんの自転車日記24 珍しい轢死体 »