« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

普通の韓国を探して1212 韓国の旅館ではよくあること

219 220

 もっとすごいの、いくらでも見ているのですが写真としてはこれしかありません。旅館やモテルにあるタイプの小型冷蔵庫、製氷室の霜がかなりたまっています。冷却機能が低下する、ということになってはいますが面倒なので「ま、いいじゃん」ということろでしょう。

 日本のビジネスホテルなんかではこんなことないですよね?でも、アメリカなんかでも田舎は適当なところがかなりありますし、「日本が特別」ということを多くの人にわかってもらいたいと思っています。

 この10年、私を含め海外旅行が一般化して誰でも気軽に、特に韓国なんかへは行けるようになりました。他の外国を知らずに韓国のいろんな欠点みたいなことを掲示板に書きこむ人が多いです。でも、「日本が特別にきちんとした国」なんですよ、たぶん。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年8月29日 (水)

すばらしい韓国の食事341 栄州のサメ

248 慶北栄州の公設市場での写真です。アーケード内であったため、写真が黄色っぽいですが、冷凍のサメ肉を見かけました。活けの小さなサメ、特にネコザメを同じ慶尚北道、浦項の竹島市場でたくさん見かけましたがここで売られていたのは大型のサメの冷凍肉です。さて、どうやって食べるのか??韓国語ができるのですから聞いてみればよかったのに、とちょっと後悔しています。

 新潟でもカスベという名のエイ、また黄色みを帯びたアカエイなど、たまに魚屋で見かけますがエイ、サメの類、わずかな臭みがあるもののさっぱりした肉質で私は好きです。ナンコツ(ひれの部分)を噛み締めて食べるのもなんか栄養になりそうで好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1211 韓国のバイク3題 チョンソン 釜山 安東

094 098 086 201

 1枚目、バイクと言っていいでしょう?4輪のバギーです。雪はそれほどでもないけど凍結しやすい韓国だからでしょうか?転倒しにくいこんなやつ、けっこう見かけます。バイク屋店頭のカタログなんかにも大小いくつか出ていますので日本よりも一般的なのでしょう。これ、チョンソン市外バスターミナル前の駐車場での1枚です。2枚目はチョンソンと甑山の間の山村ですが、こんな山の中なのでなおさら4輪が必要なのかもしれません。真ん中手前、学校が見えますね。

 2台目は釜山の総合ターミナル前。面白い格好のバイクです。なんか足元のパイプとかエンジンの熱で熱くなりそうです。あまり日本では見ないですよね?こんなの。

 4枚目は安東の駅前通り、宅配ピザ屋の配達用です。安東ってけっこう田舎なのに4台もバイクを備えたピザ屋があるなんて、すごいじゃん!って感じました。商売好きの韓国人、情報は全国共通と言ってもいいくらい速いネット社会、新しいチェーンの商売はあっという間に全国に広まります。手軽な宅配ピザ、全国どこでも定着した感じ。日本以上に売れているのかなと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

とうちゃんの自転車日記35 단강지주 松本市里山辺

007 010 023 043

 前にもちょっとアップロードした松本市の東の山すその町、里山辺の集落入口の「石を2つ並べて立てた旗竿の支柱」です。集落ごとにこれがあるようですが、私が見たのは2箇所。地元の坂下正彦先生の話に寄ればどこでもあるものだと思っていたとのことですが、私はこれを見て、「朝鮮のものだ」と直感しました。

 この松本盆地、渡来人の安曇族が住み着いた場所として有名ですが、この旗竿の支柱、韓国語では「タンガンチジュ」、このへんの詳しい地図を用意してある場所をチェック、それぞれ写真を集めて、なんて趣味、なかなか面白いと思います。いろんな話も出てきそうだし、どなたかやってみませんか?

 3枚目4枚目はツールド美ヶ原ヒルクライム大会のスタート前集合場所の様子と、スタート後のスタート地点です。1枚目の端に移っている折り畳み車で少しだけ上ってみたけどあえなく激坂手前で敗退というのは前にも書きました。車でもきついという坂道、よく上れるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1210 周王山대전사

177 176 174 173

 チュワン山シリーズの最後です。門前食堂街を全部通り抜けると左側に売票所があります。2000Wの入場料を払って2枚目のゲートを通ってお寺。まぁ、見事な岩峰の麓に行く事ができました。多くの韓国のお寺、秀吉の戦争とか韓国戦争で焼けてしまって、日本のように1000年以上も前の建築物は残っていません。うろ覚えですが一番古いのは栄州、奉化そばの山の上の浮石寺あたりだったと思います。

 このデジョンサも建物はみな新しいもの。また境内の木々も最近植えた感じのものです。お寺だけを目的に来る人よりも周王山登山に来た人が多い、そんな感じでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1209 고추(唐辛子)と 호박(かぼちゃ)

071 072 213 249

 家庭菜園なんて大げさに改まったものではなく、空き地や庭先に苗を買って来て植える、そんなの、韓国人は好きみたいです。今までもいろんな場所、いろんな作物をアップしてきました。

 1枚目、釜山地下鉄のノポドン駅です。そして2枚目がその敷地というか建物脇。何気なく、コチュ、唐辛子が植えられています。その下のひょろっと伸びたのはサムチュの一種でしょう。駅員さんの昼食用か?果たして誰が植えたのか? 日本では有り得ない公共の場の唐辛子栽培、収穫するところを見てみたかったです。

 3枚目は栄州のお宅。フェンスにカボチャを這わせています。新芽を食べたり、実も食べて、日よけにもなりそうですね。

 4枚目もやはり栄州のお宅ですがビニールの袋に土を入れてやはりコチュを育てています。右手にも大きい葉っぱのがありますが、小さいのはプッコチュ用、大きいのはコチュカル用の大きな唐辛子かなと思っています。

 5月の連休過ぎくらいに旅行するといろんな場所でこんなのの苗が売られているのを見る事ができるでしょう。別に貧しいからやっているとかではなく、手軽に新鮮な野菜が手に入れられて、また、苗が大きくなっていき、実をむすび、それが育つのを見るのが楽しいというのが目的だと思います。そんな遊び心、いいなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月27日 (月)

国普通の韓国を探して1208 鍾路3街の夜

204 205

 단성사(団成社?)という昔からの映画館の前です。シネコンに生まれ変わる前も見ているはずですがちょっと記憶にありません。割合近くの국도극장(国都劇場)は、新潟韓国教育院の조대현先生に「昔からソウルの人がたくさん通った映画館がついになくなる」という話を聞いて見に行きました。その後駐車場になって、今はホテルになったという話です。ここは一時休館してたくさんのスクリーンを持つシネコンとして生まれ変わって生き残ったのでしょう。このへんから忠武路へかけて、映画館がいくつもある街ですね。

 2枚目は北へ入ったあたり。食堂の前にテーブルを出して営業中。まさに普通の韓国の夏の風景です。こういうところで飲み食いしたいのですがなかなか1人では入れません。

映画館の名前、間違っていたので訂正しました。国都劇場でした。ごめんなさい。 今のホテルにもその名が付いています。その意味を知る日本人はほとんどいないでしょうけど、韓国人にとっては「国都」という名前はとても懐かしく有名なのでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1207 国立公園주왕산

168 169 171 170 172

 周王山おまえもか、という感じの食堂街、やっと終わります。有名な岩峰の他にもなかなか見事な岩があります。

 2枚目は菊花石というのかな?化石を磨いて土産用に売っています。ちょっとこれも日本人ウケしない感じですが韓国のおじいちゃんなんかは好きそうな趣味かもしれません。

 3枚目は入場券。昔はこういうの、記念にと大事にとっておきましたが最近大量の汽車の切符とともに捨てました。思い出は心の中に、というところです。

 4,5枚目はお寺。やっと念願の場所に来る事ができました。韓国の観光、登山関係の本、かなり集めていますがどこもこういう感じなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

普通の韓国を探して1206 いい意味でのケンチャナヨ

224 222 003

 1枚目、木浦済州航路の高速船コンチネンタル号ですが、2階席へ上がってみたら操舵室、ドアを開けっ放しでした。2枚目の写真にある珍島大橋の付近だけ速度を落として2階外部甲板に出ていいというサービスのときのものですが、안녕하세요?と挨拶すれば入っていけそうですし、もしかしたら操縦させてくれそう、韓国ってそんなところがあります。日本だったらたぶん無理でしょうし、開けっ放しはないと思います。他の客に見つかったら投書でも行ってしまいそう。でも、韓国では飛行機でもこの開けっ放し飛行、見た事があります。「これくらい大丈夫大丈夫」という懐の広さというか気持ちの広さ、よく「広い気持ちで」という言葉も韓国では聞かれますが、そんな、いい意味での「ケンチャナヨ」に出会うと嬉しくなりますね。

 3枚目は新潟空港の搭乗待合室。KE764便の機長さんと副機長の人の荷物です。副機長が機長に「ちょっとウンコしてきます」と言ったらば機長も「おう、じゃ、俺も行っておこう。カッチカジャ」と言ってカバンを置いて化粧室へ行きました。正確にはわかりませんが、日本の航空会社だと乗務前の規則だのいろいろうるさくありそうで、たぶんこんな風景も見られないのではないかと思います。しばらくして戻った2人、きっとスッキリ操縦できたことでしょう。別に出国後だから盗られる心配も無いし、出そうなときにはしておく、というのは私も原則にしていること。でも、いかにも素直な韓国人らしいなと感じた一件でした。飛行中お腹が痛くなったら困りますからね、いい意味でのケンチャナヨでしょう、これも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1205 周王山国立公園

163 164 165 166 167

 食堂の他に、山で採れた産物の店なんかもあります。1枚目、特筆すべきはたくさん置いてあるトングルレ。空港のエギョンデパート売店なんかでもよく買っていた「トングルレ茶」の材料でしょう。ウコンのような茶色い根っこです。そして、それを中央の機械で加熱、炒ってあの香ばしい匂いを出しているのでした。日本人以上に山菜だの韓方だの、そんな「身体にいい(モメチョッタ)食品」が好きな韓国らしい店です。

 またも韓国らしいといえば、このコーヒーの自動販売機。値段は確認しませんでしたがこんな場所にまであるとは、と思いました。案外よく売れる場所なのかもしれません。

 3,4,5枚目はまだまだ続く観光客、登山客相手の食堂。例の狭義の「周王山」だと思っていた岩峰がだんだん山らしく見えてきました。10年以上前から来たかった場所ですが、こんなに食堂があるとは思いもしなかったチュワン山です。さすが韓国です。

残る行きたい場所のひとつ、清涼山清涼寺というのがあるのですが、まさかあそこも??なんて思っています。すごい山の中なのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

普通の韓国を探して1204 龍山 Iパーク

278 272 280

 龍山駅は3階か4階か、かなり高い場所にあります。駅入口の脇の階段の写真を前にアップしましたがそこを上がってみたら、屋外ステージのある広場に出ました。なかなか立派でカッコいい施設、場所なのですが、人がほとんどいません。3枚目はアイパークデパートのロクシタン売り場。デパートの中も何度か行っていますがこちらもいつもすいています。

 店が多すぎ、店舗というかテナントも多すぎ、ビルも作りすぎ、アパートも作りすぎではないかと思うのですが何故かはじけない韓国の不動産価格です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1203 チュワン山への道

156 157 160 161 162

 参道は道なりに左へ曲がり、川に沿って続きます。1枚目、立派な看板がありましたが「周王山国立公園」なのでした。日本ではあまり知られていませんが、韓国では有名な場所なのでしょう。しかしおおらかな韓国、飲食店、土産品店は続きます。道が狭くなってきた分、なおさら食堂だらけという感じが強くなります。

 3枚目にありますが沢の水を噴水のように使って涼を呼ぶ仕掛け、韓国の夏、あちこちで見られます。大阪だので水を霧状に噴出させて涼しくする方法がテストされているとか聞きましたが、まぁ、これも、涼しく見えるし実際の効果もあるようでした。

 しかしこんなに並ぶ食堂、メニューはみな似たようなものです。リピーターとかは期待できない山奥の観光地ですので、アジュマたちの呼び込みの声はいやがおうにも高くなります。一人で大きなカバンをかついで歩くアジョシ、ちょっと変わったやつだと思われたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

とうちゃんの自転車日記34 新津の朝日 芭蕉塔

003  旧新津市の朝日という集落です。有名な観音様があるのですが道が狭いため、行ったことがありませんでした。自転車ならすいすい走れますので、行ってみました。これはその手前の小さな三叉路にあった芭蕉塔。奥の細道で新潟を旅したときの俳句の関係なのかな?と思います。当然朝日の観音堂にも参詣したのでしょうし、このへん、新津丘陵の麓に沿って加茂まで続く昔からの道を通ったのかもしれませんね。

 しかし、今気付いたのだけど、岩室とか弥彦へ行くための旧道もあったはず。となるとこの芭蕉塔、何なのだろう? また行って確かめないといけません。 ともかく、自転車、いいもんです。どこでも行けます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

普通の韓国を探して1202 주왕산 가는 길

150 151 155 158 159

 

 すでに何度か書いていますが、韓国人、登山と酒が切り離せないのかもしれません。名山の登山口には必ず名物を出す食堂がありお昼前にもなればすでに登山して降りてきた人たちが焼酎でサムギョプサルだの豆腐料理を食べていたりします。憧れの周王山もやはりそうでした。 人が集まる=商売に好適ってわけでしょうが、なんか日本人の感覚と違う感じ。いろんな規制が緩やかなのかもしれません。まぁ、日本の感覚が世界の感覚ってわけでも無いのですが。このへん私も「韓国は似ているのだから日本と一緒で当然」なんていうような大勢押しかけて好きな事言って観光する日本人の感覚を持っているのは否定できません。

 1枚目、ターミナルから一番近い「身土不二食堂」、신토불이という言葉、昔から韓国ではしばしば使われる言葉です。「식사됩니다(食事できます)」という看板の文句もこれはソウルでも、食堂ならどこでもといっていいくらいに掲げてある言葉です。「トドククイ定食」は山里ならでは、でも、韓国、どこの山里でもあります。ツルニンジンという茶色い根っこを皮剥いて叩いてほぐして焼いて食うやつ。元気が出る強精食とされています。

 2枚目、前にヤマイモのジュースで紹介した青松農特産物販売場(청송농특산물판매장)、直売場とか直販場とかいう店の名前もしばしば見かける言葉です。

 3枚目、例の岩峰が近づいてきたため、高く見える感じになってきました。道の反対側にあるその名も「土産物食堂(토산물식당)」。日本語で言う「土産物」という意味以上に「その土地で採れたもの」という意味があるのかもしれません。日本語の「土産(みやげ)」はどっちかといえば韓国語では「선물(膳物)」に相当する感じですから。「団体歓迎」という看板もあちこちで見かける飲食店の看板のキマリ文句です。

 4枚目は来た道をふりかえっての一枚。だんだん谷が狭くなり準清流という感じの川に沿った道になります。それが5枚目です。

 さて、やっと深山らしい道になるのかな?と思っていましたが、違っていました。やはりここは韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1201 鎮川市外バスターミナルの地下部分

079  大きくは無いけれど割合新しい忠北鎮川のターミナルです。並川へスンデクッパプを食べに行ったときのものですが、地下部分があります。

 名著だけど韓国の人には申し訳なくて見せにくい(実際韓国をバカにしている、と怒られたことあり)「ディープコリア」に、温陽(牙山)のターミナルの地下のナイトのことが出ていましたけど、ここも地下になんかあったみたいですが、今は空き家でした。上のほう、「マート(マトゥ)」という看板があるのでスーパーだったのかな?階段の手すり、ちょっと不連続な感じで、でも、それなりにカッコつけている感じです。

 韓国、新聞の経済ページを見ると常にあちこちのテナントビルの入居募集広告がありますが、あちこち行ってみると空き家率がひどいところでは70%という感じだったりします。確かに独立好き、商売好きの韓国人ですが、それなりに資本もいるのだし、最近の不景気、出生率の減少、、、絶対テナントは余ります。小規模自営業者として、どうも、韓国、わからない部分、まだまだありますねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1200 周王山バス停留場から

148 147 152 153 154

 釜山、テグ、永川、安東、そんなところからのバスがあるのでしょう。割合立派なバスの停留場があり、そこで下車です。1枚目、その裏からの写真です。しかし釜山からの市外バス。多くのお客さんは永川で降りてしまい。その後乗ってくる人も区間乗車ばかり。釜山から通しでずっと乗っていたのは私ひとりでしたし、青松の小さなターミナルでお客さんを下ろした後、チュワン山への田舎道では最後は私だけになりました。そうなると運転技士さんと世間話です。やはり休みの日以外はすいていて、また最近は自家用車と山岳会の登山バスの人が多いとのことでした。

 2枚目、いろんな本で見たあの「山」の字型の岩峰があります。思ったとおり尾根の端がちょっと盛り上がって岩のピークになっているようで、本とかの写真と比べるとちょっとガックリです。でも、本の写真のように見える場所まで行ってみることにしました。バスターミナルの裏は食堂があります。まぁ、そうだろうな、とは思っていましたが、これがまだまだ序の口なのでした。「周王山観光食堂」と「身土不二食堂」ですね。주왕산관광식당, 신토불이식당、これくらいは打てます。

 3枚目、中くらいの巾の川があり、緑がきれいです。「上宜野営場」とあります。4枚目もそちら側。キャンプ場の化粧室か、はたまた日本でよくあるような炊事場かな?5枚目は「周王山事務所」とあります。国立公園だか国定公園ですので、その事務所なのでしょう。あの岩峰、けっこうやはり大きくて距離がありそうです。でも、念願の場所、荷物抱えて歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

普通の韓国を探して1199 컴퓨터자수(コンピュータ刺繍)「마크나라(マークナラ)」

199  東大門市場、清渓川路の高架道路と歩道橋があったあたりの南側、ワッペンとかタグ、ラベルなどをコンピュータと自動ミシンで作る店がいくつか並んでいます。原本を持ち込めばそれを読み取って自動制御のミシンであっという間に作ってしまう、そんな店のようで一度に10枚以上、同じ図柄の刺繍を機械がやっているのは見事でした。

 韓国でも商標、商標法はちゃんと規制があるのでしょうが、たぶんここ、どんなものでも作ってもらえると思います。ただ、1枚とかは無理でしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1198 悲しきかな貧乏性 こんな失敗、私だけ?

053  「こんな失敗、私だけ?」というシリーズを考えて、いくつかメモをしていたのですが、とりあえず一つ。

 これ、某所のモテルの一室の朝の様子なのですが、焼酎のビンがあるでしょう? ノンべの私のこと、夜は夕食のときにマッコルリ1本か焼酎1本。そして宿に帰るときに焼酎1本とビール1本と翌朝用のポカリかロッテ2%(イプロ)をコンビニかシュポで買って行きます。宿に着くと冷蔵庫にその飲み物を入れてから、浴槽にお湯を貯め始め、テレビをつけて待ち、入浴タイム。風呂から上がったらまずはビールでテレビ、大抵はニュースで聞き取り練習です。

 缶ビール1本(レギュラー缶)を飲んだらば、次は焼酎。外ではあの小さいソジュジャンですが宿ではたいていこんな機械があるか、冷蔵庫にコンチャ(無料)の水があるので、50:50の水割りでちびちび。半分か3分の2本くらいで眠くなり就寝、というパターンが多いです。

 さて、いよいよ失敗の話なのですが、この、前夜に飲みきれなかった焼酎、5時頃に起きて、「もったいない」なんて思って、また水割りにして飲んでしまうことがあるのです。栓をしてその晩のために持ち歩くのも面倒だし、かといって「酒の1滴は血の1滴」なんて言葉があるかどうかはわかりませんが捨てるのもノンベの神様にすまないし。車を運転する事は無いのだし。気楽な1人旅だし。どうせ飲むなら早いうち。なんて思いながら水割りにして飲んでしまうんです。 皆さん、韓国でこんなこと、ありません???

 てなわけで5時台に3分の1本の焼酎を飲んで、またごろごろしながらテレビ。あの6時前後の愛国歌&韓国のいい場所、いい点、いい文化のご挨拶を「いいなぁ」と思いながらほろ酔い気分で見て、また朝のシャワー。前夜決めた行き先へのバス、もしくは汽車に乗るためにターミナルか駅へ7時前に出発。そんなのが多いパターンなのですが、この朝の「もったいないから飲んじゃった焼酎」、案外すきっ腹のせいか、効いてしまうんです。

 バスに乗る前にやはり朝飯、、、なんて思ってもなんだか食欲が出ず、結局水だけ買って飲みながら移動開始してしまったり。そうなると軽く乗り物にも酔う感じになるのか、目的地にお昼前に到着してさて、しっかり食うぞ、と思ってもやっぱりまだ食欲が湧かなかったり、、、 結局早朝の「もったいない焼酎」のために半日以上、元気がなくなってしまうことがあります。

 いい旅行のためには「決まった時間にしっかり食事」が大事、と前にここでも書きましたが、「早朝の『もったいないから』と言って飲んでしまう瓶に残った焼酎」をやらないことも同じくらい大事だと思う今日この頃です。 こんな失敗、ホントに皆さん、したことないですか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

普通の韓国を探して1197 추자도(チュジャ島)

257 258 259

 목포항 연안여객선터미널을 8시에 출발한 고속선 콩티넨탈호는 진도 벽파포를

경유하고 나서  추자군도 상추자항에 도착. 이사진은 그 상추자항 주변의 풍경이다.

절해의 고도 라는 말 한국어중에 있어요?  그렇지만 생각보다 큰 어항이었다.

 間違い、おかしなとこ、目をつぶってください。 木浦を出たコンチネンタル号、珍島の碧波(ビョクパ、カッコいい地名ですね)港に寄った後、チュジャ群島の上チュジャ港に到着しました。その上チュジャ港の風景です。絶海の孤島という言葉、韓国語にあるのかな?でも、思ったより大きな港でした。

 韓国を訪れる日本人、年間200万だか250万とか言いますが、ここまで来る人はかなり少ないことでしょう。訪れるとすれば磯釣りのファンが考えられます。韓国語の広告でも「ナクシ天国」という文字がしばしば見かけられました。 前に紹介した岩だらけの島々など、たくさん大物が釣れそうです。

 と思ったらこの3枚、7月14日にアップしていましたね。でも、せっかく韓国語を入力したのでこのままにしときます。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

普通の韓国を探して1196 新林駅前

382 383

 2号線新林(신림)駅前の交差点です。雨の朝で、皆傘をさしているのでよけいにそう見えるのかもしれませんが、向かい側の歩道を駅に向かって歩く人がたくさんいました。多くはむこうに停まっている緑色のバスから降りてきた人たちのようです。

 この道の先、主にバスやマウルバスの走る地域、相当たくさんの人が住んでいて、バスでここまで来て、地下鉄に乗り換えて学校や勤務先に通うのでしょう。ソウルの交通機関、一定時間内であれば乗り換え割引がすごくあります。皆それぞれいろんな交通機関をうまく利用して通勤通学しているのではないかなと思います。

 2枚目は1枚目の写真の撮影場所。歩道のブロックが1つだけぼこっと陥没していました。危ないといえば危ない。でも、ま、ケンチャナヨというところです。視覚障がい者の方にはちょっと問題かもしれませんが、ソウルではよくある状態かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1195 光州 松汀里駅前の裏通り

017_2  9・23特別法の効果でしょうか?前にも少しアップしましたがソンジョン里駅前の広い通りに並行する裏通りです。

 こういうコルモク、韓国の良い点とはいえないかもしれませんが、日本だって全国各地にそういう風俗はたくさん。どっちが悪いなんて言えません。ほとんど全部が空き家になってしまっていますが、こういう場所がなくなってしまうのも、正直ちょっと寂しい気持ちがします。そう思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事340 軽食の露店

286

 ソウルの地下鉄2号線、江辺駅前の東ソウルターミナル前です。緑の表示が2号線の駅であることを示しています。

 何度か食べていますが、たくさんの人が集まる大きなバスターミナルの前、こんな露店というか屋台がいくつかありますし、北のほうには屋台がもっとぎっしり並ぶ一角もあります。これもポジャンマチャというのか?それとも酒を出さない軽食だから言わないのか?わかりませんが、けっこういつもお客さんが入っています。

 縦の文字は上の白抜きが「冷」で、コンククスとヨルムククス。夏の季節メニューですね。前者は豆乳素麺みたいなもの、後者はヨルムキムチの汁でいただく素麺みたいな細目の麺です。 横書きのメニューは、上からウドン、キムパプ、オデン、スンデ、ティギムポムボク、チャンチククス、トッポッキとあります。

 ティギムは天麩羅ふうの揚げ物ですが、ポムボクはなんだろう?と小学館の辞書を見たら「あれこれ」、「いろいろ」とありました。勉強になりましたね。

 生ものは無いですが、水道もたぶんありません。非衛生的といえばそうですが、誰もここで食べてお腹をこわす人はいないでしょう。人間、そんな無菌的なものではありません。昔は目立たなかったアトピーが現在こんなに問題になっているのは「きれいにし過ぎたためだ」という説には賛同する私です。誰のお腹の中、口の中だって暖かくて湿っていれば細菌だらけだし、乾いた皮膚の表面にだってそういう場所を好む細菌が住み、適切なpHを保つのに働いているわけですし、あまりそういうことを気にしすぎるのは精神的にマイナスです。韓国にも絶対こういう店では食べないというサモニムもいることはいますが普通の人は当たり前に屋台で軽食。そんなのは気楽で良い点のひとつでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

とうちゃんの自転車日記33 お盆休みでした

005  12日から16日まで、お盆休みでした。全国的に猛暑が続き、新潟も暑かったですが、雨が降った日は一日も無く、けっこう自転車、乗ることができました。初めてのロードレーサー、最初はブレーキの位置にとまどいましたし、後輪のラチェット音というのでしょうか?こがないでいるときのカチカチいう音の大きさにエネルギーの無駄遣いではないかと思いましたが、やはりよく走ります。向かい風とかでなければ30キロ台での巡航が可能ですし、40キロもちょっとがんばって回せばオーバーします。しばらくはこのまま、いじらずにたくさん乗るつもりです。

 熱中症予防のため、水の補給をこまめにしながら乗っていたせいか?それとも単に家にいてたくさん食べたせいか、体重はこの5日で増加気味です。涼しくなったらたくさん乗って、さらなるダイエットを心がけるつもりです。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1194 東ソウル市外バスターミナル

024 023 026 028

 ソウルでは旧市内に宿を取ることが多い私ですので江南のセントラルシティの高速バスターミナルよりもこの江辺駅前、東ソウルターミナルを利用することが多いです。しかしこの時は失敗。旅慣れたつもりで高速バスターミナルに行くのが面倒で東ソウルからの海雲台行きに乗ってしまいました。時間はちょうど良かったのですがウルサン経由のこのバス、釜山行きとはいえ、また、高速道路を走るとはいえ、やはり普通の高速バスで釜山へ行ったほうが早かったようです。

 1枚目、売票所の様子。一見、行き先別になっているようにも見えますがどこの窓口でも全部の行き先のが買えます。夕方の混み合う時間です。

 2枚目、手荷物取扱所とあります。「アヌンキルドムロガラ(知っている道でも聞いて行け)」の韓国、40くらいもの乗り場があるターミナルですので、ここらのアジョシにどこどこ行きは何番ですか?と聞いて行くだけの場所かと思ったら、そんな表示がありました。

 行き先の地名はたくさん、主に慶北方面のよう。上から原州、堤川、栄州、豊基、古汗、太白、ウルジン、白岩、丹陽、救仁寺、寧越、亀尾、奉化、春陽、シジ(?)、慶山とあります。どこがどこだかわからない「シジ」以外は皆行ったことのある場所。思うに、宅配便が発達する以前から、地方バスターミナルまでの荷物の配達、韓国ではあったようです。たとえば、これを栄州のバスターミナルまで、と荷物だけ頼めるのです。電話で連絡を取って、相手は栄州なら栄州のターミナルまでハンコでも持って受け取りに行く、そんなシステムです。思えば92年の初韓国での済州島の緩行バスでもおばぁちゃんが荷物だけを乗っけて、運転手さんに頼んで、とかいう風景を見ています。荷物用の乗車券というか、料金支払いの切符もあるのかもしれませんね。

 3枚目はとある乗り場、北のほう、部隊が多い方面へ行くのかな?と思ったらそのとおり、前に行ってみたサチャンリも行き先にあります。その他、漢字がわかりませんがワスリ、タモクリ、サンヤンリ、とあります。ほとんどの客が若い軍人でした。

 4枚目はその海雲台行き。目的地が釜山の海雲台だったのですが、普通に高速バスで行ったほうが早くつけたようです。でも、またウルサンに行けたので良かった、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

普通の韓国を探して1193 ずっと前から行きたかった周旺(周王)山

174  慶尚北道、青松というあたりの山、周王山(주왕산)です。一部、日本のガイドブックにも出ていますし韓国の国内観光の本や登山関係の本でも有名な山です。この写真、見事な岩峰ですが、多分、これがチュワンサンではないだろうな、とは思っていました。実際行ってみたら、やはりそのとおり、お寺の裏山です。

 ただ、もうひとつ、意外だったのが、ここへ行くまでの道。お盆開けにでもシリーズでアップしますのでお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記32 またちょっとだけ

015  やはり新車は嬉しいものです。お盆休み、たくさん乗ります。暑いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1192 インチョン空港あれこれ

557 016 014

 いつも空港には早めに行って早めに大きな荷物をチェックインして預けてしまいます。空港でも顔見知りの人はいますし、どうにでも楽しめますので。

 1枚目、空港の搭乗口、入って右のほう、ずっと突き当りまで行ってみました。一番東の端です。当然、1番搭乗口があるのかと思っていましたが、このい6.7番が国際線庁舎の一番はしでした。1~5番は仁川空港からの国内線用の乗り場なのかなとも思います。

 2枚目は建設工事中の新しいターミナル。地下鉄で結ばれるのかなと思いますが今のターミナルの北に同じくらいの規模のターミナルができるようです。もともと島と島の間の埋立地ですので広さには恵まれているのでしょう。

 3枚目は今年から取り替えた私の時計。気圧計がついていて、それで高度計の役目もするというものです。飛行機の中での写真ですが与圧されているとはいえ、かなり気圧が低い状態です。日頃は1014から995くらいの間を行ったり来たりしている数値がえらく低い値で、ちょっと嬉しかったです。地上の7~80%の気圧で保たれているのでしょう。案外空気が薄いもんだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

とうちゃんの自転車日記31 ちょっとだけ

009  新しい自転車を買いました。ちょっと気張って中級レーサーです。たくさん乗るつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1191 韓国の働くオートバイ2

430 433 434 439 440

 大きいやつ、小さいヤツ、それぞれバリバリ荷物を運ぶ韓国のバイクです。4,5枚目は南大門市場。ご存知の方もおられるでしょうが真ん中辺の地下に生鮮市場があります。車が入れない急な濡れた坂道をバイクが通ります。日本だったら「危ないからやめておこうよ」なんて話になりそうな道でも韓国の働くオートバイ、後輪をスリップさせながらもなんとか上って行きます。「ハミョンデンダ(やればできる)」という精神でなんでもやってしまう韓国の美点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事339 南大門市場 サービスのいいトースト露店

288 287

 最近、ちょっとお腹がすいたときの軽食としてトースト、愛用しています。前にも書いたように甘くしないでケチャップでと頼めば好みの味になることがわかりましたから。もっとも、韓国のケチャップ自体が日本のものよりもかなり甘いので、その分はしょうがありませんけど。

 さて、このトースト、前は1000Wとか1200Wだったのですが最近は1500Wがソウルでは主流のように思えます。でも、出来合いの冷凍の具を使ったり、2000Wのとこもあったり、多少不満を感じる店もあったりするのですが、最近、いい店を見つけました。

 場所は南大門市場。ロッテから韓国銀行前、南大門と続く大通りの角で、夜になるとポジャンマチャの出る割合広めの道の入口です。名家眼鏡百貨店のすぐ前の角と言えばわかりやすいかもしれません。元気なアジュマがやっている店で値段は1500W。でも、2枚目の写真でもわかるように、中に挟むオムレツ(?)のボリュームがあり、韓国人にも人気の店のようです。

 私も節約好きの日本人、大抵は自前の水を飲みながらだったりしますが、サービスでヤクルトをくれたこともあります。韓国人は1500Wくらいの飲み物も頼んで計算は3000Wなんてのが多い感じです。あちこちで食べていますがここ、一番好きなトースト屋台です。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 9日 (木)

普通の韓国を探して1190 スユ里の繁華街を歩く5

069 070 071 073

 1枚目から3枚目は西の端、また大通りに出る手前のあたり。4枚目は議政府へ行く大きな道沿いです。それぞれ懐かしい場所です。数年前に流行った、今でもありますがマクチャンクイの発祥の地という説もあるスユリ。何でもあるソウルの大きな繁華街の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1189 ソウルの働くオートバイ

425 426_2 427 428 189

 今までも何度かアップしてきました。ソウルの働くオートバイ、改造程度にも差がありますし、それぞれ見ていて面白く感じます。2枚目と5枚目が外車かな??こういう写真、たくさん撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

普通の韓国を探して1188 水を使用しない小便器

081 082

 釜山のノポドン、釜山総合バスターミナルの男性用化粧室です。 市外バスや高速バスに乗る前はやはりトイレへ行っておきます。3時間以上の路線では途中の休憩所での休みがあることが多いですが、体調を保つため、ミネラルウォーターもけっこう飲むので乗る前のオシッコ、習慣になっています。

 1枚目がその男性用のトイレなのですが、なんと便器の目の前に2枚目のような表示がありました。

 「絶対水で掃除しないでください!」

 「この小便器は水を使用しない小便器です」

 「この小便器は年間140トン以上の水を節約します」

 「でも、臭いは発生しません」

 「そして、どんな小便器よりも、より清潔で衛生的です」

 「ウォーターフリーコリア」+HP주소

 とあります。

 ソウルの地下鉄、乗降門の脇の広告のところに挟んである広告ビラで「世界最初! 燃料を必要とせず電力を供給できるシステムの販売代理店大募集」なんていう、誰が考えてもこれは有り得ないとわかるような広告を見かけましたが、水を使用せずに清潔が保てて臭いも無く、、、というとかなりいいんじゃない?!って思いました。実際問題となるような悪臭は無く、水も流れません。 もしかしたら韓国の画期的大発明かも?と思いました。本当であれば今後どんどん普及するものと思われますが、しばらく観察を続けたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事338 私が韓国で食べた中で一番のテジカルビ

148 140 143 145 147 149

 泰陵洞(태릉동)の「참만나(チャムマンナ)」という店です。泰陵入口駅すぐそばの大きな焼肉の店ですが、何度か書いているようにたれが日本人には甘すぎる店が多い韓国で、最も美味しいと思ったテジカルビを食べました。

 インチョン空港で偶然会った知人、全く韓国に来ることも知らず、到着出口で懐かしい顔に出くわしたのですが、時間があるならソウルの昼飯を一緒に、ということで連れて行ってもらいました。店名の「チャムマンナ」、私の語学力ではよくわかりませんが「よくもまぁ会えた」という意味の釜山サトゥリでしょうか?実際、私が旅行途中でインチョン空港へ行ったなんてのも初めてのことだし、すごい偶然でしたので、そんなふうに考えています。

 1枚目、入口の様子、2枚目がおかず、3枚目焼き始め、4、5枚目が焼けて食べるところです。食いしん坊の私、ここ20年、日本全国、及び韓国全土を食べ歩いていますが、その中で出会った「思い浮かべただけで唾液が湧き出るメニュー」の一つです。

 日本語は通じませんし、ちょっとソウルの中心部からは離れてしまいますが、ここより美味しいテジカルビ、もしかしたらもう出会うことが無いかも?と思う、そんな店です。

 新たに写真を追加したらトップになってしまいました。酸っぱすぎないタマネギのムチムがとてもよく合います。テヌンイプクの「チャムマンナ」、絶対お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1187 スユ里の繁華街を歩く4

064 065 066 067 068

 3,4枚目の写真がこのスユリの繁華街の真ん中にある江北区庁です。議政府へ向かう大通りからは西側1本裏手ですが、正面への道もあります。 今回紹介しているスユリ南西側の繁華街、昨日の写真のあたりから北へ向かうとこの江北区庁の前に出ます。

 なんでもごっちゃな韓国、大繁華街とモテル街の中に区役所があり、夜11時過ぎでも子供服含め街や公園が人だらけというのには最初はびっくりしました。

 よく観光掲示板で「明洞でスンドゥブは食べられますか?」だの、「やはり刺身はノリャンジンでしょうか?」、「どこそこにチムジルバンはありますか?」だのいう質問だの、「どこそこで何何を食べてきました」なんて報告だのがありますが、焼肉、ホルモン、韓食一般、韓式中華、日本式居酒屋、日本式トンカス、カラオケ、プデチゲ、ヘムルタン、アクチム、カンジャンケジャン、コッケタンにコッケチム、遊興酒店、按摩、サウナにチムジルパン、ナイトクラブ、、、みんなごく当たり前にどこの繁華街でもあるものだと思っています。そんなくらいにソウル、店がたくさんあるのです。

 5枚目は区庁の先のほう。この先、大きな道を渡った先にもスユリ「モクチャコルモク」が広がっています。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年8月 6日 (月)

とうちゃんの自転車日記30 松浜の池3

029 030 018 032 031

 海岸の砂地にある不思議な松浜の池。最初に水辺まで行った場所を離れ、新井郷川の河口方面へ向かいました。ニセアカシアの林の中に通じる道があったので自転車で進入。でも、砂にハンドルを取られ走行不能で軽く転倒。砂地でしたので怪我は無く、自転車を置いて海に出てみました。松浜の池、ちょっと離れましたが全景を望むことができました。降雨量というか川の水量により大きさが変わるようで、また、徐々に形も変化しているとのことです。 また訪れてみたいと思っています。

 3枚目は阿賀野川の河口にあった看板。モクズガニ、韓国ではチャムケ、中国では上海蟹、皆近縁の川蟹ですが、新潟でも秋から冬、けっこう収穫があるようです。殻が非常に堅いけど味はワタリガニ、イシガニ系、美味しい蟹です。やはり勝手に捕ってはいけないようです。このへん、まだ今頃は小さいけれど秋口になるとマハゼがたくさん釣れます。ハゼの天麩羅、美味しいですよね。

 4枚目は新井郷側の河口近く。三菱ガス化学の工場などがあります。高校時代の友人が視察に来たときの話では日本では唯一の原料から製品まで一貫して扱う化学工場だとか。周辺にはそういう仕事の人のための旅館もある地域です。

 5枚目は米菓工場の入口にあった「ばかうけ稲荷」。オマケです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1186 麻浦のあたり

296 304 305 309

 麻浦、漢江の港町だったという話です。江原道方面からの材木、農産物が着く港でもあるし、江華方面からの海産物、塩辛が着く港でもあり、朝鮮時代から栄えた場所だとのこと。今でも美味しい食堂があると言われていますが最初にブレイクしたのは「チュムルロッ」という日本の焼肉に近いタイプの牛の焼肉でしょう。90年代から有名でした。それと、最近人気のテジカルビ、ソグムクイ。有名店以外にも美味しい店はたくさんあることと思います。そんな麻浦もでも、再開発でアパートの多い街になってきています。

 1枚目は前にアップしたソルロンタンの「マポオク(麻浦屋)」へ行く途中の道、日本語を併記した看板の「マポナルト(ナルト=渡し場)」という居酒屋です。駅名にある「クヮンナル」とか「ヨウィナル」の「ナル」も渡し舟のある場所という意味です。

 2,3,4枚めは朝食を取って麻浦駅へ戻る途中です。昔からの店とその背景には高層アパート。ソウルでは普通の風景です。4枚目、この柄の服、この春流行ったみたいです。案外単色、それも黒が多い韓国人の服装の中で、けっこう目立っていました。もう少しで麻浦駅というあたりでの1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1185 スユ里の繁華街を歩く3

058 060 061 062 063

 スユリの写真が続きます。これがスユ里の4分の1だと思っていただければいいと思います。日本より国土も狭く、人口も少ない韓国。でも、人口の4分の1がソウルに集中しているとのこと。それにしてもこんなにたくさん店があって、ちゃんとお客が入っているのか?なんて心配してしまうのは自営業の習慣かもしれません。夕方の早めの時間、まだ人は出てきていない時間。飲み屋は開いていない時間ですが、ソウルの街のパワーを感じるでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

普通の韓国を探して1184 このごろ都で流行るもの

320 321

 ブルドックソースが外国のファンド会社に乗っ取られそうになったニュースは耳新しいですが、韓国でも何度か書いているように日本のソースの人気が上がってきているようです。

 これは大林洞の食堂ですが、焼きそばにお好み焼き。まぁお好み焼きは似た様な粉モノ文化がありましたから昔からぼちぼち見かけられましたが最近ソウルの焼きそばの話をあちこちで聞きますし、目にもします。

 ガラスに貼ってある文句、「日本オタフク技術提携」というのは、「オタフクソースを使ってるよ」ということでしょうが、日本のソース文化、今後も韓国への流入は続くことでしょう。A1ソースとか、リーペリンソース、昔から韓国でもありましたが、辛くて、あんまり美味しくないなと私も思っていましたから。 このへん、似た嗜好を持つ両国であることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1183 教保生命ビル入口

402

 ソウルのど真ん中、光化門サゴリに面する教育保険の会社、교보생명のビルの正面入口です。たぶん高給取りであろう会社員がたくさん外へ出てきて煙草を吸っています。日本と競い合うように禁煙化が進んだ韓国社会。最近は韓国が一歩リード、でも、事実上はケンチャナヨの部分もかなりあり、というところでしょう。携帯灰皿を持つ人もいれば、踏んで消して中へ持ち帰ってゴミ箱へという人もいました。ケンチャナヨだからうまくいく、という部分も多いのだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記29 松浜の池 2

025 024 026 027 028

 堤防の上から海側に飛び降り、踏み跡をたどって岸まで行ってみました。長ズボンが推奨される道です。部分的には護岸になっています。2枚目の写真のように水はきれいで、植物がたくさん。浮いているのはヒシ(菱=ミツビシのマークのひし)、水中には金魚の草であるマツモが群生しています。また魚影もかなり豊富なようで、明らかに淡水魚です。

 今思えばなめてみればよかったのですが、草も、明らかに淡水のものですので間違いないでしょう。また、水面近くには多くのトンボが飛んでいます。細い緑の胴体で黒い羽でヒラヒラ飛ぶやつ、ハグロトンボでしたっけ。久々に見ました。

 すぐ裏は住宅街、すぐ前は日本海。そんな場所にこんな自然のままの池がある、不思議に感じませんか?

 昨日書いた山の伏流水の話はどうやら間違いのよう。いくつか検索してみたら、やはり阿賀野川の流れの変化で割合新しい時期にできた池だという話です。しかし貴重な環境というか、奇跡的な自然であることは明らかです。大事にしないといけません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1182 スユ里の繁華街を歩く2

054 055 056 057

 スユ駅前の交差点から西への道を進みます。1枚目、大きな写真入りの看板。わかりやすいといえばわかりやすい看板です。食に賭ける韓国人の意欲が伺われる感じです。メニューは、左上からヘムルタン、プグォチム(干したスケソウダラをまた煮込んだもの)、セウティギム(海老のてんぷら)、モシチョゲタン(モシチョゲという丸っこい貝のスープ)、ナクチチム、トンテチゲ、アルタン。下段左からヘムルパジョン、ヨンオフェトッパプ(トロサーモン丼)、チョギメウンタン(イシモチのメウンタン)、センクルフェ(生牡蠣)、ホンハプタン(ムラサキイガイのスープ)、ヘムルチム、コドゥンオクイ(焼き鯖)。みなポジャンマチャにありそうな、韓国人が好きな酒のアテですね。

 2枚目、1本裏手の通りはモテル街。何度かこのへんに泊まっていますが、いくらでもあります。新しいモテルは古めの観光ホテルよりも安くていいなぁ、というのを気付かせてくれたのもこのスユリの宿でした。

 3枚目、4枚目、とにかくビルというビル、飲食店と、あとはカラオケです。よく働き、よく食べ、よく飲み、よく遊ぶ韓国人を象徴している街でしょう。ここまで打って、アップロードです。

 3枚目の大きな看板はカラオケ。1Fには有名チェーン店のノルブプデチゲが入っています。夏でも鍋で焼酎というのが韓国です。

 昔、医院の旅行でスタッフを連れて行ったとき、知り合いがいた仁寺洞のスド薬局そば、「ナサルドンコヒャン(私が住んでいた田舎、有名な童謡の題でもあります)」という民族酒店で、適当に肴をと頼んだらば出てきたのが2,3人用のテンジャンチゲ、そして果物の大皿に、コルベンイムチムでした。ちょっとびっくり。皆で一つの鍋の味噌汁をつつきながら飲むのです。また酸っぱいもの、チョコチュジャンが苦手な私はサービスで出てきたコルベンイムチム、もろにチョジャンの味でしたので食べられず、申し訳なかったです。所変われば、と言いますが、やはり外国、って感じた一件です。プデチゲも何度か報告しているカムジャタン同様、安くて皆で楽しく食べられる料理の代表です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

とうちゃんの自転車日記28 松浜の池 1

020 021 022 023

 ヤフーの地図でもなんでもけっこうです。新潟県新潟市東区、阿賀野川の河口の町、松浜町をごらんください。幅1キロくらいもある阿賀野川の河口の右岸、すぐ海のそばに池があります。非常に珍しい地形です。海のそばの砂浜の中の淡水の池です。

 季節により大きさの変化はあるでしょうが、こんな低い場所、それも海のそばに独立した池があって、淡水で、かつ植物相も動物相も独自の豊かなものを持っている。大げさに言うと新潟の宝だと思います。

 大昔、車で近くまで行って観察したことがありましたが今回は自転車。漁港の先、防波堤に沿ってできるだけ海側へ近づき、ここ!と思ったあたりで堤防に上がると20年ぶりくらいのその池がありました。何度も言いますが、不思議な場所の不思議な池です。グーグルアースでもきっと見ることができます。実際に行ってみるのが一番ですが、写真で今回はお楽しみください。続きもありますので。

 富山出身の医院スタッフと話しましたが、富山湾では豊富な地下水が海底に湧き出ている場所がたくさんあるとか。また富山市内でも扇状地ですのであちこちで湧き水があるという話です。この新潟の池も、案外五頭とか飯豊山からの地下水脈とかのおかげでできたものなのかな?なんても思います。 次回、池のそばまで下りての写真をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1181 鍾路の裏通りを歩く

302 303 313 314

 1枚目、ずっとやってなくて、昨年あたりに営業を再開した大型食堂「韓一館」の脇のピマッコルです。清進洞へ行く近道としてよく通る道です。夏はエアコンの排気で暑い通りです。ここからチョンジン洞に出て右折。ちょっと行って左へ入ったのが2枚目。美都旅館の道です。「パプサンモリ」の看板がありますね。落ち着く路地です。3枚目はその先にあったサツマイモの茎、コグマチュルです。ナムルの材料として大事な野菜の一つです。干しているのかもしれません。乾物としても出回っている食材ですので。4枚目はさらに細い路地。ここは行き止まりかもしれませんがソウルのど真ん中、昔からの飲食店があります。

 このへん、10年以上前から歩いていますが3年に1度くらいの感じで大変化というか、再開発による古い町が無くなる現象が起きている感じです。たくさんあったナクチポックムの店もほとんど無くなったり移転したりしてしまいました。歩いて、写真を撮れるのもあと数年かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事337 ロッテリア 釜山総合ターミナル店

101 102 103 104 105

 釜山の地下鉄1号線の終点、ノポドン駅前にある釜山総合バスターミナルの中のロッテリアです。遅い時間まで酒を飲んでモテルに転がり込んで睡眠。寝坊して起きてシャワーして、チェックアウト。でも、バスに乗る前、少しはお腹に入れておかないと、ということでファストフードです。

 日本に無いメニューをということでパプリカベーコンビーフバーガーだったかな?一番豪華なヤツを注文しました。韓国のファストフード、有名なバーガーキングを筆頭に値段は高め。セットで5000W前後になります。最近の円安のせいもあり、かなりの割高な朝食でした。

 さて、出てきたハンバーガ、なんか矯正下着みたいなのを付けられていました。それを外していただきます。味付けは甘め。どうも韓国の味付けの肉、日本人には甘すぎが多いようです。あと、残念なのはあまり熱くなかったこと。作って何分以内に、というキマリがあると思うのですがもしかしたら韓国、徹底されていないのかな?なんて失礼な想像をしてしまいましたが、なんか「出来立て感」の乏しいハンバーガーです。

 最近日本でも韓国産の色とりどりのパプリカが売られています。特別大した味はしませんが、韓国好きの私にはなんだか嬉しいことの一つです。4枚目はゴミ箱。韓国語、英語、そして中国語に日本語、韓国人から見た3大外国語なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1180 スユ里の繁華街を歩く1

050 051 052 053

 ガイドブックに出ている日本語が通じる繁華街のほかにもソウルには人が集まる場所がまだまだたくさんあります。商売好き、独立好き、経営好きの韓国人、こちらが心配になるくらいに店の数もたくさん。そんな繁華街の一つ、スユリをちょっと連続アップロードしてみます。

 地下鉄4号線のスユ駅から出たところが1枚目。24時間営業のロッテリアとマクドナルドが向かい合う交差点です。こんな交差点がスユには3つ。その真ん中がここです。地図で言うとこの交差点の南西側の風景をアップしますので、スユリの4分の1を紹介する感じでしょうか? 4号線の沿線だけでも、明洞の次の忠武路、東大門運動場は言うに及びませんが、惠化駅そばの大学路、誠信女子大アプのトンアム洞、吉音駅前、ミアサムゴリ、そしてこのスユ。倉洞駅前、最後はノウォン駅周辺。大きな繁華街がある場所です。

 2枚目はその西への通りに入ったところ。3枚目は振り返っての風景。4枚目は少し西に進んだあたり。それこそ飲食店の洪水状態。よくこれだけの店がやっていけると思います。そして裏手の通りには新しいとこ、古いとこ、大小のモテルもたくさん。飲んで遅くなって、タクシー代よりもモテル代のが安いので泊まってしまうなんてのも実際多いことと思います。

 これだけの看板、韓国では看板屋さんも多いのではないかとうかがえますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

とうちゃんの自転車日記27 8月1日

008 009 011_2 012_2 015 019

 新潟地方も梅雨明け、ここ数日やたら暑い日が続きます。休みの日の自転車乗りもおのずから夏型になります。

 1枚目2枚目は早朝。5時前に家を出て亀田町、明訓高校のあたりから見た朝日です。ちょうど飛行機雲が見えたのでちょっと停車して写真を撮りました。涼しいうちに高速の(といってもよくて30キロというところ)練習、田舎の車と信号の少ない道を2時間ばかり走ります。7時前に帰宅して犬の散歩、朝飯の後、また出かけます。

 遠くまで行って、とは思うものの8時を過ぎるともう相当な暑さ。新潟って夏は暑いんです。結局30キロ圏内を休み休みポタリングです。去年、一昨年は「速く、遠くへ」という感じで走っていましたがかなりの道、走ってしまい、最近はデジカメ持ってゆっくり、新潟とその近郊の面白いものを探して、なんて走り方もするようになりました。

 3枚目は阿賀野川の河口にかかる松浜橋。なかなかきれいです。川の向こうは新潟空港と下水処理施設が見えます。

 4枚目は阿賀野川の河口方向を望んでの1枚。5枚目は小さな松浜漁港。なかなかいい雰囲気です。空港の標識があります。そして6枚目は漁港の先で砂浜に出たところ。ちょっと海に足を浸してみたくなりますが、写真だけで次の目的地へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事336 いろんな韓国の飲み物

179_2 180_2 181_2

 1枚目、慶尚北道の名山というか名刹の入口にある食堂の前です。何度か紹介しているように韓国の人、登山へ行っても帰りは焼酎とサムギョプサル、もしくは豆腐料理。お寺へ行っても山菜料理にサムギョプサル、カラオケにナイトクラブ、そんな遊び方をします。映画「彼女を知らなければ間諜」でも、ソウルに根を下ろして長い北の間諜おじさんたちが登山へ行くのを装っての集会を開き、でも登山口の食堂でサムギョプサルに焼酎、という場面がありましたが、とにかく、観光地、そんななのです。

 前置きが長くなりましたが、そんな観光地の登山口、山イチゴ(북분자)のジュース、桑の実(오디)のジュース、山芋(마)のジュースなどが売られています。みんな「モメチョッタ食品」です。しかし山芋ジュース、どんななのか?かなり楽しみです。

 2,3枚目はその登山口のバス終点の売店で買った飲み物。ロッテの「アイラック」という「着香炭酸飲料」です。しっかり発泡するリンゴ風味の炭酸飲料なのですがなんと下は透明なプラスティック。上の蓋の面だけ金属です。ガスが漏れないか心配でしょうから日本ではこんなの見られません。PETボトルの大瓶ビールがある韓国、「何でもやってみよう」という気風は日本以上だと思う1件でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1179 江南駅から駅三駅あたりへ

011 012 017 018

 今年の冬の写真です。1枚目「I love view」という看板、SK建設のもの。数年前の新聞で「眺望権」がかなり大事にされてきたことを知りました。韓国のアパート、高いけれど同じくらいの高さのが林立してしまえば眺望も何も無い、そんなだったのが、ある程度離して、眺望を確保してのアパートができ始めているということでしょう。漢江沿いの高級アパートの写真、前にもアップしていますが一度行ってみたいです。この夏もジャンボ宝くじを買っていますが3億当たっても買えないアパート、ソウルにはいくらでもあることでしょう。

 2枚目は「ベンベンプラザ」とあります。Bangbang Fashionの直営店でしょう。道には灯油でしょうか?配達のトラック。江南地区ではありますがいろんな風景がある、それがソウルです。

 3、4枚目は駅三方向への裏通り。国技院やチュンヒョン教会があるあたりですが酒の店やルームサロン、モテル、食堂、何でもあるのがやはり韓国です。「白松地中海マッサージ」というのは何の店でしょう?やはり按摩施術所なのかもしれません。4枚目奥の高層建築がルネッサンスホテルです。初ソウル、95年に行ってみて旅行会話集にあった言葉、「イルボン語新聞イッスmニカ?」が通じるかどうか試してみた場所でもあります。12年とはいえ、我が韓国語、かなりの上達をしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

普通の韓国を探して1178 海物ローストと日本家屋? 南大門市場にて

260 261 262 263

 회현동シリーズの最後です。新しく、大きくなった新世界デパート、なかなかがんばっています。昔のあの三越だった、という建物だけの時代とは段違いと言ってもいいでしょう。

 1枚目、その新世界の駐車場入口前の店、テゲ路から新世界の脇に入った場所の看板です。店名は진도집(珍島チプ)。海産物料理の店のようです。家賃がすごく高い場所です。一番大きく出ているのは「햐물로스(ヘムルロース)」とあります。

 日本でもなぜか、鴨、合鴨の胸のあたりの皮下脂肪が均一になってる大きく取れる部分を「鴨ロース」といいますが、さて、普通は「ロース」というと、四足の動物の肉の背中から腰の部分のこと、「ヘムルロース」って何だろう?と思いましたがハングルの表記を見ると「ロースト」が「로스」となっていました。写真を見ればわかるように海産物、魚以外かな?それを焼く料理が「ヘムルロース」のようです。 細かい部分はわかりませんが目立つのはタイラガイ(タイラギ)。昔は東京湾ものもたくさんあったであろうに、日本では九州だの西日本で少し獲れるくらい。ここ3,40年は養殖ホタテに取って代わられた感じがありますが歯触り、味ともやはりタイラガイが上です。韓国ではまだまだ西海の干潟でこのタイラガイ(キチョゲ)が獲れるようで、うらやましく思う私です。

 2枚目以後はその辺の路地の奥にあった家ですが、まるで日本の古いアパート建築のようです。出窓、外階段など、日本の大都市の下町にあってもおかしくない建築です。このへんも古い地区。ソウルのど真ん中ですが、これも日帝時代からある建物かも??と思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1177 清涼里行き一番列車 栄州駅午前7時

257 259

 サボというのでしたっけ?行程表示板。日本では内蔵式が増えましたが韓国、まだまだ使われています。流石に腕木式の信号は見かけなくなりましたが、「昔は日本もそうであった良い点を残している国」という言葉が似合う点だと思うのは鉄道好きだけかも。

 安東を6時台に出た一番のムグンファ号、栄州は確か7時ちょうどだったと思います。日の短い2月ですのでまだ暗い時間、ディーゼルエンジンの轟音を上げて入線です。ソウル清涼里までは確か5時間弱。先日乗った東ソウルへの市外バスは3時間15分、なかなか長い区間、汽車に乗る人は少ないのもさもあらん、というところでしょう。

 左端に見えるバッグの人、すらりとした長身の美人でしたがカメラを構えたら2,3歩後退してくれちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1176 交通整理アガシ 金浦

118 119

 今までも何度かデパートの駐車場の入口でダンスのような身振り手振りでお客さんの車を誘導する男性、女性の写真をアップしてきました。ロッテ、現代、新世界、一番見つけやすいのはロッテの本店でしょうか?それぞれカッコいい服で優雅に手を振りながら「안녕하십니까? 어서오십시오」とマイクで挨拶しています。あれも一つの韓国の美点のように思う私です。

 今回は金浦空港の国内線ターミナル前の横断歩道です。仁川空港にはいないけど、金浦にはいました、交通整理アガシ。荒っぽい運転で有名だった韓国の運転手さんですが、この12年見てきて交通マナーはかなり向上しています。そんなのに、こういう交通整理アガシも貢献しているのではないかな?って感じています。なんか見ていて楽しく、面白いですから。「柔よく剛を制す」というのの一つかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »