« 普通の韓国を探して1209 고추(唐辛子)と 호박(かぼちゃ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記35 단강지주 松本市里山辺 »

2007年8月28日 (火)

普通の韓国を探して1210 周王山대전사

177 176 174 173

 チュワン山シリーズの最後です。門前食堂街を全部通り抜けると左側に売票所があります。2000Wの入場料を払って2枚目のゲートを通ってお寺。まぁ、見事な岩峰の麓に行く事ができました。多くの韓国のお寺、秀吉の戦争とか韓国戦争で焼けてしまって、日本のように1000年以上も前の建築物は残っていません。うろ覚えですが一番古いのは栄州、奉化そばの山の上の浮石寺あたりだったと思います。

 このデジョンサも建物はみな新しいもの。また境内の木々も最近植えた感じのものです。お寺だけを目的に来る人よりも周王山登山に来た人が多い、そんな感じでした。

|

« 普通の韓国を探して1209 고추(唐辛子)と 호박(かぼちゃ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記35 단강지주 松本市里山辺 »

コメント

たいへんごぶさたしておりました.
今までの、久しぶりにゆっくりと拝見できます.
韓国の方は登山がすごく好きですよね.
韓国旅行初めのころ、登山と聞いて身構えていましたが、すぐ行き着くことが多かったので「韓国の登山」の意味が少しわかってきたような気がします.お寺はやはり新しい建物が多いですが、心和みますね.

投稿: さいとう | 2007年8月30日 (木) 18時57分

 コメントありがとうございます

 ですよねぇ。平日の昼間でも天気がよければ郊外行きの電車、バスには必ず登山姿の中高年がいますし、登山口には登山用品店やら、食堂やら。身近な遊びなのでしょうね。

 日本でも中高年の登山ブーム。今はやや下火かな?私の上の世代ですが、若い頃にバリバリやっていた自分としてはなんか慎重になってしまいます。かといって山岳会とかに入ってというのもおっくうだし。
 韓国、スポーツ紙を見ると休みには必ず山岳会の集団登山の広告案内が出ています。個人で手軽に楽しむもよし、団体でも気軽に行けるし、疲れたら中止してもよし、そんな気楽な登山が韓国のやり方なのかもしれません。

投稿: とうちゃん | 2007年9月 1日 (土) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1210 周王山대전사:

« 普通の韓国を探して1209 고추(唐辛子)と 호박(かぼちゃ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記35 단강지주 松本市里山辺 »