« 普通の韓国を探して1202 주왕산 가는 길 | トップページ | 普通の韓国を探して1203 チュワン山への道 »

2007年8月22日 (水)

とうちゃんの自転車日記34 新津の朝日 芭蕉塔

003  旧新津市の朝日という集落です。有名な観音様があるのですが道が狭いため、行ったことがありませんでした。自転車ならすいすい走れますので、行ってみました。これはその手前の小さな三叉路にあった芭蕉塔。奥の細道で新潟を旅したときの俳句の関係なのかな?と思います。当然朝日の観音堂にも参詣したのでしょうし、このへん、新津丘陵の麓に沿って加茂まで続く昔からの道を通ったのかもしれませんね。

 しかし、今気付いたのだけど、岩室とか弥彦へ行くための旧道もあったはず。となるとこの芭蕉塔、何なのだろう? また行って確かめないといけません。 ともかく、自転車、いいもんです。どこでも行けます。

|

« 普通の韓国を探して1202 주왕산 가는 길 | トップページ | 普通の韓国を探して1203 チュワン山への道 »

コメント

芭蕉の頃の新潟平野は湿地が多く、街道は山に近いほうだったのではないでしょうかね。
新発田、新津を通って弥彦に向かうルートです。

信州も更科紀行で善光寺街道を通ったりしているので、芭蕉の句碑が結構あります。
改めて句を読んでみるとなかなかいいものです。

投稿: 爺T | 2007年8月22日 (水) 13時51分

そろそろチ○リのインプレッションなんかお願いします。
石碑の前に、愛車を置いた写真なんか、カッコイイと思うんですが。

投稿: muramura | 2007年8月22日 (水) 16時15分

こめんとありがとうございます

 新潟平野、多くが湿地で川もしばしば流れを変えていたということになっていますが、海岸に近い場所の古い道と山に沿った古い道、2本ともあったと思います。この写真の左の石柱は小さな神社の鳥居なのですが、新しい町には神社やお寺が無いのですよね。詳しい目の地図に寺と神社をマークしていくとおのずから昔の道がわかります。また、小さな城を中心としてできた集落とか、興味があります。岩室村の石瀬、加治川村の金屋などが有名です。

 チネリ、家の中に置いているのでやはりやや「乗る気」が要ります。またここんとこちょっと天候も悪かったので遠出はまだなんですよ。今週は日曜が休みなのでカメラを持って走りに行こうと思っています。乞うご期待、です。

投稿: とうちゃん | 2007年8月24日 (金) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記34 新津の朝日 芭蕉塔:

« 普通の韓国を探して1202 주왕산 가는 길 | トップページ | 普通の韓国を探して1203 チュワン山への道 »