« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007年1月 6日 (土)

2007年1月6日

 おはようございます

 昨日、このオンボロコンピュータが動かなくなり、結局リカバリィというのをやりました。再起動なんてのをなんどもやって、時間がかかりますが何回かやっているので大丈夫。これから防疫ソフトを入れて出来上がりですが、写真の保存、表示ソフトが入っていませんし、読み込んで貯めて、アップロード用に縮小したネタの在庫もありません。

 今日明日は仕事で忙しいのですができるだけ早く復旧したいと思います。しばらく写真はお休みです。

 で、韓国ですが、「噛まないと飲み込めない食物」が多いんですよね。ソルロンタン屋とかのカットゥギでも、白菜キムチでも、ごく大雑把にカットしてあるのが出てきます。へたすりゃ、というか細かく切れば日本の焼肉屋で注文するのの1人前になりそうな大きな塊のダイコン漬けが2、3個、なんて場合もあります。 また、肉でも何度も書いているとおり肉だけ食べるのではなく薬味類とともに葉っぱに包んで口に入れる。そんなときも相当モゴモゴ噛んでいないと飲み込めません。 10年程前、「噛むと頭が良くなる」、「アトピーが治る」などなど、過大なことを言って患者さんを集めようとした歯科医師が続出して、「そこまで言ってはだめなんじゃないの?」なんて疑問を持ちましたが、でも、噛むのは良いことではあります。噛まないよりもいいに決まってます。そんな韓食、これからも紹介していきたいと思います。

 暖冬で雪のない正月だったので自転車にたくさん乗れました。弥彦神社に自転車で初詣に行った1日、市内をぐるぐる走って白山神社に行った2日、医院の流しの周囲の大掃除、補修をした3日、いずれもまぁまぁの天気でした。でも、この週末から新潟だけでなく東日本は大荒れの天候、強い冬型になるとか。せめて雨でなく雪が降って欲しいと思う私です。雪なら自転車、乗れないことはないですから。 さて、と、仕事の準備を始めます。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年1月 5日 (金)

普通の韓国を探して798 木浦の街角の掲示板

2006_0923newdeca70106

 木浦駅裏、KT荘モテルのあたりの広い道にあった掲示板です。映画の案内のはよく見かけますが、これは、それだけではないみたい。貼って重ねて、、、年に一度くらい全部剥がして捨てたりするのかな?なんて思いながらの1枚です。韓国語が読めると、こういうのも見ていて楽しくなりますよ。

 上に書いてあるのは「アルムダウン(美しい)港口(ハング=港のこと)木浦」、とあります。

| | トラックバック (0)

普通の韓国を探して797 韓国人は花が好き 千戸洞の入口

2006_0923newdeca70293

 日本より豊かとはいえないかもしれない韓国ですが、花は確実に韓国人、日本人より好きで、花にお金を使います。ちょっと前に見た雑誌かなんかの記事、日本で1年間に花や植物を買ったりした人は40%以下だとか。韓国では安いのもあり、ごく当たり前に花を買ったり、プレゼントしたりします。ホワイトデーなど、1輪ずつのバラをたくさん売っていたりします。なんか私など花を買うの、恥ずかしく感じてしまいますが、心の余裕のしるしとしてなかなかいいのではないかなとも思います。

 写真はコンジアム(昆池岩)にソモリクッパプを食べに行った帰り、久々に千戸市場へ行ってみるかなと思ってバスを降りた交差点ですが、分離帯に花がたくさん植えられていました。ソウルの南東部、ごく普通の街角の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して796 またも木浦で路地裏散策

2006_0923newdeca70069_1 2006_0923newdeca70070_1 2006_0923newdeca70073

 世界でも指折りの人口密度を持つ国、韓国、日本以上に平地が少なく、都市には人工が集中しています。また、大陸の一部であるためか、純粋な平野に位置する都市は少なく、都市とはいえ多かれ少なかれ山が散在し、水道、交通などの不便な場所にも家々が密集。でも、そんな場所も徐々になくなりつつあるのが現状です。

 ずいぶん前に木浦の早朝の散策のシリーズをやりました。沿岸旅客船ターミナルのあたりで途切れていましたがその続きが何枚かあります。旧市内、旅客船ターミナルの裏手も山の町、階段を探して上っていく事が多いのですが中にはすぐに行き止まりであることもあります。今回は特に説明なしで、韓半島南端の古い街の細道をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

普通の韓国を探して795 チョンダム洞 ホテルティパニ前の朝

2006_1104newdeca80130 2006_1104newdeca80132 2006_1104newdeca80134

 アリゾナ州ツーソンで開催されたツイード講習会で李準圭先生と出合ったのですが、そのとき感じたことに、「アメリカ人の一部の人はすごく勤勉であること」でした。朝の8時から講習会が始まりお残り含め20時ころまで、びっちりの指導をしてくれます。南米とかイタリア、スペインの先生方は割合マイペース、暗くなると適当に切り上げて宿へ帰ってしまいます。でも韓国人、日本人は一生懸命、ま、よく勉強していました。で、何を言うのかというと、韓国人も一部の人は朝早くから勉強したり、運動したり、お風呂に入ったり、とにかく朝が早いのです。これは、学会大会当日朝、一緒に朝食をとろうということで7時半にホテルの前に出ていろという指示で待っていたときのものです。

 李準圭先生が所属する三成南ロータリークラブの例会でスピーチをしたことを前に書きましたが朝の7時から8時までなんて時間に背広を着て例会をやるのです。この写真は朝の7時半。西のほうにあるソウル、九州並に朝は暗く、まだライトをつけて走っている車もいます。1枚目は空港バス606番可楽洞線のバス停、ホテルのまん前です。2枚目はその空港バス。朝なのですいていました。3枚目はアプクジョン方面、道路の広さ、すごいです。この後、李準圭先生の車でコエックスインターコンチネンタルに友人の鄭ハイk先生を迎えに戻り、ソルロンタンの朝食でした。食べ物の写真はまた別にアップします。

 今回はなんかへんな日本語でごめんなさい。1枚目、大きな看板の「コンディション」は二日酔い防止、改善のノンベ用ドリンクです。他にも二日酔い防止、改善用ドリンク、いろいろあるようです。2枚目の高層建築はコエックスのアセムタワーというやつでしょうか、「僕の彼女を紹介します」で出てきましたね。このコエックス、学会場でもありましたが「大きいことはいいことだ」風の巨大綜合施設コンプレックス、いかにも韓国らしい場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して794 ハムピョン 日帝時代の建築?

2006_0923newdeca70154

 「花郎食堂」のユッケビビンバを食べたくて行ってみたハムピョンのチャント(五日市の立つ場所)のへんを歩いていてみつけた建物です。窓ガラスが小さめ、でも全体としては立派なもので、かなり古い。明らかに韓国式ではない、ということで日帝時代の役所か、農業会社(土地収奪のための会社)か、学校か?なんて思いました。現在は保育所というかそんな施設になっているみたいで、子供の声が聞こえていました。お腹がすいていたのでゆっくり由縁を探ることもしませんでしたが、韓国も日本だった時代、知っていなければならない事実ですが、ちょっと想像できませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

普通の韓国を探して793 東ソウルターミナル チョンソン行き市外バスの乗り場

2006_1104newdeca80018

 バスが地方交通の主役である韓国、ソウルにもいくつもバスターミナルがありますが、そのひとつ、東ソウルバスターミナルです。出発する乗り場は番号が振ってあり、1から、30いくつまであったと思います。朝の6時とか、あちこちへ行くバスがいっせいに出発する時間は圧巻で、各地へ向かう大型のバスが数十台も連なってソウルの街へ走り出していきます。

 一つの乗り場は、大体どこどこ方面、と決まっているのですが、前記のように一度にたくさんのバスが出る時間、マイナーな路線のバスは番号のある乗り場に入りきれず、こんなふうに特設乗り場というか、他のバスが頭を建物に向けて停車しているのの裏の方に停まっていました。実はこんなの、初めての経験でした。通常の時間帯はちゃんとチョンソン方面という乗り場があるのですが、そこには別のバスが入線していたので、こんなふうになっているのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して792 木浦市外バスターミナル前

2006_0923newdeca70115

 何度も訪問し泊まってもいる木浦、旧市街が寂れてしまった話を何度か書いていますが、新しい街はバスターミナルから南のあたりにできています。2度目に行った時には新装なったばかりという感じだった木浦市外バスターミナル、町の北の端のあたり、広い道に面して、そんな新しい町を見下ろすあたりにあるのです。駅からバスで15分くらいでしょうか?通学の高校生でいっぱいのバスで行きました。3階建てくらいの白い建築がターミナルです。

 他の韓国の都市でもあるのですが「○号広場」、「○○ロータリー」という名前の大きな交差点があったりします。標識を見てみると「国道1号線」。地域対立というか歴代大統領、全羅道出身の人がいなかったために全羅道は差別され、いろんな面の開発は他の地域に比べ遅れていると言われていますが、国道のナンバーは、木浦へ行く道が1号線なんだな、なんて感じた一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

普通の韓国を探して791 黄鶴洞の小さなノリト

2006_1112newdeca810247_1

 ここのところ何度か紹介している黄鶴洞、馬場路を渡った場所です。左のあたりから旧道が緩やかに下り、右手、知人の果物露店があるあたりからトラックが斜め駐車している新しい広い坂がチョンゲチョン路方面へ下る、その間の狭い場所。前にここで友人のチェソヨンが「コロソハヌルカジ」というコプチャン(ホルモン)屋台をやっていた場所なのですが、ここ最近、空き地というか、作りかけの屋台設備の置き場だったり、トンダク(鶏の電気丸焼き)の移動販売の小型トラックの店なんかがあった場所なのですが11月に行ったとき、小さな公園というかノリトができていました。「ノルダ」=遊ぶ、「ト」=場所、で、「ノリト」、遊び場という意味です。

 韓国人、健康にいいことが好きで、その割りに大酒飲みますが朝早くから裏山や公園の山に登ったり、薬水を汲みに山に登ったり、走ったり、それと、フィールドアスレチック風の運動器具での運動なんか大好きです。ここにもちょっとありますが韓国の公園、そんな大人向けの運動器具案外あちこちにあるんですよ。名も無い小山に上ったりすると頂上にそんな簡単な運動設備があったり、登山路の途中に、ストレッチの台があったり。

 思うに、前に「山の中で酒飲んで歌ったり賭博をするべからず」の横断幕なんかを紹介しましたが、韓国人にとっての「裏山」、「ドンサン」と言いますが、子供の漫画に出てくる「学校の裏山」の如く、日常的に上り、歩き、運動し、楽しむ、そんななのだと思います。ちょっと韓国語がわかるようになると「ドンサン」という言葉、あちこちで見かけられると思います。ちょっと話がそれてしまいましたが、韓国人、とにかく運動好きです。

 アップして写真を見てからの追加です。後方、建設中の巨大アパート(マンション)が、ロッテケッスル黄鶴洞です。残念ながら高額当籤は今回はしませんでした。ま、この次でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して790 新発売のビール「メクス」の看板

2006_1112newdeca810136

 11月の学会大会の時に泊まったホテルティパニの建物と隣のビルの看板です。チャンドンゴンですね。

 この12月に行った時もあちこちでキャンペーンをしていた新発売のビール「メクス」の看板です。韓国語では新発売というとき、「新」、「発売」という言葉はありますが、商品の場合、「新発売」という言葉よりも「出市」でしょうか?「チュルシ」という言葉を使うようです。新聞なんかでもよく出る言葉です。

 この「メクス」、韓食にもよく合うビールというのが売りのようです。韓食=焼酎ということなのでしょうか?まだ飲んではいませんが次回、ちょっと試してみようと思います。日本だと発泡酒、やたらと新製品が出ますし、ビールも季節商品なんかが毎年出ますが韓国のビール、あまり新しいのがどんどんという感じはありません。ハイトゥ、OB、カス、それぞれのちょっと高級版、ハイトエクスピール(エクスフィール)とかがあるくらい。あ、でも、ホテルホリディイン城北の裏手のホプ「プルティナ」の知り合いアジュマは「カスの生」を自慢していましたね。 ま、食い物は好きですが大抵なんでも食べるし、ビールは冷たければOKという私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

普通の韓国を探して789 清渓3街 セントラル観光ホテル前 昔の写真

Olddeca9_087

 新年おめでとうございます。新潟は珍しく好天、風も無く自転車日和です。

 家の機械、画像があまり無いので、ちょっと古い写真です。でも、自分でもいいなと思う1枚です。

 チョンゲ3街にあるセントラル観光ホテル。昔全南からの帰りにソウル駅で電話して泊まりました。チョンゲ高架道路があったときは暗い感じで、3階の部屋の高さはちょうど高架道路の高さくらい。窓を閉めていれば大丈夫でしたが、なんかわびしい感じの1泊でした。これはその頃の交差点の写真。今はこの高架道路がなくなり、河川公園になりました。機械、工具、部品、そんな店の多い地域ですが、決して治安が悪いとかではありません。かえって明洞なんかよりもいいかもしれません。もっとも、旅行会社のパンフレットではここも「明洞地区」になているとは思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

すばらしい韓国の食事270 スーパーの野菜売り場

2006_1104newdeca80216

 チョンダム洞のサミク(三益)アパートの商街の地下にあったスーパーです。アパート群の中の商街、大型の店は家賃が高いので地下にあることが多いのです。前に鶏の大きさがいろいろ、という写真を紹介しましたが、こんな、サムチュ類の専門コーナーがありました。

 韓国の人、肉だけ食べると消化がアンデンダ(できない)と言います。高級な牛、安い豚、いずれも肉だけでは食べず、パムチム(ネギのあえもの)だの、にんにく、プッコチュ、調味味噌なんかと一緒に葉っぱで包んで食べるのが基本です。何度か書きましたが大便が立派になるのが韓国の食事です。安い店でもサムチュは当然。高級店では数種類の葉っぱが出てきて目も楽しませてくれます。野菜の多い世界一の健康食、それが韓食です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して788 パンイ洞の街角にて

2006_1112newdeca810204 2006_1112newdeca810206

 「江南(カンナム)」というと、ソウルの漢江の南側全部を言うと思っておられる方が多いと思いますが、違います。永登浦とか銅雀区、九老区だのは江南ではないのです。「江南」と言えるのは瑞草区と江南区とソンパ区、この3つなのでした。

 これはソンパ区パンイ洞のとある交差点ですが、大き目のキンパ(キムパ、キムパプ、キmパッp)のチェーン店、「キムパプサラン(サラン=愛)」がありました。割合小さい店でというのが多いのですが、かなりの大型店です。ところが、2枚目、交差点の反対側にも別のチェーンの、「キムパプ天国」の看板。こちらは標準サイズのキムパプ店があるのです。

 何度か「FCの商売」が多いと書いていますが、「キムパプ天国」のブレイクから、ものすごい数の出店がありましたし、その後、後発の似たようなFCがいくつかできたようです。ソウルで商売やってくのも大変でしょうね、これじゃ。いずれも24時間営業。前にも紹介しましたが数十の韓食のメニューがあります。経営者の家族だけでは難しいでしょうからバイトも使わないとダメ。競争もあるし、、、、、、でも、それがソウル、韓国なんでしょう。

 一番安い1000Wの伝統キムパプを頼んでも、味噌汁、タクアン、白菜キムチが食べられます。でも、韓国人も「それでは店の儲けが無いから」ということで、まず1000Wだけで食事を終えるということは無いそうです。1000Wだけで出るのは日本人観光客だけ、という話も聞いています。安い韓定食屋などの項でも書きましたが、2人以上でいった場合は何か一つは追加メニューを頼むのが礼儀だとの韓国の先生のお話でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »