« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月10日 (土)

普通の韓国を探して925 安東駅 これもケンチャナヨ?

211_1 213 212 222

 中央線安東駅です。駅舎の上の半円形の看板は全国共通なのかもしれません。

 2枚目、公衆化粧室を使いに入っていきました。韓国を代表する観光地でもありますのできれいに掃除されています。バスターミナルの化粧室は波がありますが、KR駅のトイレは多くはきれいです。

 しかししかし3枚目、トイレへ入る通路の床になんかの配管が露出しています。そのままにしてあるので大事なものが通っているのでしょうか?設計ミスなのか、工事のミスなのか?日本だとちょっとあり得ないことですが、足を引っ掛けて危ないとかいう場所でもないすみっこなので「ま、いいか。」ということで完工させてしまったのだと思われます。確かに、実害は見た目以外は無さそうなのでケンチャナヨという感じです。

 4枚目は駅前広場の売店にあった名産のカンコドゥンオ(塩さば)の広告。統一デザインなのか同じ絵を街のあちこちで見ました。旧正月の贈り物としての魚はクルビやあわびが有名ですが、帰りに空港で買った雑誌「ハンギョレ21」の中に、このカンコドゥンオの広告も出ていました。3キロで31000Wとなっています。サンドゥルチョンというブランド、初めて見ましたが、有名な会社なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して924 馬山 午前3時半

072 073 074 075 076

 駅へ行けばコインロッカーがあると思いますが、夜中は閉まっていますので、荷物を全部持って夜中の馬山を歩きます。

 1枚目は駅前広場の右手、ちょっと下る階段があり、いくつかの店のネオンが灯っています。2枚目はバスターミナルの1本裏手の通り。昨日書いたように、客になりそうな大荷物で歩くと「乗らないか?」という感じでスピードを落としてタクシーが過ぎて行きます。3枚目は右手の簡単な小皿になんか入っているのがなんだろう?と思っての1枚。もしかしたら殺鼠剤とかかなと想像しています。4枚目はクレーンゲーム。取りやすいように針金のかごになっているサービスのいい店なのでしょうか?けっこう取れているみたいでその空いたかごが残っていました。最後は水を入れて安定させる駐車禁止の標識。下にはちょっとだけビラのごみがまとめられています。誰がここまで片付けたのか?翌朝掃除しやすいようにという配慮なのか?単なる偶然かというところです。

 こういう写真、喜んで見てくれる方がどれだけおられるか??って思いますが韓国のいい点、改善すべき点、何でも見てみたい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

普通の韓国を探して923 セビョクの馬山駅

069 070 071

 「セビョク』と言う言葉、ご存知の方も多いでしょうが、小学館の朝鮮語辞典によれば、「夜明け、明け方、暁」とあります。でも、実際の韓国人の韓国語だと、もう少し早い時間、明るくなる直前までを示すように思われます。たとえばポジャンマチャの営業時間を聞いたときによく返ってくる言葉です。

 2時40分に馬山高速バスターミナルに着いてしまい、目的の昌寧(チャニョン)までのバスは7時が始発。今から旅館のお金を払うのはもったいないし、ということで、駅に割合近い繁華街のそばの市外バスターミナルへ移動してそのへんをぐるぐる重荷を担いで歩き回りました。前にも書いたようにぜんぜん怖くありません。旅館街があって、繁華街ではまだ人通りもあるし、韓国の夜中を知っている人ならおわかりでしょうが、タクシーが「ねぇ、乗らない?」という感じでスピードを落としていきます。

 しかし3時台の馬山、写真もうまく撮れないし、時間を持て余してしまいます。小便もしたくなったので駅へ行って見ました。まだ開いてはいませんが広大な駅前広場では焚き火をしている人もいます。24時間営業の食堂、コンビニもあります。もちろん、旅館やクラブ、カラオケはまだ営業中。按摩施術所もありました。

 1枚目、駅の看板です。駅舎はまだ閉まっています。2枚目、公衆化粧室は開いていました。とても清掃がきちんとしていました。3枚目、自動販売機ですが、なんと新書版の本の自動販売機もありました。経済関係のベストセラー、星の王子様、また韓国人が好きな詩集などが売られています。

 結局あまりに寒いので(2月中旬です)5時の始発の汽車で、まだ歩いていない都市である密陽まで移動。密陽からの始発の市外バスで昌寧に向かうことにしました。「本場で馬山アクチムを食べる」のは次の機会に、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して922 駅三 ルネッサンスホテル裏手の山水荘(ソンスジャン)

024_1

 私の初韓国は92年の済州島、これは医院の旅行としての団体、チャーター便での旅でした。時期は9月、台風が来る中、雨模様の旅でしたが朝食券を捨ててヘジャンクッとかソルロンタンを朝早く食べに行ったり、初タクシーがなんと合乗(ハプスン=相乗り)で、市外バスターミナル。ソギポへの緩行バスで東回り、城山日出峰を見ながら2時間くらいのバスの旅をしたり、旅行会話集を棒読みしながらの旅。韓国人の親切さに触れることができた旅でした。

 その後独学で韓国語を学習。95年の夏休み明け、まだ暑い時期に李準圭先生のオフィスを訪問したのが初ソウルです。初めての1人での外国でもありましたが、李準圭先生がおられる事、また、前のチェジュ行きで韓国人のホスピタリティがわかっていましたので、何とかなるだろうと思い宿を決めず、ガイドブック片手の安売り航空券だけ予約しての旅行でした。

 当時は金浦空港。まずは宿を決めて、と思いましたが、特級ホテルの案内所には人がいるのに普通の観光案内所には昼食で外出、という札があり誰もいません。貴重な韓国での時間、一刻も早くソウルの街を見たいのに、時間は過ぎていく。ということで、当時は全面的に信じていた「地球の歩き方」にあった旅館に自分で電話をかけました。今思えば、日本人の多い旧市内なら通じたのでしょうが、目的の江南地区の安い宿、日本語が通じません。そこでまた旅行会話集を持ち出し、あれこれ努力しましたが結局通じず、切られてしまったり。止む無く、特級ホテルの場所へ行ったらば、一番安いのが江南の高速ターミナルそばの「パレスホテル」で、13万とのこと。当時も1円=7Wくらいでしたので、17000円くらい。とても高いです。結局もう少し待って、普通の観光案内所の女性が戻ったところで、江南地区の安い荘旅館、ということで探してもらいました。1泊29000Wで2泊という約束です。

 そこで紹介されたのが駅三、ルネッサンス裏の山水ホテルというところ。電話番号と29000W、宿の名前をメモしてもらい、KALリムジンで市内へ向かいます。最寄の停留所は当時の南ソウルホテル、現リッツカールトンです。初めてのソウル、まずは道路が広いのに驚きながら、江南駅まで徒歩。そこで練習を兼ねて地下鉄に乗り駅三駅。そこから出て、ルネッサンスホテルを目標に歩いて探しました。日式の立派な食堂が多かったのが印象に残っています。 でも、ルネッサンスの裏といっても、それだけではわかりません。裏へ回って、けっこう大き目のシュポで聞いたら、身振りを混じえて教えてくれ、やっと到着です。

 宿のご主人顔も覚えていませんが、話に聞いたとおり部屋を見せてくれて、また下へ降りて58000Wを支払いました。その後、李準圭先生に連絡でしたが、その電話もそのおじさんがかけてくれました。懐かしい李先生の声が聞けたときは本当にほっとしました。あとは18時30分に瑞草洞の李準圭歯科に行くだけです。地図はありましたし、地下鉄も乗れるし、ということで、なんとか気持ちも落ち着いてきた感じです。

 実はその後も、李準圭歯科にたどり着くまでにちょっとトラブルもあったのですが、ともかく、初めてのソウルが予約なしの荘旅館。懐かしい場所、その宿へ行ってみようと思って12年後のこの2月、行ってみたのです。おじさん、覚えているかな?12年ぶりに泊まろうかななどとも思いながら駅三界隈をあるきましたが、なんと山水荘の場所、新しい建物に建て替え中でした。商売変えの多い韓国、営業中の荘なんかも新聞広告を見るとたくさん売り買いがありますので、元の経営者による建て替えなのか、それとも商売をやめて別の人がやるのか?たぶんまたモテルだろうという建築でしたが、懐かしい山水ホテル、写真のむこうの角の工事中の場所だったのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して921 新韓国銀行券 

012

 1月末に出たと言う新W札、5000Wは1年ちょっと前からだったと思いますが、新しい10000Wと1000W、2月の出張の時に空港の銀行で手渡されました。5000W同様、絵になっている人は変わらず、でも、かなり小さくなり、オモチャのお札だ、という感じがしばらくはしそうです。聞けばユーロ紙幣に似た感じだとか。ここしばらくは新札、旧札、混ざって出回っているのでしょう。ちょっと遅いニュースですが、話のタネにアップです。

 左上、旧10000W紙幣ですが、前にちょっと書いたでしょうか?中央左よりに縦に金属テープが入っています。偽造防止か、外国への不正持ち出しの防止か、我が医院のレントゲン装置で100万Wの新券の札束をX線撮影したらちゃんとこのテープが写っていました。でも、これ、新しいお札には、無くなったようです。

と思ったら、新紙幣の1000W券にはこの金属テープが入っていますね。国外持ち出し防止なら10000W券にするだろうに?単なる偽造防止なのかなぁ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

すばらしい韓国の食事290 プリンスホテル 朝食ブペ

375

 明洞駅前の安めのホテルである「プリンスホテル」の朝食、これに、後でご飯をもらいました。

 世界共通のホテルの食事。高級なところだと朝食でも3500円なんてところもありますが、どうもつまりません。これは美味しいな!と思って食べたのはインターコンチネンタルホテルグループに入っている「なだ万」の朝食くらいです。

 今回、ひさしぶりに「ホテル」と言える宿に泊まりましたが、朝食券をもらいました。いつもはそういうのは捨ててでも外に「普通の韓国の朝ごはん」を食べに行く私ですが、話の種にと思って開場の7時ちょうどに行って見ました。

 もともとエコノミークラスのホテルですので特に豪華ではありません。基本はパンとお粥です。日本人観光客が多いからお粥なのかな?なんて思いながら「ご飯無いのですか?」と聞いたら、後でお持ちしますとのこと。案内された席に付き、おかずを取りに行きました。できるだけいろいろ、少しずつと思って盛った一皿です。味は可も無く不可も無く、というところでした。

 食べ終わる頃に入ってきた日本人おばさん6人組。言葉から言うと東京方面でしょうか?○○が無いのね、だの、私、朝は○○に決めてるのに、などと多少うるさいのはしょうがないとしても、コーヒーのサーバーを自分たちのテーブルに持っていってしまうのは反則だと思いました(カップはテーブルに備えてあります)。

 誰でも気軽に、安価に行ける韓国ですが、日本でも当たり前のマナーをも守れないのでは困ります。やはり朝食券を捨てて外へ出てテンジャンでも食べればよかったなというのが感想です。少し前にコメントいただいたように、ガイドブックに出ていない、そこらの普通の食堂でも、まずハズレがないのが韓国ですので。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

普通の韓国を探して920 ごみを捨てることは良心を捨てることだ

275 346

 タイトル、だいぶ前に群山でみかけた標語です。何度か書いているように、特に中高年の男性の一部に道路にごみを捨ててしまう人が多いように思えます。もちろん日本でもそういう人はいますが、大好きな韓国のほうが残念ながら多いように思えます。

 また、目に付くのが空き地、空き家などへのごみの投棄。これも、日本でも山の中の林道脇、河川敷、そんな場所で見かけますが、両国とも、世界的に見たら礼節の国、ちょっと困ります。

 1枚目は梧柳洞(オリュドン)。クロ区だったと思いますが、道端の軽トラックの荷台です。2枚目は黄鶴洞。中古ビデオだのの店が多かった場所ですが、廃業した店の店舗がごみの山でした。

 今回は写真の縮小などの準備がしてありませんが、街角によくある靴磨きのボックスなんかでも、「賃貸」の札が貼られたやつ、要は空き店舗がゴミ捨て場になっていたりしたのを見たことがあります。朝早く道路を掃除する人も多い韓国なのに、と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して919 5000分の1ソウル航空写真地番図

006 008_1 007

 韓国の地図をたくさん集めています。毎年のように買う中央地図のソウル道路地図、韓国道路地図、漢文版韓国道路地図などは、人にあげたりしているのもありますが、整理に困るほど、地図帳があります。少し前に紹介した20万分の1道路地図、ソウル1万分の1「綜合生活地図」もなかなかいいし。でも、一番すごいのが、これ、航空写真つき、各戸の番地まで出ているこれです。セハン地図という会社のもので、大きな書店でごらんになった方もおられることと思います。

 普通のやつよりも一回り版が大きく、厚く、紙が薄いけどつるつるのいい用紙ですので非常に重いものです。携帯にはちょっと向かないかもしれませんが、全部の番地が出ている5000分の1のソウルの地図。宝物です。6万W の価値があると思う日本人は少数かもしれませんが。

 2枚目、鍾路1街付近のページです。1戸1戸の形、屋根の色などまでわかります。左上は慶福宮ですね。

 3枚目、この写真を撮り、ディスプレイで見てみたら、なんと「国外搬出禁止」、「関係法令により、この地図を外国人に販売、または貸与してはいけません。国外への持ち出しも禁止です。」とありました。知らなかったので、許してください。もしも要請があれば、返す意思はあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

普通の韓国を探して918 久しぶりのテグ

001_1 173 170 171

 昌寧という古い町からバスでテグへ出ました。長い間行きたかった昌寧についてはまた項を改めてシリーズをやります。 

 テグのバスターミナルは東テグ駅付近に高速ターミナルがありますが、その他は行き先別にいくつかのターミナルに分かれています。前記、高速ターミナルのそばにも慶州、浦項、永川あたりからのバスが付くターミナルがありますが、歩くとけっこう距離がある場所。前に安康(アンガン)からそこに付き、近いけどタクシーで駅前の高速ターミナル。最終の高速バスで88高速道路経由光州へという忙しい旅をしたことがありましたが、ちょっと不便と言えば不便です。昌寧からのバスは西部バスターミナルに着きました。そこから、安東、栄州方面へ行くには北部ターミナルへ行かないといけません。まずは市内中心部まで地下鉄で行ってみることにしました。

 火災惨事で有名になったテグ地下鉄、すでにあちこちのHPで紹介されていますが、コイン型のICを埋め込んだトークンでした。1200Wの初乗りはちょっと高いですね。1枚目はそのトークン、残りはターミナル周囲の風景と地下鉄「ソンダンモッ駅」の入り口です。人が集まる場所では何でも商売が始まる、韓国ってそんな国です。

 3枚目、遠くに友邦ランドのタワーが見えます。テグに泊まったのは一度だけ、あとは乗り継ぎとか通過とか、一日ではとても見て回れない大都市です。

 追加ですが、前にやはり多富洞へ行った時にも言われましたが、テグではバスターミナルとは言わず、4枚目の写真のように西部停留場とか北部停留場という言葉を使うようです。

 看板が見えますが、「チョンドヨン歯科」がありますね。有名な女優さんとは「ヨン」の字がちょっと違いますが女性の先生でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して917 江南 瑞草洞(ソチョドン)歩き

043 044 047

 李準圭先生のオフィスがあるのは瑞草区瑞草洞のムジゲ綜合商街です。地下鉄駅で言うと2号線江南駅、3号線南部ターミナル駅、良才駅の真ん中辺。ベンベンファッションで有名なベンベンサゴリのそば、焼肉で有名なポドナムチプのすぐそばです。駅から歩くと、いずれの駅からもけっこうある感じですので、最近は南部ターミナル駅からマウルボスに乗って京釜高速をくぐった先のムジゲアパート前で下車、そんなふうにして行っています。

 今回は時間があったので久々の江南散策。駅三駅付近から歩いて江南駅手前を南へ、結局でも江南大路に出てという経路でした。

 1枚目、新しいテナントビルの前の外構工事です。テーマは歩道に敷かれたシート。これも不織布というのでしょうか?ぼろ布を製紙するように再生加工したようなシートです。日本ではあまり見ませんが韓国ではぬかるみの滑り止めや、こんな工事中の歩道などでよく見かけられます。韓国のビル、新しいのは派手で立派ですが、工事の周辺はどうも日本ほどきちんと整理されていない、そんな気がします。「完成品がちゃんとしてればケンチャナヨ」というところでしょうか?

 2枚目、ムジゲアパートそばにあった例の磁気ネックレス(?)の店。韓国はゴルフがブーム、そんな、余裕のあるお金持ちが多い地区だからかもしれません。その隣は団欒酒店ですね。すぐそばには歓楽街が控えている場所でもあります。

 3枚目はコーヒーショップの看板が某有名店ぽいので1枚。すぐそばに緑のマークの本物があります、ここ。2枚目の写真の先ほほうに見えるプルデンシャル生命ビルの1Fがそうだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

普通の韓国を探して916 大陸の青空の色

376 377 378 380

 韓国人はこぞって韓国は秋が1番と言いますが、この冬は日本同様暖冬。まぁ、すぐ隣の国ですので一緒ですよね。2月なのに寒さで困ることなく移動できる感じでした。

 写真て、フィルムはフィルムなりに、また現像過程でも多少の差は出ますし、ディーカ(デジタルカメラを韓国の若者はこう呼びます)写真もメーカーごとに少し違う感じがします。ともかく、韓国の青空、日本よりももっと濃い青、そんなのを表現できればと思っての撮影ですが、うまく色が出たかどうか?? 全部ソウルの中心地、ウルチロ入り口駅の付近でのものです。韓国旅行の経験者であれば、多分だれでも行ったことがあるロッテ本店付近と言えばもっとわかり易いでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

普通の韓国を探して915 チャジャン麺のすごく美味しい北京飯店

327_1

 ソウルの東の玄関、清涼里駅の前です。古い駅も知っていますが取り壊され、ここ数年ずっと工事中。今使われている橋上駅は仮駅だとの話ですが、なかなか工事が進まない印象があります。上野駅に例えられることがありますがもう少しうらぶれた感じがする場所です。

 この写真、橋上駅からひとつしかない階段を下りてきた場所の左方向のものです。正面は駅前広場の西側を占めるロッテ百貨店清涼里店がドンとある、その裏を西へ行く道ですが、ハングルの読める方は「北京飯店」というオレンジ色の看板がおわかりかと思います。何十回とチャジャン麺を食べていますが、ここのは3本の指に入る美味しさでした。軍隊の多い地方へ行く汽車が出る駅ですので休暇が終わり部隊に戻る軍人さんなんかも食べていることが多い店です。黄色い箱をつけたバイクはたぶん配達用でしょう。この店はお勧めです。

 でも、たぶん、コメントいただいたご意見のように普通の中華、どこでも美味しいのが韓国のチャジャンだと思っています。

 この先、道が細くなると、有名な清涼里588の中に入っていってしまいます。緑の屋根の間の辺りが入り口だったと思います。良い子は行かないようにしましょう。写真でもパトカーが見えますが始終警察がパトロールしていますので、捕まったら非常に恥ずかしい事態になることと思われます。まだ、実際はそんな話は聞いてはいませんけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事289 三鮮チャジャン麺

329_2 330_1

 チャジャンミョンの高級版、三鮮チャジャンです。えび、いか、なまこ、が多くの場合「三鮮」の意味だったりします。もちろん、豚肉も入っています。しかし基本的な味はほぼ一緒です。デパートのフードコートなどでははずれもありますが、街角の普通の中華食堂のものはたいてい美味しいです。安くて美味しいメニューの代表と言えましょう。

 これは龍山から三角地へ行く途中の店のものですが、美味しかったです。店内は小さく、お客さんも私のほかには2人でしたが出前が大忙しの様子。実際、この後に行った「龍山MTB」でも、お昼はここの出前だったようです。

 韓国へ行ったら韓国らしい食事を、と昔は私も思っていましたが、こういう韓式中華もしっかり韓国に根付き、独自に発達した立派な韓国のごはんだと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して914 栄州の中心街を歩く

231 232 233

 慶尚北道のヨンジュ市、中央線と嶺東線、慶北線の分岐点でもあり、昔からのこの地方の中心地だった都市です。でも、ソウルからかなり遠いことからでしょうか、あまり発展しているという感じはありません。もっとソウルに近い原州あたりは郊外に大アパート群ができているのに比べるとまだまだのどかな雰囲気のする街です。

 他の慶北の町同様にリンゴの栽培が盛んな場所、その他には豊其(プンギ)の高麗人参、鳳陽(ボンヤン)の松茸などが有名です。写真、1枚目は旧市内の中心部、嶺東線分岐のそばにある公設市場の様子です。全国でこういう在来市場の衰退が言われていますが、ここもちょっと人が少ない感じでした。2枚目、寝具店です。韓国の布団、派手な柄が多い感じで、寝具の店、割合あちこちで目立ちます。3枚目はアーケードを抜けた繁華街、若者向けの服などの店が多い通りです。学校帰りの高校生、やはり早く進学とかでソウルへ行きたいな、と思っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

普通の韓国を探して913 駅三、ルネッサンスホテル付近の遊興街

015 016 018

 95年の初ソウルのときに空港の案内所の人に探してもらって泊まった宿、「山水ホテル」の周辺、懐かしい場所です。テヘラン路はバリバリのオフィス街ですが裏手の道は食堂、飲み屋、遊興酒店(女性が付く店)、モテル、そんなのが集まる繁華街です。江南のど真ん中ですので高いのでしょう。ここらで飲んだことは一度もありません。

 1枚目、横から見たルネッサンスホテルです。坂が多い場所です。昔その山水ホテルに泊まった際、ルネッサンスのほうへ行く途中の場所に「置屋」というのでしょうか、派手な服で着飾った若い女性がたくさん待機している場所がありました。その辺の写真なのですが、今はありません。いったいあれは何だったのでしょう?今もわかりません。

 2枚目はルームサロン「会議中」とモテル「Sモテル」、地下が飲み屋で上がモテルのようです。ルームサロンとかって客単価50万だの聞くとなかなか入れませんよね。気軽に数千円でおばさんのママ相手に飲めるスナックみたいなのはめったにありません。「めったに」と書いたのは前にここで鍾路のピマッコルの「カウル(秋)」という店を紹介したからです。探せば、数万Wで話せて飲める店もあるのでしょう。

 3枚目、テヘラン路の裏通りです。夜はにぎやかな場所なのでしょう。なかなか江南に泊まることはないので、ちょっと行きにくい場所、やはり旧市街のが居心地がいい私です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して912 安東市外バス停留所 200Wの自販機コーヒー

195 197 196

 慶尚北道、安東のバスターミナルです。裏手にある入り口の写真なのですが、古いターミナルは中が薄暗いことが多いです。最近あちこちでバイパスの発達によりターミナルの移転が見られますが、新しいターミナルは明るくてきれいです。でも、けっこう多くのターミナルで、テナントが入らずがら空き、という状態を目にしています。最近目立ったのは忠南の「保寧(ポリョン)」のターミナルでしょうか、マッド(泥)祝祭のときに行きましたが売店が入っているだけ、入居募集のカウンターだけが目立っていました。韓国の不動産市場、どうなっているのでしょう?

 2枚目はよくあるカピ(コーヒー)の自動販売機です。昔は300Wか350W、今はたいていは400Wくらいだと思うのですが、ここはなんと200W。初めて見ました。高い場所、たとえば明洞のプリンスホテルのロビーのは確か600Wだったりもします。田舎とはいえ、あまりに安いので一杯。 映画「花咲く春が来れば」では、道渓でチェミンシクがあまりのまずさに噴き出す場面がありましたが、実際はどこも同じ味だと思っています。3枚目にあるとおり、カップの半分くらいの量しか出てきません。でも、最近はこれが適量なのかも、と感じています。「パルリパルリ(早く早く)」が好きな韓国人ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

とうちゃんの自転車日記13 ソウルでも自転車店 2

356 360 361

 江北区にある自転車店です。「三千里自転車」とあります。ミアサムゴリ駅から北側に出て、ロッテデパートの前を行くとすぐの大きな交差点にある店です。日本同様、普通の自転車だけを扱う店と、本格的なMTB、ロードレーサーを扱う店、分かれている感じで、自転車雑誌の巻末の広告を見てそういう店を探します。ここもそのひとつでした。ウィンドウに飾ってあるのはレフティサスのキャノンデールの「スカルペル」かもしれません。

 2枚目、日本では耳慣れなかった「コーラテック」というブランドのレーサーです。「~なかった」と書いたのは今年からダイワ精工がスペシャライズドをやめ、このコーラテックを扱うとか雑誌で見たからです。一気に人気爆発とは行かないまでも、だんだん日本でもこれを見かけることが増えるでしょう。韓国の雑誌を見るとけっこう広告がありますので人気があるブランドなのかもしれません。韓国で「コルラ(コーラ)テック」というと、酒を出さない未成年用のディスコのことなのですが、韓国人、「未成年ディスコ」という名前の自転車、どう思っているのでしょうね。

 3枚目、スペシャライズドのスタンプジャンパー。軽くていいやつです。あまり街では見かけないかなりの高級品ですが、ハンドルが面白いのが付いていました。バックミラーつきです。日本では私は見たことがありません。ライトのこともそうですが、日本ではスポーツ自転車は軽さ第一という感じ、韓国では機能第一、多少重くてもいいや、なんておおらかな感じがします。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »