« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

2007年5月 4日 (金)

普通の韓国を探して1024 仁川の街 赤レンガの建物など

139_1 153_1 136_1 193 194_1

 1~3枚目は仁川港引込み線の踏み切りのあたりの風景、3,4枚目は仁川駅から少し行ったあたりの紡績工場、どちらも古い町です。前にも書きましたが日帝時代、日本の施策で、いろんな工場ができた、その中に仁川のレンガ工場なんかもあったのではないかと思います。大きな町、まだ数回しか歩いていませんが、古い建物など、まだまだ見るべき場所、歩くべき町がたくさんありそうな都市です。またきっと行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (13)

韓国の犬5 これは猫、東西市場にて

348_1

 清涼里の東西市場、西寄りは京東市場の果実市場につながっています。東西市場自体が京東市場の一部ともいえます。

 朝はたくさんの果物の箱が並ぶこの辺も、午後ともなるとその日の品物が売れてしまってガランとした店が目立つようになりますが、そんな店の土間に、猫がいました。平らなところではなく、寄りにも寄って箱の残骸とも思える板切れの上にのっかってごろごろ背中を擦り付けたりしています。「ねぇ?そこがほんとに気持ちいいの?」と尋ねたくなるような感じでしたが、そこが好きなのでしょう?めんどくさそうにカメラを見てくれました。

 韓方薬材料にもなってしまうという猫、野良猫はあまり見かけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

普通の韓国を探して1023 イムンセ 同唱会

374_1

 清渓広場で見かけたポスターです。イムンセ、ベテランの歌手で、なかなかの人気のよう。韓国語ジャーナルの付録CDで出てきましたが「パルガンネボク(内服)」という歌、なかなか良かったです。内服(ネボk、ネボク)というのは冬用の下着のセット、日本で言えば厚い股引と長袖シャツのことだと思いますが、寒い韓国、昔は毛糸編みだったようです。

 このコンサート、全部売り切れだとか、次の訪韓のときに新聞に出ていました。ライブはいいですよね、何でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1022 ロッテ本店 手荷物預かり場と両替所

383_1

 知り合いも多いロッテの地下食料品売り場の一角にある手荷物預かり所です。ロッテで買ったもの以外でも預かってくれますので、最後の日のチェックアウト後の買い物などの際には便利です。ちゃんと預り証を発行してくれますので安心です。

 最近知ったのですが、この奥の左に両替所があります。そんなに悪くないレートだったと思います。銀行ではないので新券はありません。よく観光掲示板で両替所の質問が出ますが5万や10万の両替ではたかだか数千Wの差だと思います。10000円あたり1000W内外じゃないでしょうか。わざわざ尋ねて行く時間と労力を考えるとそんなにメリットは無いと思うのです。私は「空港で全部」派です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

韓国の犬4 中渓本洞 バス終点の犬

330_3 329_4

 これも、元が何なのか誰もわからなくなった小型の雑種犬です。中渓本洞のバスの終点の広場に繋がれていました。後方には鶏もいますね。茶色の樽か緑の箱が家なのでしょうか?なんともとぼけた表情がいい感じでした。

 ここ数年の愛玩犬ブームでお金持ちは億単位の値段の高級良血犬を自慢しあったりなんて話も聞かれましたが、こんな街角の韓国特有とも言える雑種犬のが可愛く思える私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1021 龍山駅 Iパーク百貨店

287_2 282_3

 龍山駅、この10年でもっとも変わったソウルのひとつかもしれません。東京で言えば品川駅? 品川も大きく変わりましたが、昔は一部の長距離列車が出る寂しい駅という感じでした。駅前広場右手の礼式場は昔からありましたが、あとは目立った大きな建物は国際ビルくらい。今でも上へ行くとちょっと細くなる変わった格好のビルとして残っていますが、周囲に大きな建築がどんどんできたので龍山といえば国際ビル、そんな感覚も薄れてしまいました。

 もともとあった電子商街、けっこう歩かされるのであまり行きません。駅ビルの中にもそんな電子、電気商街ができたけどテナント、全部埋まったかな?そういう建物、作りすぎの韓国です。

 新装なった龍山駅、下にはEマートに、この今回初めて行ったアイパークデパートがあります。高級品を置いている、そんな感じでしたがお客さんは少なめでした。過消費が問題化されている韓国、でも、店もできすぎている、そんなふうに感じています。この龍山駅と大通りの間の一角は風俗街ですが、そこもついに再開発で大きなビルになるとか新聞、テレビで言われていました。でも、少子化世界一の韓国、そんなにビルを作ってどうなるんでしょう?この龍山駅付近、目立つ場所だけに、そんな開発の空回りを感じる私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

韓国の犬3 清涼里東西市場にて

355 353_2 356_2 358_3

 3枚とも東西市場という場所です。ガイドブックにも出ている京東市場、なるほど、チェギ洞駅からちょっと歩けば入口があり、お手軽に「京東市場へ行く」なんてのは可能ですが、広義の京東市場、北は高麗大学そばの小学校のあたりまで、また東は清涼里駅のすぐそば、現代コアビルのあたりまで広がる広大な区域です。南大門市場、東大門市場を全部歩いた人が韓国人でも多分いないように、京東市場を全部見た日本人も多分ほとんどいないのではないかと思います。この東西市場(ドンソシジャン)も、そんな京東市場の一部です。

 おじさんが2匹、ポメラニアンが入っていると思われる小型の雑種犬を引き連れて買い物していました。離れたり着いたり、はぐれることなく市場の雑踏を歩いていましたので何度も来て慣れている近所の犬のようです。2枚目、左のやつはコーヒーなどの飲料水の屋台です。もっと小型のものが多いのですが、かなり大型。店じまいの移動中かもしれません。

 4枚目も放し飼い。このへん、果物の卸の店が多いあたり。北へ行くと犬の店が少しあって、雑貨、食品、菓子の卸の店が多い場所になります。この12年、何回も通って、やっと土地勘ができた場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1020 北漢山の薬水ト 弘恩洞にて

178_2 179_2 180_1

 今までもソウル周囲の山、亥安盆地へ行く途中などの薬水トの紹介をしてきました。薬水という駅まである韓国ですが、自然の湧き水が身体にいいという説が確固として信じられている韓国です。全国各地にミネラルウォーターにもなっているほど有名な薬水もありますし、地元の人が毎朝運動を兼ねて山に入りポリタンクに汲んでくる、そんな小さな薬水もあります。映画「トゥカップス」でも、殺し屋との連絡場所に薬水トが出てきたりしましたね。

 これは弘恩洞、3号線のホンジェ駅からマウルバスでソウル女子看護大学前まで行き、そこから急坂を上った場所、北漢山の入口にあった薬水トです。ちょうど春、ケナリ(れんぎょう)の季節。登山の人、手軽な運動の人の休憩場所でもあるようです。水質の検査が定期的に行われているようで、検査記録が掲示されていました。また3枚目のような掃除用具も置いてあります。愛玩犬を薬水トに立ち入らせないようにしてくださいという掲示もありましたが放し飼いの散歩が多い韓国、完全には守られていないようでした。

 ソウルの周囲の山にもこんな薬水の湧き出る場所がいくらでもあります。いろんな韓国の楽しみ方があっていいと思いますが、ソウル薬水めぐりも面白いのではないでしょうか?

 「ホバク谷薬水」とありますね。「ホバk」=カボチャ。カボチャ谷という地名のようです。なんかいいでしょう? 昨年の今頃自転車を持っていって京都と滋賀県を走ったことがありましたが、山科から大津へ峠を越えるつもりで間違った谷の急傾斜地の新興住宅街に入り込み、なんと谷の一番奥まで上ってしまったことがありました。そこの地名が「行者谷」という場所。なんか、地形がこの辺と似ている感じがしました。京都とソウル、似ているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

普通の韓国を探して1019 日本人はやっぱり浴槽が無くちゃダメ?

062_1 063

 2000年代初め、とある主婦が半身浴で大幅なダイエットに成功したことがネットで有名になり、韓国女性の間で半身浴が流行した時期があります。これ、日本人観光客が多いソウル市内中心部の荘旅館の浴室ですが、こんなのが置いてありました。

 察するに、浴槽を希望する日本人の声が大きい。でも、韓国の風呂、沐浴湯が習慣化されてるため、浴槽無しのシャワーだけというところも多い。前に流行った半身浴用の浴槽なら小さいし、売れ残りだから安いし、こいつぁ一石二鳥(韓国語にもイルソkイーチョという言葉有り)、ということで入れたのではないかと思われます。足が入る部分だけ深く、お尻が乗る部分は椅子状になり、その下は椅子の脚のようになっています。肩まで身を沈めるなんてことはできないものです。

 でも、お湯はシャワーを中に放り込んで溜めればオーケー。半身浴用なのでお湯も少なくて済む。欠点は半身浴しかできないことと、ただ浴室に置いただけなので栓を抜くと浴室中が深さ2,3センチのお湯の海になり、サンダルやらゴミ箱がぷかぷか浮いて移動してしまうこと。でも、それくらいケンチャナヨ!ということでしょう。私もここで半身浴をしながら地図を眺め、翌日どこへ行こうか?なんてことをゆっくり考えることができました。

 古い地図にもちゃんと表示がある有名モテル(荘旅館)である南山パークでの写真でした。やや古いけど、清掃、整備はきちんとされていてなかなかいい旅館です。お勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して1018 韓国らしい積荷 2題

438 468

 1枚目は南大門市場の朝だったかな?荷台いっぱいに「バッカスD」どいうドリンク剤の箱。何十年も前から有名な「パクリ(?)」商品の代表みたいなもの。一時は「バッカスF」だったような気がするのですが、「D」ですね。これも1本定価で500Wくらい。安いので、いろんなとこでオマケとしてもらうことがあります。左手に箱が見えますが最近は「ビタ500ゴールド」という類似品におされ気味とのことですが私は飲むならバカスだな。

 2枚目は黄鶴洞のチョンゲチョン路側の出口近く。ミネラルウォーターのボトルの配達です。飲食店や旅館だけではなく、一般家庭でもこのような水の購入がかなり普及しています、韓国。ディスペンサーを買って、あとはなくなりそうになったら電話すれば配達してくれるシステム。 テレビ映画「フレンズ」で、ウォンビンが日本へ行く資金を貯めるためにこの水の配達のアルバイトをするシーンがありましたが、配達場所によってはかなりの重労働になりそうです。

 いかにも韓国という感じの積荷の写真2題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »