« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »

2007年5月12日 (土)

2007年5月12日 マイナス思考

 こんにちは

 ちょっと手が空きました。前からやろうと思っていたけどやらなかったこと、やってみたのです。それは、マイレージ会員になる前の韓国に行った回数です。

 大韓航空の会員のページで、今までのマイレージの履歴、いつ、どの便に乗って何マイル加算されたかがわかるのですが、最初の加算は2000年1月26日でした。前の旅券に残ったハンコの数から、上記の分より前のを数えればいいわけです。なんと19回。それに、92年のチェジュがありますので、20回、マイレージ会員になる前に韓国へ行っていました。

 2000年代初めまでは日本路線、大サービスで1000マイルずつもらえたので、40000マイル分、なんか損した気分です。4万あれば1往復できて少し余りますし、なんで最初に会員にならなかったのか?今悔やんでもしょうがありませんが、数えないでいた訪韓回数、ついに数えてしまいました。

 思えば最初のチェジュ行きでも面白かったし、95年の初ソウル以後、李準圭先生のおかげもあり、いろいろ見て、食べて、人に会って、どんどん韓国が好きになり、年に2回が3回、4回、それ以上という感じで訪問回数が増えたのに、何でマイレージ会員にならなかったのか??? まぁ、これはマイナス思考、やめておきましょう。さ~て、6時頃までまたがんばって働きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事309 清涼里駅前 北京飯店のチャジャン麺

293_1 292_2 291_1

 何度かここでも紹介してきましたし、何度も行っている店ですが写真は初登場、清涼里国鉄駅駅前の北京飯店(プクギョン飯店)のチャジャンです。日本でも「ラーメン屋はきたない店がうまい」なんて話がありますけど、韓国の国民食とも言えるチャジャンミョンも立派なフードコートだとか、豪華な中華飯店なんかのがハズレが多い、そんなふうに感じています。 店の前に出前用のプラスティックの箱を載せたオートバイが停まっている、そんな普通の店がお勧め。どちらかといえば出前で食べる人も多いメニューですので、すいていても出前で忙しそうなら、まずハズレはありません。

 1枚目、いつまでたっても工事が進まない清涼里国鉄駅の入口です。真ん中に完成予想図がありますが、これは旧駅舎の西にできた橋上の仮駅舎なのに、もうちょっと古びてきています。

 2枚目がこの店の写真、ちょっと行くと588です。3枚目、肝心のチャジャン麺、ごく当たり前の優しいチャジャンソースが絶妙、思い出しただけでも唾液が湧き出る写真です。3000Wでした。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して1031 西大門区弘恩洞を歩く1

158_3 159_3 160_2 161_2 162_3

 ソウルは山だらけの都市、特に漢江の北の旧市街とその周辺は山の中腹にまで家々が立ち並んでいます。グーグルアースでくまなく探し、航空写真地図と照合、いくつかの場所をピックアップして歩いてみることにしました。変化の速いソウル、韓国、どんどん再開発も進んでいますが、古い町並みをできるだけ歩く、そんな方針で出かけてみました。

 3号線ホンジェ駅からマウルバスに乗り、1キロほど山に入ったソウル女子専門大学前で下車、大通りを渡ってソウル女子看護大学のほうへ進んだあたりまでの写真です。ごく普通のソウルの街、そんな雰囲気を味わってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

普通の韓国を探して1030 韓国の改造バイク

352

 韓国のオートバイ、排気量制限があったりで、お金のあるファンは日本やアメリカの輸入品に乗っていたりしますが、市場で物を運ぶバイク、前に3輪に改造してバックまでできるのだのを紹介しましたが、いろいろいじってあり、面白いものがたくさん見られます。

 車検とかがうるさくないのか、荷台含め、全長や幅の変更なんかもいくらでもあり、また、うんと古いのを直し直し使っているのもたくさん。韓国でも愛車、自転車なども含め、「愛馬(エマ)」と呼びますが、それぞれ、持ち主にとっては大切な愛馬なのでしょう。単に新しいのが買えないからかもしれませんが、オンボロバイクからは乗る人の愛情が感じ取れると思います。

| | コメント (6) | トラックバック (19)

普通の韓国を探して1029 丹陽八景のひとつ、トダム三峰

266

 天候も悪く、汽車の中からの撮影、きれいな写真じゃなくてすみませんが、有名な丹陽(タニャン)八景のひとつであるトダム三峰、これは上り線の線路からですので、ちょっとしか見えませんが向こう側、下り線の線路からはよく見えます。韓国の方には申し訳ないですが、小さな岩が川の中にあるだけ、という感じで、あまり見栄えがしない名所です。ガイドブックなどの写真で期待して行くとちょっとガックリする方もおられるかと思います。そんなわけで、印象も薄く、前に書いた「中央線といえばセメント工場」、そんな感じを持っているのです。

 滝などもそうですが、水関係の名所、島は別として、湖なども、ダム湖では巨大なのがいくつかありますが、自然のものはあまり立派なのが無いように思えます。唯一雪岳山の「土旺城瀑布(トワンソンポッポ)」を除き、日本が勝ち、そんなふうに思っています。日本が水が豊富な国であることを感じています。

 おわび:勘違いで「安東八景」なんて書いてしまっていました。韓国の方、その他の国の方、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1028 液体、ジェル類機内持ち込み制限 仁川空港

542

 仁川空港、アシアナのカウンター前にあった機内持ち込み禁止物件の見本です。左側が禁止されるもの、右は持ち込み可能例ですが、真空パックのキムチや紙パックのチャムイスルがあるのがいかにも韓国らしいです。わかりにくいですが左上の端のものはレトルトチャジャン、これも韓国ならでは、日本だったら当然カレーが置かれるべき場所でしょう。

 「ジェル(ゲル)類」というのがくせもので、新潟空港では味噌なんかも没収というか放棄させられていました。パック詰めされたあんこもダメだそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

普通の韓国を探して1027 天安での2枚

111_1 122_1

 「天安サムゴリ」という有名な昔の歌があるそうですが、その場所には立派な石碑と公園があり、独立記念館へ行く途中でもよく見えます。1枚目はそれとは別の天安の交差点です。南山公園前を過ぎ、もうすぐ天安駅、というあたり、別に観光名所でもなんでもない場所の写真ですが、好きな1枚です。

 2枚目、天安駅、新しい橋上駅への上り口のすぐ前にあった看板ですが、「汽車票 買う場所」とあります。ソウル駅でもそうですが、駅の外にも汽車の切符を買う場所、あるんですよね、韓国。かえって空いていたりしますし、街中の旅行社などでも購入可能な場所はたくさんあります。簡単な韓国語の読みができれば、旅行能力、ぐんと向上することでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

韓国の犬8 やはり東西市場 

359_2

 市場の通りの店の前の品物を置く台の下でごはんを食べていた1匹を撮りましたが、ストロボで驚いたのか、それとも食事を盗られるかと警戒したのか、猛烈に吠えられてしまい、ちょっと目だってしまいました。店のおじさん、「不法に写真を撮られたから怒ったんだろ」と言っていましたが、別に私に対しての「不法」を責めた言い方ではなく、犬に対しての純粋な意見だったようなので安心しました。

 ここでも何度か書いていますが市場での写真、けっこう話してうちとけたと思われる後でも許可を求めると断られることが多いです。言葉がわからない純粋な(何も知らない)観光客が、何も考えないで撮ってしまった、そんなふうのがかえってトラブルが少ないかもしれません。なかなか難しいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

韓国の犬7 中渓本洞の2匹

297_1

 子犬であるためか、つないであります。白いほうはかなりしっかりした、というか純粋ぽいプードルのようですが、茶色のほうはもしかしたら、もしかして、大きくなったら引き取られて(ずっと前の群山の友人の家の犬の項を参照してください)、、、とも思える在来型の大きくなりそうな雑種犬のようです。

 地面にはおしっこの跡と思われる液体の流れたあとがありますが、掃除はきちんとされていました。小屋は1つだけだけど、一緒に寝るのでしょうかねぇ?「あやまち」が無いといいのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1026 仁川市内行き空港バス111番、112番

010_1 011 012_1 016_1 018_1

 けっこう何でもわかっているつもりの私ですが、まだまだ乗り物の失敗はあります。複数回やっているのに、地下鉄ソウル駅駅での、1号線から4号線への乗り換え。けっこう乗り換え通路を歩いて4号線のホームに行き、明洞、忠武路、東大門運動場方面への電車に乗ったつもりが、逆方向で、次の駅は淑大入口、というのがありますし、今回は仁川市内行きの空港バス、よく路線を確かめずに乗ってしまいました。

 韓国のバス、経由地がいろいろたくさん書いてあります。ハングルですので急いで読めないといけないのですが、やはりスピード不足、適当に読んで、来たやつに乗ってしまいました。それが1枚目、111番です。隣は在美キョッポのアジュマ、日本と香港を旅行した最後に親戚に会いに行くとか。基督教への入信を勧められました。しかし行き先を聞かれて、話しているとどうも違うのに乗ってしまったみたい。運転技士さんに聞いたらやはり違います。私の行きたいのは旧市内中心部、東仁川方面ということを話したら最初の停留所で乗り換えろとのことです。4000Wくらいでしたか、無駄にしてしまったなと思ったら、乗換券を出してくれて無料で可能だとのこと。それが3枚目の換乗券です。手書きで、111から112番へと記入して渡してくれました。

 順番が逆になりましたが2枚目は右列最前部の席にあった張り紙。足をのっけるな、とあります。たまに座席であぐらをかいているおじさんが運転手さんに注意されるのを見ていますが、案外厳しいまじめな運転技士さんも多いようです。

 4枚目は最初の停留所「西部工団(工業団地)」にあった乗換え可能に関する説明。5枚目は112番のバスの中からの風景です。初めての都市ではありませんが、かなりの大都市である仁川。埋立地でしょうか、古いアパートあり、工業団地あり、ソウルの空港バスとは違い、ぐるぐるあちこちに停車するので時間はけっこうかかりましたが、ソンリム市場停留所まで、新鮮な景色を楽しめました。

 すみません、写真、サイズ縮小を忘れました。肝心の場所は見えるので、このままで、ご勘弁ください。これから気をつけます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事308 煮干し

020 264

 1枚目、ふつうのイワシの煮干しと、大きめのは多分、コノシロ(コハダ)の煮干しです。場所は東大入口駅付近の食堂の前、たぶん、市場で買っておいた箱を開いて風に当てて湿気を飛ばしているところだと思いますが、カルククスのだしにでもするのでしょうか?

 2枚目は夕刻の中部市場、ゲートには「伝統乾魚物専門市場」とあります。ウルチロの反対側からの1枚です。すでに店を閉めているところも多い時間でしたが、なかには商売熱心で遅くまで開けてる店もありました。煮干しの箱は5キロ入りくらいでしょうか?もう少し小さいかな?産地や魚の大きさ、乾燥方法などで大きな差がありますが、安いものでは1箱10000W以下でもいくらでもあります。話せば味見も可能。最近は日本人も増えてきた場所ですので、案外、うどん屋さんやラーメン屋さんの買出しもあったりして、、なんても思っています。

 日本の生産者に言わせれば、断然日本産が、だの言うでしょうが同じ海で獲れた海産物、目が利く人が見ればいいものも多いはず。十中八九、日本より安いでしょう。海産物の乾燥品が中心であるこの中部市場、ありきたりの観光や買い物に飽きた方などにはお勧めです。けっこう日本語も通じるようになってきていますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

2007年5月7日

 おはようございます

 連休中、県内ではありましたが、法事が2つありました。昔は車に乗るのも大好きだったのですが、最近自転車に乗るようになってからか、もしくは年齢のせいか、ちょっとした距離でも疲れます。また特に夜の走行はダメですねぇ。近いものが見えにくくなるというの以外に、目の老化として暗いときに見えにくくなるというのがあるようです。

 でも、3月4月、「乗った」と言えるような距離はほとんど乗れなかったのですが、2日に4時間ほど自転車に乗ることができてよかったです。 毎年連休とか、「今年も何もしないうちに終わってしまったなぁ」なんて考えることが多かったのですが、そう考えるよりも、「自転車に乗れたし、法事でいろんな人と話せたし、墓参りもできたし、最後の日にはゆっくり休むことができて良かったな」なんて肯定的に考えるようにしています。

 この「肯定的」という言葉、日本語でもちゃんとありますが、めったに使われません。でも、韓国語では「肯定的な人」とかいうように、いい意味での使われ方がしばしば見かけられます。「現状は現状として認め、でも、そこから一歩踏み出す」、そんな生き方、考え方ができれば嬉しいですよね。 と、ここまでは長い前置きです。

 昨日、家でテレビを見ていたら、沖縄県の美味しいものの話、「ジーマミー豆腐(ジーマミトウフ)」という、落花生で作られたゴマ豆腐みたいなのが紹介されていました。知ってはいましたが、まだ食べていません。胡麻豆腐同様に、落花生をすりおろしたものを固めた料理なのですが、なんかここでも紹介している韓国のドングリをすって固めた料理である「トドリムッk」に似ていますよね。前から沖縄県と韓国はスパムの利用、コーレーグース、豚の皮の多用など、食文化的にも似ているなと思っていたのですがこの「ジーマミ豆腐」も似ていると感じました。

 しかししかし、こんなことを日記にわざわざ書くのはもう一つ、嬉しい類似点に気づいたからです。賢い読者の方はもうお気づきでしょう? 

 日本で言う落花生、南京豆、ピーナッツ、前にも紹介して、コメントもいただきましたが韓国語では「タンコン(タンg=土地、地、コンg=マメ)」と言うのですが、沖縄方言というか沖縄語でも「ジー=地」、そして「マミ=マメ」で、韓国語式に「地面の中にできる豆」だから「ジーマミ」なのではないかということに気づいたのです。

 沖縄方言の「ジーマミ」と韓国語の「タンコン」。この2つの場所に似た文化があるということ、なおさら深く感じた一件です。韓国語を勉強してて良かったな!と思うんです。わかる人、いるかなぁ?? 小さいことですけどね。嬉しいんです、こんなことも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1025 ここ数年で増えてきたソウルの横断歩道

431

 初めてソウルを訪問してから12年になりますが、2002年のワールドカップあたりを期に、ソウルに変化があったと感じています。それは交通マナーなど社会的マナーの向上と、自動車優先社会の見直しです。

 市庁前広場が芝生になり、冬にはスケートリンクに、という大きな変化の他にもあちこちの歩道橋(韓国語では陸橋)の撤去と横断歩道の設置により、かなりソウル市内中心部、歩きやすくなりました。昔はたくさんある地下街の出入り口や地下鉄駅の階段を利用しないと渡れなかったソウル市内の大通りにもたくさんの横断歩道ができています。これは、あまり私が行かない場所であった南大門市場の裏、南大門前ですが、こんなとこにもできたのか?!?って思いました。大変交通量の多い通りですので待ち時間はかなり長いですが、昔は車窓から見るだけという感じだった南大門もすぐそばに行って眺めることができるようになっています。嬉しい変化と言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の犬6 仁川 松林洞付近の犬

046

 「韓国の小型の雑種犬」をいろいろ見ているとどうも現在の愛玩犬ブームの前か、その前のブームのときにポメラニアンが大流行したのではないかと思います。ここ何回かのアップでの犬、そして今回のこの犬。ポメラニアンと韓国在来種、もしくはその雑種が勝手に交配して、という感じがしますよね。

 日本でもやはり流行はあります。バブル時代に流行った大型のシベリアンハスキーだのゴールデンリトリーバー、最近はほとんど見かけなくなりました。「繁殖家」という職業があるそうですが、「流行が過ぎてしまって余った犬、作りすぎた犬」はいったいどうなっているのか?ちょっと心配です。

 これも、仁川市東区、水道局山タルトンネ博物館の2度目の訪問のときに上っていく途中での撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »