« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »

2007年8月 4日 (土)

とうちゃんの自転車日記28 松浜の池 1

020 021 022 023

 ヤフーの地図でもなんでもけっこうです。新潟県新潟市東区、阿賀野川の河口の町、松浜町をごらんください。幅1キロくらいもある阿賀野川の河口の右岸、すぐ海のそばに池があります。非常に珍しい地形です。海のそばの砂浜の中の淡水の池です。

 季節により大きさの変化はあるでしょうが、こんな低い場所、それも海のそばに独立した池があって、淡水で、かつ植物相も動物相も独自の豊かなものを持っている。大げさに言うと新潟の宝だと思います。

 大昔、車で近くまで行って観察したことがありましたが今回は自転車。漁港の先、防波堤に沿ってできるだけ海側へ近づき、ここ!と思ったあたりで堤防に上がると20年ぶりくらいのその池がありました。何度も言いますが、不思議な場所の不思議な池です。グーグルアースでもきっと見ることができます。実際に行ってみるのが一番ですが、写真で今回はお楽しみください。続きもありますので。

 富山出身の医院スタッフと話しましたが、富山湾では豊富な地下水が海底に湧き出ている場所がたくさんあるとか。また富山市内でも扇状地ですのであちこちで湧き水があるという話です。この新潟の池も、案外五頭とか飯豊山からの地下水脈とかのおかげでできたものなのかな?なんても思います。 次回、池のそばまで下りての写真をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1181 鍾路の裏通りを歩く

302 303 313 314

 1枚目、ずっとやってなくて、昨年あたりに営業を再開した大型食堂「韓一館」の脇のピマッコルです。清進洞へ行く近道としてよく通る道です。夏はエアコンの排気で暑い通りです。ここからチョンジン洞に出て右折。ちょっと行って左へ入ったのが2枚目。美都旅館の道です。「パプサンモリ」の看板がありますね。落ち着く路地です。3枚目はその先にあったサツマイモの茎、コグマチュルです。ナムルの材料として大事な野菜の一つです。干しているのかもしれません。乾物としても出回っている食材ですので。4枚目はさらに細い路地。ここは行き止まりかもしれませんがソウルのど真ん中、昔からの飲食店があります。

 このへん、10年以上前から歩いていますが3年に1度くらいの感じで大変化というか、再開発による古い町が無くなる現象が起きている感じです。たくさんあったナクチポックムの店もほとんど無くなったり移転したりしてしまいました。歩いて、写真を撮れるのもあと数年かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事337 ロッテリア 釜山総合ターミナル店

101 102 103 104 105

 釜山の地下鉄1号線の終点、ノポドン駅前にある釜山総合バスターミナルの中のロッテリアです。遅い時間まで酒を飲んでモテルに転がり込んで睡眠。寝坊して起きてシャワーして、チェックアウト。でも、バスに乗る前、少しはお腹に入れておかないと、ということでファストフードです。

 日本に無いメニューをということでパプリカベーコンビーフバーガーだったかな?一番豪華なヤツを注文しました。韓国のファストフード、有名なバーガーキングを筆頭に値段は高め。セットで5000W前後になります。最近の円安のせいもあり、かなりの割高な朝食でした。

 さて、出てきたハンバーガ、なんか矯正下着みたいなのを付けられていました。それを外していただきます。味付けは甘め。どうも韓国の味付けの肉、日本人には甘すぎが多いようです。あと、残念なのはあまり熱くなかったこと。作って何分以内に、というキマリがあると思うのですがもしかしたら韓国、徹底されていないのかな?なんて失礼な想像をしてしまいましたが、なんか「出来立て感」の乏しいハンバーガーです。

 最近日本でも韓国産の色とりどりのパプリカが売られています。特別大した味はしませんが、韓国好きの私にはなんだか嬉しいことの一つです。4枚目はゴミ箱。韓国語、英語、そして中国語に日本語、韓国人から見た3大外国語なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1180 スユ里の繁華街を歩く1

050 051 052 053

 ガイドブックに出ている日本語が通じる繁華街のほかにもソウルには人が集まる場所がまだまだたくさんあります。商売好き、独立好き、経営好きの韓国人、こちらが心配になるくらいに店の数もたくさん。そんな繁華街の一つ、スユリをちょっと連続アップロードしてみます。

 地下鉄4号線のスユ駅から出たところが1枚目。24時間営業のロッテリアとマクドナルドが向かい合う交差点です。こんな交差点がスユには3つ。その真ん中がここです。地図で言うとこの交差点の南西側の風景をアップしますので、スユリの4分の1を紹介する感じでしょうか? 4号線の沿線だけでも、明洞の次の忠武路、東大門運動場は言うに及びませんが、惠化駅そばの大学路、誠信女子大アプのトンアム洞、吉音駅前、ミアサムゴリ、そしてこのスユ。倉洞駅前、最後はノウォン駅周辺。大きな繁華街がある場所です。

 2枚目はその西への通りに入ったところ。3枚目は振り返っての風景。4枚目は少し西に進んだあたり。それこそ飲食店の洪水状態。よくこれだけの店がやっていけると思います。そして裏手の通りには新しいとこ、古いとこ、大小のモテルもたくさん。飲んで遅くなって、タクシー代よりもモテル代のが安いので泊まってしまうなんてのも実際多いことと思います。

 これだけの看板、韓国では看板屋さんも多いのではないかとうかがえますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

とうちゃんの自転車日記27 8月1日

008 009 011_2 012_2 015 019

 新潟地方も梅雨明け、ここ数日やたら暑い日が続きます。休みの日の自転車乗りもおのずから夏型になります。

 1枚目2枚目は早朝。5時前に家を出て亀田町、明訓高校のあたりから見た朝日です。ちょうど飛行機雲が見えたのでちょっと停車して写真を撮りました。涼しいうちに高速の(といってもよくて30キロというところ)練習、田舎の車と信号の少ない道を2時間ばかり走ります。7時前に帰宅して犬の散歩、朝飯の後、また出かけます。

 遠くまで行って、とは思うものの8時を過ぎるともう相当な暑さ。新潟って夏は暑いんです。結局30キロ圏内を休み休みポタリングです。去年、一昨年は「速く、遠くへ」という感じで走っていましたがかなりの道、走ってしまい、最近はデジカメ持ってゆっくり、新潟とその近郊の面白いものを探して、なんて走り方もするようになりました。

 3枚目は阿賀野川の河口にかかる松浜橋。なかなかきれいです。川の向こうは新潟空港と下水処理施設が見えます。

 4枚目は阿賀野川の河口方向を望んでの1枚。5枚目は小さな松浜漁港。なかなかいい雰囲気です。空港の標識があります。そして6枚目は漁港の先で砂浜に出たところ。ちょっと海に足を浸してみたくなりますが、写真だけで次の目的地へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事336 いろんな韓国の飲み物

179_2 180_2 181_2

 1枚目、慶尚北道の名山というか名刹の入口にある食堂の前です。何度か紹介しているように韓国の人、登山へ行っても帰りは焼酎とサムギョプサル、もしくは豆腐料理。お寺へ行っても山菜料理にサムギョプサル、カラオケにナイトクラブ、そんな遊び方をします。映画「彼女を知らなければ間諜」でも、ソウルに根を下ろして長い北の間諜おじさんたちが登山へ行くのを装っての集会を開き、でも登山口の食堂でサムギョプサルに焼酎、という場面がありましたが、とにかく、観光地、そんななのです。

 前置きが長くなりましたが、そんな観光地の登山口、山イチゴ(북분자)のジュース、桑の実(오디)のジュース、山芋(마)のジュースなどが売られています。みんな「モメチョッタ食品」です。しかし山芋ジュース、どんななのか?かなり楽しみです。

 2,3枚目はその登山口のバス終点の売店で買った飲み物。ロッテの「アイラック」という「着香炭酸飲料」です。しっかり発泡するリンゴ風味の炭酸飲料なのですがなんと下は透明なプラスティック。上の蓋の面だけ金属です。ガスが漏れないか心配でしょうから日本ではこんなの見られません。PETボトルの大瓶ビールがある韓国、「何でもやってみよう」という気風は日本以上だと思う1件でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1179 江南駅から駅三駅あたりへ

011 012 017 018

 今年の冬の写真です。1枚目「I love view」という看板、SK建設のもの。数年前の新聞で「眺望権」がかなり大事にされてきたことを知りました。韓国のアパート、高いけれど同じくらいの高さのが林立してしまえば眺望も何も無い、そんなだったのが、ある程度離して、眺望を確保してのアパートができ始めているということでしょう。漢江沿いの高級アパートの写真、前にもアップしていますが一度行ってみたいです。この夏もジャンボ宝くじを買っていますが3億当たっても買えないアパート、ソウルにはいくらでもあることでしょう。

 2枚目は「ベンベンプラザ」とあります。Bangbang Fashionの直営店でしょう。道には灯油でしょうか?配達のトラック。江南地区ではありますがいろんな風景がある、それがソウルです。

 3、4枚目は駅三方向への裏通り。国技院やチュンヒョン教会があるあたりですが酒の店やルームサロン、モテル、食堂、何でもあるのがやはり韓国です。「白松地中海マッサージ」というのは何の店でしょう?やはり按摩施術所なのかもしれません。4枚目奥の高層建築がルネッサンスホテルです。初ソウル、95年に行ってみて旅行会話集にあった言葉、「イルボン語新聞イッスmニカ?」が通じるかどうか試してみた場所でもあります。12年とはいえ、我が韓国語、かなりの上達をしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

普通の韓国を探して1178 海物ローストと日本家屋? 南大門市場にて

260 261 262 263

 회현동シリーズの最後です。新しく、大きくなった新世界デパート、なかなかがんばっています。昔のあの三越だった、という建物だけの時代とは段違いと言ってもいいでしょう。

 1枚目、その新世界の駐車場入口前の店、テゲ路から新世界の脇に入った場所の看板です。店名は진도집(珍島チプ)。海産物料理の店のようです。家賃がすごく高い場所です。一番大きく出ているのは「햐물로스(ヘムルロース)」とあります。

 日本でもなぜか、鴨、合鴨の胸のあたりの皮下脂肪が均一になってる大きく取れる部分を「鴨ロース」といいますが、さて、普通は「ロース」というと、四足の動物の肉の背中から腰の部分のこと、「ヘムルロース」って何だろう?と思いましたがハングルの表記を見ると「ロースト」が「로스」となっていました。写真を見ればわかるように海産物、魚以外かな?それを焼く料理が「ヘムルロース」のようです。 細かい部分はわかりませんが目立つのはタイラガイ(タイラギ)。昔は東京湾ものもたくさんあったであろうに、日本では九州だの西日本で少し獲れるくらい。ここ3,40年は養殖ホタテに取って代わられた感じがありますが歯触り、味ともやはりタイラガイが上です。韓国ではまだまだ西海の干潟でこのタイラガイ(キチョゲ)が獲れるようで、うらやましく思う私です。

 2枚目以後はその辺の路地の奥にあった家ですが、まるで日本の古いアパート建築のようです。出窓、外階段など、日本の大都市の下町にあってもおかしくない建築です。このへんも古い地区。ソウルのど真ん中ですが、これも日帝時代からある建物かも??と思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1177 清涼里行き一番列車 栄州駅午前7時

257 259

 サボというのでしたっけ?行程表示板。日本では内蔵式が増えましたが韓国、まだまだ使われています。流石に腕木式の信号は見かけなくなりましたが、「昔は日本もそうであった良い点を残している国」という言葉が似合う点だと思うのは鉄道好きだけかも。

 安東を6時台に出た一番のムグンファ号、栄州は確か7時ちょうどだったと思います。日の短い2月ですのでまだ暗い時間、ディーゼルエンジンの轟音を上げて入線です。ソウル清涼里までは確か5時間弱。先日乗った東ソウルへの市外バスは3時間15分、なかなか長い区間、汽車に乗る人は少ないのもさもあらん、というところでしょう。

 左端に見えるバッグの人、すらりとした長身の美人でしたがカメラを構えたら2,3歩後退してくれちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1176 交通整理アガシ 金浦

118 119

 今までも何度かデパートの駐車場の入口でダンスのような身振り手振りでお客さんの車を誘導する男性、女性の写真をアップしてきました。ロッテ、現代、新世界、一番見つけやすいのはロッテの本店でしょうか?それぞれカッコいい服で優雅に手を振りながら「안녕하십니까? 어서오십시오」とマイクで挨拶しています。あれも一つの韓国の美点のように思う私です。

 今回は金浦空港の国内線ターミナル前の横断歩道です。仁川空港にはいないけど、金浦にはいました、交通整理アガシ。荒っぽい運転で有名だった韓国の運転手さんですが、この12年見てきて交通マナーはかなり向上しています。そんなのに、こういう交通整理アガシも貢献しているのではないかな?って感じています。なんか見ていて楽しく、面白いですから。「柔よく剛を制す」というのの一つかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

普通の韓国を探して1175 地下鉄駅構内の商売

061  釜山地下鉄の駅の中です。果たして許可を得ているのか?それとも無許可なのか?? 韓国ってすげーなー!と思いますよね。新しいシリーズの写真の準備のため、前から用意してあったもの、単発でアップです。

 黄色い紙に書いてあるの、「ペンティスターキン」ってあります。昔のロックのグループで「ピピロンスターキン」というのがあったそうですが、「長靴下のピッピ」を韓国では「ピピロンスターキン」って言うようです。ちょっとカッコいいなと感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1174 済州漁港のあたり

276 282 281 280

 済州島、九州から見たら北になりますが海流のせいでしょうか、暖かくみかんがとれる唯一の地方です。でも、南韓最高峰のハルラ山がありますので、上のほうは亜寒帯の気候、そんな火山島です。

 1枚目は高速船コンチネンタル号の着いた旅客船埠頭からの済州港と済州市。海岸部はビルだらけになっています。

 2枚目は漁港の船だまり。周囲の建物も皆漁業の関連のものでしょう。3枚目、このへんの大通りには水産関係の店、食堂が集まっています。街路樹がいかにも南の島風です。

 たくさん並ぶ海産物の直販店、その中のひとつに入ってみたのが4枚目。通販のHPにでも載せるのでしょうか、高そうなカメラを持ったカメラマンが見事なタチウオの写真を撮影していたところを後ろから1枚です。

 済州名物というと豚肉が有名ですが海産物だとオクトム(アマダイ)の干物とあとはタチウオでしょう。あちこちの店から呼び込みの声がかかるのは韓国どこでも同じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

すばらしい韓国の食事335 잡채밥(チャプチェパプ、雑菜パp)

218

 何度かここでも紹介してきている韓式中華。チャジャン麺、チャンポン(チャムポン、チャmポン)、ポックムパプなど、1人でも食べられる料理の他に、タンスユクに代表される何人かで食べる大皿の料理、実にいろいろあります。 中華の店以外でも、一般家庭や食堂のおかずなんかにも出てくることのあるチャプチェを乗っけたご飯がこのチャプチェパプです。いつもチャジャンじゃなぁ、ということで頼んでみました。

 場所は慶北の栄州(영주)、けっこう大き目の中華の店で、でも、すいていました。頼んでまず出てくるのがタクアントタマネギと甘辛い味噌。しかし厨房で中華なべを振るっているお兄さんが作っているのは、どうも作り置きのチャジャンのソースのよう。タマネギをごっそり入れて、そこに小麦粉?それに、化学調味料?大雑把に見えますが中華なべさばきは見事です。最後にボウルにといた片栗粉でしょうか、たっぷり入れて完成。やっと私のチャプチェパプに取り掛かってくれました。野菜などを炒めてスープを入れ、タンミョンというはるさめの太いのみたいな麺は乾いたのをごっそり入れ、少し煮るようです。そして出てきたのがこのチャプチェパプでした。

 結論ですが、私はやはりこの韓国のタンミョンがあまり好きでないことを再確認しました。全体的に味付けは良く、野菜、海老などは美味しいのだけどタンミョンが邪魔。それ自体の味は無く、見た目と軽い歯ざわりだけ。どうも存在意義がわかりません。昔安東チムタクというのが大流行しましたが、あれを1人で1つ食べたときも大量のタンミョンが入っていましたがそれ以外をがんばって食べました。李準圭先生とお会いした美国アリゾナ州ツーソンの韓国食堂でもすでに焼かれて出てくる骨付きのカルビの美味しさには驚きましたがチャプチェというのは、なんだかなぁ、、、と感じました。どうも、私はタンミョン、面白くありません。

 しかし韓国の嬉しいのはオマケが出ることです。写真でもありますが、チャンポンの汁(クンムル、국물)とチャジャンのソースが結構な量、出てきました。タンミョンはほとんど残し、チャジャンは全部食べた。そんな夕食になりました。チャプチェパプは、もういいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1173 韓国人が好きなもの お膳 

092  これ、道路っぱたの露店ですが売っているのは塗りのお膳です。大きなのもありますが、メインは1人用の小型のもの。テレビドラマでもこういうの、よく出てきますし、実際の家庭でも居間のオンドルの床に置いてあったりします。

 大きさは1人用という感じですが、実際にこれを人数分そろえてご飯を食べるのではなく、食事はダイニングのテーブル、でも、居間でくつろいでテレビを見ながらこれも韓国人が大好きなコーヒーを飲んだりするときなどにカップをのっけたりします。また、やはり韓国人が大好きな果物を居間で食べるとき、これの上で皮をむいたり、、、そんなお膳です。

 本来は食事のときに使われていた。でも、生活様式が変化してこれでゴハンを食べることは少なくなった。でも、なんだかこれがないと落ち着かないので一家に一つだけ用意してあって皆の集まる居間におき、日常的にあれこれ使われている。そんなふうに感じています。

 ここ以外でもいろんな場所でこんな小型のお膳、売られているのを見ていますので相当数の家庭にあるのだと思います。私も韓国ファン。自宅の自室にひとつ、なんても思いますが大きさがけっこうありますのでなかなか買って来ることができません。でも、いつかは、なんて思っています。

 ちなみに、場所、どこだかわかりますか?コメントお待ちしています。大きい写真を見てみたらわかる人はわかるな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

とうちゃんの自転車日記26 旧豊栄駅前へ行ってみた

022 015 016

 豊栄市、駅のある中心の町は葛塚という町でしたが大きな国道や高速道路も通っておらず、特別な用が無いと行かないという感じで新潟生活30年以上になる私もあまり馴染みの無い場所でした。それが自転車に乗るようになると、ちょっと走れば行けてしまいます。一気に親しみが深まります。ママチャリでとばしていた時代から行くようになり、少し前に紹介した五日市などに行っていました。

 1枚目は駅前通り。お昼前でしたが人も車も少ないです。パチンコ屋さんが焼肉屋さんになったのでしょうか?街中にしては広い駐車場ががらんとしていました。他の店も、これは新潟市内中心部の古町、本町、西堀、東堀、一緒ですがシャッターの下りた店が多い状態です。車なら新潟まですぐだし、市内の郊外にも大きなショッピングセンターができています。ちょっと寂しい感じでした。

 駅前広場の一角には蒸気機関車の動輪が1個。展示というにはそっけない置かれ方でした。1750mmとかではないので1000台以上も生産されたD51のものでしょうか?これはちょっと気になります。新装成った橋上駅は個性も何もなく、ありきたりのものです。やはり新潟近郊の亀田駅もそうなりましたが、昔の駅舎、懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事334 友達が集まると、やっぱ감자탕(カムジャタン)

017 018 019 020 021

 友人2人と会って、食事をしようというとき、何にしようかな?と迷うことがありますが、焼肉はやはり夜、焼酎をやりながらという感じなのでかなりの確率でカムジャ湯になってしまいます。大中小とあり、それぞれ、4人前、3人前、2人前という感じ。止む無く一人でというときはピョダギヘジャンクッになります。

 1枚目は火をつける前。2枚目はおかず類。ごとごと煮たってからいただきます。韓国のジャガイモ、火が通るのにやや時間がかかるような気がしますので店によってはすでにある程度茹でたものが入っていることもあります。しっかり取った豚骨スープは真っ赤ですがそれほど辛くなく、野菜たっぷり、肉の残った背骨たっぷり。よく煮えてからのジャガイモもホクホクで安くて美味しくて楽しい韓食の代表だと考えています。

 3,4,5枚目はオマケ。この店の化粧室ですが、荷物(飲料水のケース)が置いてあってドアが途中までしか開きません。これでは太った人は入りにくそう。小便器はなんか真ん中に設置されておらず、洋式便器の便座は、これも韓国ではよくありますが、別の小さめのものに交換してありサイズが合いません。まぁ、どれも、通常の使用には支障が無いのでいいだろ、というケンチャナヨの現れでしょうが、生真面目な日本の建築関係の人が見るとびっくりしてしまうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1172 会賢洞を歩くのオマケ

255 256 257 258 259

 南山の麓に広がる静かな山の街、フェヒョン洞から退渓路を渡り、人がたくさんの南大門市場へ行きました。1枚1枚の写真、その時は何かを感じての写真、残念ながら選ぶ画面では小さくて細かい部分は見えません。ここで一度アップロード、実際に写真を見て続きのコメントを書きます。

 1枚目、まだ坂道の多い会賢洞の町。ヤクルトおばさんのカートも電動です。左上、「南山へ行く道(남산 가는 길)」という看板がありますね。右手の奥の家の小さな看板は「ピアノ」とあります。韓国もピアノが盛ん。どこの町にも、時には市場の中の2階なんかにもピアノ教室があります。

 2,3枚目はバイクです。改造してバックもできる3輪バイクと、3枚目は強化された荷台と、一番見てもらいたいのはつっかえ棒式のスタンド。重たい荷物だとこれじゃないとスタンドになりません。走行時にはうまいこと、どこかに収納されます。韓国へ何度も行ってる方なら、これ、わかりますよね。停車したらまずこのスタンドをつっかけて、それから運転者が降ります。わかるでしょ?これ。

 4,5枚目は新世界の裏のあたりだったでしょうか?「ウリ粉食」という店と、生ジュースの店。看板には「生果実ジュース」、「パッピンス」、「人参즙(ジュース、しぼり汁)」、「山芋즙(마=やまいも)」とあります。さてさて、韓国でも栄養がある食品、保養食としての山芋は珍重されていますが、山芋のジュースって、どんなのだろう?と思います。前に紹介しましたが「生果実ジュース」といっても果実だけでなく、ヤクルト、砂糖、そんなのを混ぜた飲み物のことです。山芋はまさかだし汁と卵と醤油で、、、というわけではないでしょうけど。どんな飲み物が出てくるか、試してみないといけませんね、次回。韓食博士の私としては生ジュースの季節が終わらぬうちに、また韓国、行かないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

すばらしい韓国の食事333 ずっと行ってみたかった店 パプサンモリ

304_2 305_2 306_2 309_2 311_2

 ガイドブックや観光掲示板でも話題の店、鍾路1街、清進洞からちょっと路地を入った場所の「パプサンモリ」です。メニューはしゃぶしゃぶとこのキムチオーギョプサルの2種類しかありません。お昼時間をちょっと過ぎていたのですいていました。 部屋の隅にある大型のエアコンから冷気を席まで運ぶ保冷布でカバーされたパイプが韓国ならではでした。

 1枚目、注文するとまず運ばれてくるのが石の板。それを脂が流れるよう傾けてコンロの上に設置、左のステンレス容器に余分な脂がたまります。石板自体にも脂を流す溝が彫ってありますね。

 2枚目が焼き始め。5層というけど、厚めで幅広のバラ肉ということでした。見事な肉ですが皮はさすがに付いていません。テジコプテギ、美味しいのだけど、ただ焼いただけだとバリバリで食べられない事実はモラン市場のトンテジバーベキューで経験済みですから。

 3枚目がおかず。割合シンプル。でも豚肉料理らしくセウジョッもあります。緑のダイコンも韓国ならではですね。あとはヨルムキムチとニンニクの芽、マカロニサラダに野菜サラダ。上の黄色いのはまさかニンニク?と思いましたがリンゴで一安心でした。なぜか韓国では焼肉にはマカロニのマヨネーズのサラダ、お決まりのようです。

 4枚目が焼けたところ、アジュマが鋏で切ってくれます。キムチと一緒に葉っぱで包んでいただきました。

 5枚目が肉を食べた後にご飯(別売り)を頼んでつくってもらうポックムパプ。やはりちょっとぺちゃぺちゃでした。

 今回はなんかそっけない報告になりましたが美味しかったです。でも、ここならでは、という特別なものはありません。韓国の豚の焼肉店の中では平均点でしょう。豚肉をシンプルに、美味しく食わせるという点では何度も紹介しているやはり有名店ですが「マポチェデポ」のソグムクイのが上のような気がします。 やはり肉は直火、できたら炭火に限る、って思います。

 「長年恋焦がれていた女性との恋がついに成就」、という感じだったのですが、あまりに期待感が大きかったせいなのかもしれません。美味しいけれど、特別大した味でもない、そんな、「チンハルメウォンジョタクハンマリ」と同じような感想を持ちました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1171 復活! 仁川空港地下の安い食堂

413 414 416

 ここでも書いたことがあるインチョン空港の地下の土産品店の一角にあった安い食堂。春には閉まっていたのが復活していました。

 「한국풍물장터(韓国風物チャント)」、この土産品店も普通の韓国の品物を買う分には出発階のコンビニやデパートの売店と比べると一番安いかもしれません。でも、明らかな土産物はそれなりに高いです。私は「生生ウドン」だの、ここで買っています。

 その店の半分近くがその安い食堂。前は奥3分の1という感じでした。チャジャンが3000Wですので市内価格並み。ビビムパプも2人分以上だと大きな鍋で出てきたり。一種の「地元の人が行く食堂」のような感じを何でも高い空港の中で唯一発揮している店でしょう。チャジャン麺もなかなかいけましたよ。経営者が変わっているかもしれませんけど、このお客の入りであれば味は合格なのでしょう。お勧めの店です。

 3枚目はオマケ、同じ地下、空港鉄道の駅のほうにハナツアー(하나투어)とトップ航空(탑항공)の空港支店がありました。どっちも韓国人には馴染み深い大手の旅行社です。後者は韓国人の発音だと「タッパンゴン」、どうも日本語の頭の「トップはんごん」というのとの差が大きく、初めて聞いたときにわからなかった単語です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1170 釜山 水営の繁華街の朝

055 056 057_2 058 060

 釜山はあまり知りません。何度か泊まっていますが、宿は釜山観光ホテル、タワーホテル、釜山ロッテ、そんなとこ。初めての水営地区でしたがけっこうな繁華街でした。起きてからシャワーして地図で居場所を確認。部屋の鍵を誰もいない帳場の窓口に置いて出かけます。

 1枚目は宿のすぐ前の十字路。ユートピアホテルの前の通りです。2枚目がそのユートピアホテル。左の大きな建築がそうです。遊興酒店、食堂、モテル、コンビニ、たくさんあります。

 3枚目はそばにあった旅館の駐車場。駐車場が自動門(자동문)てのは珍しいなと思って1枚。4枚目は元祖30年長生浦コレコギという鯨の店。前にウルサン空港の鯨の絵をアップしましたがこの韓半島の南東部、釜山、ウルサン、浦項あたり、けっこう鯨の店がたくさん。ちょっと高いけどいろんな部位を美味しく食べることができます。次回、鯨のユッケ(ユkフェ)も食べてみたいものです。しかし看板の絵、シャチみたいですね、これ。

 5枚目が地下鉄水営駅の入口。この日は韓国の慶祝日(キョンチュギル)でしたので通勤などの人はまばらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »