« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

2007年8月11日 (土)

普通の韓国を探して1193 ずっと前から行きたかった周旺(周王)山

174  慶尚北道、青松というあたりの山、周王山(주왕산)です。一部、日本のガイドブックにも出ていますし韓国の国内観光の本や登山関係の本でも有名な山です。この写真、見事な岩峰ですが、多分、これがチュワンサンではないだろうな、とは思っていました。実際行ってみたら、やはりそのとおり、お寺の裏山です。

 ただ、もうひとつ、意外だったのが、ここへ行くまでの道。お盆開けにでもシリーズでアップしますのでお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記32 またちょっとだけ

015  やはり新車は嬉しいものです。お盆休み、たくさん乗ります。暑いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1192 インチョン空港あれこれ

557 016 014

 いつも空港には早めに行って早めに大きな荷物をチェックインして預けてしまいます。空港でも顔見知りの人はいますし、どうにでも楽しめますので。

 1枚目、空港の搭乗口、入って右のほう、ずっと突き当りまで行ってみました。一番東の端です。当然、1番搭乗口があるのかと思っていましたが、このい6.7番が国際線庁舎の一番はしでした。1~5番は仁川空港からの国内線用の乗り場なのかなとも思います。

 2枚目は建設工事中の新しいターミナル。地下鉄で結ばれるのかなと思いますが今のターミナルの北に同じくらいの規模のターミナルができるようです。もともと島と島の間の埋立地ですので広さには恵まれているのでしょう。

 3枚目は今年から取り替えた私の時計。気圧計がついていて、それで高度計の役目もするというものです。飛行機の中での写真ですが与圧されているとはいえ、かなり気圧が低い状態です。日頃は1014から995くらいの間を行ったり来たりしている数値がえらく低い値で、ちょっと嬉しかったです。地上の7~80%の気圧で保たれているのでしょう。案外空気が薄いもんだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

とうちゃんの自転車日記31 ちょっとだけ

009  新しい自転車を買いました。ちょっと気張って中級レーサーです。たくさん乗るつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1191 韓国の働くオートバイ2

430 433 434 439 440

 大きいやつ、小さいヤツ、それぞれバリバリ荷物を運ぶ韓国のバイクです。4,5枚目は南大門市場。ご存知の方もおられるでしょうが真ん中辺の地下に生鮮市場があります。車が入れない急な濡れた坂道をバイクが通ります。日本だったら「危ないからやめておこうよ」なんて話になりそうな道でも韓国の働くオートバイ、後輪をスリップさせながらもなんとか上って行きます。「ハミョンデンダ(やればできる)」という精神でなんでもやってしまう韓国の美点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事339 南大門市場 サービスのいいトースト露店

288 287

 最近、ちょっとお腹がすいたときの軽食としてトースト、愛用しています。前にも書いたように甘くしないでケチャップでと頼めば好みの味になることがわかりましたから。もっとも、韓国のケチャップ自体が日本のものよりもかなり甘いので、その分はしょうがありませんけど。

 さて、このトースト、前は1000Wとか1200Wだったのですが最近は1500Wがソウルでは主流のように思えます。でも、出来合いの冷凍の具を使ったり、2000Wのとこもあったり、多少不満を感じる店もあったりするのですが、最近、いい店を見つけました。

 場所は南大門市場。ロッテから韓国銀行前、南大門と続く大通りの角で、夜になるとポジャンマチャの出る割合広めの道の入口です。名家眼鏡百貨店のすぐ前の角と言えばわかりやすいかもしれません。元気なアジュマがやっている店で値段は1500W。でも、2枚目の写真でもわかるように、中に挟むオムレツ(?)のボリュームがあり、韓国人にも人気の店のようです。

 私も節約好きの日本人、大抵は自前の水を飲みながらだったりしますが、サービスでヤクルトをくれたこともあります。韓国人は1500Wくらいの飲み物も頼んで計算は3000Wなんてのが多い感じです。あちこちで食べていますがここ、一番好きなトースト屋台です。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 9日 (木)

普通の韓国を探して1190 スユ里の繁華街を歩く5

069 070 071 073

 1枚目から3枚目は西の端、また大通りに出る手前のあたり。4枚目は議政府へ行く大きな道沿いです。それぞれ懐かしい場所です。数年前に流行った、今でもありますがマクチャンクイの発祥の地という説もあるスユリ。何でもあるソウルの大きな繁華街の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1189 ソウルの働くオートバイ

425 426_2 427 428 189

 今までも何度かアップしてきました。ソウルの働くオートバイ、改造程度にも差がありますし、それぞれ見ていて面白く感じます。2枚目と5枚目が外車かな??こういう写真、たくさん撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

普通の韓国を探して1188 水を使用しない小便器

081 082

 釜山のノポドン、釜山総合バスターミナルの男性用化粧室です。 市外バスや高速バスに乗る前はやはりトイレへ行っておきます。3時間以上の路線では途中の休憩所での休みがあることが多いですが、体調を保つため、ミネラルウォーターもけっこう飲むので乗る前のオシッコ、習慣になっています。

 1枚目がその男性用のトイレなのですが、なんと便器の目の前に2枚目のような表示がありました。

 「絶対水で掃除しないでください!」

 「この小便器は水を使用しない小便器です」

 「この小便器は年間140トン以上の水を節約します」

 「でも、臭いは発生しません」

 「そして、どんな小便器よりも、より清潔で衛生的です」

 「ウォーターフリーコリア」+HP주소

 とあります。

 ソウルの地下鉄、乗降門の脇の広告のところに挟んである広告ビラで「世界最初! 燃料を必要とせず電力を供給できるシステムの販売代理店大募集」なんていう、誰が考えてもこれは有り得ないとわかるような広告を見かけましたが、水を使用せずに清潔が保てて臭いも無く、、、というとかなりいいんじゃない?!って思いました。実際問題となるような悪臭は無く、水も流れません。 もしかしたら韓国の画期的大発明かも?と思いました。本当であれば今後どんどん普及するものと思われますが、しばらく観察を続けたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事338 私が韓国で食べた中で一番のテジカルビ

148 140 143 145 147 149

 泰陵洞(태릉동)の「참만나(チャムマンナ)」という店です。泰陵入口駅すぐそばの大きな焼肉の店ですが、何度か書いているようにたれが日本人には甘すぎる店が多い韓国で、最も美味しいと思ったテジカルビを食べました。

 インチョン空港で偶然会った知人、全く韓国に来ることも知らず、到着出口で懐かしい顔に出くわしたのですが、時間があるならソウルの昼飯を一緒に、ということで連れて行ってもらいました。店名の「チャムマンナ」、私の語学力ではよくわかりませんが「よくもまぁ会えた」という意味の釜山サトゥリでしょうか?実際、私が旅行途中でインチョン空港へ行ったなんてのも初めてのことだし、すごい偶然でしたので、そんなふうに考えています。

 1枚目、入口の様子、2枚目がおかず、3枚目焼き始め、4、5枚目が焼けて食べるところです。食いしん坊の私、ここ20年、日本全国、及び韓国全土を食べ歩いていますが、その中で出会った「思い浮かべただけで唾液が湧き出るメニュー」の一つです。

 日本語は通じませんし、ちょっとソウルの中心部からは離れてしまいますが、ここより美味しいテジカルビ、もしかしたらもう出会うことが無いかも?と思う、そんな店です。

 新たに写真を追加したらトップになってしまいました。酸っぱすぎないタマネギのムチムがとてもよく合います。テヌンイプクの「チャムマンナ」、絶対お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1187 スユ里の繁華街を歩く4

064 065 066 067 068

 3,4枚目の写真がこのスユリの繁華街の真ん中にある江北区庁です。議政府へ向かう大通りからは西側1本裏手ですが、正面への道もあります。 今回紹介しているスユリ南西側の繁華街、昨日の写真のあたりから北へ向かうとこの江北区庁の前に出ます。

 なんでもごっちゃな韓国、大繁華街とモテル街の中に区役所があり、夜11時過ぎでも子供服含め街や公園が人だらけというのには最初はびっくりしました。

 よく観光掲示板で「明洞でスンドゥブは食べられますか?」だの、「やはり刺身はノリャンジンでしょうか?」、「どこそこにチムジルバンはありますか?」だのいう質問だの、「どこそこで何何を食べてきました」なんて報告だのがありますが、焼肉、ホルモン、韓食一般、韓式中華、日本式居酒屋、日本式トンカス、カラオケ、プデチゲ、ヘムルタン、アクチム、カンジャンケジャン、コッケタンにコッケチム、遊興酒店、按摩、サウナにチムジルパン、ナイトクラブ、、、みんなごく当たり前にどこの繁華街でもあるものだと思っています。そんなくらいにソウル、店がたくさんあるのです。

 5枚目は区庁の先のほう。この先、大きな道を渡った先にもスユリ「モクチャコルモク」が広がっています。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年8月 6日 (月)

とうちゃんの自転車日記30 松浜の池3

029 030 018 032 031

 海岸の砂地にある不思議な松浜の池。最初に水辺まで行った場所を離れ、新井郷川の河口方面へ向かいました。ニセアカシアの林の中に通じる道があったので自転車で進入。でも、砂にハンドルを取られ走行不能で軽く転倒。砂地でしたので怪我は無く、自転車を置いて海に出てみました。松浜の池、ちょっと離れましたが全景を望むことができました。降雨量というか川の水量により大きさが変わるようで、また、徐々に形も変化しているとのことです。 また訪れてみたいと思っています。

 3枚目は阿賀野川の河口にあった看板。モクズガニ、韓国ではチャムケ、中国では上海蟹、皆近縁の川蟹ですが、新潟でも秋から冬、けっこう収穫があるようです。殻が非常に堅いけど味はワタリガニ、イシガニ系、美味しい蟹です。やはり勝手に捕ってはいけないようです。このへん、まだ今頃は小さいけれど秋口になるとマハゼがたくさん釣れます。ハゼの天麩羅、美味しいですよね。

 4枚目は新井郷側の河口近く。三菱ガス化学の工場などがあります。高校時代の友人が視察に来たときの話では日本では唯一の原料から製品まで一貫して扱う化学工場だとか。周辺にはそういう仕事の人のための旅館もある地域です。

 5枚目は米菓工場の入口にあった「ばかうけ稲荷」。オマケです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1186 麻浦のあたり

296 304 305 309

 麻浦、漢江の港町だったという話です。江原道方面からの材木、農産物が着く港でもあるし、江華方面からの海産物、塩辛が着く港でもあり、朝鮮時代から栄えた場所だとのこと。今でも美味しい食堂があると言われていますが最初にブレイクしたのは「チュムルロッ」という日本の焼肉に近いタイプの牛の焼肉でしょう。90年代から有名でした。それと、最近人気のテジカルビ、ソグムクイ。有名店以外にも美味しい店はたくさんあることと思います。そんな麻浦もでも、再開発でアパートの多い街になってきています。

 1枚目は前にアップしたソルロンタンの「マポオク(麻浦屋)」へ行く途中の道、日本語を併記した看板の「マポナルト(ナルト=渡し場)」という居酒屋です。駅名にある「クヮンナル」とか「ヨウィナル」の「ナル」も渡し舟のある場所という意味です。

 2,3,4枚めは朝食を取って麻浦駅へ戻る途中です。昔からの店とその背景には高層アパート。ソウルでは普通の風景です。4枚目、この柄の服、この春流行ったみたいです。案外単色、それも黒が多い韓国人の服装の中で、けっこう目立っていました。もう少しで麻浦駅というあたりでの1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1185 スユ里の繁華街を歩く3

058 060 061 062 063

 スユリの写真が続きます。これがスユ里の4分の1だと思っていただければいいと思います。日本より国土も狭く、人口も少ない韓国。でも、人口の4分の1がソウルに集中しているとのこと。それにしてもこんなにたくさん店があって、ちゃんとお客が入っているのか?なんて心配してしまうのは自営業の習慣かもしれません。夕方の早めの時間、まだ人は出てきていない時間。飲み屋は開いていない時間ですが、ソウルの街のパワーを感じるでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

普通の韓国を探して1184 このごろ都で流行るもの

320 321

 ブルドックソースが外国のファンド会社に乗っ取られそうになったニュースは耳新しいですが、韓国でも何度か書いているように日本のソースの人気が上がってきているようです。

 これは大林洞の食堂ですが、焼きそばにお好み焼き。まぁお好み焼きは似た様な粉モノ文化がありましたから昔からぼちぼち見かけられましたが最近ソウルの焼きそばの話をあちこちで聞きますし、目にもします。

 ガラスに貼ってある文句、「日本オタフク技術提携」というのは、「オタフクソースを使ってるよ」ということでしょうが、日本のソース文化、今後も韓国への流入は続くことでしょう。A1ソースとか、リーペリンソース、昔から韓国でもありましたが、辛くて、あんまり美味しくないなと私も思っていましたから。 このへん、似た嗜好を持つ両国であることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1183 教保生命ビル入口

402

 ソウルのど真ん中、光化門サゴリに面する教育保険の会社、교보생명のビルの正面入口です。たぶん高給取りであろう会社員がたくさん外へ出てきて煙草を吸っています。日本と競い合うように禁煙化が進んだ韓国社会。最近は韓国が一歩リード、でも、事実上はケンチャナヨの部分もかなりあり、というところでしょう。携帯灰皿を持つ人もいれば、踏んで消して中へ持ち帰ってゴミ箱へという人もいました。ケンチャナヨだからうまくいく、という部分も多いのだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記29 松浜の池 2

025 024 026 027 028

 堤防の上から海側に飛び降り、踏み跡をたどって岸まで行ってみました。長ズボンが推奨される道です。部分的には護岸になっています。2枚目の写真のように水はきれいで、植物がたくさん。浮いているのはヒシ(菱=ミツビシのマークのひし)、水中には金魚の草であるマツモが群生しています。また魚影もかなり豊富なようで、明らかに淡水魚です。

 今思えばなめてみればよかったのですが、草も、明らかに淡水のものですので間違いないでしょう。また、水面近くには多くのトンボが飛んでいます。細い緑の胴体で黒い羽でヒラヒラ飛ぶやつ、ハグロトンボでしたっけ。久々に見ました。

 すぐ裏は住宅街、すぐ前は日本海。そんな場所にこんな自然のままの池がある、不思議に感じませんか?

 昨日書いた山の伏流水の話はどうやら間違いのよう。いくつか検索してみたら、やはり阿賀野川の流れの変化で割合新しい時期にできた池だという話です。しかし貴重な環境というか、奇跡的な自然であることは明らかです。大事にしないといけません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1182 スユ里の繁華街を歩く2

054 055 056 057

 スユ駅前の交差点から西への道を進みます。1枚目、大きな写真入りの看板。わかりやすいといえばわかりやすい看板です。食に賭ける韓国人の意欲が伺われる感じです。メニューは、左上からヘムルタン、プグォチム(干したスケソウダラをまた煮込んだもの)、セウティギム(海老のてんぷら)、モシチョゲタン(モシチョゲという丸っこい貝のスープ)、ナクチチム、トンテチゲ、アルタン。下段左からヘムルパジョン、ヨンオフェトッパプ(トロサーモン丼)、チョギメウンタン(イシモチのメウンタン)、センクルフェ(生牡蠣)、ホンハプタン(ムラサキイガイのスープ)、ヘムルチム、コドゥンオクイ(焼き鯖)。みなポジャンマチャにありそうな、韓国人が好きな酒のアテですね。

 2枚目、1本裏手の通りはモテル街。何度かこのへんに泊まっていますが、いくらでもあります。新しいモテルは古めの観光ホテルよりも安くていいなぁ、というのを気付かせてくれたのもこのスユリの宿でした。

 3枚目、4枚目、とにかくビルというビル、飲食店と、あとはカラオケです。よく働き、よく食べ、よく飲み、よく遊ぶ韓国人を象徴している街でしょう。ここまで打って、アップロードです。

 3枚目の大きな看板はカラオケ。1Fには有名チェーン店のノルブプデチゲが入っています。夏でも鍋で焼酎というのが韓国です。

 昔、医院の旅行でスタッフを連れて行ったとき、知り合いがいた仁寺洞のスド薬局そば、「ナサルドンコヒャン(私が住んでいた田舎、有名な童謡の題でもあります)」という民族酒店で、適当に肴をと頼んだらば出てきたのが2,3人用のテンジャンチゲ、そして果物の大皿に、コルベンイムチムでした。ちょっとびっくり。皆で一つの鍋の味噌汁をつつきながら飲むのです。また酸っぱいもの、チョコチュジャンが苦手な私はサービスで出てきたコルベンイムチム、もろにチョジャンの味でしたので食べられず、申し訳なかったです。所変われば、と言いますが、やはり外国、って感じた一件です。プデチゲも何度か報告しているカムジャタン同様、安くて皆で楽しく食べられる料理の代表です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »