« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »

2007年9月 8日 (土)

普通の韓国を探して1222 乙支路4街 住宅設備屋さん

480 中区区庁も近いこのあたり、家具の店だの住宅設備、金具に取っ手、そんなのの店が集まっています。その一角、2号線の駅の7番出口の前にあった店はなんと噴水を展示して売っていました。あまり日本ではこういうの、家の庭に置く人はいないと思われる趣味の各種噴水。ちょっと面白いなと思っての1枚です。韓国のお金持ちがこういうの、買うのでしょうかねぇ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記40 9月6日 朝練

030 031 032 033

 新潟県、雲の形がいろいろ、という話を聞いたことがありますが、1枚目、夜明け前の東の空、いろんな格好の、いろんな色の雲が出ていました。2枚目は西のほう、右手にワールドカップ競技場「ビッグスワン」が見えます。遠くの山は左が弥彦山、真ん中が角田山です。

 3枚目は南西のほう。遠くの、雲がピンクに見えるあたりの山は栃尾の奥の守門岳です。その右手、低く長岡の東山連峰も見えているはずです。ここまで打ってアップして4枚目を見ます。

 4枚目は南のほう。右手に低く続くのは新津丘陵から護摩堂山への2,300mの山々で、中央右手の立派な山が三条の奥の粟ケ岳。ひとつの山のように見えますが左に続くちょっと低いピークが村松の奥の白山です。

 この前の日にずっとそんな山の中を走って長岡まで行って来たのでちょっと感慨深い景観でした。自転車、ちゃんとこげばどこまでも行けるんだというのが実感できた朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1221 セマウル号ディーゼル動車

136 149

 セマウル号、客車セマウルもありますが、多くはこのディーゼル動車です。8両もしくは長項線用の6両が基本で、前後先頭車の半分が機関室と運転室になっています。したがって両端の狭めの客室はちょっとうるさいので一般のお客さんにはなるべく割り当てないようにしている、という話です。

 また、少し鉄道に興味がある方ならこのセマウルディーゼル動車、2種類あるのもご存知でしょう。今回の写真は同じタイプ。1枚目は下りの8両編成が天安駅に入線してきたところ。2枚目は上りのセマウル。8+8の長大列車の連結部です。釜山から16両で来る事もあれば、光州からの8両と釜山からの8両が大田のあたりで(駅ではない場所)で連結して、というのもあるはずです。奥に写っているのは天安まで延長した電鉄線の電車ですね。

 でも、この2枚の写真、ちょっと違うところがあるの、おわかりですか?先頭車前面がかなり傾斜した形のため、雨が運転室のガラスに吹き上げられてこないようにする低い板の形、片方は八の字のヒゲのような形で片方は単なるまっすぐの形。同じ会社の同形車でも、製造時期の違いででしょうか?ちょっとした違う点がありました。こんなのを見つけて嬉しいのは私だけではないはず、、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

とうちゃんの自転車日記39 加茂市 善作茶屋でひとやすみ

015_2 013 014

 5日は晴れの予報だったので久々の遠出、かつ、新しい自転車での初の遠出でした。目的地は長岡市の県立歴史博物館。風林火山の特別展をやっています。 自転車で長岡、今まで3回行っていますので普通の道ではつまらない、ということで遠回りで行ってみることにしました。

 早起きして空気を入れ、家を出発。郊外に出るあたりの「まつや」で、カレーライスセットの朝食。ちょっと食べ過ぎ状態で南へ走ります。早通の先で新津バイパスに出て新津、薬科大の裏山を上ってからまた引き返し国道403号線を行きます。平日の7時台、通勤の車でけっこう混んでいて危ないかなとも思ったので加茂からさらに遠回り。

 加茂川に沿って上流へ行き、両岸に山が迫っているから名が付いたであろう「狭口(せばぐち)」という集落を過ぎたところにこの「善作茶屋」があります。

 茶屋、というと野次喜多道中膝栗毛なんかを思い出しますが現代に残る貴重な「茶屋」なのでしょう。車では何度も通った道ですが車を置く場所は無いため、新潟生活32年の私も初めての訪問でした。これも自転車ならではでしょう。

 時間は8時半前。ちょうど店主のおばぁちゃんが店を開ける所でした。「飲み物ありますか?」といって入店。冷蔵ケースを探しましたが、、、ありません。都会人(?)の悲しさとはこれですね。皆ちょろちょろ注がれる清水で冷やしているのでした。自分でサイダーをとって一休み。地図を見たりしておばぁちゃんと話します。自分で考えていた通り、290号線の山越えを推奨してくれました。新潟市を出ての最初の休憩らしい休憩でした。

 本来のここの名物は写真で見えるでしょうか?ところてんなんです。酢と醤油が用意してあり、四角く切られた寒天がやはり清水の中のざるに冷やされています。しかし私、酢醤油というのがダメなんです。お菓子なのになんで酢醤油?と思いますので、いただけませんでした。聞けばこのごろはもう体力が続かず、他の場所で作ってもらっているとのことです。でも、ここの清水に浸しておけば水が入れ替わってとても美味しくなるのだとか、そんな話でした。

 計算は120円。150円とか200円出してもいいと感じた休憩時間でした。いつまでもお元気で、と言って出発、山道に向かった私です。自転車っていいなぁ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1220 中央郵逓局(中央郵便局)前

492 493_2

 誰でも行った事がある場所。新世界前の交差点です。後ろのちょっと変わった建築が中央郵逓局。長いことかかった工事、やっと終わったようです。かなり斬新な格好のビルで、日本のお役所はここまで大胆にやらないのではないかと思います。

 1005-1番バス、塗装が変わりましたね。盆塘(ブンダン)とソウルの中心部、光化門を結ぶ路線です。李準圭先生にお会いした帰りなどに何度も乗っている路線です。かなりの深夜までかなりの頻度で運行しているのがすごいです。

 彫刻みたいなモニュメント、韓国の人、大好きなようです。地方都市でもこういうの、よく見られます。花が多いのも韓国らしい風景でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1219 ソウル最大の在来市場 中央市場

458 459 473 474

 1,2枚目と、3,4枚目、それぞれ別の日の撮影です。2号線新堂駅の北に広がる中央市場のメイン通路です。数年前にアーケードを作ったのですが、前のビニールテントでもっとぎっしり通路に店が並んでいた時代のほうが好きです。歩きやすくはなりましたが、なんか少しだけよそよそしくなってしまった感じがします。

 この通路だけでなく、周囲にかなりの広さで広がる市場、また地下にはちょっと寂しいけど小規模な刺身屋街もあり、ソウル初心者にも楽しめる場所です。日本語は通じませんがそこらへん、行けばなんとかなるのが韓国ですから。

 1,2,3枚目は新堂駅方向、往十里キルのほう、緩やかに下っているのでそうわかります。4枚目だけは馬場路、黄鶴洞方向の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

普通の韓国を探して1218 弘大入口 駐車場キルのあたり

391 392 387

 ソウルを全部見てみたい、そんな私の今後の課題がこちらのほう。延大のゲストハウスに招待で泊まったときは外出できなかったし大体広大なキャンパスの奥の奥。新村まで行くのも2,30分かかりそうな山の上でした。個人で何度か食事に行ったりもしていますが新村と弘大前はあまり知りません。

 2,3枚目、前にもアップしてたらごめんなさい。3枚ともこの冬にホンデアプを夜遅くタクシーで訪問したときのものです。東大門、新沙洞などとともに夜更かしの韓国人を象徴する場所かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1217 清涼里、東西市場あたり

349 369 345

 1枚目、清涼里の昔からのビル「現代コア」の前のバス停です。駅前ロータリーから北へ行く道をちょっと入った場所。市内バスの回転というか方向転換のために京東市場をぐるっと一回り、そんなふうに走る部分の最初の停留所です。ヤクルトのカートがここでもありますね。 比較的名前は有名でも日本人観光客はあまり行かない場所です。でも、韓国の普通の人はたくさん。そんな下町です。

 2枚目、前に牛の皮の表皮を剥がしたあとの皮下結合組織を利用した食べ物である「スグレ(수구레)」の煮込みの店を紹介したあたり。半露店の飲み屋が何軒もあるあたりの店先です。 ステッカー(スティコ)の広告がべたべた、ボウルにもられたモンゲ(ホヤ)、あとは作り置きの「ジョン(煎)」があります。わざわざ冷蔵ケースに入れてある缶詰はコルベンイでしょうか? 前にツメタガイ=コルベンイという話をしましたが、多くは缶詰。生のコルベンイをゆでて出す店はあるのでしょうか?

 3枚目、東西市場の入口です。在来市場の衰退が言われていますがここはまだまだ人が多く繁盛している感じです。京東市場の一部でもある、そんな在来市場です。高試院の看板。左手は乾物屋?唐辛子、ごま油、エゴマ油、糸唐辛子(シルコチュ)、そんな看板が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

普通の韓国を探して1216 ヨジュ休憩所の登山用具露店商

281 279 280

 韓国の高速道路、日本のサービスエリアに相当する休憩所が各所に設けられています。日本と違うのはトロットのカセット売りだの、登山用具売りだのの露店商がエリア内で商売していることです。さすがに食べ物の露店は見たことがありませんが他に釣具なんかもあるのではないかと思います。

 インチョン空港からソウル市内へ向かう道路、高速道路を降りて自由路というのかな?漢江北岸の広い道を走ったりしますが(江南方面へ行くバスは南岸のオリンピック道路のことが多いです)、蘭芝島(ナンジド)を過ぎたあたり、右手の空いた車線なんかでも路上の露店、しばしば見られます。ラーメンとトーストの店だったり、ホドカジャだったり。さらにはパンク修理の露店があったり。地下鉄入口や駅構内、地下街の階段なんかでも、とにかくどこでも商売してしまうのが韓国です。多くは不法なのでしょうけど、生活のため、警察も目をつぶっているのでしょう。

 さて、高速の休憩所に戻りますが、そういうトラックの露店商、夜はどうしているのかな?と思っていました。毎日出入りすれば高速代がかかります。まさか泊まっているの?とも思っていましたが、実際、休憩所で泊まっていました。1枚目、ヨジュ休憩所の朝の写真ですがトラックの荷台のテントを閉めて、たぶん主人は運転席で寝ているのでしょう。 考えてみれば風呂に入れないけど水はあるしトイレもあるし、食べ物もある。何日間かここで寝泊りして商売をしている様子でした。

 2枚目3枚目は休憩所の風景。最近好きになったトンカムジャ。新じゃがの揚げ焼きを買いたいなと思って売店へ行きましたがまだ早い時間で焼けていませんでした。あとは休憩所といえば思い出すのがあのもちもちした韓国のとうもろこし。甘さとかは日本の新しい品種にはとてもかないませんが、あのおかしな(ごめん)食感。韓国の人は大好きなようです。ソウルの街角でも売っています。日本のとはぜんぜん違う歯触りのトウモロコシ、安いものですので食べたことない方は是非次回、お試しください。「韓国人はこういうのが好きなの???」って思う事でしょう。とにかく、食べてみないとわからない味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

とうちゃんの自転車日記38 またまた新潟島

018 021 024 032

 自転車に乗るようになって、天気予報と風向きに敏感になりました。流石の自転車好きも仕事ではないので雨の日は乗りには行きません。通勤はしょうがありませんが、肝心の休みの日が降るか降らないかはすごく大事。新聞やらテレビやらヤフーやら、天気予報をこれほど見る人間になるとは思っていませんでした。

 また風も大事です。遠くへ行くときは風を考えてコースを選びます。基本的に朝は山から、午後からは海から吹く感じの新潟ですが、もともと風の強い土地、逆風だととても疲れます。

 1枚目、ほぼ無風の朝、笹越橋交差点付近です。発電所の煙突の煙がまっすぐ上がっています。絶好のコンディションというところです。

 2枚目、新潟島サイクリング道路の日和山展望台付近。数年前にみなとトンネルの連絡道路ができてしまい海岸を多くの車が走ります。ちょっと良くないな、と思っています。穴場的海水浴場がつぶされてしまいました。

 3枚目は同じ場所から西のほう。高い場所を走る道がサイクリング道路です。ジョギングする人と共用なので混むと飛ばせませんが気持ちいい道です。この日はけっこう雲がありました。

 そして4枚目、市内をポタリングして信濃川河畔、朱鷺メッセ対岸にかわいい消防艇。日ごろあまり見ない船ですのでラッキー!という感じでした。マンガに出てきそうな船です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1215 栄州発東ソウル行き優等高速

261 262 263

 韓国のバス、市外バスでもほとんど高速だけを走る事もあります。また、優等と普通とありますが、あまり選択の余地はなく、優等のが多い場合が大部分。結局次のに乗るという感じです。料金は5割増しですがそれでもそんなに高くないという意識、韓国の人も持っているのだと思います。

 これは、確か始発。慶北栄州からソウルの東ソウルバスターミナル行き。当日朝の切符購入で乗りましたが最後列の右端の少し狭い、天井の低い席。危うく乗れなくなるところでした。何度も韓国のバスに乗っていますがこの列になったのは2度目かもしれません。始発とか、案外いつも満席なのかもしれません。

 乗降口そばに発車時間、6時45分が表示してありますがこれが自分のバスを探す目標にもなります。たとえば京釜高速の釜山線、湖南高速の光州線など10分もおかずにバスが出ている路線だと途中の休憩所での休憩時、前のに追いついて一緒になったりすることもありそう。そんなとき、同じ行き先の同じ会社の同じ色のバスが並びますので自分のバス、しっかり覚えておかないといけません。

 2枚目、乗降場に入線してきたバスがおいてあったゴミ箱にぶつかり、ガゴン!!ゴゴゴ!!とか大きな音がしました。これも韓国ならではのこと。誰も何も気にする事はありません。日本ではこんなとこにゴミ箱、無いですよね。

 3枚目、席からの様子。満席だと、勝手な場所に座る事が多い韓国人、正規の券を持った人が後から来て勝手に座った人が移動、そんなちょっとしたごたごたが何度も起きます。大抵は好きな席に座ってもいい感じなのですけどね。

 乗るとすぐに寝てしまう人がたくさん。ソウルの高校に通う女子高生は勉強を始めたり。すごく深い霧の中、出発して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »