« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »

2007年9月29日 (土)

普通の韓国を探して1247 훌륭한 버스 기사님 서울시내버스100번

085  運転が荒いとあちこちの本で書かれてしまっているソウルや韓国のバスの運転技士さん、でも、私が韓国に行き始めた12年前に比べると格段に運転マナーは向上しています。また、一部ではありますが日本でもいないくらい丁寧な乗務をされている方もおられます。

 よい事なので写真をそのまま載せますが今年の初春に乗ったソウル市内バス100番。東大門経由で鍾路1街、武橋洞が終点のバスに乗務していた이종민さん、運転免許番号が

서울 90-703781-11、運転、停車、発車とも丁寧で安全確認、これは他車に対しても、また乗客に対してもしっかり。さらに驚くのは各停留所の乗り換え案内までやってくれていました。地下鉄関係なら私だって可能ですがソウルのバスの路線、毎日自分が乗務する路線だからかもしれませんが本当によく覚えていて、細かい事まで案内してくれました。韓国での滞在、300日は越えていると思いますがこちらのようなバスの運転手さんに出会ったのは初めてでした。

 最後、他のお客さんもいなくなったのでちょっと話してみましたが、別に当たり前なふう。他にもこれくらいやっている仲間はいるよ、と謙遜しておられましたが、すばらしい人でした。

 「ケンチャナヨ」の韓国、それがマイナスの面で出てしまう状況、確かに日本人から見ればしばしばありますが、「自分の仕事を入念にきちんとこなす人」が多いのも確かだと感じています。たとえば大きな郵便局の小包梱包サービスの人たちがそうです。手早く見事な手際で荷物を包装する技術と仕事、すばらしいなと思いますし、高速バス、市外バスの運転技士さんの運転技術も、曲芸の域に近い職人芸を見せてくれる事もあります。これは江南の湖南嶺東線ターミナルの降車場への進入路とかね。

 「친절하고 편한이 모시겠습니다(親切かつ安全にお連れします)」とありますが、本当に日本でも体験した事の無いバスでの移動でした。確かにこの李技士みたいな若い人たちが増えているのかもしれません。嬉しいことですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1246 映画「子猫をお願い」

005

 古いものが多いですが韓国映画のソフト、100タイトル以上あると思います。友人や学院にあげてしまったものも多いけど私の四畳半は本にビデオ、CD,DVD,韓国だらけです。中でも好きな映画の一つがこの「子猫をお願い」、韓国映画にはよくあるのですが特に盛り上がる部分もなく坦々と話が進んでそのまま終わるけど、心に残る、そんな作品の一つです。

 中古ビデオを入手したのはずいぶん前ですが、最近サウンドトラックCDを買いました。通販で総量含め3450円。高いけど欲しいものは買わないといけません。しかし届いたのを聞いてみると一番聞きたかった音楽が入っていません。5人がインチョン月尾島で会って、バスを乗り継いでソウル。東大門市場で、たぶんミリオーレかドゥータだと思いますがファッションビルで買い物。その場面で流れるBGMが欲しかったのですが、あれは単なるその場面のBGMだったのか、入っていません。

 でも、ま、冒頭、最後で流れるあの不思議な感じの曲があるので満足です。しかし、知らなかったのは歌詞が韓国語であり、タイトルが「ネーデルランド産草緑麦酒瓶」。わかって聞けば確かにそう歌われています。映画の中でも20歳の主人公たちが麦酒を飲む場面がしばしば出てきますがタイトル曲までビール瓶とは思いませんでした。 しかし、小瓶の麦酒、瓶から直接飲むものに決まっているみたいですね、韓国。佐世保なんかの外人バーでもそんなでしたからそれが世界的には普通なのかな?どうもコップで飲みたいのは中高年になった証拠かもしれません。

 ともかく、「ネマウメ風琴」、「花咲く春が来れば」、そんな感じの「坦々韓国映画」、「子猫をお願い」はお勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月28日 (金)

普通の韓国を探して1245 チョンダム洞の道

209  江南、チョンダム洞(チョンタム洞)の横断歩道を渡る途中での1枚です。片側だけで7車線あります。歩行者の信号、なかなか変わってくれない上に道路の真ん中に島のようになった待避所があり、1回では渡れません。漢江の北と南、かなり感じが違うのもソウルの特徴でしょう。

 ゆるい上下を繰り返してずっと伸びるテヘラン路。ここらへんからそれに並行して走る島山大路なんかを見ると「大韓民国万歳」という気持ちも起きてしまう私ですが、旧市街のが身体には合っていると感じています。いろんなソウルがあるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1244 黄鶴洞 中央市場のバイク

248 246

 1枚目は中央市場の北口、馬場路との交差点です。すでに何十枚とこのへんの写真をアップしていますが昼間はこんな状態。それほど広い道でも無いのにこの馬場路、結構な交通量があり、信号も無い横断歩道で渡るのは慣れない人にはおっかない場所です。中央市場下からの地下道もありますが誰も利用しない感じ。みな車をうまく避けながら道路を渡っています。

 東大門市場とも半分つながっているような場所、やはり狭い道への荷物の運搬にはバイクが大活躍。歩行者もバイクに道を譲る習慣ができている感じです。

 2枚目はヨンミ商街、黄鶴洞の旧道です。ここもすでに何度も紹介していますがゆるやかに傾斜した細い道にもバイクが入ってきます。ケンチャナヨにはしょうがないなぁ、という意味もあります。韓国は韓国なりに社会がうまく行くための譲り合いの心がある、そう感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

とうちゃんの自転車日記50 105円の輪行バッグ

024 025 027

 自転車ファンの方はご存知でしょうがJR、手荷物としての自転車は無料です。ただし、他のお客さんの迷惑にならぬよう「分解して一定の袋に入れる」という条件付ですが。

 これ、この夏、遠回りして長岡へ行ったときのことなのですが、通常の道で直行すれば70キロ前後の距離の場所、まっすぐ行くのは何度か行っているのでつまらないということで山道で、いくつかの峠を越えて行ったときの写真です。

 水の補給には注意していましたが34度とかの暑さで長岡の手前で頭が痛くなってきてしまいました。熱中症で死んでしまっては困りますので休みを取りましたが、なかなか回復しません。でも、なんとか休み休み長岡まで行き、親戚の家で休ませてもらいました。すでに走行距離は100キロ以上。夕方まで休んで走って帰れば170キロ以上の行程ですが、ライトを持って来ませんでした。暗くなると走れません。結局、やや日が短くなってきた季節もであり、電車で帰ることにしました。

 まず考えたのは長岡にも「フィンズ」という専門的自転車の店が1軒あるのでそこへ行って輪行袋という専用の大型のバッグを購入してJRで帰る案。でも、電話帳で見て問い合わせようとしたらあいにく休業日。置いて帰るのも面倒だし、と思って思いついたのが誰かのHPで見た「とにかく包めばいい」という話です。

 親戚のおばさんに近所の100円ショップへ連れて行ってもらい、105円のブルーシートを購入してガムテープで分解した自転車を包みました。何とか包むことができましたが、一部分足りません。そこで、その100円ショップのブルーシートが入っていたビニール袋をその部分に充ててなんとか全体を包む事ができました。

 その後、体調が戻るのを待って近所の駅まで軽自動車で送ってもらい、JRに乗車。無事新潟駅に戻り待合室で組み立ててて家まで戻る事ができました。 今まで、輪行といえば小径車の折りたたみ車で6000円もする専用の袋で、というのをやっていましたが、レーサーは8キロ台とずっと軽いし、前後の車輪が簡単に外せますので大きさも大差なく袋に収まります。なんだかかえって楽なくらいです。

 簡易包装が叫ばれる時代ですが輪行袋の簡易包装、さて、どうなるかな?と思いましたが平日の昼間の空いている時間でもあり、迷惑にもならず、検札の車掌さんもお咎め無し。でも、先日、専用のバッグを注文したのは言うまでもありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1243 中央線 原州

302 304 305

 堤川からもう少しソウルに近い都市、原州あたりです。江原道の江は江陵、原は原州、でも道庁所在地は春川。山の多い地域ですので道庁へ行くのが大変な住民もたくさんいそうです。

 北に近いこともあり、この原州、韓国陸軍の第1軍団の所在地でもあります。また山の中には演習場、部隊駐屯地、本当にたくさんあり、市外バスが動かなくなったなと思ったら演習帰りの戦車や装甲車の一群が国道を走っていたり、そんな地域です。

1枚目は上りの列車が原州市内に入るあたりの鉄橋です。ここから右に回って(汽車は右から左へ走っています)原州駅に入ります。川原が駐車場になってるのは韓国ではよくある風景です。車の感じ、ちょっと日本とは違うかな?

 2枚目は原州駅。KR、駅ごとにホームの端にこんな大きな表示があります。小さい客扱いしていないような駅には無いかもしれませんけど。

 3枚目、原州駅を出た先、右手へ入る引込み線。監視塔のようなのが見えますのでもしかしたら軍の施設かもしれませんね。冬の写真ですので大きな木も葉を落としています。ここでもカチの巣が写っています。韓国、どこにでもいる鳥です。

 この原州、割合ソウルから近いこともあり他の江原道の都市と違って人口増加中。市街の南には大アパート群ができています。泊まったこともある場所ですが駅から左手へ行った繁華街、モクチャコルモクはそれなりに人が多いです。でも、聞いてみるとさらに多いのが新市街のアパートのあるほう。Eマートだのそんな大型店も南郊外のアパート林立地区にできているそうです。

 駅前左手、2本並行して走る道の先はアガシコルモク。市場と混ざった感じ。ピンクの蛍光灯でそれとわかります。昔、誰かの本で市場ではなんでも売っている~、だの書いてありましたが、韓国、男性天国だったんだなと思います。 駅から右へゆるやかに広い道を下っていくと中央線のガードをくぐり、右手は前記第1軍の営門。左手は新しいモテル街とバスターミナルです。

 鉄道的には単なる中間駅ですがこの原州、市外バスの上ではけっこう重要なターミナルで、江原道、忠清北道のあちこちへここ乗換えで行った事があります。北にある横城との間には空軍の飛行場、基地もあり、韓国第一の「軍都」という感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1242 中央線堤川駅

276 277

 日本に比べ、旅客列車が少なめの韓国、暇な時間は暇だろうなと思っているのですが地方都市の駅にもこんな売店があります。日本は前は鉄道弘済会でしたけど、韓国は弘益会でしたっけ?少し官が入っているのか、そんな団体がKR駅の売店をやっていたと思います。

 わざわざアップするのは自転車。他の駅、確か清涼里あたりでも見たと思うのですが広い駅の中、ホームの移動に自転車。いかにもケンチャナヨの韓国だという感じの一件です。日本だと便利だからと言ってホームで鉄道職員が自転車に乗るのはたぶん禁止されているはず。「乗客にぶつかると危ない」なんていう理由だと思いますがどこだって乗り方で危なくもあり、危なくなくもなるのが自転車です。普通の頭と常識があれば別にホームや建物の中で乗ったっていいと思うのですが日本では「まず規則あり」という感じです。

 それでもいいのでしょうが、「皆の便利さ」を優先するのが韓国の「ゆるさ」、いい意味でのケンチャナヨのように思えます。

 2枚目は電源車?客車列車の多い韓国ならではの風景です。日本だとブルートレインについていましたね。だんだん電化が進む韓国ですが、まだ当分、客車列車を楽しめそうなのは鉄道好きには嬉しい部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

とうちゃんの自転車日記49 新潟は水の中の都市

011 013 015 016 017

 昔は月1くらいで大阪、福岡などに研修会で出かけていました。なんだか大阪が好きで、故郷のある東京と同じ講習会があったら大阪会場を選ぶ、そんな感じで、YS11のうるさい飛行機にも何度か乗っています。その後はきたぐに号だったり、飛行機だったり、とにかく乗り物も大好きな私です。

 90年代中盤からは韓国へ行く事が多くなりました。大体行く時期が決まっており、仕事が暇な2月から3月前半、5月の連休明け、7月の中旬、忙しい夏休み明けの秋夕前、11月初旬の学会のとき、そして切符が一番安い1月の中旬下旬あたり。そんななかで、我が新潟に関して飛行機に乗っているときだけわかることに気付いたのです。

 最近の田植えは5月の連休を利用して数日で行う新潟県、植えたばかりの苗はまだ小さく細いので遠くからは見えません。5月の中旬の韓国からの帰りの飛行機、風にもよりますが大抵は弥彦あたりから内陸の上空に入り新潟市の南部を通過、月岡だのそのへんで新発田市の東を大きく回るように左へ旋回し競馬場の上を通って松浜町上空から新潟空港へという経路を飛びます。そんな季節の新潟平野、見た事がある方も多いとは思いますが80%が水たまり=田んぼという感じです。6月にもなれば稲が育ち、緑色になり水も落とされたりしますが、田植えしたばかりの田んぼはまさに水面しか見えません。町があるところはほんの10~20%。新潟平野の大部分は水面なのです。

 そんな平らな新潟市周辺、昔は季節により=雨により大きさが変化したといわれる鳥屋野潟を中心とした水郷ともいえます。信濃川とその水系の中之口川、西川だの、真ん中に鳥屋野潟、東に大河阿賀野川、二つの大河を結ぶ小阿賀野川。たくさんの川とたくさんの水田。そして面積的には1,2割しかない町と道路。前記の5月の田植え直後の新潟平野の飛行機からの風景、多分見た人はみな驚く事と思います。

 前置きが長くなりましたが、そんな新潟市周辺の水の風景です。1枚目、名前も知らない鳥屋野潟南部の水路です。河川改修がなされていますがかなりの水量、また水質も良好で、いい川です。

 2枚目はもっと新潟市より。こんな池があったのは知らなかった感じの池と水路です。黄色いコウホネなんかも見られました。このへんは自然のままの岸辺のようです。

 3枚目、これはビッグスワンの中の人口の運河。しかし水が豊富な新潟市でこそ維持できる感じのもの。このほかに多くの人口の池があります。水路や池は人口、でもその水は自然のもの。新潟市ならではでしょう。

 4,5枚目はそのワールドカップスタジアム北の入口からの鳥屋野潟。けっこうな大きさの湖。

 このほかに新潟市内、前記の信濃川、関屋分水、阿賀野川、それらの水系の小河川、運河、空から見ると確かに「水の都」というのがわかります。冬の天候、風がきついけれど、なかなかいいところだと感じています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1241 ノウォンロッテデパートのシネコン

079 ロッテデパート葦院店、ソウルの北東部の繁華街であるノウォン駅前にあるかなり大きいデパートです。お金持ちの多い地区ではありませんがサンゲ、チュンゲ、ハゲのアパート群、さらに郊外へ広がるアパート群、昔からの地域である倉洞とかスユリあたりの人が集まるデパート、いつも賑わっています。

 その最上階、食堂街なんかもあるあたりの映画館。いくつものスクリーンを持つタイプのシネコン型で、その入口というか売票所です。この辺、日本とそっくりですよね。

 何度も書いていますがソウルの繁華街のうちガイドブックに出るのはその5分の1、もしかしたら10分の1かもしれません。地下鉄はすぐに乗れるようになるでしょうし、あとはハングルの読みが少しできれば自由自在に歩く事ができます。韓流も下火だと言われますが、一時的なファンではなく、ディープな韓国に興味を持ったファンが増えている事は確かです。読めるようになれば、3倍くらい、韓国訪問が楽しくなるはずです。「普通の頭なら2時間」と言っていますが、ハングルの読み、勉強してみませんか???最初はゆっくりでも、だんだん速く読めるようになる。カタカナで知っていたメニューが読めるようになる。どんどん面白くなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1240 ソウル 市庁駅の朝

109 108 110 111

 1号線、2号線の市庁駅です。始発から行動する事が多いためこんなにすいている時間に駅へ行ったりもします。これは仁川貨物線探訪のときのものだったかな?誰もいません。3枚目、大気汚染の観測装置のようです。空気が悪いというソウル。東京も変わらんのではないかと思いますが、韓国人もソウルの空気の悪さについては認めている感じで、新潟はすごく空気がきれいだ、なんて言われる事が多いです。確かに一日ソウルを歩くと鼻の中が黒くなる、というか鼻をかむと埃の汚れが多いなって感じます。最も、東京ではそんな歩き方、したことがないので単純に比較はできませんね。

 4枚目、自動販売機の広告。90年代中ごろ、日本では厚生省の認可がなかなか下りなかったキシリトール(韓国ではチャイリトル)のガムを購入しに通っていました。韓国も最初は100%のものはなく、日本と同じこの製品が出たときからなのではないかと思います。蔗糖とは違う甘さ。味もいい上に虫歯の原因となる酸産生菌をやっつけてくれるキシリトール。意識しないでもカリエスの減少に貢献しているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

日本の中の韓国13 見本市

004 006 007

 WITHUSという会社のブース、場所は大阪のOMMというビルで開催されていた見本市です。

 日本でも韓国でもある「ガチャ」。100円とか200円を入れてハンドルを回すとカプセルに入ったおもちゃとかが出てくるやつ、あれにこんなのがあったなぁ、と思いながら話しかけました。ソウルの会社で、こういう細かい手工芸品、ファッション時計などを作っているそうです。1枚目、黒いベースは磁石で、冷蔵庫とかにくっつけるマグネットのようです。

 けっこう日本人のお客さんからも質問があったようですが確かにかわいく、よくできています。私が「こういうの、がちゃでありますよ」と言ったら、ああいうプラスティックの成型品ではなく、ハンドメイドの粘土で作った製品だとのことです。ストラップだの、適切な値段なら私も欲しいな、と思いました。とてもよくできています。

대한민국 서울특별시 금쳔구 가산동 550-1 롯대IT캐슬1동1216호

(주)위더스시계

 E-mail withuswatch@hanmail.net

 宣伝してね、と言われたので、また、なかなか魅力的な商品でしたので紹介しておきます。笹団子でも持って会社へ行けばサンプルに1つくれるかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

とうちゃんの自転車日記48 秋の越後平野

009 010 014

 新潟市、周囲の都市との合併で人口も80万。政令指定都市だかになったのは何でもいいけれど、住所が変わったり歯科医師会も合併したり、結局喜んだのはハンコ屋さんと印刷屋さんとお役人だけ、という話もあります。

 ただ、面白いなと思ったのが日本で一番米がとれる地方自治体になっただかいう話です。新潟市自体には水田はそんなに無かったのに周囲の豊栄市、亀田町、新津市、白根市、巻町だの、田んぼだらけの自治体と一緒になったため、一気に日本一の米の都市になったのだとか。なんだかヘンな気分です。

 でも、9月の新潟平野、収穫前の金色の田んぼはなかなか見事なもの。今まで一番きれいだったのは2,3年前に見た長岡市の川西、三島町だの与板だのとの間の広大な田んぼの秋の様子です。もちろんその日の天気もありますが「日本万歳」という気持ちになれる、そんな見事な田園風景でした。

 今回は今年、9月の中旬の新潟です。1枚目は田んぼの中にぽつんと残った大きな木。たいていこういう場所には神様かお地蔵様が祭られている事が多いのですが未確認。向こう側の土手みたいなのは中条方面へ行く高速道路。大きな建物はこの11月に完成移転する新潟市民病院です。

 2枚目は遠くに見えるワールドカップスタジアム「ビッグスワン」。天気がいい日のお昼でしたので白い屋根が光って見えました。遠くへ行った帰り道でしたので3枚目、あまり行った事がないビッグスワン経由で市内へ入りました。周囲は広い公園になっていて休みだった事もあり小学生の野球の大会なのか、何面もあるグランドは人だらけでした。人口の池やら運河もあり、とにかく広くきれいな場所でした。どっちかといえば人ごみが嫌いなほうなのですが、なかなかいい場所です。休日のポタリングなど、天気のいい日にまた行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1239 バスターミナルの売店

112  モノが豊富な国、と何度も書いていますが、店には売り物がたくさん。品物の種類は日本以上かもしれません。バスターミナルの売店には旅行中、土産用、いろんなものが売られていますが、菓子類も非常に種類が豊富。日本のものをパクった商品も多いと言われていますがそんなの何でもいいじゃん、なんて私は思っています。日本だって外国の真似、たくさんして発展してきたのだと思いますが、違いますか???

 これはどっちかといえば土産用のジュース類。栄養ドリンク系のものもあります。商品の種類、すごいと思いませんか?

 ターミナルの売店、日本と違うものというと、スルメ、たこスルメ、チィポ(チッポ、カワハギの干物を丸く薄く整形して乾燥させたもの)をその場で焼いて売っているとこ。あとは季節物ですが焼き栗は日本にありませんね。最近は韓国でも真空パックの向いてある甘栗が伸びてきていますが、素朴な甘さの焼き栗、韓国の秋冬の味の一つだと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1238 釜山地下鉄ノポドン駅

076 073_2 075 074 069

 写真の順番が逆になってしまいました。3枚目、地下鉄ノポ洞駅の南口です。その前には4枚目、市内バス用のバスの乗り場なんかがある広場がありました。

 2枚目と5枚目はその駅の周辺、なんだかんだ、露店が並んでいます。これ、売れるのかなぁ?と心配になるようなものが多いんですよね。

 最後1枚目、総合バスターミナルへの通路のところ、携帯電話屋さんですが、ようこそ外国人の方、と英語の表示があります。日本もいっしょですがソウルやこの釜山とその周辺、外国人労働者がたくさん。韓国も日本同様「治安のいい安全な国」だということを示す現象だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

2007年9月23日 検索フレーズ集計上位20項目

 ニフティのココログ、けっこう細かく集計が表示できます。

 どんな言葉をキーワードにこちらを見に来てくれたか?はなかなか興味あることです。もちろん、医院名での検索でというのが上位のいくつかを占めていますが、この30日間での医院名を含まない検索フレーズ上位20は次のようになりました。面白いです。

1位 梧珍庵

ソウルの老舗料亭、益善洞の古い通りにあります。昔の韓国の情緒が残る界隈です。

2位 チネリ アリアンテ

イタリアの自転車、白と金色のフレーム。残念ながら2008年のカタログからは消えたようです。より価値が高まったような気がしてちょっと嬉しいです。

3位 韓国 丹陽

忠北の観光名所。セメント工場が目立つ地域。トダム3峰はちょっと見栄えがしないけど中央線の汽車からも見える。

4位 ミアリテキサス

吉音駅直結の風俗地帯の通称。ほとんどが再開発でなくなりつつある。

5位 韓国 ルームサロン

韓国の最高クラスの飲み屋。とても高いし、1人で行く場所ではない、という話。

6位 トウミアガシ

日本語で一番適切なのは「コンパニオン」。店の開店のイベントやら携帯電話の宣伝だので活躍。その他、飲み屋で呼んでもらってホステス代わりの仕事をするアガシもこれ?

7位 広蔵市場

東大門市場の西の端近く、鍾路5街駅の南に広がる市場。私の好きな場所のひとつ。

8位 鶏林荘旅館

南山の麓、パシフィックホテルそばにある旅館。市内のど真ん中だからしょうがないのかもしれないが、設備などの割りに私は割高だと思う。

9位 ポドナムチプ

江南、ベンベンサゴリそばにある高級牛焼肉店。高いけど美味しい。韓国富裕層に会える店かもしれない。

10位 韓国の食事

いい意味で日本食に似ていてバリエーションも広く、美味しい。9割の日本人の口に合う料理だと思う。

11位 大韓航空 ビジネスクラス

2回しか乗っていない。椅子がゆったりで食い物はいいけれど、価格差分の価値は私は無いと思う。肥った人には適切。また肥った人はできればこっちに乗って欲しいな、と感じることが何度かありました。

12位 タルトンネ

月に近い街という意味の山の斜面に広がる低所得者の多い町内。どんどん再開発で消えつつある。「低所得者が多い」、を外した「山の斜面に広がる街」という概念もある。

13位 仁川 イエローハウス

仁川の古い街にある風俗店が終結した地区。数字が店の名前になっている?

14位 普門洞

ソウルの中心部東寄りにある普通の街、最寄り駅は普門駅。なんてことのない下町。

15位 チュジンモ

ハンサムな男性俳優。私のイメージはテレビドラマの「テリョ」でしょうか?

16位 KHS F20T

米国KHS社の折りたたみ小径自転車。シリーズ中ではごく安いモデル。でも、よく走る。

17位 銭魚

韓国の秋の風物詩。コハダのこと。どこの刺身屋でも特設水槽が設けられる季節、もう始まったと思う。

18位 浦項 貨物線

何だろう?ディープコリアの話かな?使われなくなった引込み線、まだありました。

19位 栄州

慶尚北道北部にある盆地の街。高麗人参、リンゴ、松茸などがとれる地方都市。

20位 往十里

ソウル中心部の東にある街。昔はソウルのはずれだったみたいで、映画「将軍の息子1」に出てきた往十里派(派=やくざの「組」)はなんか垢抜けない兄さんが頭目だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記47 大阪で見かけた自転車たち

002 010 011 049

 何度も韓国の働く自転車、荷台やハンドルを補強した実用車をアップしてきましたが。1枚目、ハンドルの補強線、そして荷台の支柱を装備したかなり韓国色の強い実用車です。韓国色の強い場所、鶴橋の市場の中での1枚ですので韓国式の改造がなされたのかな?とも思います。

 2,3枚目は会場に近い阿波座のへん。こちらはアンティーク屋の展示品で、現役ではないようです。ハンドルからフォークに伸びる装備、クッション性を持たせる必要があるのかな?とちょっとギモンです。でも、さすが自転車の街、大阪だなと思いました。

 4枚目は野田駅前。有名な大阪のおばちゃんの傘ブラケットつき自転車。暑い夏は日傘で乗っているようでした。 これ、欲しかったのですが一休みに入った喫茶店で聞いた話では風があると危険だとのこと。風の名所新潟では実用的で無いかなと思い購入をとりやめました。傘が壊れるか?でなけりゃバランスを崩して蛇行、転倒か?というところなのでしょう。でも、暑かった大阪、いくらでもこういうの、見かけました。もちろん、皆おばちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1237 慶尚北道 栄州の繁華街と公設市場

205 206 207

 1枚目、栄州の繁華街です。洋服、スポーツブランドの店が目立つ感じです。実際運動をするかどうかは別ですが健康好きの韓国人、たいていの人はスポーツ系の上下とか持っているのではないでしょうか。田舎でもあり、人通りはそれほどでもありませんが、町の一番の中心部がこのへんです。

 2枚目は立派なアーケードを持つ公設市場の入口。少し前に紹介したコルモク市場のほうが賑わっている感じです。3枚目も同じあたりからメインストリート方向。宿泊したのは3回か4回ですが、この栄州には男性が遊ぶような遊興業所があまり目立ちません。また、モクチャコルモク、食堂がたくさん集まる場所も特に見当たらないような気がします。昔からのこのへんの農村の中心地、鉄道交通の中心地なのですが、なんだか寂しい感じがします。新しい駅の南のほうはあまり知りませんので、そちらにあるのかな?静かな、いい町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »