« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

2007年11月10日 (土)

普通の韓国を探して1318 安い買い物 B型変換プラグ

373  日本は100V。韓国は昔からの110Vの日本と同じ型のソケットはほとんどなくなり、多くは丸い2ピンのB型ソケットになってきています。

 最近では充電する電気製品、「CE」マークがけっこう普及してきていて、220Vでも充電可能なものが多いです。私の場合は携帯電話とデジタルカメラですが、なんと今回、その返還プラグを忘れて行ってしまいました。コンビニではいくつか当たったけど無いし、シュポでもありません。結局デジカメのメモリーを買うついでに龍山駅の電子商街、KR龍山駅の3F入口の向かいにあるフロアで買いました。なんと500Wでした。

 前に持っていたのは鍾路1街駅の地下商街の音盤カゲ、CDショップででした。棚の下に段ボール箱がありごっそりこんな器具が入っている中から探し出してくれて、値段を聞いたら「1000Wネセヨ(お出しください)」ということで購入。当時は100円=1000Wという時代でしたので安いなぁ、包装もなにもしていないけど、安いほうがいいな、と思いました。でも、今回は500W。それでも儲けが出るのでしょうけど、申し訳ないくらい安いです。

 ヨドバシカメラでの価格はパッケージに入って180円。もっと高い300円くらいで売る店もあるようです。場所によって値段が違うのも韓国らしいですけど、500Wは安かったので1枚、お釣りの500Wチャリとともにマクロ撮影しました。

 よくソウルナビなどの観光掲示板でどこそこのホテルで変圧器を借りられますか?だの、変圧器が借りられなかった(他の客が借りていて)なんて書き込みがありますが、CEマークのあるもの、デジカメ、電話などならば、このソケット1こあればそのまま使えます。「CE」マークをお確かめの上、用意してみるといいでしょう。

 余談ですが大韓歯科矯正学会の特別講演の会場で小声で李準圭先生と金鐘泰先生にこの品物の名前を尋ねたら「サシコミ」なんても言うという回答。こんなとこにも日本語が残っているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1317 上道洞から奉天洞へ6

350 351 352 353

 国師峰の尾根を越えて奉天1洞へ入り下ってきたあたりです。気軽な飲食店、商店、それに、ここなりに遊興酒店なんかもそろったひとつの小さな街という感じです。昨日の写真にあった再開発のフェンスで囲まれた場所はタンゴク市場という市場だった場所のよう。在来市場、どんどん無くなっていくのもソウルの当たり前の変化なのかもしれませんがちょっと寂しいです。

 遠くに見える高層ビル群はポラメ公園の東端の地区。三星ポラメオムニタワー、ポラメアカデミータワー、サムソンシェルビルアパート、ロッテ冠岳タワー、ロッテ百貨店冠岳店、そんな名前が付いているようです。ソウルのあまり日本人には知られていない地区にもこんな大規模なビル群ができています。宿の決まっていない夕方でもあり奉天路という広大な通りをタンゴクサゴリという交差点で渡り、新林駅方面へ進む事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

普通の韓国を探して1316 韓国の海外旅行ブーム

020  これ、KE764便の機内で読んだ新聞の広告です。中央日報だったと思いますが、韓国の新聞、読めるようになるとなかなか面白いものです。毎日毎日、旅行の広告がたくさん出ていますが、安さにびっくりしての写真です。

 4泊5日の中国旅行、159000W、さらには139000Wというのもありました。まさか仁川から船で?と思ったらそうではありません、ちゃんと飛行機です。現在、円と米ドルだけが安くなり続けているという話ですがこれだけ安ければ、休みが取れる人ならば外国旅行に行きたくなるのもさもありなんというところですよね。

 知り合いになった観光ガイドさんがいますが、彼女の話では最近は日本人を韓国で案内する仕事よりも韓国人を日本で案内する添乗員の仕事のがずっと多いとのことでした。新潟へ来てくれればご馳走するのに、と言ったらほとんどが九州、沖縄、中国地方の仕事だそうです。いい言い方をすれば率直な、悪く言えばわがままな韓国人を連れて日本を歩くのはなかなか大変だそうです。でも、前に書いたように「その場では我慢してしまいながらも帰国してからあれこれ不満や悪口を言う日本人」よりも「その場でずけずけ不満を言う韓国人」のが気が楽だとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1315 伸び行く韓国 平澤港

284 285 286 287

 少し前のニュース、全国ニュースでもやりましたが新潟西港で岸壁に韓国の貨物船がぶつかり浸水、という事故がありました。積荷はスクラップ類とのことでしたが、行き先は平澤港、というので、ちょっと意外でした。というか、1月前だったら「え?!なんでピョンテクに港が?」と思ったでしょう。でも、少し前にこの平澤港の威容をこの目で見たので「へぇ!」という感じです。

 平澤というと米軍基地の町、また駅前左手のアガシコルモク(コルモク=細めの通り、横丁)で有名ですが、安城への道やここでも紹介した「高博士冷麺本店」への訪問で何度も降りた場所、駅もそのすぐそばのバスターミナルもよく知っています。でも、「平澤港」という言葉は先日李準圭先生との盆塘区薮内(スネ)での会食のときまで聞いたことがありませんでした。

 数年前まで取っていた朝鮮日報をよく読んでいたら、たぶん掲載されていたのでしょうが、平澤市の西の海岸部に大きな港と工業団地、コンテナ基地ができていたのです。たまたま前日に瑞山を訪問した際に西海岸高速道路が牙山湾(アサンマン)を渡る場所、西海大橋の付近で見かけたのがその平澤港とその周辺の新しい施設でした。前夜はよく見える下り車線(右側)でしたが、帰りは対向車線を挟んでの風景でしたがこんな田舎に、こんなすごい施設が数年でできる韓国、すごいなぁと感じました。

 地理、歴史、文化、韓国のことなら何でも知りたい私ですが、この平澤港とその周辺の工業団地などのこと、恥ずかしいけど知りませんでした。語学も含め、まだまだ知らないことがたくさんありますが、大好きな国、もっともっと知りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事347 大韓航空エコノミークラス機内食

016 017 018 019

 アルミホイルで覆われた小さな四角いプレートの機内食、「さて、今日は何かな?」と開くのがちょっと楽しみです。前にもここで紹介しましたがナイフで3辺を切って開けるのがスマートです。ここをご覧になって、さっそく実行された方がおられることと思いますがカッコいいでしょう? ちょっとブログを書いていて嬉しい事の一つです。

 この時は初めての「ウナギご飯」でした。私はめったに外ではうなぎを食べません。そこそこ値段の張るご馳走ですので何度か美味しくないのに当たってがっくりきた経験があります。叔父が東京でうなぎのテイクアウト専門の店をやっていてそこから送ってもらうのが最高です。もちろん、日本各地にはもっと美味しい店もあるのでしょうが、最高レベルだと思っています。某江戸時代の食に詳しい作家の方も近くにお住まいだった時節にはしばしば自転車で買いに来られたという店です。井戸の水が大事だそうで、、と、話がそれてしまいましたが、期待しないで食べたこの大韓航空のうなぎ、けっこうイケました。流石です。

 3枚目は食べ終わった後の様子。先にあげたナイフで切って開ける方法だと食べた後もスッキリです。

 4枚目はオマケ。前にもアップしましたが飛行機の機内、与圧しているとはいえかなり気圧が低くなっています。この時計、相対高度計にもなるのですがこれくらいの気圧で確か2205mだかの表示です。平地に比べ25%くらい空気が薄い状態で飛行しているのはなんだか不思議ですよね。実際の高度は10000m前後でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記62 新潟市の紅葉

001 010 012

 日本語で紅葉、韓国語では단풍、丹楓という漢字語です。字から判断すると両国とも代表的なのは「カエデ」の木、ということになりますね。

 1枚目は石山団地内の街路樹です、ちょっと面白い色。紅葉の初期のものです。2,3枚目は当院にも近い新潟駅南口付近。同じケヤキの木でも黄色くなるもの、赤くなるもの、いろいろあるのだなぁと思います。生活の中で、身の回りのちょっとした面白いもの、美しいものを見つけて楽しむ心の余裕、常に持っていたいものですね。

 自転車のスピード、どこでも停車できるフレキシビリティ、街を見るには最適だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1314 上道洞から奉天洞へ5

345_2 346 347 348 349

 山腹を走る道を右へ、割合緩やかに国師峰の尾根を越え、奉天洞に入っていきます。90年代前半に再開発でなくなりましたがソウルでも最大のタルトンネがあった町です。少し道が狭く、曲がっていますがこのへんはタルトンネではなかった部分、昔からの町です。

 3,4枚目はほぼ下りきったあたり。この辺の人たちの買い物の場所であろう商店街になっていて道で遊ぶ子供やオープンな店でお喋りするアジュマ達だの、ソウルの普通の下町らしい雰囲気が楽しい道でした。

 5枚目、右手、西のほうには高層ビルが建っていてその手前も再開発のためのフェンスがあります。今やソウルのあちこちで高層ビル、高層アパートが建ってきています。初ソウルの95年とはもはや別の町と言っても過言ではないでしょう。余談ですが「過言にアニダ」という表現は韓国語でもあります。とても似た2つの言葉、2つの国です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 8日 (木)

すばらしい韓国の食事346 トッポギタウン 有名店へ行ってみた マボンニムハルモニトッポッキ

030 041 042 043

 ガイドブックにも必ずと言っていいくらい掲載されている新堂洞の「マボンニムトッポッキ」へ行きました。知り合いのアジュマに頼んで出てきてもらっての食事です。他の人気店でもあるように、角の店とその隣の店、一見別のように見えましたが中でつながっている大きな店です。メニューはトッポッキとその「サリ」、追加の具だけです。ばらばらでも頼めますが、2人用8800Wなんていう「全部入り」のセットがあり、それを頼みました。

 1枚目、角にある店の外観ですが、この右奥隣に同じくらいの大きさの店があります。

 2枚目、出てきたところです。肝心のトッポッキというかトッkは見えません。ラミョンサリに、タンミョン(チャプチェに使う太い春雨)、揚げ餃子、プサンオデン(釜山オムク)とキャベツにゆで卵だったかな?この鍋に火をつけて、3、4枚目が食べられる状態になったところです。

 甘辛い普通の、屋台で2000Wのトッポッキはトッkだけですが、これはなんか鍋物のように、いろいろ入っています。味は、普通のトッポッキとラーメンのスープの味もするみたい。普通はここでは麺だけのサリ麺を使っていると思うのですがラーメンぽい味もします。上品なメニューではないですが韓国お得意の混沌味です。けっこう辛いのですが、これは注文時に調節可能とのことです。

 なかなか美味しかったです。イメージを一口に言えば「具が豪華な韓国ラーメン」という感じでした。一緒に行く仲間がいればまた食べてもいいなって思いました。

 大事な事を書き忘れていました、混雑する大型店だからでしょうか?「先払(ソンブル)」=先払いです。左下の1000W札、お釣りなので思い出しました。

 また面白いのは半分しか写っていませんがおかずのタクアン(タンムジ)がパックごとポンと出てくるところ。汁をこぼさぬよう自分で開けていただきます。韓国の人気繁盛店らしいなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1313 上道洞から奉天洞へ4

336_2 337 342 343 344

 銅雀区の上道洞(サントドン)、その南、冠岳区の奉天洞(ボンチョンドン)、ともにソウルの南部の代表的な庶民の街です。漢江の南=江南、と思っておられる方も多いと思いますが江南と言っていいのは瑞草区と江南区とソンパ区。それ以外の地域は漢江の南ではありますが「江南」ではありません。

 1枚目、国師峰の北の中腹を横断する道路です。峠を斜めに横切り、この先は奉天洞方面への下り坂になっています。

 2枚目はマウルボスの営業所。ソウルのバス、いくつもの大小の会社があり、主な終点、起点はそのバス会社の車庫兼営業所のある場所であることを1,2年前に知りました。普通のバスが走らない住宅街、山の町などを走るマウルバスもソウルの大事な交通機関です。

 3枚目は「獅子庵」入口です。どんなお寺なのか?この時は夕方でもあり、荷物もあり、宿も無かったので先を急ぎました。この国師峰に限らずソウルの詳しい地図を見ると山にはたくさんのお寺があるようです。新興宗教の普通の家みたいな寺もあれば、やはり普通の家みたいな小さな寺もあります。ソウルのお寺探訪も面白いでしょう。

 4,5枚目は私が上ってきた坂道、自転車で遊ぶ子供たちです。たわいないと言えばそうですけど、押して上がった坂を猛スピードで走り降りる、そんな遊び、日本ではあんまり見かけないかもしれません。昨日も書いた「日本の子供はどうして外で遊ばないの?」という韓国人の疑問、もっともです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

普通の韓国を探して1312 旧市街中心部の過疎化 瑞山市

166 167

 忠清南道西部、西海にも近い都市、瑞山市の風景、モテルの6階の部屋の窓からの写真です。韓国の古い街、ソウル初め、多くの街が風水に基づいてできたもので、北に山をいだく都市がたくさんあります。ここもその一つ。小高い山の麓に広がる地方都市です。

 1枚目、大きな建物は「グリーンヒル百貨店」。90年代の終わり頃ここへ来たときはやっていました。覆盆子酒という、元気が出るはずの山いちごの酒を買いましたもの、なかなか繁盛していた感じでしたが、今回、この前夜に髪を切ってもらった美容室の先生の話では倒産してしまったとのことでした。

 何度かここでも在来市場の衰退について書いていますが車で買い物に行く人が増え、郊外型の大きな駐車場を持つショッピングセンター、モールへ客が流れているのは韓国も一緒です。ここ瑞山にもバスターミナルの裏手に大きな在来市場があり、このグリンヒルデパートもそんな市場と共存していた感じだったのですが残念ながら時代の流れに負けてしまったようです。

 でも、本当によく似ていますよね。我が新潟でも、市内中心部、昔からの繁華街では廃業、閉店が多く、「シャッター通り」なんて呼び名もあったり。また県庁所在地の新潟市に限らず新発田市、長岡市、柏崎市など、昔からの中心街の空洞化はどこでも見られます。勉強になったのは美容室の先生の言葉、倒産したという意味で「不渡ヘッタ」という言葉を使っておられました。「不渡りを出す」という言葉がありますが、そのまま「プドヘッタ」という韓国語があるのです。こういう経済学用語も日帝時代の名残かもしれませんね。

 2枚目、高い建物の無い韓国の地方都市、その裏山です。西海が近いため海産物が豊富で、特に今年は「デハ(大えび)」も「コッケ(ワタリガニ)」も豊年(プンニョン)だったそうです。そんな瑞山海の幸の話はまた今度、ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して1311 上道洞から奉天洞へ3

331 332 333 334 335

 上道洞の山登り、国師峰の稜線のすぐ下まで来ましたが「薔薇アパート」、「薔薇メンション」はありません。「薔薇」の韓国語読みが「チャンミ」です。日本でも昔の、明治大正とかの時期の詩では「そうび」と音読みで読まれた詩もあります。漢字の知識が韓国語の勉強に役に立つ、そんな1例です。

 1枚目は上ってきた道を見下ろした風景。結構な坂であるのがわかります。緑色のはマウルボスです。道路で遊んでいる子供がいます。今回の出張で会った韓国の方が言っておられたのですが「日本では外で遊ぶ子供があまりいない。子供はどこで遊んでいるのか?」というのがあります。確かに今の日本、公園はあっても子供たちだけで放課後遊ぶ風景とかはあまり見られないかもしれません。

 2枚目は国師峰方面、まだもう少し上りが続く道です。「獅子庵」というお寺の入口で、大きな建築はオリニチプ、幼稚園です。

 3,4,5枚目は上ってきた上道洞を見下ろす方向。昨日の写真にも出ていましたが「甲乙名家(カブルミョンガ)」という割合小さな、棟数も少ないアパートがあります。この갑을명가아파트は地図にも出ています。そのすぐ東がやはり3棟ほどのチャンミアパートのはずなのに、該当する古いアパート、ありません。

 そこで、歩いてきたおばさんに聞いてみました。「ケカットゥンナルエオフの舞台となったチャンミアパートはこの辺ですか?」と。で、帰ってきた言葉は1,2年前になくなってカブルミョンガになったとのことです。地図にはあったのに、ここまで上ってきて、とも思いましたが、あまり人気も無い映画のロケ地探し、あっけなくおしまいです。でも、ソウルの普通の街を歩けただけで充分、と思わないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

普通の韓国を探して1310 明洞の広告 前とは違う1枚です

Newdica7_013  前にも似たような写真、アップしたことがあるかもしれません、韓国お得意のエアコンプレッサーに接続して常に空気を入れて立てておく広告です。丸く太いやつで中に灯が着くタイプの動かないもの(イテウォンクラウンホテル裏の飲み屋「やほわ」の項でも出したと思います)もたくさん見られますが、これはひらひら手を振って人形が動くタイプ。動画でお見せできないのが残念なのですが、下で小さな子供が動きを真似していたりするのを見たこともあるくらいインパクトのある、面白い動きをする広告です。ご覧になった方、おられますよね???

 こういうの、韓国全土、どこの繁華街にもいくらでもあると思いますが日本だと道路を占拠するため許可されないかと思われます。たぶん韓国でもこれ、いいのかな?なんて思っていますが警察が来たら一時的に片付けて、なんてふうにしているのかと思います。

 サイワールド、韓国の大人も子供も、学生もいろいろやっているメディアですが、簡単な手続きで「ミニホームページ」を作ることができ、いろんな写真、動画、掲示板を使うことができます。若い友人の「ミニホムピ(ミニHP)」で、これを真似た妹の動画を見たときにはびっくりするくらいの面白さを感じました。 特定の友達、「イルチョン」でないと見られないページで公開はできませんが、韓国、「なんでもアリ」という点でも楽しい国だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1309 本当ならスゴイけど、、、

013  韓国の地下鉄、乗降口の脇にパネル型の広告があり、さらに勝手にそこに小型のチラシ広告、「速読法」だの「男女職員募集」だの、「インド背嚢旅行」だののビラを挟んでいく人がたくさんいます。そんな中で見つけたのがこれ。よくコメントいただくmuramuraさんのブログ「キロギアッパのソウル日記」で少し前に取り上げておられましたが地図を整理していたら出てきたのでアップです。 

 上の大きい文字が「無燃料発電機発明」。

 緑の地の白抜きが「世界最初 開発発明承認」

 以下

*化石燃料代替 電気料の無い時代

*燃料、外部電気無しに無限エナジー供給

*全世界独占販売権獲得

*ハイブリッド型高効率発電機

*家庭・農漁村・ビニルハウス・産業用等

 相談 クォンオギル  以下HP番号

 「無燃料発電機」と書きながら「ハイブリッド型」というくだり、どうも矛盾しています。もしも本当ならすごい発明、ノーベル賞ものですが、さて、どんな発電機を売ろうとしているのか?一科学者として非常に興味があります。「騙されやすい韓国人」、「一度信じたら最後までついていく韓国人」と言われますが、この広告元、どれだけの問い合わせが行ったのか興味津々です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1308 新林駅そばのモテル

362_3 363 364 365

 新林洞、ちょっと前に書いたように日本人が行く事は少ない歓楽街、繁華街です。駅前の十字路の一角には再開発でデパートも建設中でした。人通りも非常に多い街です。

 夕方までに宿を決めて荷物を置き、一休みしたら夕食に出かけます。ここは35000Wだったかな?市内中心部、鍾路のほうだと4万5万6万、まぁ、ホテルソンビみたいな10万Wクラスも高級モテルだし、予算に応じていろいろ選べるのは韓国の利点です。予約などしないでもあるところにはいくらでもある、そんなのが韓国のモテルです。家族経営も多いし、新聞を見るとモテルの売り買いも、案外しばしば行われているようです。

 初めての海外1人旅行がソウル、宿の予約無し、でも、大丈夫でした。言葉ができなくても航空券とお金と旅券があればなんとかなる国、それが韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1307 上道洞から奉天洞へ2

327 328 329 330

 「犬のような日の午後」、なかなか面白い映画です。たわいないと言えばそれでおしまいですが、近い昔の韓国の下町の情緒が伺われる作品です。また、けっこう有名な俳優さんが出ていて、韓国映画ファンであれば、きっと面白く見ることができると思います。

 細いけど広い、そんな道を上っていくとマウルボスとすれ違いました。山の多いソウル。タルトンネに限らず、山の上のほうまで家々があるし、アパートだって山の中腹に林立していたりしますので、地下鉄駅とそういう街を結ぶマウルボスの路線がそれこそくまなくあるのです。ソウルの人の3分の1くらいはマウルボスに乗って地下鉄駅や幹線バスの停留所に行くのではないでしょうか?

 2,3枚目はこれ、がけ崩れのあとでしょうか?かなり山の上に来た場所です。3枚目、実は上のほうに猫がいたので撮影しました。ちょっと茶色く見えるのがソウルの猫の後姿です。

 4枚目、頂上近くの中腹を横切る道に出ました。国師峰へいく道、だのあります。地図で見るとこの上道洞と奉天洞の間、184.2mの国師峰という山があります。このへんからずっと東、崇実大入口駅そばの大きな道の峠である「奉天コゲ」まで続く稜線の道のようです。また「獅子庵」というお寺があるようです。しかし「薔薇メンション」は見つかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

2007年11月5日 한국어능력시험 결과

안녕하십니까?

  한국어 능력시험 6급을 5년 계속해서 봐 있는데

다섯번째인 이번도 불합격했습니다.

최상급인 6급이지만 작년부터 시험방식이 좀 변화했습니다.

옛날엔 1급에서 6급까지 6종류의 시험이 있었지만 작년부터

초급,중급.고급란 3게의 시험무제가 있고 각각 좋은 점수로

합격하면 2,4,6급합격.  낮은 점수로 합격하면 1,3,5급합격의

합격증을 받을 수 있습니다. 

저는 5년전에 5급은 합격했지만 작년도 271점으로 5급에 합격.

올 해도 다시 5급만 합격했습니다. 

그렇지만 재미 있는 이야기는 여기부터야.  이번에 시험에

제가 받은 점수는 281점이다.  6급의 합격 조건은 400점만점중

280점이상이고  죄저도 각각 50점이상 라는 말이 붙여있습니다.

점수적으로는 6급합격인데 하나만 49점라는 과목있어서 볼합격.

아주아주 아까운 결과이었죠???

내 성적은 이하

어휘

뭄범         54점

쓰기          49점

듣기          78점

읽이        100점!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

합계 281점이었습니다.

일본말에는   1점으로 울다  라는 표현이 있는데 그냥 그건

나에 대해 있는 말이다.   내년야말로  라는 마음로 힘내야지.

P.S. 5급 합격증 3장 내면 6급합격증 1장과 교환해 주시면

좋겠는데...  안되요?   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月5日 韓国観光公社の地図

270_2  今回の学会出張、前もっていろいろ知人に連絡を取り、私にしてはいろいろ『1人では食べにくいもの』を食べることができました。ぼちぼちアップしますのでご期待ください。

 2日夜、盆塘で李準圭先生とその友人の方と食事したとき、ご友人に私を紹介してくれた際にお見せした地図の写真、メールに添付で送るようにとのことなので医院の大机の上で撮影、でも、ちょっと見にくいので今まで自分の足で歩いた場所を打って(ハングルで)メールしました。せっかくなのでここにもアップです。観光公社の無料の地図で、そろそろ新しいのにしないといけないくらいボロボロになってきました。

 新潟からは釜山行きの飛行機がなく、金浦空港当時は国内線への乗り換えも割合容易だったので飛行機で移動というのも多かったのですが、最近はどうも面倒。そんなわけでどうしてもソウルから行きやすい方面にピンクの線が多くなっています。また、長く休めないので、島が非常に手薄なのがわかりますね。けっこうあちこち行って歩いているほうですので、どこか地方への旅行をお考えの方、ご遠慮なくコメントください。できるだけの情報をお知らせします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1306 上道洞から奉天洞へ1

322_2 323 326

 前にも書きましたが我が家はお金を払うテレビは見られませんのでドラマはほとんど知りません。でも、映画は、聞き取り練習のために今はほとんどなくなったチョンゲチョン7街あたりの中古ビデオカゲでいろいろ買い集めました。ハズレも多い韓国映画、でも、中には気に入った作品がたくさんあります。

 今回のシリーズは「ケカットゥンナルエオフ」、「犬のような日の午後」という古い映画に出てきた、というかその舞台となった薔薇アパートというのを尋ねてのものです。場所は上道洞の山の中腹。地図で目星をつけて新大方サゴリという駅から上り始めました。

 しかし今思うに「チャンミアパート」もしくは「チャンミメンション」なんていう古い小さめのアパート、他にもあるのでぜんぜん違う場所を歩いた可能性もあります。ま、でも、普通のソウルの街を味わえたのでそんなのケンチャナ!というところです。

 1枚目、シンデバンサゴリから南東へ上る広くは無いけど曲がりくねった道、昔からこのへんの中心だったであろう道を地図で探し、そこを進みます。2枚目はテッコンド体育館。こんなふうにビルの2階にあったり、アパート付属の商街(サンガ)の中にあったり、韓国ではごく普通に見かけられるものです。たいてい小学校低学年の子供が大騒ぎしています。3枚目は上りに差し掛かったあたり。前にオートバイでの防疫の写真を紹介しましたがこのへんの街での話です。 地図で予想したとおり、まっすぐでは無いけどわかりやすい坂道を進んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1305 韓国の食堂

274_2 276

 92年の初韓国、済州島団体旅行以来韓国の「食」の探求を続けている私ですが、「いいな」と思う点に韓国の食堂、看板というか、外からでもメニューがわかる店が多いことが挙げられます。 壁面にあれこれステッカーが貼ってあったりで、簡単なハングルの読みができればその店のメニューが大体わかるのです。ガイドブック片手に掲載されている店を探すのではなく、自分で食べたいものを探す場合にもこれはとてもありがたいことです。最初に覚えたハングルは「해장국」、漢数字で「二○」に、大文字の「H」、カタカナの「フ」になべぶたの反対にまた「フ」、なんてふうに覚えて早朝の旧済州の街、台風が迫る雨の中「ヘジャンクッk」を求めて歩き回ったのです。多くは既製のステッカーですが、最近は今回の写真のようにデジタル写真入りのメニューを掲示した店も増えています。

 1枚目は中華の店、2枚目はうどん屋でしょうか?龍山のアイパークモールの中の食堂の看板です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日)

すばらしい韓国の食事345 「オモニガチャリョジュシン食卓(?)」

366_2 368_2 369

 韓国のちょっとした店では計算台(レジ)のあたりに名刺が用意してあります。「韓食研究」をテーマに出かけている私ですのであれば1枚もらってくるのですが、忘れる事もあります。別に大判の大学ノートに記録をしているのですが今年の初夏からの分、今回の出張でなくしてしまいました。

 「オモニガチャリョジュシン~」は、お母さんが準備してくれた、整えてくれた、までは覚えていますが食卓だったか?パプサン(食卓の意味)だったか、最後の名詞を忘れてしまいました。ごめんなさい。

 ソウル市内にいくつかあるであろうチェーンの食堂というか、5000Wの日本語の意味での「定食」、韓国語では「白飯(ペクパン)」だけの店です。

 「1人だけどいいですか?」と聞いてから着席します。やはり1人の客はいませんが、快く受けてくれたので夕食でもあり別に麦酒を頼みました。物価の差が大きい韓国ですが飲み屋以外では焼酎も麦酒もマッコリも3000Wというところが多いです。百歳酒は8000Wとかが多いかな?

 しばらくすると大きな戸板のようなお盆でおかずが運ばれてきます。1人だけのテーブルにこれだけのおかずが並ぶのは韓国ならでは。おかずの数は1人でも同じよう。ただ、盛り方は少な目かもしれません。もったいないですものね。たいていは1枚の写真で収まるのですが、画角に入りきらないので2枚。

 最後は食べた後の残りです。円が安くなって、というか円とドルだけが安くなって100円が700なんぼの今だと5000Wは700円台ですが、量の点でも栄養の点でも700円でこんな食事ができるのはやはり嬉しいものです。美味しくいただきました。

 おかずは左奥からスンニュンだったかな?おかゆの上澄みみたいな温かい米の味の飲み物。軽く干したダイコンの拍子木切りキムチのムウマルレンイ。エホバクのジョン(煎)、カットゥギ、茄子の炒め煮。

 2列目左からケランチム(茶碗蒸し)、チョギ(イシモチの干物)、テンジャンチゲ。

 3列目、キュウリのキムチだったか?次はプデコギ(スパムの類を部隊=軍隊の肉、部隊コギ=プデコギと総称します)のジョン(衣を着けて焼いたもの)。

 セソンイポソッ(新松茸、新鮮なマツタケではなく、新しくできたマツタケに似たきのこ=日本で言うエリンギを言います)のナムル。ケンニプチョリム。そしてご飯とコンナムルクッです。 具が多い汁はチゲで、具が少ないのはクッk、でも、2つもつくのはすごいでしょう?

 ご飯は1000Wとかお代わりに料金がかかりますが他のおかずは無料です。でもまぁ、こんな薄利多売の店、実際にお代わりする人はそんなには見かけません。

 一番おいしかったのはやはりテンジャンチゲかな?昨日の韓国での最後の食事は名店「ビョクジェカルビ(碧蹄カルビ)」でテンジャンチゲ8000Wでした。

 「テンジャンに始まりテンジャンに終わる」なんて言葉が韓国にあるかどうかはわかりませんが、韓食を代表する食事がテンジャンチゲだと思っています。 でも、あとはチョギにケランチムに、ジョンの類、まぁ、みんな美味しいです。

 ガイドブックに出ている店はほんの一部に過ぎません。そこが特別すごく美味しいなんてことは決してありません。観光客の多い場所で、日本語が通じるとか、そんな理由が半分以上だと思います。ソウルに限らず、地方都市でもどこでも、朝から夜遅くまでこんな食事が簡単にできるのは韓国のすばらしい長所です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1304  新林駅周辺のモテル街

374 371 370

 ソウル地下鉄2号線は環状線です。1周が70キロくらいでしょうか?山手線よりもかなり大きい環状線です。「山手線ウォーク」というのがあるそうですが、ソウルでこの2号線の外を一回りというのも面白いかもしれません。徒歩だとちょっと1日では難しいので自転車かな?

 観光客も多いソウルの中心部、ウルチロ入口も通れば学生の町新村も通る。合井で漢江を渡れば永登浦のそば。朝晩の通勤時はすごく混むので有名な新道林でまた1号線と交差、名前が変わった九老デジタル団地を過ぎると新林駅があります。私も乗り降りしたのが初めてでしたがかなりの規模の繁華街、歓楽街がありました。

 1枚目の写真は前にデジタルカメラのストロボ発光、発光禁止での手ぶれ防止機能に頼っての撮影の比較で紹介したあたりですが数十軒のモテルが繁華街の中にありました。2枚目の写真のように飲食店とモテルが混在しています。日本だとモテルというと、カップルのための宿ですが、韓国だと出張のサラリーマン、家が遠い人が飲んで遅くなったとき、お坊さんに親子、誰でも泊まる安い宿です。「観光ホテル」というのが厳しく法律で決められた基準がないといけない韓国、古い観光ホテルよりも新しいモテルのが広くてきれいだったりもします。私もしばしば利用しています。

 3枚目はルームサロン、その名もストレートに「ビアグラ」です。日本語のバイアグラ、韓国語のビアグラ、どっちが正しいとかは無いと思いますが、ストレートな韓国を象徴する店の名前ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »