« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »

2007年12月 1日 (土)

すばらしい韓国の食事357 私の韓国土産

261 267 271 272

 すでに報告していますが、この3月から機内への液体、ジェル類の持込が禁止されました。なんとか周知されるようになってきた感はありますが、なんでこれがダメなの?というケースもあります。

 また困るのが酒の持ち込みです。前は自由でしたので1升瓶や四合瓶の日本酒をけっこう向こうの先生への土産として持って行きましたがそれもダメです。出国手続き後の免税店ではありきたりの銘柄しか売っていません。前は久保田の萬寿だの、越乃寒梅だの、王紋の夢だの、吟撰〆張鶴だの、新潟の地酒を頼まれたり、持って行ったりしましたがそんなのができなくなりました。

 今回の写真、1枚目は焼酎の箱ですが中身はテンジャンの500gパック1個です。早めに空港へ行き、大きなカバンを預けてしまった後の買い物です。エギョンデパートの売店で、99%だめだろうと思いながら聞いたらやはりダメ。日本も韓国も一緒です、当たり前ですが。でも、預ければ大丈夫とのことで購入したらたった4000Wくらいの買い物でしたが空気を詰めた袋のパッキングを入れた梱包をしてくれました。それを持って航空券を提示してもう一度チェックインカウンターへ行き、預けました。帰りの新潟空港では危うく忘れるところでしたがなんとか思い出して回収、無事持ち帰ることができました。

 2枚目は出国後の免税店での買い物です。今のところ一番美味しいレトルトチャジャン麺はこれです。我がスタッフのチャジャン麺評論家が保障します。5000Wくらいで2食と、やや高めですが麺の質、ソースの味、ここ1年くらいは必須の土産品になっています。しかしこれも、ジェル類ということで厳重にパックして渡されました。日本へ着いてから開けてくださいとの注意を受けました。厳しいですよねぇ。

 3,4枚目はその開封した状態。韓国土産として、お勧めです。人気があるのか売り切れもしばしば、エギョンデパート空港売店で売っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して1353 萬里浦訪問5

215 216 219 220 225

 冬の海水浴場、誰もいませんがあっけらかんと明るい感じは海のおかげかもしれません。今回は説明なしです。ハングルを読んだり、撮影者の意図を汲み取ったりしてお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

普通の韓国を探して1352 韓国のダンプカー

318 412

 1枚目はイテウォン、ボルボの2+2、4軸のダンプカー、2枚目は江南の江南区庁前、盆塘線の地下鉄工事現場です。1+3のように見えますが真ん中のはスペアタイヤですね。ダンプではなく、普通の長い大型トラックでもこんなふうなスペアタイヤの置き方をしているものが多いです。

 道路が広いせいか、大型の車両が多い韓国、後ろ3軸とか、前2軸とか、どうやって曲がるのだろう?と心配になるトラックも見かけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事356 ウォンハルモニポッサム本店

393 392 391

 韓国全土に100以上のフランチャイズチェーン店を持つ「ウォンハルモニポッサム」の本店、清渓8街に昔からある有名店です。「韓国は豚がうまい」と常々言っていますが「マポチェデポ」のソグムクイとともに、ここのポッサムはソウルを代表する豚肉料理の店と言えましょう。1人でも暇な時間だと嫌がる事はないと聞いていますがメニューは2人分が基本、1人ではやはり行きにくい店、知り合いのガイドさんに頼んで同行してもらっての夕食でした。

 1枚目、右のやつが名物のキムチ、浅漬けで甘めの味ですが調味された蒸し豚ととてもよく合います。2枚目が肉、下から蒸気で保温する皿で出てきました。冬季のサービス方法なのかもしれません。肉はいくつか種類がありますが基本の「ソッコマッポッサム」というやつで、皮付きのばら肉と前脚の細めの筋肉が複雑な部分の盛り合わせ。「ソッコ」は「混ぜた」という意味です。3枚目がもやしスープ。これがセットで出てきます。焼酎にとてもよく合います。

 ここで人気なのがチェンバン冷麺、野菜がたっぷりで1皿で2,3人前でしょうか?たぶんすっぱい味だと思いますので私はちょっと苦手ですが、お客さんの大半がそれも注文しています。

 ソウルを代表する、ソウルの人なら誰でも知っている名店と言えましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1351 만리포방문(萬里浦訪問)4

209 210 211 212 213 214

 萬里浦海水浴場、ほんとうに人がいません。寒い朝のせいか歩いている人もほとんど見かけません。たくさんある食堂も、はたしてやっているのかどうかわからない感じです。店に人がいると、やはり写真を撮っていると咎められることがありますが、自由自在です。また、ソウルあたりだと水槽、盗難防止のためか夜間は板で覆ってしまうところもありますがのんきな田舎のためか開けっ放し状態、いろいろ見学する事ができました。5枚目は塩辛の一種?とも思えますが魚の形が崩れていません。たぶん開ければかなり臭いんじゃないかと予想される液体に漬けられた小魚です。何にするのかわかりませんが、そんなのも歩道っ端に置かれています。

 韓国の海、海産物が豊かなのは干潟が多い、この西海です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

普通の韓国を探して1350 仁川国際空港のカート

264 265

 한류、「韓流」、これも一つ前の項と同じく「ハンリュ」よりも「ハルリュ」と言ったほうが通じます、というかそういう発音になります。落ち着いてきた感じではありますが、数年前のブームをきっかけに韓国を訪問する人が増加し、「根強い韓国ファン」が増えたのは確実と思われます。出張の際、安さの点から団体を利用することがたまにありますが同じワンボックス車で空港へ向かう女性のグループに話を聞いたりすると「年に2回は来ている」だのいう話をよく聞きます。地方のおばさんに多い感じですが、団体の安いシーズンだと2泊3日で29800円とか、国内旅行よりも安いくらいのパッケージがあります。日本語も通じるし地下鉄に慣れればどこでも行けるし、治安はいいし。 今年は韓国へ行った日本人よりも日本へ来た韓国人が多くなりそうというニュースを見ましたが、お互いの交流、できれば1対1の交流が盛んになることを望んで止みません。

 インチョン空港の出発階です。1枚目、イビョンホンのやつが目立ちました。ファンのおばさんはわざわざそれを使うこともあるのだろうな?なんて思いました。でも、2枚目、チョンジヒョンのがありました。私も、使うならあれがいいな、なんて感じました。最近やっている「新アシエンス」のテレビ広告、「おっ!!」と思った私です。写真もいいけど、動いている絵がもっといい、典型的な美人ではないけど動いている画像の「生き生きした感じ」がいい、そんな女俳優(ヨペウ)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1349 マルリポ訪問3

203 205 206 207 208

 「マルリポ」と書きましたが、만리포の発音、そんな感じになります。「マンリポ」というよりも確実に通じやすくなります。

 何度か書いているように、韓国の観光地、なんでこういう場所に来てこういう遊びをするの?という感じの店があります。ナイトクラブとかカラオケとか。まぁ、日本も有名な神社やお寺のそばに「精進落とし」とかいう名目で男が遊ぶところがある、という例はありますが韓国の観光地、面白いです。1枚目の写真、多くは刺身屋などの海産物の店ですが韓式中華の店の看板、カラオケの店の看板が混じっていますね。

 2枚目は「만리포사랑 노래비」だか。「萬里浦サラン」という昔の韓国歌謡の碑です。なかなか立派です。どんな歌なのでしょう?知りませんけど。

 3枚目、220Vソケット用の変換プラグを探してバス停留所のほうへ戻ります。コンビニで聞いてみるつもりです。

 4,5枚目は刺身屋の活魚水槽。4枚目はウロk(ウロク、クロソイ)、5枚目はノレミ(アイナメ)です。ウロッk(ウロック)は韓国3台刺身魚の一つ。他の2つはひらめとスズキです。ヒラメはいいとして、クロソイとスズキが好まれるのは日本とちょっと違う点です。漁獲量の点が大きいのだと思いますけど、基本は白身という韓国です。ここ10年、「チャムチ(まぐろ)食べ放題」の店が流行っていますがそれでも、白いカジキが好まれたりです。面白いのは食べ放題といってもコースがあり、冷凍コース20000Wだの、なんたらコース35000W、無制限ホンマグロあり50000Wだの、なんか日本のチェーンのしゃぶしゃぶ店みたいですね。輸入牛、国産牛、和牛、なんて感じ。

 ともかく、刺身は活けが当たり前、の韓国です。もっとも、活けが一番美味いかというと、そうではない場合も多々あるのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

普通の韓国を探して1348 龍山(竜山)駅前

372 375 374

 上道洞方面からバスで旧市内へ戻る途中、少し前に紹介した変換プラグを買うため、龍山駅前でバスを降りました。

 1枚目、駅前広場へ入ってきたところです。左が駅です。Eマートも入っているしアイパークデパートもあります。変わっていないのは右手の、アガシコルモク(置屋街)がある一角と、ここでは写っていませんが駅前広場の南にある礼式場くらいでしょう。昔のだだっ広い駅前広場が懐かしいです。

 2枚目は駅から正面を見た様子。軍装品の店というか、それに刺繍をして売る「マーク屋」があります。これは昔からです。

 3枚目、大階段をエスカレータで上がったところからもう一枚。高そうな高層アパートができています。新聞で見た話ですがこれからのソウルの再開発は江北だとのこと。中でもこの竜山駅前はすごいらしいです。いったいいつ始まるのか解りませんが手をつけたら速い韓国ですので、数年後には激変しているかもしれません、この辺。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1347 만리포訪問2

197 198 199 200 201 204

 萬里浦(マrリポ、マンリポ)海水浴場、けっこう有名みたいで検索するといろいろ出てきます。前に行った事がある大川よりは浜が小さめではありますが、海岸に沿っていろんな店がありました。でも、冬の海水浴場、昨日の歌の歌詞のとおり「誰もいない冬の海辺」でした。

 1枚目、ちょっと暗いですが4輪のバイクというかサンドバギーがたくさん、テントの下に置いてあります。レンタル用なのでしょう。砂浜なら免許が要らないのでしょうね。

 2枚目はその隣、テントのフレームだけ残っていますが屋外テジカルビの店のようでした。

 3枚目以後は萬里浦海岸の様子。誰もいません。沖にはインチョン港に向かうのか?それとも平澤港へ向かうのか、大型の貨物船も見えます。波は白く波頭が見えるやや荒れた状態ですが気持ちのいい景色でした。大親友に佐世保の先生がいますがとても大らかな、大きな心の兄貴分です。海を見ていると気持ちが安らぐというか、おおらかな気持ちになれる、そんなのも関係あるのではないかな?と想像しています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月27日 (火)

普通の韓国を探して1346 梨泰院ホテル

312 313 187 180

 1日だけ西海岸の食を探訪する瑞山訪問がありましたが3,4日目は大韓歯科矯正学会大会です。背広を着ていったため、一応ホテルを予約しました。東京よりも高いソウルの観光ホテル料金、便利な場所で、安い宿泊費、また、できれば初めての場所ということでイテウォンの梨泰院ホテルを2泊、予約しました。1泊で10000円弱、どんなかな?と思っていましたが清潔で充分、リーズナブルな宿でした。団体であればかなり安いクラスになるのでしょうが、イテウォンと言う場所がいやでなければなかなかいいホテルです。

 唯一、ちょっとなぁ、と思うのが冷蔵庫。冷蔵室の全部が飲み物を置く機械になっていて一度抜いたら戻せないタイプです。市価の3倍くらいもしますのでもったいなくて飲めません、かといって自分で買って来て利用できるのは氷室の小さなスペースだけ。もっとも、そんなに部屋で飲む事はないのでそれで充分ではありましたけど、やはり「観光韓国」だな、と感じた一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1345 萬里浦(万里浦)訪問1

191 192 193 194 195

 韓国の地図を広げると天安の西側、複雑な形の大きな半島になっています。韓国の本土の西の端かどうかはわかりませんが、西海に面した半島です。瑞山、泰安、唐津などの都市と広大な農村を含む忠清南道のこのへん、干潟の多い、とても豊かな海です。

 西海沿岸の土地というと、仁川、蘇来浦口、烏耳島、済扶島、安眠島、大川海水浴場(保寧)、長項、群山、沃溝、智島、務安、木浦、珍島、そんな場所を今までに訪れていますが、瑞山へ行ったついでにずっと前から行きたかった場所のひとつである萬里浦(만리포)へ行ってみました。少し詳しい地図をお持ちの方はご覧いただければと思いますが、萬里浦の隣に千里浦、そのとなりに百里浦、その隣に一里浦という小さな砂浜の入り江が連なっている地形上でも面白い場所です。

 瑞山のグランドもテルを早朝に出発。時刻表で見た一番のバスに乗ります。時刻表では萬里浦直行があるのですが売票所のアガシの話では泰安で乗換えが必要とのこと、とにかく時間を有効にと思い、泰安行きの切符を購入し、泰安で郡内バスに乗り換えて萬里浦です。

 1枚目、バス停のT字路から海側を望む風景、2枚目が千里浦方面への道です。バスは千里浦が終点のようでした。

 3,4枚目はモテルなど。海水浴場のオフシーズンですので閑散としています。5枚目は少し海のほうへ進んだ場所からの1枚。天気もなんとか持ってくれそうな朝でした。

 初めてソウルへ行った95年頃、街角ではカセットが露店でたくさん売られていました。4本10000Wとかです。不法なのでしょうが、そのときのヒット曲を全部詰め込んだ、客の側にはありがたいやつが常に売られています。そんな中でHOTのケンディとか、クローンのクンタリシャバラ、チョヨンピルの旅行ウルトナヨ、キムブヨンの豊饒の中の貧困だの、好きな歌を訳したり練習したりしました。歌手名は思い出せませんがそんな中の一曲、「アムドオンヌンキョウルパダッカ~」とかいう歌詞で始まる「回想(회상)」という曲がありましたが、冬の海水浴場、まさにそんな感じでした。

 2,3回、萬里浦海水浴場シリーズが続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

すばらしい韓国の食事355 瑞山で飲んだマッコルリ

150 151 152 153

면천쌀막걸리とあります。柳寛順烈士で有名なアウネチャントの병천ならここでも紹介していますが면천と書く地名、知りません。まぁ、忠清南道の地酒、地マッコリです。夕方、南部ターミナルからのバスで着いて宿を決め、軽装で町歩き&夕食、その後コンビニでこれを買って部屋に戻り浴槽にお湯を入れながらテレビ見てガブガブ、そんなアルコール分の少ない、でもカロリーは高そうな酒です。

 ここでも何度かマッコルリの話、していますけど、長寿、二東などのソウル近辺の大ブランドの他、生酒でもありますので各地方ごとにこういう濁酒を造る会社があるのでしょう。どこのもそれなりに美味しいです。でも、「濃いなぁ」と感じさせる米の味が強調されたタイプと、カルピスみたいにさらっとした爽やかタイプの2種類に分けられるような気もします。 前記、ソウルの2大ブランドでも長寿マッコリはさらっと系、二東マッコルリはちょっとだけどとろーり系だと思います。この忠南ミョンチョンサルマッコリも後者。米の味が強めのものでした。

 1枚目、旅館にお決まりの深夜食堂の大型ティシュ、普通版タオル3枚(バスタオルは無いことが多い)、そして酒。2枚目はラベルの拡大「揺らして(=振って)飲んでください」という注意書き。3、4枚目もラベルです。ミョンチョンがどこなのか、3枚目の製造住所が読めればわかるかな? 韓国の田舎旅の楽しみはこんなところにもあるのです。

 3枚目、ピントぴったりで読めますね。忠清南道唐津郡ミョンチョン面城上里です。ミョンの字は日本では使われていない漢字、その面事務所があるのが城上里のようです。牙山湾に面した唐津、昔中国との行き来があった港町だから唐津という名前になったのだと言われています。日本の唐津もいっしょかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1344 梨泰院のボゴキン、なくなる

308 309 390

 ソウルのランドマークというか、有名な場所、そんなのも変化しています。イテウォンのヘミルトンアp、ソウルでも有名だったほうのバーガーキングがなくなっていました。私も何度か集合場所、待ち合わせ場所として使ってきた店です。イテウォンのど真ん中ですので決して繁盛していなかったわけではないのに、別の店になっていました。昼と夜の同じビルの写真をアップしますが、角の1階、いつなくなったのかわかりませんが、迅速に変化するソウルらしいなぁと感じます。

 後に入った「The coffee bean & Tea Leaf 」 やはり有名なチェーンなのでしょうかねぇ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

2007年11月25日 광주민주화운동

  前回の出張、大事なノートをどこかでなくしてしまいました。勉強のメモであり、出張の記録でもあり、何でも書いていた(ハングルで)ノートですが、すでに30数冊、でもなくしたのは初めてで、ちょっとショックです。

 そこにメモしていた話です。

 有名な光州事件、韓国では「光州事態」だと思っていたのですが、光州では「光州民主化運動」といわなければならないということを教えてもらいました。市民や学生のデモに軍隊が出動、衝突し、多くの一般人が死んだ事件です。当時の大統領は「韓国で一番たくさんの人を殺した人物」とも言われているそうです。

 韓国全体で見れば「光州事件(事態)」でも、当の光州の人たちにとっては「光州民主化運動」なわけです。韓国のこと、なんでも知ってやろうと思っていた割にはまだまだ自分の知識があさはかであったこと、これもちょっとがっくりした一件です。

 多忙な日曜も終了、これから帰宅です。お疲れ様>自分

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事354 碧蹄カルビ空港店のテンジャンチゲ

251_2  8000Wのテンジャンです。まぁ、高いけれど、美味しく、ハズレの少ない、韓食の基本とも言えるメニューです。慣れないと韓国テンジャンの豆味噌の匂いがきついと感じるかもしれませんが、それが韓国語の「クスハダ」という形容詞なのだと思います。しょっぱいけどご飯にはぴったり。これにケンニプチョリム(エゴマの葉の醤油漬け)でもあればいくらでもご飯が食べられます。韓国の食事の基本はチゲ、中でもテンジャン、そう言えると思います。

 写真を見て思い出しました。ここのしいたけ、最高に美味しかったです。最近は味も何も無い感じのシイタケが多いけれど、いかにもきのこらしい香りがありました。小ぶりではありますが、野菜の類、韓国は美味しいと感じていましたが絶品椎茸、また食べたいくらいです。ただし、市内で売られているシイタケは日本同様、韓国でも安い中国産輸入品が多いです。

 空港内の食堂、これは、一般客のことも、空港職員の事も考えてでしょうが、ニンニクは控えめの料理、おかずになっています。白菜キムチ、釜山オデン、ニンニクの茎のナムル、黒豆、少なめではありますけど、ご飯とチゲが美味しければ充分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事353 碧蹄カルビ仁川空港店

246 249 250 247 248

 空港鉄道仁川空港駅のほうにあるビョクジェカルビの空港店です。出国後のエリアにもこの店がありますので、仁川空港内に2店あることになります。昨日書いたとおり、人気があまり無い空港駅の側のエリアになるにも拘わらずこの碧蹄カルビ、空港職員でかなり賑わっていました。何でも高い空港内ですが、その人気の秘密、メニューにあったのでした。

 1枚目、店の外観で、2枚目は各テーブルにあるメニューです。まずは麺類とあり、

水冷麺7000W、ビビム冷麺7000W。案外これ、高くない値段です。次は肉類、

韓牛スユク大 250g30000W、中120g17000W。コチュジャンサムギョプサル150g12000W。生サムギョプサル170g12000W。テジカルビ250g12000W。これも、ちょっと高めですが他の店の空港での価格差を考えると大して高くは感じません。韓国らしいのは次の項に「サリ類」とあり、

ヘム(ハム)サリ2000W、ポックムパプ2000W,ラミョンサリ、コンギパプ(ご飯)1000W。その下が酒類で焼酎3000W、ビールが4000Wです。

 3枚目に行くと「食事類」。まずは「湯類」で、

韓牛カルビタン13000W、韓牛ソルロンタン10000W、トゥクペギプルコギ9000W。次が「チゲ類」で、プデチゲ(2人分以上)9000W。クル(牡蠣)ヘジャンクッ9000W、スンドゥブチゲ8000W。キムチチゲ8000W、テンジャンチゲ8000W。

 次が「トッパプ」類で、ジェユクサムパプ9000W。オジンオプルコギ(2人分以上)9000W。即席(その場で注文ごとに料理するという意味)ヘムルキムチポックムパプ8000W。

 最後にコドゥンオチョリム(限定販売)9000W。

 安いとはいえませんが、それほど高くなく普通の韓食が食べられる店のようで、テジカルビ250gというのを食べているグループが多数見かけられました。座敷もあるかなり大きな店ですが、遅めの時間にも拘わらず7割以上が埋まっている、そんな感じです。案外空港内の知る人ぞ知る人気店なのかもしれません。

 4,5枚目は「国内唯一、本当の韓牛ソルロンタン」の広告。江南区の高級アパート街、デチ洞の店の宣伝です。東亜日報の漫画『食客』にも掲載されたとありますが、「ビョクジェハンウソルロンタン」、行ってみたい店になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »