« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

普通の韓国を探して1536 兵長の帽子?

215  昔の日本陸軍だと、一番下が二等兵、次が一等兵、次が上等兵で次が兵長、そんなだったと思いますが、韓国の兵役もたぶんそんな。この帽子のラインが4本ということはもうすぐ除隊、そんな兵隊さんです。

 議政府の北にある東豆川、さらに北にある漣川郡の全谷邑からの帰りの列車、一番北の新炭里からかどうかは聞きませんでしたが、たくさんの若い軍人と乗り合わせ、いろいろ話しました。休暇で家に戻るということで、行き先はソウルだったりもっと南だったり、でも、同じ釜の飯を食う同僚と休みの外出ということで皆楽しそうでした。

 ソウル市内でもたくさん軍人を見かけますが皆帽子を被っています。でも、こんな上に伸びた飾り付きのはあまり見かけません。最前線を守る舞台の印でしょうか?ちょっと誇らしげな感じですし、皆175センチ以上という感じの大柄な兵隊、やはり優秀な、でも、厳しい部隊であることを感じさせるものでした。前にここでも取り上げましたがアシアナの客室乗務員の帽子、最近変更がありましたがあのちょこっと伸びた尻尾は健在。なんかあれと同様、飛び出した部隊章はかわいい自尊心の象徴のように思えます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1535 清渓川5街あたり 広義の東大門市場

374 373 372 375 371

 東大門市場と言うと一般に馴染みがあるのは東大門運動場駅付近。若い人向けの服飾関係はあの辺に集中しています。でも、本来の東大門市場は本当の東大門のあたり、今でも残る四角い総合市場が中心です。でも、その周囲、前記の南側、東側、そしてこの西側に広がるかなりの広さの区域が広義の東大門市場です。

 ここでも何度か取り上げている広蔵市場は最寄り駅は鍾路5街。今回の写真はその清渓川側の風景です。1枚目、清渓川路を隔てての広蔵市場の南側の入口です。「斜めの十字路」の南の出口でもあります。

 2枚目は橋の上からの東大門方向。目立つ高層ビルはドゥーサンタワー、ご存知ですよね、皆さんも。3枚目は河川公園になったチョンゲチョン。広い道路とその上の高架道路だったのが全部撤去されました。いくつもあった歩道橋上の露店の人とか何やっているのかな?とも思いますが、昔を知る者から見るとすごく明るい通りになり、嬉しくは思います。

 4枚目、この辺、刺繍とか服飾関係の材料、皮ひも、糸、リボン、紙袋、タオル、布地、タオル、そんな軽工業製品の材料、製品、全てを扱う市場という感じです。これは毛糸の店ですね。

 で、5枚目、細い路地にある店も多いため製品、商品の運搬にはこんなバイクが大活躍しています。元気な韓国を象徴する、そんな町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1534 風水に基づき作られた街、ソウル

376 377 378 379 381

 韓国、日本であれこれ流行する何百年も前から風水とかを重んじてきた国です。百済、新羅、高句麗の時代だって都、王様の住む場所は風水に基づいたいい場所に設けられてきました。中でも代表的なのが皆が知っているソウルです。北に山、南にも小さい山とその向こうに大きな川。一概には言えませんが、そんな場所がソウルです。周囲に山が、というと、イコール狭い、ってなってしまいそうですが、確かに何もないまっ平らな場所よりは適度に山に囲まれている場所のが心も落ち着く感じです。

 我が新潟市、天気のいい日には適度に山が見えますが、惜しいかな、ちょっと離れすぎ。自転車で山の練習をするにも山がある場所まで15キロ、45分とかもかかってしまいます。大都市ソウル、名都市ソウルがちょっとうらやましい点でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

普通の韓国を探して1533 南原市雲峰邑事務所前

325 328 326 329

 南原から中距離の市外バスに乗ってたどりついたウンボン邑。昨日書いたように韓国の地方、立派なバイパスがあるところが多く、昔からの邑内は通らない事も多いのでこのバス停のあたりも邑事務所、ま、村役場とその他ちょっとした公的な建物があるくらいの場所でした。智異山方面への登山口でもあるようで、そんな案内図もあります。

 どうもこの、南原も、そして淳昌あたりも、全南のようなイメージがあります。光州から東へ行った場所ではありますが、全北の最南部になります。でも、全南もすぐだし、4枚目の道をちょっと行けば慶尚南道、山清とか晋州も割合近い、そんな場所です。この後、重荷を担いでこの道を歩く事になってしまいましたが、郡内バスの停留所のあたりで人を送りにきていたアジュマ2人に尋ね、邑内に行けばタクシーがあるよとのことで、昨日の写真の旧来の町へ向かったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1532 龍山駅あたり 

321 322 323 324

 ニフティの検索ワード表示で、しばしば龍山が出てくるようになりました。Iパークデパート、Eマートと一緒というのが多いですが、再開発の進むこのあたり、新しい繁華街ができつつあるのかもしれません。

 1,2枚目は漢江の北にはあまり無かった超高層アパート群です。まとまった土地があるこの龍山、もっと増えていく予感がします。日本で言えば芝浦あたりの感じ?汐留あたり?そんなでしょうか?

 3枚目は北の南山方向。ソウル駅前から盤浦大橋に続く大通り、こんなにすいているのは珍しいかもしれません。4枚目はブルーバスの島式停留所です。数年前にできた幹線バスシステム。道路の広いソウルだからかもしれませんがうまく運用されているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1531 冬の韓国 通勤風景

220  漣川郡全谷からソウルへ戻るときの乗換駅です。新炭里から、どこの駅だったかちょっと失念しましたが、議政府のちょっと北の駅までは近郊通勤型DCで、その駅で1号線直通の電鉄に乗り換えます。

 寒い韓国の冬、ホームは寒いので多くのお客さん、跨線橋の階段の途中で電車を待っているのです。日本ではあまり見られない風景かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

普通の韓国を探して1530 東豆川でテンジャンチゲ

080 078 084 088

 10年も前に泊まって歩いた街、東豆川を再訪しました。インチョン空港から本数は少ないけれど直行のリムジンバスもあります。15分おきくらいに出ている議政府行きの一部が東豆川まで運行しているようです。米軍基地で有名な街でもあります。

 1枚目、「すばらしい韓国の食事」にしようかとも思いましたがテンジャンチゲです。5000Wか、安い店だと4000W。韓国式の味噌汁定食で、全羅道あたりだとチゲの他にコンナムルククが出てスープも2種類という豪華な食事になりますが、ここは京機道、割合シンプルなものでした。アサリのダシにエホバク、ヤンパ、パ、プッコチュ、エノキタケ、豆腐、そんな具沢山の味噌汁、韓国味噌に慣れるととても美味しい、ハズレの少ない、安心できるご飯です。 ここ、前に化粧室のキーの写真をアップした食堂ですが、韓国海苔が、小さなシール容器ごと出てきたのがちょっと嬉しいサービスでした。

 2枚目は旧ターミナル。白地の看板の大きな薬局で「新しくてきれいなモテルを教えてください」と拙い韓国語で尋ねて宿を決めた、そんな店です。それほど大きくは無いけれどバスターミナルがあったのに、なくなってしまっていました。

 3枚目はいかにも東豆川という看板。アメリカ軍の軍人向けの質屋兼リサイクルショップです。前に来たときも町の北、保山洞というのだったかな?米軍の軍人向けの歓楽街を歩きましたが中古ファミコンソフトの店とジャンパーにいろんな刺繍をする店が記憶に残っています。

 あとは、「アメリカ人が考える東洋趣味」満点の写真館、洋服屋、記念品土産物屋がたくさん。韓国人ではない私も「これはちょっと違うんじゃない?」と思えるような商品が並ぶ店がありました。変な衣装を着ての写真、トラの剥製に跨っての写真、ハッピというか、へんな着物のような服。帰国するアメリカ軍人のための店なのでしょうか? 面白いといっては不謹慎かもしれませんが、他の都市とはかなり違う基地の街です。でも、どんどん米軍は減少、またソウルの南の烏山などへの移転で、ややここも寂れた感じを受けました。しかし沖縄とかにもそういう軍人向けのお土産屋みたいなのはあるんでしょうかねぇ?

 4枚目は新しい変化。米軍は減ったけど、他の外国人が増えているのでしょうか?ソウルでも見かけますがベトナム式米の麺、いわゆるフォーというのの店で、かなり大きいです。「安さんのフォーの店」という看板です。バスでも見かけましたがフィリピン人、ベトナム人のお嫁さん、労働者が増えているのでしょう。ちょっと下手な韓国語で携帯の通話をする外国人女性が目立ちました。 この後行った漣川郡全谷邑でも外国人が増えてるという話を聞きましたが、日本も韓国も、外国人の受け入れを考えないといけない時期ではあると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1529 韓国の普通の家 仁川市

309  仁川市の東岩駅から少し歩いた場所にある十井洞(십정동)という町を歩いたときの帰り、駅近くの住宅街でみつけた家です。かなり大きく立派な建築で、周囲も似たような感じの家があります。韓国の民家、日本以上にバリエーションがありますが、いかにも韓国的、と感じての1枚です。かなり気に入っている写真です。いかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1528 フンブとノルブの舞台 雲峰邑

334_2 335 333

 「フンブとノルブ」、「ノルブとフンブ」?どっちだったか忘れましたが、韓国語を勉強したことがある方、韓国が好きな方なら題名くらいは聞いたことがあることと思います。韓国人なら知らぬ人はいないくらい有名な童話です。「ノルブチプ」という食堂もここで紹介しましたし、近日中に「ノルブプデチゲ」の写真もアップするつもりですが、そんな昔話の舞台といわれているのがここ、全北は南原市から南東に20キロばかり走った場所にある高原の町、「雲峰邑운봉읍」です。智異山北麓の高原の町で、地図で想像していたときは盆地かと思っていましたが南原からの峠を越えるとほとんど下り道は無い、そんな高原の町でした。

 韓国の田舎、高速道路網もどんどんできていますし、国道のバイパスも日本の高速道路規格という感じですばらしい道が整備されています。したがって旧来の町のメインストリートはたまに通る市外バスが寄る他は車が少ない、田舎へ行くとそんな感じです。ここウンボン邑もまさにそれ、1枚目、昔からの町の大通りです。人も車も少ない、でも、明るい朝、いい町だなって感じられた場所でした。

 2枚目はそんな古い町にあった理髪所です。果たしてどんなおじさん、もしくはおばさんがやっているのか? 前日に全州でカットしていたので寄れませんでしたが、40年前と変わっていないんじゃないか?そんなふうに思えるたたずまいです。

 3枚目は初等学校。教育を重んじる韓国、山の中、海辺、どんな田舎へ行っても学校は小さくても立派です。

 南原からのバスで最初に降りたのはバイパス沿いの邑事務所前。役場他の公的機関がいくつかありましたが何も無い場所です。タクシーがいると思っていたのに人も車もなし。たまに山清、晋州方面へ走るバスが通るだけの場所で、どうしようかと思いましたが少し歩いてこの昔からの町へ入ったらなんだか安心しました。幸いタクシーもすぐにみつかり、目的地だった荒山大捷碑へ行く事ができました。 この雲峰邑、韓国の田舎の代表かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

すばらしい韓国の食事384 張さんちのソルロンタン

428 425 426

 帰国の日の食事はなるべくニンニクを抜くのが私のキマリなのですが、優しい味の肉スープを食べることが多いです。一度行って美味しかった麻浦の「マポオク」へ行く事にして地下鉄に乗り麻浦へ。時間は6時台でした。ところがせっかく乗換えまでして麻浦まで行ったのに、24時間営業ではないようで、ネオンのみ。ま、こういうこともあるさと思い、裏通りで麻浦駅へ戻る途中、やっている店がありました。 麻浦駅直結のハンファオベリスクというアパートの裏にある公園の前にある店、「チャンガネソルロンタン」です。

 漢字で書くと「張家」ネ+ソルロンタン。この「ネ」というのは「だれだれの家の」という意味で、韓国語でよくある同じ意味の漢字語と固有語の連続の一例です。「張家」の「うち」の「ソルロンタン」てわけです。

 2枚目がけっこう待って出てきたソルロンタン。葱入れ放題、キムチ、カットゥギも当然食べ放題。ちょっと風邪をひきかけたかな?と思っていたのでこれでもかとネギをぶっこんでいただきましたがなかなか美味しかったです。「マポオク」のようなワイルドなけもの臭さはなく、割合おとなしいタイプでしたが肉がけっこう多目。もう私も「肉がありがたい」という年齢ではなくなりましたが、あんまり少なかったりダシガラみたいなぱさぱさしたのがちょびっとだったりする某チェーンとかは寂しく感じます。値段は6000W。満足の朝食でしたし、ネギたっぷりのおかげか風邪も発症せずにすみました。他にスユク、トガニタン、コリコムタンなどの高級メニューもあります。美味しかったです。

 3枚目はおまけ、けっこう大きな、きれいに整備された前の公園で、焚き火をしていました。さて、浮浪者?なんても思いましたがその脇にバドミントンのネットを張って同好会かなんかの早朝練習なのでした。韓国人、散策、登山、薬水汲み、ジョギングだの、朝から運動するのが大好き。しかし焚き火は、、日本だとすぐに通報して警察がやってきそうです。ちゃんと後始末をすればケンチャナというところなのでしょうが、大らかでいいなと感じました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して1527 果川市からの冠岳山

296 298 300 302 303 304

 忠清南道、瑞山からの帰り道、西海岸高速道路からソウル外郭高速道路に入り、果川経由でソウルの瑞草洞、南部市外バスターミナルに戻ったときの写真です。バスの中からなのでちょっと画質が落ちるかもしれません。始興市から光明市、安養市を経て冠岳山が見えてくるともうソウルが近いことがわかります。ソウル周囲の新しい都市、計画的に作られたものがいくつかありますが、果川もその一つ、政府機関のいくつかがここにあります。たくさんのアパートも建設中。ソウルから割合近いので高いのでしょう。

 バスは冠岳山の南から東へ回りこみ、ナムテリョンという軍部隊のいる峠を下れば舎堂。右へ曲がってちょっと走れば南部ターミナルです。2、3、5枚目の写真に映っている冠岳山はソウルを代表する山の一つ、天気がいい日であれば旧市内からもごつごつしたその山頂が良く見えます。

 1枚目はお墓を撮ったつもりです。新しく立派なお堂とその背後の明るい斜面にならぶ韓国式の墓。日本同様、なんとか霊園とかいうような公園墓地みたいなのができているのかもしれません。どうもお墓の事はあまりよく知りません。忘憂洞の山に大きな共同墓地があったり、銅雀に国に功績のあった人のための国立墓地があるのは知っていますが田舎へ行くと汽車の窓からたくさん見えるようなお墓はどうなっているのだろう?と思います。個人的に売買される土地なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1526 ホテルPJそばの印刷所の白い犬2

3941_2 3951 3961

 斜めに入る路地の先、少しだけ屋根が架設されている部分に住む白犬、翌日にも会いに行きました。この日はこの冬1番の寒さだとか、ソウルもマイナス11度以下、最高でもマイナス6度だかだった日、小屋の中に入れられ、仕切られた板の上から顔だけ出して行きかう人を観察していました。 覚えていてくれたようで、私の手を舐めてくれました。そういえばぜんぜん吠えるところを見ていない、おとなしい可愛い犬でした。 我が家の芝は知らない人を見ると吠えまくりますが、韓国ではそういう犬、少ないように思えます。次に行っても覚えていてくれるかな?と思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

普通の韓国を探して1525 冬のソウル、露店商の憂鬱?

308  天気予報だけでなく一般のニュースでもやっていますが昨夜から当地は大荒れ。家が揺れるほどの強風を伴う雪でした。いつも5時前に起きて天候を確認するのですが、今朝は窓が風雪で凍り付いて開かない、そんな状態。しばらくファンヒーターを点けたらやっと開きましたが外は真っ白でした。 もう2,3週もすれば暖かくなるとは思いますがどうもこの冬、最後に来て大荒れ、そんな冬のようです。

 でも嬉しい休みの日曜、デジカメを持って出てきました。1つだけアップして家に戻ります。写真は清涼里の少しチェギ洞寄りの交差点です。夜の9時頃、気温は当然零下です。何を意図して撮ったかと言うとバナナです。

 バナナ、食べやすく、歯にくっつき易くないので診療の合間の間食に食べたりもする便利な、そして安価な果物ですが、冷蔵庫へ入れると外の皮が真っ黒くなってしまいますよね? ここに見える露店のバナナ、やはり黄色ではなく黒っぽく変色しかけています。寒い冬のソウル、外に置いておくと言うことは冷蔵庫の中に置くのと一緒。当然バナナはすぐに黒ずんできてしまいます。もちろん中は白く、普通に食べられるのでしょうが、見た目の点では商品価値が低下してしまうことになります。たとえば鮮魚なんかはいいのでしょうけど、バナナを売る人は冬は困るのだろうなぁと感じてのシャッターでした。

 そういえば、今日明日、福田総理が韓国訪問、李大統領の就任式に出るとかニュースで見ましたが、挨拶の最初に南大門の火災事故について残念です、とかなんとか言うといいのではないかな?なんて浮かびました。仲良くなれる両国、仲良くしないといけない2つの国だと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

すばらしい韓国の食事383 노구리 순한 맛

461  土産に、新装成ったエギョンデパートの空港売店でノグリのマイルド、スナンマッを5袋X3,買いました。ぜんぜん辛くない上に、魚味中心、麺は極太の農心の麺、とても食べやすいラーメンです。 ここでも書いたように昔は「ノグリウドン」という商品名でしたが、このノグリマイルド、まさにたぬきうどん風で、揚げ玉も入っています。昆布の小片がくっついているのは従来のノグリと一緒。先日「2枚入っていたのでラッキー!」と書きましたが、5つあげたスタッフの翌日談でも2枚だったとのこと。案外よくあることなのかもしれませんが、得をしたような気がします。

 辛いのが苦手の方にも安心、노구리 순한 맛はお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1524 ホテルPJそばの印刷所の白犬

268 269 270 271 272

 犬には国境はありません。多分、日本の犬、韓国の犬、そのままコミュニケーションできると思います。多くは人間が好きで、遊んでもらいたい、そう思っているのだと考えています。

 ホテルPJ,ここも何度も泊まっている宿ですが、周囲は印刷所だらけ。製品や材料を運ぶオートバイが路地を疾走する下町です。コルモク市場もあれば庶民的な食堂も多い、また忠武路が近いことから映画館も多い、そんな場所です。明宝劇場からホテルへ向かう道、すぐ手前のクモンカゲの脇の路地にこんな犬がいました。屋根がある場所に小屋を設けてあり、外飼いではありますが大事にされている感じです。

 犬、「誰だろう?」というか、「何なのだろう?」という顔をよくします。もちろん初めから警戒心旺盛で吠えてしまう犬もいますけど、多くは「何なの?」という顔をしてくれます。1,2枚目がそれです。 大人しい犬のようで、ちょっと気弱なところもあるのかも、3,4枚目は、「あ、何でもないよ、見ていないよ」という感じでそっぽを向きましたが、5枚目、それまで降りていた尻尾が持ち上がり、「ねぇ、遊んでくれるの?遊ぼうよ!」という感じ。この後しっかり友達になれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1523 モテルのキー返却かご

102_2  新潟市から行くと新発田の先、今は新発田市と合併しましたが加治川村というところがあります。38度線の村として、韓国の漣川郡全谷邑(연천군 전곡읍)と姉妹都市となっている自治体です。新発田市は議政府市と姉妹都市、その縁もあってか、すぐそばの加治川村と全谷邑も仲間になったのかもしれません。

 その全谷邑の邑内、全谷駅そばのモテルのエレベータの中の写真ですが、「キーはここに入れてください」という小さなかごが手すりに取り付けられていました。日本にはあまり無いでしょうね。

 韓国のモテル、先払いが原則です。冷蔵庫の飲み物はサービスですし、外から出前(配達、ペダル)を取っても代金引換。携帯への電話は不可能、市内通話は無料というところが多いので追加料金が発生する事はめったに無いのだと思います。 多くは家族経営ですので帳場には一家が団欒していることもあれば、遅い時間はアジョシもしくはアジュマがごろ寝していたり。当然早朝や夜明けの頃は寝ています。 いちいちキーを返すのに起こされては身体が持たないということでしょう、チェックアウトはご勝手に、キーはここへ返してください、ってことでこの籠が用意されているのだと思います。

 モテルによっては帳場の小窓の前に置いて出発ということもありましたが、防犯上は問題が無くもないのでエレベーターの中で返却、というシステムなのだと思います。なんでもキッチリの日本、お客を信じる韓国、違う部分かもしれません。

 韓国人は一旦信じるとそれっきり、騙されやすいと言います。心配して慎重で、いい言い方だと「小さな可能性にも注意する」、悪く言えば「人を疑う事が多い」、そんな日本人よりも確かにそういう点、あるのだと思います。

 先日の南大門の放火事件も、数年前から横断歩道ができて、誰でもそぐそばへ行けるようになったのが一因かと思いますが、「5000万国民の宝である南大門、ウリナラの大事な文化財に火をつけるやつなといるわけない」と国民を信じきった政府、役所のおおらかさも関係していると考えています。良い点でもあり、短点でもあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

普通の韓国を探して1522 백남준の作品が仁川空港に

458 459

 昔からガイドブックなどでも紹介されてきた在米の芸術家(?)白南準さんの作品が仁川空港に設置されていました。 果川のほうの美術館にある、とかは聞いていましたが、あの大公園、行ったことがありません。仁川空港中央の吹き抜けにあったこの作品、やはり話に聞くとおりたくさんのブラウン管のディスプレイで~、というものでしたが、何だか儲かった気分。でも、じっくり見ても理解が難しいのじゃないかなぁ??やはり私は凡人?って思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1521 明洞点描

020 0211 026 0451 0461

 ソウルのホテル、たくさんありますが、最も初心者向けなのはロッテホテルでしょう。次がロッテ旧館とも言えてしまいそうなプレジデントホテル、そして、ここ、明洞のど真ん中にあるソウルロイヤルホテルです。昔は敬遠しがちだった明洞、最近は別に抵抗なくなってきました。ソウル一、韓国一地下の高い場所ですので、1Fにある店はやはり家賃分、高いし手狭な感じがしますがビルの上に上がれば安めの食事も可能です。何といっても交通の便は至って良い場所、ロイヤルホテルはお勧めです。

 1枚目、ホテル前の様子。左への上り坂になっています。2枚目は出て坂の下、ABCマートとかフアユーのほう、南大門路側です。

 3,4,5枚目は夜になったときのもの。4枚目、ここでも紹介している「シンシファロ」が右側、左は昔からの高級店、「福清」です。5枚目はやはり有名店、「忠武キンパ(キムパプ)」、ちょっと私は高い、って思ってしまいます。やはり明洞です。

 そうそう、先日ここで、明洞だとオデンが1000W、と書きましたが、やはり普通は1本500W,2本が基本で1000Wという店が多いようです。2つ120円ならいいけど1つ120円はやっぱちょっと高いですよね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事382 피순대 全州名物

166 167 169 170 172

 どんなガイドブックにも掲載されているスンデ、街角の屋台の1人分2000Wのもあれば専門店の大腸のスンデ、アバイスンデとか、1皿20000Wとかするのもあり、ここでも何度か紹介してきた北韓由来のメニューです。豚の血を入れる、ということからなんか気持ち悪く感じてしまう人も多いかもしれないけれど血の味なんて特にせず、案外優しい味、でも、見た目はねぇ、、、という感じです。

 で、全てのスンデは血を入れるもの、と私も思っていましたが前にアップした九月山のスンデなんかは野菜や米や肉、血の色はありません。でも、基本的には「血を混ぜた腸詰」というイメージでいました。「ピスンデ」とわざわざ銘打ったスンデ、ここで初めて見たのです。場所は全羅北道の全州、何度も泊まってビビムバッp(ビビンバ、ビビムパプ)やコンナムルクッパプも食べていますが、「ピスンデ(ピ=血)」というのは、初めて聞きました。

 全州の旧市街、豊南門の裏手、全州川との間に広がる在来市場である南門市場の中にその「ピスンデ」を看板に掲げる店がいくつも集まっていました。1枚目は人気の店でしょうか?「南門ピスンデ(남문피순대)」という店。早い夕方の時間でしたが満席状態でした。地元の韓国人でにぎわっている店はうまい、というのは原則ですが、あまりに混んでいる店で、韓国ではめったにいない1人客、テーブルを占拠するのは嫌がられることもあり、気持ち悪がられることもあり、近くの別の店で食べてみました。

 2枚目は壁のメニュー。1人なのでピスンデの小で、と頼んだら快諾、始めての韓食、ピスンデにありつくことができました。3,4枚目がそのスンデと内臓茹で肉ですが、春雨の入った普通のスンデではない、肌目の細かい断面の茶色一色のやつがピスンデです。マッコリを頼んで食べ始めたら、スンデクッがサービスで登場。5枚目で完成です。

 ピスンデ、ちょっとねっとりした中身で同じ血の料理であるソンジ、こちらは牛の血ですが、やはりあれに似た食感があります。いかにも鉄分豊富、栄養はありそうですが、「血を食べている感じ」も満点。私は大丈夫でしたが「血が入っている」という話だけでスンデを敬遠しがちな人にはちょっと無理かもしれません。

 付け合せはセウジョッの他にたくさんのニラ、血をきれいにすると言いますのでこのピスンデ、身体にはとてもいいメニューでしょう。前にちょっと書いた食堂を回って物を売る人に出会ったのもこの食堂です。全州の古い市場の中での早めの夕食、充実したものになりました。

 追加です、一番高いメニュー、「アムポン20000W」というのは何?と食べながら尋ねたら、光州で言う「セッキポ」、経産雌豚の子宮でした。厚く、柔らかく、美味しいものですがやはりここでも貴重なもの、高いものなのでした。広蔵市場でも置いている店もあります(故郷チプなど)ので、見かけたらお試しください。内臓好きには堪えられない部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

普通の韓国を探して1520 COEXのフードコート

043 044 045 046 047

 コエックス地下街、三成駅に近い部分、食堂やらこんなフードコートがあります。95年当時からありました。床の多くがアクリル樹脂で、なんか田舎者には踏み抜いてしまいそうでおっかなかったのは今も変わりません。天井も外の光を取り入れられる構造で明るい感じがしますね。2,4枚目に見えている女性の写真のパネルは動くんです。こんなのでも田舎者をびっくりさせるには充分でした。スタッフの話に寄ればなかなか美味しいですよ、とのことですが、私自身は一度だけしか食べていません。普通の味でした。ビビンバだったかな?松本の先生と一緒に食事した記憶があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1519 ソウル市庁前のクリスマス

0101 0111

 ちょっと古い写真ですが冬ももうおしまいですので。1枚目はソウルプラザホテル、2枚目は市庁側です。やるときはやる、派手好きの韓国らしいです。2枚目、Lサイズのプリントをたくさん貼り、大きな絵にしているのの一部です。ビニルコーティングしてあるのでしょうけど、天気のいい韓国の冬らしいなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

普通の韓国を探して1518 漢江津駅から梨泰院駅まで

319 317 316 192 193

 どこそこへ行ったとか、自慢したい気持ち、わかります。子供っぽい考えだと思いますが誰でも、特に男子にはありそうです。私にもあります。でも、「○○へ行ったぞ」と自慢したいがための旅行はつまらないです。行きたいところへ行きたい、そう思います。

 韓国、ソウルから離れた場所であっても、時にはソウルの中であっても、面白い場所はたくさんあります。大事なのは自分で行く事、そして自分の足で歩く事だと考えています。今回は6号線のハンガンジン駅、漢南大橋、江南へと続く大通りのところからおなじみのイテウォンまでの5枚です。充分面白いコースでした。

 1枚目はソウル外国人学校、地図にはソウル龍山国際学校とありますが、インターナショナルスクールの入口です。ソウルの教育熱心な層の子弟も行っているらしいです。お金がかかるのかもしれませんね。

 2枚目は少し先のビル。1,2階が素通し。地震とか大丈夫なのかなと思います。ちょっと面白い。3枚目はさらにイテウォンに近いあたり。日本人向けの店が増えてきます。

 4,5枚目はイテウォン地下鉄駅入口、ヘミルトンホテルアpです。この辺は誰でもご存知でしょう。

 前はイテウォンなんて観光観光しすぎて、、と思っていましたが実際歩いてみるとここなりの面白さがあります。特に夜の飲み屋は国際的。韓国語よりも英語が必要になりますが、いろんな国の人と話して、飲むことができます。「からむ」という感じでなければ3人組で巡回するMPもフレンドリィに応じてくれますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事381 スグレとホパとレバ刺し

289 290 293 291

 清涼里在来市場入口、現代コアビル脇にある「スグレハルモニチプ(수구레할며니집)」での早い夕食です。10時開店、22時閉店、そんな店で、肴類はひととおり揃っていますし、食事もできます。外のベンチでと思いましたが寒いので中へと言われました。外のベンチもガスで座面を熱々にするタイプ、ビニールテントもありますが、すいていたので遠慮せず店の中へ。頼むのはいつものレバ刺しとホパ(牛の肺の煮込み)ですが、前回、梅干のお礼をしたかったのに私が食事の後だったこともあり、店の名前にもなっている牛の皮の下の肉というか結合組織であるスグレの煮込みもサービスしてくれました。レバ刺しの量も半分でと言ったのにこれはたぶん1人前。嬉しいサービスです。飲み物はいつもの長寿マッコリ。ソウルの定番です。

 3枚目が店の厨房の様子。4枚目は食べた後。もちろんすごく美味しいのですが全部はとても無理。ここでは肉中心でお腹一杯になりましたが次の食事で野菜を充分摂れる韓国、ケンチャナヨです。 しかし新鮮なレバの甘み、ホパとスグレの牛の味、思い出しただけで唾液が湧き出る美味しさです。こんな美味しいものを知っている、という喜びを感じています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

普通の韓国を探して1517 2号線三成駅付近

018 021 022 033 034 037

 初めてのソウルがこの辺でした。大きく上下にうねりながら続く広大なテヘラン路、両側の高層ビル群、そしてすばらしい並木道には驚きました。ソウルの第一印象は東京よりすごい、そんな感じでした。でも、その後、それこそ韓国全土を歩いてみるとこういう場所はごく一部、また、新しい部分と古い部分が共存する韓国、そんな部分に目が行くようになりました。

 パークハイアット(6枚目)にグランドインターコンチネンタル(4枚目)、そんなホテルに泊まるより、その分、次の飛行機代に回してもっともっといろんな韓国を見て、いろんな韓国人に会って、話してみたい、そんな訳で韓国語の勉強に身が入ったのです。もちろん、このような1泊6万円なんてホテルに泊まる韓国人もいますが、ごく一部でしょう。6万円、ちょうど新潟=ソウルの格安航空券の値段くらいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1516 全北全州の中華街

152 151

 何度も行き、何度も泊まっている全州、豊南門に続く大通りの1本北側、全州川側の通りに中国人街がありました。実はこの時が初めて、、知りませんでした。

 韓国の町を歩いているとほとんどがハングルかアルファベット。最近では飲食店、特にトンカツ屋と居酒屋関係で日本語の看板などが目に付き始めていますが、漢字と言うと中華の店の名前くらいです。目に入ると案外素早く気付くものです。

 ソウル、仁川の中華街は有名ですし、済州市にも昔はかなり大きな中国人学校がありました。群山にもあったのでしたっけ? ともかく、港町にあるものと思っていた中華街、小さいながらも食の都全州にもあったのでした。今の大陸系の中国人ではなく、昔の台湾なんかとのつながりが深かった時代のものでしょうか?けっこう韓式中華の店があったり、それに、大き目の店のような規模ですが学校の看板も。右手のオレンジ色の看板は中華料理の材料の店とあります。 世界のどこにでも中国人はいる、と言いますが全州の中華街、機会があればお昼でも食べてみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

2008年2月18日

 こんにちは

 昨日は東京のマラソン、今朝のニュースでもたくさん報道されていましたが32000人以上の参加者で完走率が90なん%だとか。たいしたものです。マラソンと言うかランニング、走ることが好きな人がこれだけいるとは、ちょっと驚きました。10キロとか20キロとかのお手軽(それでも大変ですが)コースがあるものとばかり思っていたのに全部がフルマラソンだとは。

 前にここでも書いたとおり韓国の知人が3人、もっと大きな韓国人の団体の仲間として出ていたはずです。ソウルの下町の小さな食堂を手伝っているアジュマとカーセンター(町の自動車修理工場)を営むその旦那さん、そしてその友人。彼らも42.195キロ、きっと走れたのだと信じています。友人のおじさんは3時間以内の記録を持っているとか。韓国語だか英語だかで「3時間以内でマラソンを走れる人」を意味する言葉を教えてもらいましたが忘れてしまいました。今日帰るのだったか、ともかく初めての日本行き、応援に行けなかったのは残念ですが、いい思い出を持って帰ってくれればと祈願しています。次回、いつ行けるかわかりませんが楽しい話を聞きたいものです。

 かくいう私もこの3年ほど自転車にはまり、けっこう乗っていますし昨年暮れにはそこそこ本格的なランニングシューズも購入しました。残念ながらこの冬はいつもどおり天候が悪い日が続き、ロードレーサーも、そして新しい運動靴も家の中ですが、もう何日かすれば春。たくさん身体を動かしたいと考えています。

 「どうせダメだ」と思って何もしないでいたら何もできない。まずは始めてみる事だ、と、韓国式の思考方式で行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事380 新しく定着した日本食 たこやき

109 110

 ここでも何度か紹介していますが、タコヤキ、かなりあちこちで見られ、定着した日本食、という感じがします。食文化、というと大げさですが、やはり外国、大昔から導入されては消え、というのを繰り返したメニューに日本の生ラーメンがあります。韓国はインスタントラーメンの国、昔から日本のラーメンと同じような生ラーメンの店を出した韓国人、日本人はたくさんいるのでしょうが、成功とまで言える例はほとんどないと思います。

 ところが、数年前に鍾路あたりの露店で見かけはじめたたこ焼き、もともと小麦粉を焼く文化があった韓国、たこも食べる国ですし日本のソースも美味しいという人が多い国、ほぼ定着した感じを受けています。あちこちで小さなトレーに載せたたこ焼きをほおばる若者、子供を見かけるようになりました。 この写真は全北の全州でのもの、また少し前、東豆川の中心街でも屋台で若者が並ぶ様子を見ました。 もう少しおおがかりになるお好み焼きはまだまだですが、たこ焼きはこのまま行けるのではないかと予想しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1515 化粧室の鍵

079  最近のガイドブックには記載が少なくなりましたが、韓国の店などでのトイレ、そのビルの共同の場合が多くありました。そんな場合、外部の者が勝手に使えないよう施錠されていることがあります。店で、アジュマに頼んで鍵を借りてトイレに行くことになります。親しい知人の店、鐘岩洞のホプもそうですが、だんだん少なくなってきています。

 東豆川で久しぶりにそんなトイレに行きました。食堂で注文した後、小用を足そうと「化粧室はどこですか?」と聞くと、ドア脇のかごに入った鍵を指し、左へ回った建物の脇、という返事です。最近は聞き取りも可能になってきましたが、韓国語がわからないと、ちょっと困るかもしれませんね。 寒いけどそのまま、鍵を持って言われた方向へ。正確に聞き取れたかどうかやや不安な気持ちも半分で行ってみると、ありました。ほっとする瞬間、キーを入れて1枚です。

 ソウルの北の議政府、そのまた北の東豆川、10年ぶりくらいの訪問ですが、アパートが増えて、街を行く人も増えた感じ。でも、バスターミナルがなくなっていました。停留所名は「旧ターミナル」。また、できたばかりは豪華できれいだけど維持補修がいまひとつである韓国、前にできたてほやほやで泊まったモテル「カラー」はかなり古びてしまっていました。その宿を紹介してもらったターミナル脇の薬局は健在、でも、食事の後はそのまま北へ向かいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

普通の韓国を探して1514 懐かしい風景12

370 371 372 373 374 375

 バス終点を基点に、浅い谷に走る数条の広めの道、それを横切る無数の路地、そんな古い町、再度上のほうへ行く道を歩きました。2~6枚目は前にもちょっとアップした頂上にある廃屋、韓国人の方2人と会って、話した場所です。3枚目に写っているカレンダー、何故かJALのもののように見えます。 廃屋とはいえ、入っていいのかな?と思いましたがケンチャナという韓国の方と一緒に狭い前庭へ入らせてもらいました。

 先日の消防車の話、水道局山タルトンネ博物館の展示、小冊子、そして、そんなに古くない映画、「一番街の奇跡」、「海賊、ディスコ王になる」なんかでも水の問題、汲み取りの問題などが出てきますが、見晴らしのいいてっぺんほどそういう点では大変なのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事379 美味しいラーメン

463  日本同様、新製品がどんどん出てくる韓国のラーメン業界、オトゥギ、三養、農心、この辺が中心なのだと思いますが、老舗の三養から、その名も「맛있는라면」という新製品が出ていました。60種類の材料を、なんて奇抜なアピールをするのはいかにも韓国らしく感じます。PET瓶のお茶でも数字の競争があったみたいですが、60種類というのは大したものです。

 また、先日ここでもアップしましたがMSG0%、コレステロール0%だの、農心だけがそう表示していたと書いたのに、この新製品では早速三養食品でも、そんな成分表示がされていました。大人気ないと受け取るよりは「いいことはどんどん追随(真似?)しよう」と、肯定的な韓国人らしい、そう考えるべきでしょう。まだ食べていませんが、新しい商品、楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1513 物がたくさんある国 韓国

606 438 568 569

 1枚目は皆が知っているし行った事もあるはずの南大門市場、2枚目はソウル北郊の地下鉄駅前、3、4枚目はウルチ路4街の中部市場です。商品の展示方法、国ごとにいろいろなのでしょうが、「たくさん見せる」のが韓国のように思えます。

 それだけ流通が良くなり、商品が豊かにあるということ。また、国土が狭く、都市も狭く、商店も狭く、と言う事も関係あるかもしれませんが、買う側にとって、見る側にとって商品がぎっしり、たくさんあることは、やはりどこか嬉しさを感じさせる、そんなふうに思えます。

 ただ、ちょっと違うな?と先日感じたのが露店商の場合です。知り合いの店、旦那さんも奥さんももう10年来の仲なのですが、一年で最も寒い季節、果物屋なのですが、かなり店が小さくなっていました。売っていたのはリンゴにみかん、そしていちごくらい。ビニールのテントで囲まれた店の面積は他のいろんな果物が豊富な季節の半分くらいです。売る物が少なくなるというのはやはり困る事なのかもな、って思って辞去しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

普通の韓国を探して1512  「九龍マウル」

365 3661

 昨年12月の韓国の大統領選挙の前、日本のテレビの報道でしばしば出てきた「九龍マウル(九竜マウル、クリョンマウル、구룡마을)」の映像を覚えている方も多いと思います。道谷洞の超高層アパート(マンション)群との対比ができる場所ということで日本マスコミが押しかけてしまったのでしょうが、私もよく知りませんでした。

 60年代、70年代あたりに地方からソウルへ流入してきた人たちが集まってできたタルトンネに関してはけっこう知られるようになってきたとは思いますが、80年代末から再開発のためどんどん消滅しつつあります。

 でもこの九龍マウル、できた時期はずっと新しいようですし、由来もなんだか違うみたいだし、場所も江南と言えば江南の山すそです。ソウルの詳しい地図には番地だけ記載がありますが、街としては記載がありません。 はたしてどんな場所なのか? 「何でも見てやろう」、と言う題名の本を書いたジャーナリストではありませんがこの冬、訪問してみました。

 2月17日訂正 

 コメントにありますように、ファンの方からご意見をいただきました。アップロードはしません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1511 「韓国 按摩施術所」の検索

422  少し前にも書きましたが、ニフティのブログ、検索に関して詳しく見ることができます。江南+按摩施術所というのが第1位になることもしばしばで、日本人の按摩に関する関心の高さが伺われますがソウル旧市内、また地方都市、地方の小さな町にも按摩はあります。

 これはソウルの中心、ウルチロ入口駅の2番出口から40mほどの場所にできた「武橋(洞)按摩(무교안마)」。1月にはなくて2月にはあったので本当に最近できたばかりのはずです。この辺、昔、「富民屋」という古いけどなかなかいい食堂があったあたり。ウルチロの1本北の通り、ハナ銀行本店(左の建築、ロッテの真正面)のすぐ裏です。

 もう少し北の茶洞寄りには前にもここで紹介したニューヨーク按摩もあります。日本人の需要がどの程度かはわかりませんが、韓国での按摩の人気がわかりますね。ロッテホテルから直線で100mあるかないかの場所、興味がある方は行ってみてください。

  「안마」、この2文字が「アン+マ(按摩)」です。「○」に「ト」に「L」,次が「ロ」でまた「ト」、ここでもうおわかりの方もおられるかもしれませんが「ト」みたいなやつは母音の「a」に相当します。1,2時間あれば覚えられると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1510 クリウン풍경(風景)11

366 367 368 369

 ソウル特別市ノウォン区の古い家々が残るトンネ、中渓本洞です。1枚1枚が大事な、大げさですが我が子のようにも思える写真、じっくりご覧下さい。

 2枚め、「釧路港」だかの文字が見える魚のスチロール箱です。日本とはすごく近く、深いつながりを持つ国であり、持つ場所なのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1509 COEXモール5

017 014 012 010 011

 とにかくだだっ広いコエックスです。若い人向けの場所でしょう。興味があるとすれば後からできた、と言ってもそれもだいぶ前ですが、水族館です。平日に行く事が多いので小学生、幼稚園児の団体にはよく会う印象があります。南北は7,800m、東西は400mくらいでしょうか?地下道ではなく、全部が地下の広い長方形の地下街、行ってみないとその感覚は掴みにくいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1508 龍山駅前 消防車の行進?

325_2 326 327 328

 韓国の消防車、日本と同じ、赤い色です。秋、龍山の駅前、ブルーバスの島式停留所でバスを待っていたらバンポ大橋の方から何台も消防車が走ってきました。出動ではなかったようですが、出初式みたいな行事の帰りか、乗り物好きの男子にはちょっと嬉しい光景でした。

 1枚目はソウル駅方向、2,3,4枚目は漢江方向です。 ここでは写っていませんが韓国の消防の特徴はタンク車が常に用意されていること。消火栓の不備によるものか、はたまた山の町が多いせいか、タンク専用車が同行することが多いようです。また、細い道でも入っていける小型のものも数多く見かけられるような気がします。 山火事が多いのも日本と違うところ。今回の南大門の火災関係でもニュースになっていましたがちょっと前の江原道の山火事でやはり有名な文化財であった洛山寺というお寺が焼けてしまったのでした。 自然発火もあるのでしょうが、タバコの火の不始末もありそう。日本でもそうですが、愛煙家の方々、お気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

普通の韓国を探して1507 COEXモール4

006 007 0081 009

 人の少ない朝のコエックスモールです。実に広大で、変化を出すためか多少の上下があったり、ずっとまっすぐな道がなかったりしますので、迷う人もいそうです。あまり買い物に関心がない私ですので、特別行きたいとは思わない場所です。 並行してアップしている中渓本洞とかを歩くほうがずっと好きですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1506 懐かしい風景10

362 363 364 365

 서울특별시 노원구 중계본동입니다.   맑은 겨울 날에 조용한 이 동네의 풍경을 마음것 즐기세요.  우리 일본사람도 옛날에 곧 본 풍경 같죠?  진짜 그립다. 그렇죠?

셋번째 사지은 일작년 12월에 여기서 한번 계시된 사진입니다. 경향신문에 실렸던

집 사진인데  1년이산 지난 이 1월에도 하나도 바꾸지 않은 풍경입니다.  물론

이 동네에 사시는 분들의 사정도 생각해야하지만 이런 풍경이 없어지는 것에 대해

좀 아쉬운 마음이 많습니다.  정말 그리워요.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

2008年2月11日

 おはようございます

 南大門、火災で焼失、テレビで見てびっくり。横断歩道ですぐ側まで行けるようになったことはここでも報告していますが、それが仇になったのかな?ともかく、韓国の大事な文化財が火災で、というのは非常に遺憾です。好きな建築でもあったのに、とにかく残念。悲しみの気持ちを表してしばらくアップを休みます。また週後半には再開しますので、よろしくお願い申し上げます。

 ブログ主人拝

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年2月10日 (日)

2008年2月10日 韓国の재수(財数)

 こんにちは

 재수없다って言葉、映画やドラマでも出てくると思うのですが、聞いた事ある方も多いと思います。小学館の辞典では、「財数(チェス)」とは

財物、利益に関する運、金運、運、縁起、とあり、

재수 나쁘다

재수 없다

なんて例文がありますが、要は「縁起が悪い」みたいな意味でしばしば使われます。また「財数オンヌンセッキ」だの、悪口にも出てくることもあるポピュラーな言葉です。何でそんなことを言い出したかというと、このノート機の左手にあったユニボールシグノ0.36mmの赤いボールペンで思い出したのですが、韓国では「赤いペンで名前を書く」というのが、縁起が悪いとされているからです。

 大昔、もう10年も前でしょうか?行きつけの黄鶴洞の馬場路沿いに並ぶコプチャンクイのポジャンマチャで食べて飲みながらいろいろ話していたとき、隣のテーブルのおじさんと意気投合でいろいろ話しました。最後にじゃぁ、名前と住所を教えるからノートとペンをよこせと言われて渡したのが赤いペンなのです。 

 当時はまだまだ聞き取りもしゃべるのも韓国語能力試験で言えば4級程度、まだまだだったのですが、説教と言うほどでもありません、これから気をつけろよ、と言う感じでソノアジョシに教えてもらったのがこの、「赤いペンで人の名前を書いてはいけない」ということでした。後になって聞けば、戸籍等でもなんでも亡くなった人の名前を赤い文字で書くとか、、  なんだか日本人の感覚だと、ちゃんと生きているんだし、名前をメモするくらい赤でもいいじゃん!ということろですが、縁起を担ぐのが好き、占いも好き、縁起悪いの大嫌いな韓国人、それは許せないようです。

 韓国人の名前をメモしたりするとき、赤いペンは禁物、覚えておきましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1505 COEXモール3

001 002_2 003 004 005

 6,7,8が旧正月の休暇、9,10が土日ということで朝の新潟空港、韓国人だらけでした。いつもなら90%が日本人という感じのKE764便、今日は逆転した感じで韓国人が90%、そんな状態です。大きなバス、小さなバス、空港に着くバスから降りるのはほとんど韓国人、おかげで荷物検査の列はやたら広がった状態、まぁこれもケンチャナヨなんでしょうね。啄木ではありませんが韓国人に囲まれて韓国語を聞いているだけで幸福な私でした。駐車料がかかっても、嬉しい時間です。

 気づいたのが韓国人旅行者の服装。どうも普段着が多い感じです。別に海外旅行慣れしているという感じではない普通の人ですが普通にソウルの街を歩いている服装、江華の邑内に買い物に来た格好、そんなです。一方、少しだけだった日本人、どうもがんばってキメた格好が多い感じ。まぁ、「ハレ」の機会ですので嬉しいのはわかりますが、特に50代60代のおじさんたち、お茶目過ぎる服装が目に付きましたな。テンガロンハットは日本人には似合いませんね。

 写真はコエックス地下街。こんなに人が少ないのは朝早い時間だからです。日曜の昼間など人にぶつからずにまっすぐは歩けない、そんな状態になる場所です。旧市内のホテルが多い明洞、市庁前から離れているというだけで日本人はぐっと少なくなります。地下鉄1本30分ちょい、天気の悪い日などにはロッテワールドと組み合わせて行ってみると面白いでしょう。多くの店のほか、水族館、シネコン、デパート、ホテル、そしてカジノもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1504 クリウン풍경9

359 360 361

 ソウルを代表する岩山の一つである仏岩山の麓に抱かれるようにして存在する中渓本洞の写真が続きます。この辺はまだ歩き始めですので、広い道をたどっています。今日はこれから新潟空港へ向かいますので、出し惜しみではなく、こんだけです。写真をそのままお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

2008年2月9日 旧正月休暇もおしまい

 おはようございます

 我がこのブログ、数%ではありますが中国、韓国、その他外国の方が見に来てくれているようです。中国と韓国が2%くらいずつですが、やはり今週後半、全くアクセスがなくなっています。日本のお盆と正月以上に中国と韓国の秋夕と旧正月、きっちりやっているのかな、と思います。

 少し前にも書いたとおり、6,7,8の休みの後に9,10という週末の休みがあるため、海外旅行、特に日本旅行に来ている韓国人も多いことと思います。明日朝に新潟を発つKE764便は満席とのこと。たぶんお土産をたくさん持った韓国人で一杯なのでしょう。 ということは、もしかしたら今夜の新潟市のホテルには前夜泊の韓国人観光客がたくさんいるかも? 折から「新潟冬・食の陣」という催しが今日明日あるのです。 夕方まで仕事ですがその後新潟市の繁華街に出てみようかな?とも思います。

 前の韓国語の先生、日本語を話したくて日本人観光客が多く泊まるホテルのロビーに行って日本人を捕まえて会話練習をしたと聞いていますが、私もそんな口。少しでも韓国語で話したい、そんな韓国ファンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1503 ニュー国際ホテルの牛

0151 016

 市庁裏の新聞社のまた裏、ホテルニューソウルと並ぶ1級ホテルがニュー国際ホテルです。2000年のちょうど今頃、一番暇な時期を利用してカナタ韓国語学院の個人授業に行ったときの宿でした。IMFの余波で円Wの交換率が良かったのもあって手頃なホテルに泊まって通学しました。短い期間ではありましたが流石はプロの先生の授業、今の実力に至るのに大きな力となりました。

 1枚目、前は気付かなかったのですが入口にこんな牛の像がありました。どういういわれがあるのか?次回もしも泊まったら聞いてみます。 団体旅行を利用しての出張だったため、最初にロッテホテルと免税店、次はこのニュー国際とニューソウル、次がイビスアンバサダーで、最後が私のロイヤルホテルでした。

 隣のニューソウルとともに古めで安めの宿ですが清掃などはきっちり、問題ありませんでした。ただ設備が古い点はしょうがない部分がある宿だと思います。部屋が、なんか不規則な形だったのも印象に残っています。ロビーと言える空間はほとんどありません。でも、泊まるには充分、そんなホテルです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1502 クリウン風景8

354 355 356 357 358

 まさに「懐かしい風景」です。40,50代以上の者には実際に自分が過ごした「昔」を、若い人にも、たぶん「遺伝子に響く懐かしさ」みたいなものを感じさせる風景が中渓本洞にはあります。実際に人が住む町、韓国各地にある民族村とかよりも、自分が実際に生きた「近い昔」を感じさせるこんな町のほうが私は好きです。 

 少し前にアップしたこのトンネでのドラマ撮影風景、やはり韓国の人にもセットではないこういう場所、懐かしく感じる人が多いからこその事だと思います。1枚1枚が大事な、いい写真なんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1501 COEXモール2

442 444 445 446 447

 江南、三成駅の北側に広がるコエックス地下街です。新潟は合併で80万都市だの言ってはいますが実態は50万弱の人口、何もかもが大きく、新しいコエックスなど、田舎者にはなんだか夢の国のように感じてしまいます。

 昨日の写真の最後のヤツ、映画の切符をカードで前売り購入する機械だったようです。CGVというシネコンの写真、2枚目くらいまでそうです。2枚目は新しい映画の広告でしょうか?名前は忘れましたが「達磨やノルジャ」1,2、「マパド」なんかに出てきたあの小柄なコメディアンみたいな人の顔には見覚えがあります。

 朝の9時頃と、早い時間だったので人が少なめ、写真を撮りやすい時間帯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

普通の韓国を探して1500 懐かしい風景7 중계본동

349 350 351 352 353

 今回のテーマは「道」です。なんちゃって、でも、趣き深い道、子供の頃に通ったことがあるような道がたくさんあります。まさに懐かしい風景です。お昼過ぎ、夕方にはまだまだの時間ですが冬の日差しの特徴である「影の長さ」が不思議な感じを与えてくれている、帰国してスライドショーを見ながら、それに気付きました。そんな道にも、5枚目、커피자동반매기はあるのでした。値段は未確認、残念! 

 日本と競争するように禁煙化が進む韓国ですが、ちょっと甘いのが「ゴミ箱がある場所は自然に喫煙場所になってしまっている」ということが挙げられます。日本では割合厳然とゴミ箱≠吸殻捨て、という感じになっていますが、そこらへんがちょっとケンチャナヨなのが韓国。もちろん、屋内はダメですが、屋外のゴミ箱のあたり、紫煙漂う場所になっていることが多いように感じます。 同様に、このカピ自動販売機、飲みながら吸って最後にわずかに残った液体で消してカップをつぶしてゴミ箱へ、という様子、しばしば見かけられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1499 COEXモール1

437 438_2 439_2 440 441

 東洋最大の地下街(未確認ですが)とも言われるコエックスモール、95年の初ソウルのときにも行っていますがその時はまだ三成駅側の3分の1くらいしかできていなかった状態だったと思います。その後ずっと北に伸びて2000年頃に完成したのでしょうか?とにかく幅が広い地下の街です。連載中の中渓本洞もソウル、このCOEXもソウル、対比の意味でちょっとシリーズでアップロードしてみます。

 全部がストロボなしの撮影、たまにフォーカスが甘いのがあるかもしれません。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

すばらしい韓国の食事378 伸び行く大田でうなぎ蒲焼定食

422 423 427 430

 李準圭先生ほどではないですがずっと前からの知り合いである大田の金先生との約束場所は大田市庁駅。初めて乗る大田地下鉄は他の地方都市の地下鉄と同様、やや小さめの車両でした。夕方の退勤時間でしたがソウルとは違い、それほど混んでいませんでした。

 1,2枚目は市庁駅のあたり。前に金先生に車で案内してもらったときもそうでしたが大田は西のほう、ユソン(儒城)温泉との間のあたりの西区がどんどん開発されて新しい街ができています。前は市内中心部、中区区庁あたりにあった市庁も新しい街に移転していました。ソウルだと新しい街、ヨイドがそうですが最近はもう何十年もたつので古びた部分もあります。この大田の市庁付近、全部がこの10年くらいでできた感じ、完全な新しい街です。

 さて、肝心の食事は、あらかじめ金先生が店を予約してくれていました。韓国のあちこちで「当地の名物」になっていますがうなぎです。ここ大田でもかなり有名だとのこと。タクシーで移動しましたが行った店の周囲は同じような大型のうなぎ専門店がたくさん。日本人以上にうなぎが好きなのかもしれません、韓国の人。浜松だの名古屋だの行っても大型のうなぎ専門店が軒を連ねるとまではいきませんから。

 前にここでもアップしましたが黄鶴洞の中央市場そばにあるソムジン江のうなぎと銘打った店で塩焼き、たれ焼きを食べて以来、久しぶりのうなぎでしたが、なかなか美味しかったです。叔父の店の美味しいのを食べつけているので日本では鰻を食べる気があまりしないと書きましたが、韓国の鰻、まぁまぁのレベルを保っていると思います。おかずがたくさんあついて1人分30000W。やはり安くはない食事ですがほぼ満席の状態でした。パンチャンはなんか中華風のものが多い感じ。現代の韓国料理、いろんなものが溶け合った感じになってきているのかな?とここ数年感じています。特筆すべきは左の黒い丸いの。パレを入れたジョン(煎)のようで、初めて見ました。

 4枚目は食べ終えて店の前での1枚。店の名刺によれば、

장어대가

대전광역시 서구 만년동373번지 476-3600

となっています。やはりここも新しい建物と広い道路が規則的に走る新しい大田市でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1498 クリウン風景6 中渓本洞

344 345 346 347 348

 いい天気の午後です。今までの写真で見えたりしたノウォン区内のアパート群の集中暖房の煙突の白煙でもわかりますがほとんど風の無い冬の日です。寒いことは寒いけど、きりっとした潔い寒さです。何度か冬のソウルの気候について書いていますが岩手県あたり、もしくは北関東の山沿いの寒い日、そんな感じだと思います。ソウルの人、日本と変わらない服装で歩いています。寒さって案外慣れるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

2008年2月5日

015  こんばんは

 今日は早く上がれます。スタッフとも話していたのですが、最近は5時でもまだけっこう明るかったりします。確実に春は近づいてきている、そう感じます。

 改めてそんなことを書くのは、昔から、「自然はうまくできているなぁ」と感心していることがあるからなのです。友人などにも話したことがあるのですが、一番日が短い、夜が長く暗いのは12月の冬至の頃。ところが一番寒くて厳しい気候の1月下旬、2月上旬あたり、つまり今頃は、けっこう日が長くなったな、と感じられるくらい「明るくなっていく時期」であることです。

 「一番寒くて大変な時期」=「一番暗くて夜が長い時期」だったら、ということを考えると、この「一番暗い時期」と「一番寒くて厳しい時期」がずれていて、後者が「どんどん明るくなっていく時期」であること、あまり神様だのをマジメに信じる方ではない私も「うまくできてるなぁ」って思うんです。いかがでしょう?これ。

 写真は新潟の昔からの繁華街である柾谷小路、古町十字路から西堀通り方面を望んだ1枚です。たまにこんな青空がのぞくこともありますが、30分後には真っ暗になってあられが降り、数分で道が真っ白くなることもある、そんなのが新潟の冬です。

 明日はちょっと用事で遠出の予定です。更新は休むかと思います。できたら夜にでもアップロード、なんて考えています。まだまだ寒さが続きますので皆様風邪等にはお気をつけください。감기 조심하세요.

| | コメント (1) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事377 デニッシュホットドッグセット4900W

442 443 444

 京釜線大田駅構内です。西にある韓国、7時近くですが真っ暗。でも、大都市の駅ですので人はたくさんいました。軽食の店もかなりいろいろありました。できれば韓食を、と思うも、伝統的な韓食の店は残念ながらありません。 そこで、どうせなら正反対の、と思い、ホットドッグのチェーン店でしょうか、「STEFF HOTDOG」、そこで食べる事にしました。アジュマが一人でやっています。

 最初は私の他にソウルへの出張でしょうか?男性会社員風3人がいただけですが、私が食べている頃からどんどんお客さんが入り、出るときは小さな店がほぼ満席。1人で4人がけテーブルにいた私がちょっと済まない気持ちになる感じでした。

 頼んだメニューはデニッシュセット4900W。基本のやつよりも高めですが新鮮な野菜が、とか謳っているやつです。席で待ち、できたのを知らせてくれて受け取り、いただきます。タマネギみじん切りがじつにたくさん。甘めのドレッシングがかかっています。確かに野菜はたっぷり。でも、そのおかげでせっかく焼いてくれたソーセージがすぐに冷えてしまう、そんな感じ。でも、美味しかったです。 しかし5000W近い値段、やはり韓国でのファストフードは高めだと思います。

 ホットドッグ、韓国語での綴りは핫도그となっていました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1497 クリウン風景5

339 340 341 342 343

 中渓本洞のタルトンネ、まずは一番高いところまで上ってみます。坂道を登るにつれ、風景が開けて行きます。3枚目の廃屋がほぼ頂上の家です。前にここで会った韓国人の方のHPを紹介しましたがもう一度。

 http://photo1.pe.kr

http://raysoda.com/aa1

この町、ぜんぜん暗い感じがしません。韓国ならではかもしれません。このシリーズはあえて私の글は少なめにしています。写真をじっくりお楽しみいただければ幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

2008年2月4日 구정휴가 あってるかな?

 おはようございます

 韓国は陰暦併用、誕生日なんかも2つあったりしますが、今週の6,7,8日は旧正月の休みです。9日の土曜を休めば水曜から日曜までの5連休、海外旅行ブームでもありますので日本へ遊びに来る韓国人の観光客も多いと思います。 ここ新潟は、県などはいろいろ宣伝に努めて観光客を誘致しているようですが残念ながらまだまだ経由地という感じ、特に帰国時の空港として利用されるケースが多いようです。夏場は那須あたりの温泉ホテルに泊まってえらく早い時間にバスで出発、8時前に新潟着なんてパターンが多いですが、道路状況が悪い場合がある冬場は前夜、新潟市内のホテルに宿泊というケースもあるようです。

 今までも何度か東京などで韓国語のガイドブックを広げてあれこれ見ている韓国人観光客などに道を教えたりしていますが、韓国だったら、もっといろいろ世話をやいてくれる人が現れると思います。VISIT JAPANでしたっけ、そんな運動もありますので、英語でも、韓国語でも、日本語でも、話しかけて、道を教えてあげたりはいかがでしょう?少しでもいい思い出を持ち帰って欲しい、そう思いませんか?

どこへ行かれるのですか?

어디 가세요? オディガセヨ?

어디에 가실레요? オディエカシrレヨ?

                                    

お助けしましょうか?

도와 드릴까요? トワトゥリルカヨ?

韓国の方でいらっしゃいますか?

한국사람이시죠?  ハングッkサラミシジョ?

한국 분이세요?  ハングッkブニセヨ? 

何を探しておられるのですか?

뭐를 찾으세요? ムォルチャジュセヨ? (綴り自信なし、カタカナ自信あり)

「저(あの~)」の後に、上記のような言葉で話しかけると良いでしょう。韓国語は、辞書も見ないで打った私の文ですので間違いがあったらごめんなさい。でも、聞こえる声で話せばきっと通じます。

 何でも警戒してしまいがちな外国での日本人に比べ、オープンマインドな韓国人、喜んで素直に応じてくれる場合がほとんどです。全ての韓国ファンの方々にお勧めしたいことです。今週後半はたくさんの韓国人が日本に遊びに来る、それだけで嬉しい気持ちになる私です。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記74 니가타기행2 単機回送

024 025 026 027 028

 前に、踏み切りでのばんえつ物語号の写真をアップしました。よほど急がないといけない時でない限り、踏み切りはどうしようもありません。天皇陛下だって停まらないといけないでしょう? 何が来るかな?なんて楽しむ心の余裕を持っていたいものです。

 これは越後石山駅の北にある踏み切り、ちょうど通り過ぎたときに警報音が鳴り始めました。急ぐ道ではなかったので待ってみる事にしました。何が来るかな?という期待感、鉄道ファンならおわかりですよね? 駅がすぐそばですので普通列車ではないことがわかります。さて、特急かな?まだこの辺ではスピード出しているから迫力あるんだよなぁ、なんて思いながら待つと、これでした。

 新潟駅へは貨物列車が入ることはありませんがこのすぐそばに旅客列車が通らない三角の線路があって、東新潟駅方面へ通じています。たまにEF81が引く貨物列車が通りますが、今回はDLの単機回送でした。予想通り新潟駅方面ではなく、ポイントで線路を切り替え、東新潟のヤードがある方面へ車体を傾けながらカーブを走って行きました。

 女性にはこんな写真、興味がないかもしれませんが、大きなものがかなりのスピードで走るのは、なんか男には嬉しいんですよねぇ。わかるかなぁ??

| | コメント (3) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記73 니가타기행1

029 030 031 032

 この冬は、それが普通なのですが天候の悪い日が多く、ほとんど自転車での遠出はできていません。これは車での写真、「新潟紀行」なんてタイトルだとものすごい数のHP、ブログがあるでしょうから、番外編はハングルで니가타기행とします。 前から不思議に思っているのですが、新潟という言葉、空港の出発案内板でも니가타です。「-」の無い韓国語だからとも言えますが、ローマ字で「NIIGATA」と「I」を重ねて書くのもなんかかっこ悪いというか垢抜けない感じがします。実際には「い」を伸ばす発音はしていませんから。

 ネタ切れではありません。ほとんど手付かずの瑞山、泰安、全州、南原、雲峰、仁川市十谷洞のシリーズがあります。でも、ちょっとだけ、自転車日記니가타기행をお楽しみください。

 1,2枚目は有名な(?)寺泊。夏の休日にはここは通りたくありません。ものすごい渋滞と人、買わない人もいるのでしょうが、道路沿いにいくつか並ぶ大型の魚屋がメインの観光地です。案外高速道のインターからも時間がかかります。売っているものも地物はごく一部だと思います。私はちょっと気合を入れて魚を買うときも本町市場の魚屋ですね。 この日は冬の朝、夏だと早朝からやっているのにお客さんが少ない冬はほとんど開いていませんでした。出入りに苦労する駐車場もがらがら。こんな寺泊、初めて見ました。2枚目の山は海側からの弥彦山です。

 3,4枚目はもう少し南下したあたりの山の中にある小さなお堂のお地蔵様と自然石の一部をそのまま利用した、、観音様でしょうか?それと湯殿山の碑。いつの時代のものかはわかりませんがなんか魅力的な格好をしています。なかなかいいでしょう?この写真も。

 でも、これも朝の車の少ない時間だから車を停めて撮影できましたが、やっぱり自転車がいいな、と感じた一件です。遠くへ行くのも面白いし、江戸時代からあったような旧道をのんびり走るのも良いし、どこでも気軽に停めることができる自転車、速過ぎない適度な行動力を与えてくれるいい乗り物です。街を見るにも自然を見るにも適している、そんな乗り物です。ここらへん、家からだと70キロくらいもありますので、電車での輪行もいいかもしれませんね。ともかく自転車、いいですよ、ほんと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1496 クリウンプンgギョンg 「g」はㅇ

334 335 336 337 338

けっこう急な部分もある坂道を上ります。南側、右手は厳重なフェンスで囲まれた山林ですが、詳しい地図で見ても建物の形が書いてあるだけで施設名称は記載がありません。軍事施設かもしれませんね。2枚目は韓国の冬の風物詩、練炭の灰です。ちゃんと並べて置いてある光景にこの家の人のまっすぐな気持ちを感じます。心豊かな感じがします。

 3,4,5枚目は遠望。順番に道峰山、北漢山、仏岩山です。5枚目の煙だしのある廃屋は前にもアップしたことがあります。時間は2時頃だったでしょうか?寒いけど気持ちのいい散策です。冬の午後の柔らかな光線の織り成す光と影とか、ソウルの冷たく澄んだ空気が感じられる写真です。いいでしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

すばらしい韓国の食事376 プルムウォンの直火チャジャン麺(レトルト)

037  自宅で作ったプルムウォンの直火チャジャンです。2食で5000W近くしますが、やはりチャパゲティとかでは本当のチャジャンの味は楽しめません。

 最近ずっとここでも紹介したCJのサル(米)チャジャンでしたが、在来式のミルカル(小麦粉)麺です、と清涼里ロッテデパートのお姉さんが勧めてくれたので、今回はこれ。もちろん美味しかったですが、ちょっと甘すぎかな?私には。やはり実際にそこで作っている新宿飯店あたりのが本場の味には近いようです。

 少しだけ韓国語の勉強をしましょう。

 ボゴキン(バーガーキング)のパテは直火(じかび)焼きだから美味い、という広告で「직불」구이という言い方をしていたのに、このプルムウォンのチャジャン麺では漢字の音そのままに、「직화」という表示でした。日本でも湯桶読み、重箱読みがありますが、韓国語でも漢字の音と固有語の組み合わせでできた言葉、けっこうあるようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1495 그리운 풍경 3

329 330 331 332 333

 峠の頂上から、稜線に沿って上っていきます。何度歩いても懐かしい気持ちになれる場所です。途中、大掛かりではないのでドラマでしょうか?自主制作の映画でしょうか?ロケをやっていました。「通っていいですか?」と声をかけて進みます。ゆるやかな坂道をまた上って行きます。だんだん高い場所になって行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月3日

 おはようございます。

 いつも大抵は5時台に起きます。まずは窓を開けて天候の確認。自転車に乗るようになっての習慣です。私の部屋の窓から遠くに見える赤白の煙突、前に発電所と書きましたが違っていました。ごめんなさい。北越製紙の工場のようです。 冬はたいてい西風の新潟、いつも煙突の白い湯気、東にたなびいているのが普通なのですが今日は反対。東風のようです。いつもと違う天候です。 テレビをつけたら、ニュースで東京の雪のことをやっていました。

 明るくなって、犬の散歩をしましたが、高曇りという感じで、いつもの低く垂れ込めた新潟の雲とは違います。やはりちょっと変わった天気のよう。 しかし東京の雪というと2月末とか3月初め、2つ玉低気圧(山をやっていた方はおわかりですよね?)とかの時に降りやすいという印象があります。そんなことから考えると案外今年の春は速く来るのかもしれません。早いとこ自転車で遠出できる季節になってもらいたいものです。

 追加ですが「アメフラシの干物」の検索でいらした方、ありがとうございます。うちならではの写真、ブログ内検索もできます(右下)ので。 そんな珍しいキーワードで探してもらえると、とても嬉しいものです。

 さーて、今日も仕事、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1494 全羅線全州駅 軍人専用の切符売り場

390  看板には「全州 鉄道移動管理班 TMO」とあります。

 かなり韓国の汽車に乗っているほうだと思っていましたが、気付きませんでした。これ、軍人専用の切符売り場です。時刻表で軍人割引があるのは知っていましたが、そういう乗車券、普通の出札口ではなく公用の場合などはここで入手するようです。

 もちろん、普通の窓口で軍人が汽車票を買う姿も見られますが、それとは別に、大きな駅にはこういう場所があるのかもしれません。

 のこのこ入ってみようかとも思いましたが張り紙には民間人立ち入り禁止とありましたので遠慮しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1493 クリウン風景2

323 324 325_2 327 328

 1、2,3枚目、タクシーで小さな峠の頂上のトンネルの先まで行って下車、そのトンネルの上に行く階段を上ったあたりの周囲の風景です。北向きに開けた浅い谷に広がる中渓本洞が見渡せます。

 4枚目はゴミの不法投棄禁止の看板。道のゴミが日本より多目の韓国ですが山間部などの不法投棄は日本もどっこいかもしれません。実際県内でもあちこちの山林に禁止の掲示が見られます。

 5枚目は遠く北漢山方向。空気のきれいな冬ならではの写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

普通の韓国を探して1492 かなりわびしい大田の旅館「明星荘(?)」

408 410 413 412 438 411

 今日も明日も仕事です。おかげさまで忙しく働きます。夕方、ちょっと早く終われそうなので、文章はその時に、またコメントへの返事も夕方させていただきます。西大田駅の案内所の女性職員がお勧めできないと言葉を濁した大田駅前前方右手の古い街にある旅館です。ちょっと面白い話がありますのでご期待ください。

 さて、西大田駅周辺のモテル村はあまり大きくありません。夜に約束のある大田の先生との会う場所も未定、私が宿を決めたら連絡ということになっていました。いずれにしろ翌日は李先生と会う約束があるし、本屋へも行かないといけないので早めにソウルへ戻るつもり、ということでバスで大田駅方面へ向かうことにしました。

 ハングルが読めないと、素早く読めないとなかなか乗りにくい韓国のバスですが一番確実に経由する場所が市外バスターミナル、そして次が中心となる駅です。地図が頭に入っていれば大体の方向を考えてバス停に行けば、上記2つの要所へはたいてい行くと考えていいと思います。座席バス、2000Wだったかな?すいていたやつに乗って大田駅へ行ったのです。

 何度か乗降しているけどソウルから案外近いのであまり泊まることがなかった大田、前回は大田川のそばの安めのホテルでした。確か5万Wか55000W。どうせ寝るだけだからと割り切り、その時にぶらぶら歩いた駅と大田川の間でモテルを探す事にしました。大田駅前、広場から線路に沿って右へ、ソウル方向へ行く細い道の旅人宿はたぶん皆旅人ではなく女人の宿。昼間はあまり歩く人もいないのにピキアジュマは駅前広場のあたりまで出張ってきています。ということで駅前の大通りを少し北へ行ったあたりの横断歩道で西に渡り、昔からの繁華街、有名なハンバッ食堂なんかがある町内に入ります。でも、案外このへんもモテルはありません。ずっと北のほうに大きめの、でも古げなモテルがありますが重荷を抱えて歩くのはつらいし、近くで、と思いハンバッ食堂の近所を歩きました。

 「どうせ寝るだけ」ということで割合駅から近い場所にあったのが1枚目の写真、明星荘旅館です。私の好きな三叉路にある、薄っぺらい面白い建築。中がどうなっているのかな?という興味もあり、帳場に入りました。アジュマが3人と幼児が1人、暖かい帳場にいましたので小窓を開けて尋ねようと思ったら、アジュマのうち1名が飛び出してきました。

 「今夜、泊まれますか?1泊、いくらですか?」と聞いたらば、なんか変な顔。こちらの考えでは旅館なのだから宿泊は当たり前なのに、アジュマから返って来た言葉は「泊まって行かれるのですか?」という、半ばがっかりした感じの返事でした。察しのいい方はおわかりでしょうが、旅館もやっているけど、女性も置いている、「여관바리」という言葉がありますが、そんな駅前右手の旅人宿と似たような宿なのでした。でも、ま、いいや、と思い、値段を聞くと25000W。部屋を見ていないけど疲れていたので決めてしまいました。場所だけは、、駅に近いです。部屋は3Fの303号室、荷物があるので できれば低い階がいいのですが、もしかしたら2階はその副業だか本業に使う階なのかもしれません。

 そしてアジュマに連れられて上がっていったのが2,3枚目の部屋、303号。狭いです。我が家の私の部屋も四畳半ですが、機能的に考えられたいい部屋です。でも、ここは、、なんだか侘しくなるような4畳半クラスの狭い部屋です。

 90年代の地球の歩き方にも宿泊施設のランクとして旅人宿→旅館→荘旅館・モテル→安いホテル→観光ホテル(ムクゲマーク付き)とかあったのですが、ここは「荘」というのに、、かなり良くない部屋でした。

 おまけに鍵を貸してくれません。これは前にも一度、90年代の群山でもありましたが最初は鍵をくれず、外出時はドアノブで施錠、戻ったときには鍵をくれる、そんなことが韓国の旅館ではあるみたい。 なんか、韓国歩きではベテランのつもりでいた私も久々にとまどう宿です。でも、ま、身体は丈夫だしお金はあるし、特に男性が危険と言うこともなさそうだしということでこのまま泊まる事にしました。

 4枚目は天井の蛍光灯、灯りはこれひとつです。侘しさ感満点」でしょう?

 5枚目は浴室のドア、6枚目が浴室。もしや、、、と思いましたが夜中とか早朝はお湯が出ませんでした。床暖房も夜中は切れていましたので電気毛布のある布団の中だけが暖かい、そんな夜でした。このドアも、なんか一番安い、映画とかに出てくる貧しい主人公の住む小さな家にありそうなやつです。

 ソウル市内でも浴槽はありませんでしたが20000W台でそこそこ清潔な旅館はまだあります。しかしこの大田駅前の荘旅館、「25000Wでこれかよ」、と何度か落胆の気持ちも出そうになりましたが、「ここは大好きな韓国、どこでも何でも楽しもう」なんて肯定的な気持ちが助けてくれた感じの1泊でした。 細い建物の片側が廊下、駅側が部屋というこの旅館、なんか住んでいるようなアジョシに2度会いましたが、どうも、これだけ型破りになると、女性にはお勧めしたくありません。

 夜中、何度か外の声で起きましたが、アジュマの誰かが男性客を勧誘していたようです。零下10度近くまで下がった夜なのに、ご苦労様です。朝、早めに出発。これは家族経営の荘旅館のきまりですが、寝ているアジュマを起こさぬよう、鍵を帳場の小窓のところに置いて、そうっと駅へ向かいました。いったいこの一晩、何人のお客さん、宿泊でないお客さんが来たのかな?と考えながら。

 思うにこの大田駅付近の古い旅館、多くがそんな宿なのかもしれません。昼間はそれほどでもありませんが、夜、歩いているとしばしばピキ(客引き)アジュマから声がかかります。昔大田に泊ったときもそうでした。でも、普通に泊まれたからケンチャナヨです。

 韓国のそういう点、否定はしません。日本だっていろいろあるでしょう?「そういうふうになっている」と考えています。自らお客になろうとは思っていませんが、需要があるから供給があるわけで、またその一部は日本人男性も担っているのですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1491 그리운 풍경 クリウン風景1

318 319 320 321 322

 韓国語には漢字語と、韓国だけの固有語があります。硬い感じの漢字語に対し、固有語はなんか柔らかく優しい表現であることが多いという特徴の他、いくつか状況に応じた意味を持つ、そんなふうに感じています。

 有名な「ケンチャンタ」は「大丈夫」、「心配ない」、「それでいい」、そんなふうにいくつかの意味を持ちますし、誰でも知っている「チョッタ」も、状況に応じて「良い」の他に「好き」、「美味しい」、「気持ちいい」、そんな意味で使われます。

  今回のシリーズのタイトルは「クリウン風景」、「クリプタ(クリpタ)」は「懐かしい」という感じの意味が代表的ですが、実際の使われ方を見ているともっと広く、暖かい、、うまく言えませんが、「懐かしい気持ちよさ」みたいなのを表すようにも思えます。何度目かの訪問になる葦院区の中渓本洞、晴れた冬の日の写真を続けてアップします。スライドショーを自分で見ていると何とも言えない「クリウン心(マウム、マウm)」が湧いてきて涙が出てきてしまうような、そんな大事な写真です。あまり文章を入れずにそのままをお楽しみいただこうと考えています。

 1枚目は月渓駅の東側、2枚目はTマネーも使えるタクシー(?)、3枚目は下ろしてもらった峠の頂上にある小さなトンネル。4枚目は教会で、5枚目、峠の頂上からタクシーでやってきた方向を望んだもので、右側の一帯が中渓本洞です。左手はまた小さな山になっていますので、この道は人工的に切通しで作られたものです。その山の陰に隠れた北に向いた浅い谷に広がるトンネが中渓本洞ですので、普通のソウルを走っていても全くと言っていいくらい目に付きにくい場所にあります。ソウルに残る最大のタルトンネだと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年2月 1日 (金)

2008年2月1日 このブログ内の記事の検索方法

 こんにちは

 何度か、このブログの中での記事の検索は?というお尋ねをいただいていますが、ちょっとわかったことだけお知らせします。

1、まず「nifty」のトップ画面に行きます。

2、検索の項に、検索したいキーワードに続けて「site:」を入力、以下、当ブログのアドレス    を入力して、検索します。

 Ex.  「タルトンネ」という言葉が入った記事をピックアップしたいときは

 タルトンネsite:http://takatoorthod.way-nifty.com/myblog/

 と、やってみてください。ニフティ会員でなくてもオーケーだと思いますので、また、やや面倒をおかけしますが、お試し下さい。

 って、ここまで打ってアップしたらエクスプローラさんからコメントで教えてもらいました。右の下のほうにちゃんと検索のがあるのですね。そこにキーワードを打って、上の選択するところを「このブログ内で探す」にすると、あらあら楽チン、上で説明した結果と同じ画面が出てきてゆっくり見ることができます。どうぞ、ゆっくり普通の韓国をお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1490 ソウルの夜景3

055 インチョン空港を離陸して数分後に見えるソウルの夜景です。真ん中の橋が蚕室大橋。下部中央の明るい場所が蚕室です。お!?「チャムシル」で「蚕室」と出るのですね。最近のコンピュータの辞書は韓流仕様なのかな?

石村湖も見えますし、西半分に北から飛び出た明るい光の点はロッテワールドの城です。下部右は江東区。チョンホ洞方面もかなり明るいです。ほぼ真ん中に見える橋の上の明るい光はオリンピック大橋のイルミネーションでしょう。

 中央右手の山はウォーカーヒルのある山ですので中央右端は九里市。左上四半角はソウル市の東部、上の端は倉洞あたりまで見えていると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1489 ストレートな韓国

001  新聞の紙面ですが、「『快便』ヨーグルト」とあります。実にストレートな商品名、日本でも「快便」という言葉はありますがそのままズバリ商品名には使わない言葉です。「奥ゆかしさ」という言葉が大事にされる日本に対し、ストレートな表現が好まれるのが韓国なのかもしれませんね、「快便」とは。

 「大韓大腸肛門学会の認証を受けました」とあります。次回、飲んでみようと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1488 湖南線西大田駅

404 402 403 401

 京釜線の大田駅の西数キロにある湖南線西大田駅です。私も特にここに用があってというわけでなく、全羅道方面からの帰りに降りる、そんな駅です。今回の利用は2度目ですが、やはりKTX開業に合わせてか、新しいガラス張りの駅舎になっていました。

 周囲には少しだけモテルがある繁華街がありますが、規模は小さいようです。案内所で聞いてもモテルの多いのはユソン方面と言う答え、大田駅前は売春地域があるため、そうとは言いませんでしたが案内の女性、勧めないという返事でした。

 1枚目は駅前広場からの駅入口、2枚目はエスカレータ途中にある広告、有名な人でしょうか?知りません。

 3枚目は駅前広場のアパートの広告。地方都市ではありますが超高層アパートがここにもできるようです。政府機関の移転などもあり、大田もかなりアパート価格が上がっているのでしょうが、高そうです。

 4枚目は駅のホームからの写真、コストコホールセイルが駅のすぐとなりにあります。先日川崎でこの店を見ましたがほんとうに倉庫ですね、まるで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »