« 普通の韓国を探して1505 COEXモール3 | トップページ | 2008年2月11日 »

2008年2月10日 (日)

2008年2月10日 韓国の재수(財数)

 こんにちは

 재수없다って言葉、映画やドラマでも出てくると思うのですが、聞いた事ある方も多いと思います。小学館の辞典では、「財数(チェス)」とは

財物、利益に関する運、金運、運、縁起、とあり、

재수 나쁘다

재수 없다

なんて例文がありますが、要は「縁起が悪い」みたいな意味でしばしば使われます。また「財数オンヌンセッキ」だの、悪口にも出てくることもあるポピュラーな言葉です。何でそんなことを言い出したかというと、このノート機の左手にあったユニボールシグノ0.36mmの赤いボールペンで思い出したのですが、韓国では「赤いペンで名前を書く」というのが、縁起が悪いとされているからです。

 大昔、もう10年も前でしょうか?行きつけの黄鶴洞の馬場路沿いに並ぶコプチャンクイのポジャンマチャで食べて飲みながらいろいろ話していたとき、隣のテーブルのおじさんと意気投合でいろいろ話しました。最後にじゃぁ、名前と住所を教えるからノートとペンをよこせと言われて渡したのが赤いペンなのです。 

 当時はまだまだ聞き取りもしゃべるのも韓国語能力試験で言えば4級程度、まだまだだったのですが、説教と言うほどでもありません、これから気をつけろよ、と言う感じでソノアジョシに教えてもらったのがこの、「赤いペンで人の名前を書いてはいけない」ということでした。後になって聞けば、戸籍等でもなんでも亡くなった人の名前を赤い文字で書くとか、、  なんだか日本人の感覚だと、ちゃんと生きているんだし、名前をメモするくらい赤でもいいじゃん!ということろですが、縁起を担ぐのが好き、占いも好き、縁起悪いの大嫌いな韓国人、それは許せないようです。

 韓国人の名前をメモしたりするとき、赤いペンは禁物、覚えておきましょう。

|

« 普通の韓国を探して1505 COEXモール3 | トップページ | 2008年2月11日 »

コメント

子どものころ、赤のマジックだったかで名前を書いていたら、赤色で人の名前を書くものではないと叱られたのを思い出しました。
意味はいろいろあるようですが、日本でも縁起が悪いとされていることだと思いますよ。

投稿: エクスプローラ | 2008年2月10日 (日) 14時17分

 コメントありがとうございます

 ググってみると、赤文字、人名、縁起、なんかでいろいろ出てきますね。勉強不足でした。

 その時は、まぁ常識的にちょっと失礼だというのはわかりますが、ちょっとしたメモなんだから、硬いこと言うなぁって感じてしまいました。すぐに黒のペンをリュックから出したのは言うまでもありません。

 テーブルの角に座るなだの、ちょっとでも欠けた食器はすぐ捨てるとか、箸とスプーンの置き方だとか、縁起担ぎのこと、まだまだいろいろあるのでしょうね。

投稿: とうちゃん | 2008年2月10日 (日) 15時02分

実は私も子どもの頃赤ペンで名前を書いてがっつり叱られた一人です(ΘoΘ)もしかしたら地方によって違うかもしれませんね~韓国のそれも日帝時代の名残りなのでしょうか?

投稿: チョンサ天使 | 2008年2月10日 (日) 15時44分

コメントありがとうございます

 戸籍の上で、亡くなった人の名前を書くのが赤いインクだから、というのが発端だとすれば、やはり日帝時代以後の話かもしれませんね。 ともかく、雑記帳へのメモなので何でもいいや、と思った私が間違っていたようです。

投稿: とうちゃん | 2008年2月15日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/40066904

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年2月10日 韓国の재수(財数):

« 普通の韓国を探して1505 COEXモール3 | トップページ | 2008年2月11日 »