« 普通の韓国を探して1542 忠北線1703列車 大田駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記75 三千里自転車のJUMBO号実用車 »

2008年3月 4日 (火)

普通の韓国を探して1543 京機道漣川郡全谷邑の三角の建築

1371  計画的に作られた街は道路が四角、というのが一般的です。わざと円周形にという設計の街もありますが、それは特別。そういうのの反対が三叉路だと思っています。でも、私が好きな古い道にはそんな三叉路がたくさん。信濃追分とかもそうなのかな? とにかく古い道、古い街、計画的でない街の象徴のように思えて、何故か好きです。

 これは加治川村と姉妹都市だった全谷の邑内、駅からちょっと北へ行ったあたりの町ですが、三角のビルというか建築がありました。右手の斜めの道がショートカットの道、左が四角くなっているほうの道です。どうしてこんな風になったかはわかりませんが、面白く感じて1枚。右側の道を歩いたのは言うまでもありません。手前味噌ですが、こういうのに気付く感覚、大事だと思っています。

|

« 普通の韓国を探して1542 忠北線1703列車 大田駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記75 三千里自転車のJUMBO号実用車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/40366682

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1543 京機道漣川郡全谷邑の三角の建築:

« 普通の韓国を探して1542 忠北線1703列車 大田駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記75 三千里自転車のJUMBO号実用車 »