« とうちゃんの自転車日記169 新潟空港・韓国人の旅行者たち | トップページ | 普通の韓国を探して1804 清涼里・北へ広がる大きな市場 »

2008年8月29日 (金)

普通の韓国を探して1803 지네(チネ、지내だったかな?)

003  医院の冷蔵庫を片づけていたら、出てきました。ずいぶん前に城南市のモラン(牡丹)市場で買ったチネ(ムカデ)のエキスです。腰痛の特効薬と言われており、けっこう飲みましたが効いた覚えがあります。残っているということは、効いて良くなったからでしょう。

 乾燥した見事な大きさムカデを練炭コンロのような装置で蒸して、ぽたぽた下から出てくるこげ茶色の液体を貯めて、それをその場で注射器でカプセルに入れて売っています。韓方薬のひとつなのでしょうが、そういう民間の薬がいろいろまだ使われているのは韓国人の薬好き、韓薬好きによるものでしょう。 1か月分、60個で30000Wくらいだったかな?さすがに今から飲むのはちょっとおっかないし、自転車のおかげで腰痛もほぼ解消できたので捨てることにします。モランシジャンのムカデエキスのお話でした。

|

« とうちゃんの自転車日記169 新潟空港・韓国人の旅行者たち | トップページ | 普通の韓国を探して1804 清涼里・北へ広がる大きな市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42312942

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1803 지네(チネ、지내だったかな?):

« とうちゃんの自転車日記169 新潟空港・韓国人の旅行者たち | トップページ | 普通の韓国を探して1804 清涼里・北へ広がる大きな市場 »