« 普通の韓国を探して1815 好きな写真3 楊平ヘジャンクッのレバ刺し | トップページ | 普通の韓国を探して1817 ミサリ競艇場 »

2008年9月 9日 (火)

普通の韓国を探して1816 청계8가곱장/ 민물장어/석굴

344  황학동 청계천쪽 입구です。左側には店頭の屋台部分を持つコプチャンチプが並び、写真にある右側にも厨房・調理機器の店の前に屋台がいくつも出る町がファンハクトンです。

 名物であるチョンゲ8街コプチャンの他に、看板には「ミンムルジャンオ(淡水長魚=うなぎ)、「ソッkクル(岩牡蠣)」、台の前面には「アンジュ(酒の肴)一切」、「アナゴ」、「センソン(生魚)クイ」、「デハプ(ハマグリ)」、「チュクミ(イイダコ)」、「コプチャン」、「ワンセウ(大型のエビ、大抵は大正エビ)」なんても書いてありますね。

 韓国人、一人で食べたり、飲んだりをしないので、すぐに日本人観光客だとばれてしまいますが、1人前ずつの注文が可能で、一人旅にはありがたい、そんなソウルの屋台街です。

|

« 普通の韓国を探して1815 好きな写真3 楊平ヘジャンクッのレバ刺し | トップページ | 普通の韓国を探して1817 ミサリ競艇場 »

コメント

メニュー解説、ありがとうございます。穴子はアナゴなんですね。

投稿: つかまん | 2008年9月10日 (水) 16時23分

 コメントありがとうございます

 昔は韓国では食わなかったけど日帝時代になって日本人が珍重したので普及したって話です。でもコムジャンオとの混同、日本同様韓国でもあるかもしれませんね。

 銀色の台の上の石ころみたいなの、岩がきかも。

投稿: とうちゃん | 2008年9月11日 (木) 11時55分

つい数日前報道で知りましたが,
ソウルの屋台が半減するということで
残念に感じているところです.
かなり厳しく衛生面も含めてチェックし,
また新規開業は認めないということだ
そうですね.営業している方も「どう
やって生活していくのか…」とテレビ
インタビューで話していました.
今回はソウル市内だけという
ことで少しは安心していますが,それでも
あの気軽に寄れる屋台が少なくなってしま
うのは生活者だけでなく,旅行者のとって
も悲しいです.

投稿: さいとう | 2008年9月14日 (日) 23時00分

 私もその記事新聞で読みました。あーソウルお前もかって感じです。なんかこぎれいな全く同じスタイルの屋台が並んでいる写真があって・・・・・。見た目とか衛生面というのはいつも正論ではありますがなんかなあ~。
ほんとに屋台で生活している人達大変でしょうね。

投稿: かがり | 2008年9月15日 (月) 07時19分

 コメントありがとうございます

 屋台の規制ですか。大体ポジャンマチャ自体、大昔から違法なのだそうです。でも、知り合いがやっている店がいくつかあり、ちょっと心配ですね。

 社会がうまく行くため、多少のことは目をつぶる、そんなケンチャナヨ、だんだん通らなくなるのでしょうかね?


 そういえば、大昔、日本の韓国紹介本で、蚕室の石村湖の周囲の公園に「大ポジャンマチャ村」があるという記述と写真が掲載されていました。初めてソウルへ行き始めた95,96,97年頃でしたでしょうか?李準圭先生にこの石村湖のほうへ連れて行ってもらったとき、楽しみにしていたら1軒もなく、合法営業と思われる園内のカペ(カフェ)がいくつかあるくらい。がっくりして尋ねたらやはり公園内の屋台は違法ということで一斉に立ち退きをさせられたそうです。
 次回、黄鶴洞あたり、ちょっと行ってみてきます。

投稿: とうちゃん | 2008年9月17日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42424306

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1816 청계8가곱장/ 민물장어/석굴:

« 普通の韓国を探して1815 好きな写真3 楊平ヘジャンクッのレバ刺し | トップページ | 普通の韓国を探して1817 ミサリ競艇場 »