« 普通の韓国を探して1832 江陵空港・たぶん | トップページ | すばらしい韓国の食事399 冷凍タクパルと冷凍ナクチ »

2008年9月26日 (金)

普通の韓国を探して1833 またまた清涼里の市場

632 633 634

 日本だと卸売市場、多くは一般人は買えないし入れない、そんなことが多いですが韓国はみんな一緒。その辺も韓国の市場歩きの面白い点かもしれません。こちらの韓国料理店のお使いでプッコチュ(青い生の唐辛子)やケンニプ(えごまの葉っぱ)を箱ごと買って持ってきたこともあります。きれいなスーパーなどで少量ずつパックされたものは高いけど市場で一箱で買えば安いなぁって感じました。ちゃんと検疫を受ければ土付きでない野菜、多くは正式に持ち込みが可能です。箱を開けて、虫がいないか確かめたあとに通してくれるのです。また乾燥野菜も軽いのでいい土産品になると思います。山菜の類から普通の野菜、エホバク(韓国かぼちゃ)なんかも干したのを売っています。昔の名残でしょうが乾燥野菜については韓国が一枚上だと思います。

 このへん、清涼里青果物都売市場というのが正確な名前のようでした。

|

« 普通の韓国を探して1832 江陵空港・たぶん | トップページ | すばらしい韓国の食事399 冷凍タクパルと冷凍ナクチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42597483

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1833 またまた清涼里の市場:

« 普通の韓国を探して1832 江陵空港・たぶん | トップページ | すばらしい韓国の食事399 冷凍タクパルと冷凍ナクチ »