« 普通の韓国を探して1835 現代TUCSONとKIAのSPORTAGE | トップページ | とうちゃんの自転車日記186 ソウルの働く自転車 »

2008年9月28日 (日)

普通の韓国を探して1836 全州の繁華街を歩く6

220 222 223 224

 食の全羅道、ビビンバ(ビビmパp)で有名な全州ですが、要はおかずが豊富で素材自体から美味しい、そんな点に人懐っこい全羅道サラム(人)の人情が加わる、、そういう味だと考えています。もともとはご飯にありあわせの野菜中心のおかずをのっけてコチュジャンを加えて混ぜ合わせたご飯。「宮中~」なんてのはあるのかな?王宮の料理をする人のまかないの食事という意味なのかな?と思っています。 ドラマでもボウルでちゃちゃっとビビムバッpを作ってかきこむシーンなど出てきますし、実際焼き肉屋での食事の後小さいお椀(クルッ)でコチュジャンをもらって簡単に混ぜてという韓国の方の食べ方も見ていますので。

 ソウルとは異なり、遅めの時間になると人がまばらになる地方都市。でも、店の照明は煌煌。あまり服飾には興味がない私ですので寒い中、宿への道を急ぎました。4枚目、道路標識の右の印が全州市の市章のようです。民族舞踊の時に使うブチェ(扇)でしょう。

|

« 普通の韓国を探して1835 現代TUCSONとKIAのSPORTAGE | トップページ | とうちゃんの自転車日記186 ソウルの働く自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42617960

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1836 全州の繁華街を歩く6:

« 普通の韓国を探して1835 現代TUCSONとKIAのSPORTAGE | トップページ | とうちゃんの自転車日記186 ソウルの働く自転車 »