« とうちゃんの自転車日記199 佐潟 | トップページ | 普通の韓国を探して1860 韓国の初等学校の運動会(?) »

2008年10月11日 (土)

普通の韓国を探して1859 清涼里在来市場・パンチャンチプ 

639  韓国で食事をしたことがある方であればご存じのたくさんのおかず、パンチャンと言いますが、最近は市場にもパンチャンチプと呼ばれるおかず屋がありますし、マートでも、日本のように少量ずつパック詰めされたおかずが売られています。核家族化が進んだこと、働く女性が増えたこともその理由かも。

 清涼里の市場の奥の大きなおかず専門製造販売の店の写真ですが、こういうところから買ってきて、それをまた売るとか、そんな店もあるのでしょうね。日本でいえば業務スーパーというところでしょう。朝早くからたくさんの人が働いていました。

|

« とうちゃんの自転車日記199 佐潟 | トップページ | 普通の韓国を探して1860 韓国の初等学校の運動会(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42750014

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1859 清涼里在来市場・パンチャンチプ :

« とうちゃんの自転車日記199 佐潟 | トップページ | 普通の韓国を探して1860 韓国の初等学校の運動会(?) »