« とうちゃんの自転車日記192 新潟弁では「い」と「え」が逆です | トップページ | とうちゃんの自転車日記193 新潟市西蒲区の農村風景 »

2008年10月 5日 (日)

普通の韓国を探して1846清涼里・東西市場裏手の小路(コルモギル)

636  日本の「路地」、「小路」にあたると思われる言葉が「コルモギル」、「コルモク」も道とか通りという意味ですが、もっと細い道を指す言葉のようです。同名のヒット曲もあるみたいです。

 江南地区には韓屋はまず見当たりませんが、江北というかソウルの旧市街、ちょっと細い道、ビルの裏手に入れば昔からの韓屋、韓国式の家、いくらでも残っています。鍾路の再開発がまた進んでいるようですが、ちょっと中心部を外れれば趣深い韓屋の中の小路、まだまだ見ることができます。便利に住むために暖房用のボイラーの排気管だのが割合いいかげんに設置されている、そんな実際の人間の生活感が溢れる細い道が好きです。

|

« とうちゃんの自転車日記192 新潟弁では「い」と「え」が逆です | トップページ | とうちゃんの自転車日記193 新潟市西蒲区の農村風景 »

コメント

 いいですね。やっぱり清涼里のあたりこんどしっかり予定に入れてぶらぶらします。小路大好きです。でもいづれこういう風景も東京のようになくなるんでしょうね。

投稿: かがり | 2008年10月 7日 (火) 05時11分

京東市場から清涼里、大きな市場コンプレックスになっています。薬令市場自体は観光客にはあまり面白くありませんが北の方に広がる普通の市場はなかなかの見ものです。乾燥野菜の購入も面白いでしょう。ゴマ油は残念ながらほぼ100%が中国産だと思います。いろんなものを売る市場と、こんな家々、そして食堂、半日掛ける必要はないと思いますが、行って損はないと思います。

投稿: とうちゃん | 2008年10月 7日 (火) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42688264

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1846清涼里・東西市場裏手の小路(コルモギル):

« とうちゃんの自転車日記192 新潟弁では「い」と「え」が逆です | トップページ | とうちゃんの自転車日記193 新潟市西蒲区の農村風景 »