« 普通の韓国を探して1846清涼里・東西市場裏手の小路(コルモギル) | トップページ | 普通の韓国を探して1847 韓国もちょっと変わった? »

2008年10月 5日 (日)

とうちゃんの自転車日記193 新潟市西蒲区の農村風景

131 141 027

 新潟市西部、内野あたりから先は砂丘だったゆるやかな起伏の丘が広がります。水はけのよい(良すぎる?)砂地ですので夏場はスイカ畑が多く、その後初秋からはダイコン畑になります。引っこ抜きやすいのでしょうね。また同じ理由からか長芋の畑も少し見られる、そんな地区です。

 1枚目、大根の畑です。2枚目もそう。ちょっと先は葱の畑と角田山、遠くの三角の山は弥彦山(多宝山)です。スプリンクラーの散水が道路まで及んでいてちょっと濡れてしまったりしながら角田山の麓、越前浜へ。

 そこから左折して湯の腰温泉入口を通過、振り返った風景が3枚目。前にアップした瑞山から泰安あたりの農村に似ているな、なんて思いながらペダルを踏んで最初の目的地である稲島へ向かいました。昔からの道、角田山の山裾を等高線に沿うようにゆるやかに曲がって続いていました。

|

« 普通の韓国を探して1846清涼里・東西市場裏手の小路(コルモギル) | トップページ | 普通の韓国を探して1847 韓国もちょっと変わった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42688316

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記193 新潟市西蒲区の農村風景:

« 普通の韓国を探して1846清涼里・東西市場裏手の小路(コルモギル) | トップページ | 普通の韓国を探して1847 韓国もちょっと変わった? »