« とうちゃんの自転車日記215 富山市ポタリング | トップページ | 普通の韓国を探して1880 貨物線のあった街・ホンデイプク(弘益大入口)のあたり »

2008年10月29日 (水)

普通の韓国を探して1879 慶尚北道浦項市・竹島市場前

Newdica6_020  ポハンの写真です。前にアップしていたらごめんなさい。

 念願だった韓半島(朝鮮半島といわず、韓国では韓半島と言います)東海岸のバスでの縦断のために浦項へ行くことにしました。ところが金浦空港へ行ったらば浦項行き(2度目でした。前は安康の玉山書院訪問)の飛行機が欠航。がっくりきましたが諦めずにウルサン行きに変更して鯨と現代(ヒョンデ)の街ウルサン経由で鉄の街ポハンへ市外バスで行きました。

 ここからは前にも似たようなことを書いたけど、ターミナルそばのモテル街に宿を決め、軽装でタクシーに乗り市内中心部の竹島市場(チュクドシジャン)へ行ったのです。これは車を降りた直後かな?右手にかなり大きな竹島市場。通りの左手は前に夜の写真をアップした宝石貴金属の店がならぶあたりです。市場を一通り見た後、この大通りの左手の美容室でカットしてもらい、また市場に戻って鯨肉盛り合わせで夕食。その後駅のほうへ行き、バーで一杯やって、マスターからDVDをもらい(何でくれたんでしょう?流暢に韓国語を話す日本人が珍しくて気に入ってくれたのかも?)、新しい繁華街を見て、タクシーでモテルへ戻りました。

 翌朝はヨンドクまでバスで、朝飯、またバスに乗って原発の町ウルジン経由サムチョク、乗り換えて東海(墨湖)、ムグンファでまた内陸部へ戻り、夜に泊まったのは原州、そんな駆け足の旅行のときの写真です。

|

« とうちゃんの自転車日記215 富山市ポタリング | トップページ | 普通の韓国を探して1880 貨物線のあった街・ホンデイプク(弘益大入口)のあたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42946038

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1879 慶尚北道浦項市・竹島市場前:

« とうちゃんの自転車日記215 富山市ポタリング | トップページ | 普通の韓国を探して1880 貨物線のあった街・ホンデイプク(弘益大入口)のあたり »