« 普通の韓国を探して1872 新群山線・群山駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記211 10月13日軽井沢・気温6度 »

2008年10月25日 (土)

普通の韓国を探して1873 これが韓国だ って感じの露店

071  ちょっと前の写真になりますが、場所は不明。でも、季節は初夏だとわかります。 その理由はいろんな品物のある中、左手前、キイチゴ(サンタルギ)とクワの実があるからです。日本では商品にならないというか市場に出ない自然の果物、大事に利用する韓国の食文化、なんかいいなぁ、と感じます。

 あとは、奥の方では穀物もいろいろあるみたい。日本だと雑穀ご飯、なんか気負いというか、わざわざ感、健康オタク的、まだ、そんなふうに感じますが、韓国ではずっと前から当たり前に、食堂でも一般家庭でも普通に食べられています。自分なりのブレンドとかもあるのだと思われます。これは50年代、60年代の米が貴重だった時代の貧しさの名残なのかとも思えますが、いまやウェルビーイン時代、ずっと昔からの「韓国の普通」が、身体によかったことが確認された感じなのでしょう。

 少しキュウリが見えます。昔は日本もそうであったちょっと白っぽい粉を吹いた大きめのやつが韓国の普通。日本風の粉なし、細めで濃い緑のもありますが、どちらかと言えばこんな旧来の品種が大事にされています。 

 「ものの豊富な国」である韓国について、食文化、食生活に関しては学ぶべき点は多いように思えます。

|

« 普通の韓国を探して1872 新群山線・群山駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記211 10月13日軽井沢・気温6度 »

コメント

おとうちゃんのおっしゃること、全く同感です。
昔から続いてきたことが結局は理にかなっていた…というところでしょうか?
ナムルにすると旬のものを美味しく頂けるし、日持ちもします。
さらに日持ちがするということは食卓に並ぶ品数が増えることに繋がると思います。
日本でも「常備菜」という知恵があり、私には家事上手の母やシオモニがいるというのに…反省 (^^ゞ。

クワや木イチゴと言えば…
おとうちゃんがお仕事でいらっしゃた軽井沢。
田舎らしい田舎のない私の「ふるさと」の一つです。
GWや夏休みに行ってはお世話になってる農家の方から
よくお裾分けしてもらいました。
軽井沢の気候と韓国の気候、似ているかも…
杉の木より松の方が多いし…

投稿: ちょび | 2008年10月25日 (土) 14時29分

コメントありがとうございます

 軽井沢、、軽井沢の方にはすまないけれど、あんまり行きたくない場所という感想をもってしまいました。人のいない季節、日に行けばいいのかな? 浅間山とか、山はきれいでしたからね。

 そうそう、一緒に行った仲間がお土産は何か?だのいろいろ言っていたのですがジャムとかもいくつか店があるとか。でも、ジャムはジャムだよなぁ、、なんておもってしまう無粋な私です。

投稿: とうちゃん | 2008年10月25日 (土) 17時40分

私もあの人混みはカンベン…です。
個人的には12月半ばの軽井沢が好きです。

ジャムは私も実は買いません。というのも
とあるジャム屋さんの若主人や農家の奥さんから
「(大きくなったんだから)自分で作りなよ」と
作り方を教えてもらったからなのです。
以来、ジャムや漬け物を作るため
「お土産」は土地の野菜や果物…

ソウルに行っても八百屋さんが気になるのは
そのせいでしょうか…?
あはは、生活の匂いが蔓延してますね。

投稿: ちょび | 2008年10月25日 (土) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/42896419

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1873 これが韓国だ って感じの露店:

« 普通の韓国を探して1872 新群山線・群山駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記211 10月13日軽井沢・気温6度 »