« 普通の韓国を探して1917 ソウル南部市外バスターミナル | トップページ | とうちゃんの自転車日記232 新潟の冬の空 »

2008年11月22日 (土)

普通の韓国を探して1918 またまたお茶目な韓国人・オデン

061 062

 瑞草洞、江南駅のそばにある銀行でお金を送金、その後、大韓歯科矯正学会事務局のあるオピステルで手続きをした後、飲み物を買いに入ったコンビニです。 昔ながらのシュポも最近はコンビニに押され気味かもしれません。ソウル、あちこちにコンビニがあります。

 1枚目、飲み物のケース、まぁ、日本同様、もしかしたらそれ以上にいろんなのがあります。

 今回のテーマは2枚目、レジの後ろ、店員さん自作と思われる広告がありました。チンパン(中華饅頭)とオデンのものですが、後者は半分に切ったカップとフェルトで作られた立体的なオブジェになっています。ちょうど居合わせたOL風3人組、「ウッキンダー」とか言って喜んでいましたが、「笑わせる~」=「おもしろ~い」ですが、意訳すれば「カワイイ~」に近いかなって思います。なんか、誰がこれ、造ったのか?微笑ましい1枚です。

|

« 普通の韓国を探して1917 ソウル南部市外バスターミナル | トップページ | とうちゃんの自転車日記232 新潟の冬の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43187702

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1918 またまたお茶目な韓国人・オデン:

« 普通の韓国を探して1917 ソウル南部市外バスターミナル | トップページ | とうちゃんの自転車日記232 新潟の冬の空 »