« 普通の韓国を探して1893 シンガポールの大統領来訪? | トップページ | とうちゃんの自転車日記222 ハングルがある自転車 »

2008年11月11日 (火)

普通の韓国を探して1894 盈徳の町

Newdica6_109 Newdica6_108 Newdica6_110 Newdica6_111

 慶尚北道、盈徳郡盈徳邑です。前にここでも江口港の写真をアップしましたが盈徳大蟹(ヨンドクデケ、ヨンドクデーケ)で有名なのは東海沿岸の江口(カング)。蟹の産地のように思っていたヨンドクは少し山に入った静かな町でした。

 ソウル、金浦空港からウルサン。お昼を食べて市外バスで慶州経由で浦項。ターミナルそばのモテルに泊まって翌朝早く市外バスの束草行きに乗りました。そのまま北上するのはつまらないので、朝飯を兼ねて盈徳で下車。少しだけ盈徳の町を歩いて、遅めの朝ごはんを食べて、また北へ向かう市外バスに乗りました。

 東海岸のバス。前にも書いたように大部分は海岸でない山道を走ります。車に弱い方は酔い止めの薬を飲んでいたほうがいいかもしれない、そんな上下のある、曲がりくねった道です。「どこそこへ行った」というのを自慢するだけの旅はつまりません。ちょっとそんな感じ、まず一度は行きたかった東海岸の道でしたが、次回、時間があればゆっくり1,2日かけて移動してみたいものです。

|

« 普通の韓国を探して1893 シンガポールの大統領来訪? | トップページ | とうちゃんの自転車日記222 ハングルがある自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43084503

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1894 盈徳の町:

« 普通の韓国を探して1893 シンガポールの大統領来訪? | トップページ | とうちゃんの自転車日記222 ハングルがある自転車 »