« とうちゃんの自転車日記237 大阪・水のある風景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記238 大阪・元気な看板 »

2008年11月30日 (日)

普通の韓国を探して1933 加平・地元系スーパー「Kマート」

185  カピョンの町をぐるっとひと回りしてみました。小さな町ですが新しい道路ができていて歩行者はやや歩きにくい部分もあります。最近の韓国の地方の道、どんどん良くなっています。川沿いの道を少し歩き、駅とかターミナルのある中心部へもどる途中、こんなスーパーがありました。小さくもなく、すごく大きくもない店、地方の町にはいくつかこんな店があったりします。生鮮食品から雑貨までなんでもある店です。

「加平で一番安く売る店」という看板は本当でしょう。もう少し大きな都市では大型のマートができてきていますが、ここはたぶん、まだ当分は泰平かな?そんなふうに感じられたカピョンでした。

|

« とうちゃんの自転車日記237 大阪・水のある風景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記238 大阪・元気な看板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43270533

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1933 加平・地元系スーパー「Kマート」:

« とうちゃんの自転車日記237 大阪・水のある風景 | トップページ | とうちゃんの自転車日記238 大阪・元気な看板 »